感染症パンデミック他
国際情報


徒然日記
一公衆衛生専門家の足跡
Since 2005/1/22
旧ページ ”鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集”
http://panflu.world.coocan.jp/index.html 

管理人プロフィール&Mail
 FACEBOOK  気になる話題を中心に

新型コロナ

危険性の実態


中国首脳初動ミス認める
これは統治制度にとっての「大きな試練」

2/4/2020
共産党系メディア、習体制批判
2/19/2020



過酷な武漢の真実
ナース達からの手紙が医学雑誌Lancetに

 2/27/2020

「私たちは専門的ナースである前に、人でもあるのです。他の人々と同じように無力感、絶望感、不安を覚えます。経験を積んだナース達は時々、仲間達をリラックスさせる時間を見つけ、不安感を取り除くようにがんばります」

 「しかし、経験を積んだナース達でさえ、泣くかも知れません、多分、なぜなら、どのくらいの期間、私たちはCOVID-19のもっとも危険なこの場所にいなければならないのか分からないからです

「世界の医療担当者の方々、是非中国へ来て、我々を助けてください!!」
2/27/2020
中国のデータは疑問がありますので、しばらくはノーコメントで貼り付けます。



!!
中国外で急速に感染者増加

パンデミックを警戒

イラン、韓国、イタリア、日本

地域内で武漢と関連性のない流行が始まる

2/22/2020


特報! COVIT-19、無症状後も体内に潜伏
ウイルスの不完全免疫の可能性
無症状感染の可能性

広東省と大阪で確認

  2/26/2020


米国、新型コロナサーベイランス開始

現在の陽性率3.2% 陰性率86% (検査された疑い者中)

国内新型コロナ発生状況MAP
JX通院

予防方法はあるか?

 
 
医学論文

First Case of 2019 Novel Coronavirus in the United States
 米国における初例のケースレポート。 remdesivir(レムデシビル)が効果。
Clinical Characteristics of 138 Hospitalized Patients With 2019 Novel Coronavirus–Infected Pneumonia in Wuhan, China   JAMA. Published online February 7, 2020. doi:10.1001/jama.2020.1585 2019新型コロナウイルス感染肺炎で入院した138例の臨床的特徴


米国CDC(2019-nCoV)特設ページ2019/1/16
2019 Novel Coronavirus (2019-nCoV), Wuhan, China

Avian Flu Diary
 世界最速情報サイト、高信頼性
 
香港保健局(Centre for Health Protection)新型コロナページ

新型コロナウイルス(nCoV)肺炎地域別発生数 (香港保健局まとめ)


日本厚労省発表ページ


2月

  ページが変わります

   クリックしてください!!


1月

31日



 湖北省が特に感染率が高いわけではなく、中国全体で感染者数が同率で増えている
 中国全体にウイルスが均等に拡散



 英国でも感染者が発生
英でも新型肺炎感染者  時事通信

 英保健当局は31日、新型コロナウイルスの感染者が2人確認されたと発表した。

 英国では初のケースとなる。2人はイングランドにおり、同じ家族という。感染の経緯などは明らかにしていない。 

 武漢から航空機避難の邦人から2名の感染者
無症状の感染者さらに2人 共同

厚生労働省は31日、中国・武漢からのチャーター機第2便で30日に帰国した30代と50代の男性2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。2人に発熱などの症状はない。症状がない感染者の確認は計4人となった。


 中国新型コロナ感染者数、ほぼ1万人、死者数213人

新型肺炎 中国 死者213人 患者9692人に  NHK WEB NEWS

中国の保健当局は新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が、30日新たに1982人増え、9692人になったと発表しました。また、死亡した人は合わせて213人となりました。

 一ヶ月後の日本も同じ轍を辿る。ウイルスを侮ってはいけない。
 国、行政機関、医療機関、学校、メディアの対応準備はできているだろうか?


 致死率だけで深刻度を評価してはいけない。重症度も重要。
 感染者数が増えると、重症の患者の絶対数も増加。隔離室、レスピレーター、専門熟練ナースの存在。

  例:1)明日都心のオフィスで武漢とは関連のない感染者が発生。その3日後10人の感染が確認
     ビル内でさらに30人の感染者が確認…。  対応は?BCPに従える。
     2)北海道の温泉街で今日、4人の感染者が確認。5日前まで宿泊していた武漢からのツアー客による感染の可能性。
      入院可能な医療機関が見つからない。…5日後従業員達の家族からも発病者が出てきた。



30日

   日本国内での感染者増加

  14人目の感染者確認  毎日新聞
三重、京都在住の男女と中国人ツアーコンダクターが新型肺炎感染 いずれも武漢に滞在  毎日新聞

 湖南省の女性はツアーコンダクターで20日に来日し、東京都内の医療機関を受診して感染が判明した。

 これまでに国内で確認された感染者数は14人、うち発熱などの症状がある患者は12人となった。


 日本13人目の感染者確認
新型コロナウイルス、京都でも感染者 20代中国人留学生の女性  京都新聞 

中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎感染が拡大している問題で、京都市在住の20代女性の中国人留学生から同ウイルスが検出されたことが30日、分かった。武漢に渡航歴があるという。京都府内での感染の確認は初めて。

  日本12人目の感染者確認
 三重の50代外国人男性、新型肺炎に感染…武漢に滞在歴  読売新聞

三重県は30日、中国・武漢市に滞在歴があり、医療機関で受診した県内在住の50歳代の外国人男性が、新型コロナウイルスによる肺炎に感染したと発表した。


 米国政府、新型コロナ肺炎タスクフォース設置
新型肺炎 トランプ米大統領 タスクフォース設置 感染対策で  NHK WEB NEWS

アメリカのトランプ大統領は、新型のコロナウイルスへの対策にあたる大統領のタスクフォースを発足させたと発表しました。

タスクフォースは、アザー厚生長官が率い、メンバーには安全保障問題担当のオブライエン大統領補佐官や国務省のビーガン副長官、CDC=疾病対策センターのレッドフィールド所長などが加わっています。

各省庁が連携して感染を防ぐ対策を進めるのが目的で、アメリカ国民に最も正確で最新の情報を提供していくとしています。


  世界経済の中国に対する依存度が明確にされる機会
Coronavirus Outbreak Tests World’s Dependence on China New York Times (米国)  コロナウイルス大流行は世界の中国への依存度を明確にする機会となる

 わずか数十年前は貧困国に過ぎなかった中国は、現在世界の経済産出量の六分の一を占めるようなった。
 現在コロナウイルスが蔓延している中国では交通機関の停止、団体ツアー客の出国停止、多くの海外企業の閉鎖など、経済的活動が低下している。

 中国のコロナウイルス流行で世界の経済的活動が低下してくると、世界の中国に対する経済的依存度が明らかになってくる。


 武漢から航空機避難の邦人3人が新型コロナ感染
新型肺炎 チャーター機で29日帰国の3人感染確認 症状ない人も  NHK WEB NEWS

厚生労働省によりますと、29日、中国・湖北省武漢からチャーター機で帰国した日本人3人が新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。

このうち、中国・武漢に住む50代の男性は熱などの症状があり、29日午後11時ごろ新型のコロナウイルスへの感染が確認されました。また、40代の男性と50代の女性は症状はなく念のために行った検査で、感染が分かったということです。

厚生労働省は、日本国内で症状が出ていない人の感染が確認されたのは初めてだとしています。これで国内で新型のコロナウイルスへの感染が確認されたのは、11人となりました。


 中国、感染者数増加続く、1日1600人
中国政府発表 新型コロナ感染者数  GLOBAL TIMES (中国)

  1月30日午前7::47

 合計7711人、170人死亡、124人回復
  
1月24日、報告を受けた習主席は、あまりもの惨状に驚き、
   状況を透明にて公開せよ!と一喝。

 管理人コメント:感染者の増加は1日1600人。 累積感染者数は先のSARSにおける世界全体での発生数とほぼ同じであり、中国内での数としてはすでにSARSを越えている。習主席は懸命に感染者数を抑えようと国の機能をフル回転させている。そのために国内の多くで発生している感染者の実態が浮き彫りになってきたようだ。

 回復者数よりも死者数が多い。

 治療方法が芳しくないか、それともウイルスの病原性が強いのか。
   *単純な肺炎ではなく、相当間質に強い炎症をもたらし、間質傷害を起こしている可能性が高い。
 原因として、免疫反応の中で生じる生体側にとって不利な反応であるサイトカイン・ストームを起こしている可能性がある。


WHO、緊急会議を招集

WHO、新型コロナに関して緊急事態宣言を検討する緊急会議を招集

 テドロスWHO事務局長、 国際的な緊急事態宣言(PHEIC)発令のための緊急会議を開催と発表
 事務局長は現在の流行状況は高度な危険状況にあるとコメント。the high risk of the outbreak


 ドイツで人人感染でウイルス拡大

ドイツで「人から人」感染拡大 新型肺炎、同僚間で広がる  時事通信

 ドイツ南部バイエルン州当局は28日夜(日本時間29日朝)、国内で初めて新型コロナウイルス感染が確認された男性(33)の同僚3人も、同ウイルスに感染していたことが分かったと明らかにした。

 複数の地元メディアが報じた。「人から人」への感染が、ドイツでも拡大しているとみられる。

 DPA通信によると、州当局は「複数の濃厚接触者についても、検査を行っている」と説明した。感染者が勤務する自動車部品会社ベバストは、ミュンヘン近郊の同社本部を一時的に閉鎖した。


29日

 武漢からのツアー客、バスガイドにもウイルス感染
大阪市の女性バスガイド ウイルスに感染 奈良の運転手と同乗  NHK WEB NEWS

大阪府によりますと、新型のコロナウイルスによる肺炎が相次いでいる問題で、大阪市内に住むバスガイドの女性がウイルスに感染していることが新たに確認されたということです。女性は、28日、感染が確認された奈良県に住む運転手の男性と同じバスに乗務し、中国の武漢からきたツアー客と行動していたということです。

管理人コメント:感染または発病していた武漢からのツアー客から、ウイルス感染したと考えられるが、バスという閉鎖空間内に長時間一緒にいたことは、よりウイルス感染を受けやすい状態だったと考えられる。


  UAE初の新型コロナ感染者
アラブ首長国連邦で中国人家族の4人が新型コロナ感染確認  UAE Media Center

 武漢から着た中国人家族の中の4人が、検査で新型コロナ陽性と診断されたと、UAE保健省が発表した。同国で初の感染者発見となった。

 管理人コメント:武漢から脱出してきた市民だろうか。

  武漢から航空機避難してきた邦人中に肺炎疑い者が2名
武漢から帰国の男性2人に肺炎の兆候 病院の医師会見で NHK WEB NEWS

新型コロナウイルスの感染が拡大する中国の武漢からチャーター機で帰国した日本人のうち体調不良を訴えた5人が搬送された病院の医師らが記者会見を行い、40代の男性と50代の男性の合わせて2人に肺炎の兆候が見られることを明らかにしました。


  武漢で邦人が新型コロナ肺炎で重体に
【速報】武漢で入院中の重篤日本人 「新型肺炎の可能性高い」 FNN

中国の武漢市で、重度の肺炎を発症した60代の日本人男性について、菅官房長官は29日午後の会見で、「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高いが最終的な結果は確定していない」と述べた。

政府関係者によると、容体はかなり危険な状態だという。


Evacuees from Wuhan are on a plane to the United States. Should they be quarantined?  CNN (米国) 武漢からの航空機で米国への避難者は隔離されるべき?

 武漢からの航空機での避難者はたとえ健康上問題なくても、到着したオンタリオで一般市民から遠く離れた場所に隔離されるべきか?
 専門家達は討議をつづけている最中のようで、意見は必ずしも一致していない。


China coronavirus: evacuation begins of US and Japanese citizens in Wuhan – live updates The Guardian (英国) 中国 コロナウイルス:武漢で米国民と日本人の避難が開始

 数百人の日本人と米国人が中国の流行の中心地武漢から航空機で避難、オーストラリアも準備




Avian Flu Diary 報告

 湖北省

 中国、湖北省感染者数および死者数増加続くも、回復・退院者数は少ない。
 他地域でも感染者数増加中

 1月28日最終集計 (湖北省)

 ・この1日間における感染者数報告 840名(累積数3554名)
 ・この1日間における死者数25名 (累積数125名)
 .これまでの死者数125名
 ・これまでの回復例80名

 回復者数は非常に少ない。
 入院期間が非常にながいことを意味する


 ドイツ、ババリアで集団発生

 Avian Flu Diary
 
ドイツでさらに3人感染者、人人感染による集団感染の疑い
  スーパースプレッダーによる集団感染の疑い?
 
 企業会議に参加した中国、上海からの女性社員と会議で接触した(21日)ドイツ人男性同僚が新型コロナ肺炎を発症(27日、検査確認)

 23日、中国人女性は帰国時に機内で新型コロナを発病。27日企業はバイエル保健省に報告

 本日発病男性の同僚3名が発病
 バイエル保健当局は男性との濃厚接触者社員40人のウイルス検査を緊急施行

  40人の感染が確認されたら、集団感染が確認され、新型コロナウイルス感染のパンデミック予兆となる。

 
 ドイツ語報道 https://www.stmgp.bayern.de/presse/drei-weitere-coronavirus-faelle-in-bayern-zusammenhang-mit-dem-ersten-fall-bayerns/
 




   新型コロナウイルス(nCoV)感染力増強の可能性。変異を示唆か?

  中国新型コロナ感染者数対数的増加    1日報告数1000人越え
    1月10日~1月27日
   Number of cases in Mainland China: 4515 cases (as of January 27, 2020, 24:00), including 976 cases in serious condition and 106 death cases.


   出典:CHP, HK


 台湾で人人感染

 妻が大陸の中国から帰国後、新型コロナ肺炎発症。台湾で5例目の輸入コロナ感染。
 引き続き50代の夫が感染。


 新型コロナウイルスの感染源の謎
新型肺炎「ウイルスの感染源複数か」中国メディア伝える NHK WEB NEWS

 中国で感染が拡大している新型のコロナウイルスの感染源について、中国メディアは、湖北省武漢にある海鮮市場のほかにも複数ある可能性があるとする専門家の話を伝えました。
中国の雑誌、「財新」の電子版は新型のコロナウイルスによる肺炎の患者について分析している武漢の病院の副院長に取材した内容を伝えました。

それによりますと、感染が始まったころの先月上旬に新型コロナウイルスに感染し肺炎を発症した患者4人のうち、3人は海鮮市場に出入りした形跡はなかったということです。

こうしたことなどから、副院長は「海鮮市場が唯一の感染源の場所ではなく、複数ある可能性がある」と話しています。



28日

  日本国内7例目、武漢女性

武漢から来日 北海道観光の40代女性 新型ウイルスへの感染確認 NHK NEWS WEB

厚生労働省によりますと今月21日に日本を訪れ、翌日から北海道で観光していた中国・湖北省武漢に住む40代の女性が発熱などの症状を訴え、検査の結果、28日、新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。

国内で感染が確認されたのは7人となりました。

 ドイツで人人感染例
German virus patient is case of human-to-human transmission in Germany ABS-CBN News ドイツ、新型コロナウイルス人人感染の1例を報告

 中国上海から来た女性とババリアでの会議に出ていた33歳男性が新型コロナに感染。27日ウイルス検査で確認された。
 女性は23日帰国の航空機内で発症した。


 日本国内で新型コロナの人人感染が確認

武漢市への渡航歴ない感染者確認  共同

加藤勝信厚労相は28日、国内で新たに2例の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを明らかにした。1人は中国の滞在歴がないバスの運転手で1月に2回武漢市からのツアー客を乗せた。


 どうしようない患者数増加に、WHOは役立つことができるのか?
新型肺炎、中国で死者100人突破 患者4500人超 WHOトップも北京入り  時事通信

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の死者が28日、100人を突破した。
 同省だけで前日から24人増の100人となり、中国本土では106人となった。中国政府の同日午前0時(日本時間同1時)時点の集計では、患者数は前日発表から1771人増えて4515人となり、このうち976人が重症。

 中国本土以外の患者も17カ国・地域の60人以上に拡大した。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日に北京入り。感染の拡大防止に向け中国の当局や専門家と協議する意向だ。

 死者の内訳は湖北省が100人(うち武漢市85人)、北京市、上海市、河北、河南、黒竜江、海南の各省が1人。湖北省の患者数は前日から1291人増えて2714人になった。中国本土で感染が疑われる例は6973人に達した。

 患者が80人に達し初の死者が出た北京市では、延長された春節(旧正月)連休が明ける2月3日以降も、感染拡大を防止するため企業に時差出勤や在宅勤務を奨励。患者が66人(うち死者1人)に増えた上海市では、連休をさらに延長し、企業には2月9日まで、学校には同17日まで営業や授業を再開しないよう指示した。

 上海証券取引所も取引再開を当初予定の1月31日から2月3日に遅らせるなど、経済活動や国民生活への影響は中国全土に拡大している。 

 コメント:WHO事務局長は性格は温厚だが、政治力に欠けている。中国になめられているが、確かにWHOよりも中国の方が頼りになる。


 チャーター機、出発遅れる
新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整  毎日新聞

中国湖北省武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、政府が派遣するチャーター機による現地からの日本人の帰国が29日以降にずれ込む見通しとなった。チャーター機受け入れなどで中国当局との調整が続いているとみられる。

 管理人コメント:現地の武漢市民を置き去りにして逃げるという構図だ。自分は反対だ。武漢では感染に気をつけて市民と協力し合って対策に乗り出すのが正しい。
 まるで中国から搾取していて、危険になったから消えるよ、はい、さよなら。
  基本的に植民地政策だ。

   テレビでの”煽り屋おばさん達”

   この方がたこそ、スーパースプレッダーであることを、放送局側は知っているのだろうか。
  最新の情報は局側から教えてもらって、一般論で話を押し通して、”危険です、とか怖いんです”などと叫び、子ども達の感染者は少ないんですよ、と言って微笑むことすらしない。(彼らは本当に患者を診る医者か?)

 このようなおばさんやおじさんは過去の遺物に過ぎないが、いかにも自分たちの出番が来たとばかり張り切って、過去の幻影を思い出しながら語る。

  新型コロナは、国内、または東南アジアなどで明確に人人感染を起こし出す。
 一人のスーパースプレッダ-がいれば、そこでは200人の患者と10人ほどの死者を出す。
 
 日本ではパニックが起きる。
 公衆衛生学的には何の意味もない法律(感染症法)があっても役には立たない。
 どれだけ信頼性ある医師と看護婦、さらには行政を司る人々がいるかにかかってくるだろう。

 事務屋や、関係の国会議員達がテレビの画面でしたり顔で話しても、何も変わらない。
 新型コロナウイルスは世界に火を放ちながら広がっているのだ。

 消火のための法律を作製、検討する会議を開いて、昼にどこかのラーメンに食べに行き、午後から半分眠った頭をそろえて、事務屋が整理した書類を見てハンコをおしても、放火魔達には何の影響もない。

 今、何をすべき。もしここが戦場なら何をすべきなのだろう?
 答えを見いだせない、単なるテレビでの煽りやおばさんや、高級公務員のような高そうなスーツにバッジを着けた人々は、もう必要ないから家に帰り、寒い中でも走り回り、放火魔と戦う意欲のある若者達と変わるべきだ。

 パンデミック時のPPE

 不思議に思うのだが、PPEと呼ばれる個人的感染予防用具(全身を覆う予防衣、顔面マスク、予防用ゴーグル、予防用キャップ、腕の長い予防用手袋、予防用長靴他、これは、現在のコロナウイルス感染症にどれだけ必要なのか?あれらの装具を身に着けて、どれだけの患者に対応出来るだろうか?

 そこまで現在のコロナウイルスに対して必要なのか?あれはエボラ対応ではじまった装具なんだろうと思う。
 接触感染を防ぐのが主な対策であるが、エボラは汗や飛び散る血液、尿、唾液からも感染する。致死率は30~90%だ。

 現在のコロナはそこまでの感染予防装具が必要か?空気感染も予想しているようだ。

 そのうちパンデミックになってきたとき、東京都内を、あのような宇宙人が買い物をして歩くのだろうか?

 「あっ、奥さん、マスクだけでは駄目よ。移るよ。うちの旦那は移って三日間、家で寝込んだのよ」
 「その宇宙服、どこで手に入るの?皆着ているようだけど」
 「保健所に行くと1セット10万円でうっているようよ。私のは知り合いのナースから中古をもらったんだけど」
 「マスクだけじゃ駄目なの?」
 「駄目らしいわ、顔にも目にも、髪の毛にも、ウイルスが飛沫物質が一緒にくっつくから」

 「でも何もしないで平気で歩いている人っているでしょう?」
 「困るのよねぇ、ああいう人たち」
 「国会でも着ているの?」
 「あっ、そうね。でも国会はしばらく休会が続くでしょう」

 「子ども達はどうするの?」
 「ないんだって、だから外に出すなって}
 「ここだけの話だけど、朝早くに子ども達、近くの公園でサッカーしてるわよ。最初はマスクしているけど、すぐ外して。大丈夫かしら?」
 「保健所に聞いたら?」
 「何か言ってたけど分からなかった」
 「じゃ、厚労省に聞くしかないわね」
 「でもあそこの専門家って分かるの?」



 湖北省で1291人、1日で感染者増加!!



  中国内では猛烈な勢いで人人感染が起きている。
 発生の仕方から見ると、一握りのスーパースプレッダーによるものだろう。
 一定の感染者の中にはスーパースプレッダーの体質を持った人が存在する。
 気管支でのウイルス増殖が非常に早い。気管支の細胞にウイルスが付着。侵入しやすい。
 予想外に本人は軽症か、無症状である場合が多い。インフルでもいることにあまり気づいていない。

 こうしたスーパースプレッダーが感染者の中から出てくると、その地域では瞬時に数十人の感染者が出てくる。北京、上海、浙江省、広東省他。

 スーパースプレッダーは良くしゃべる人にも多い。唾液が良く飛ぶからだ。唾液中には多くのウイルスが混じる。

 感染者数は日本には余り入ってきてない。数十人に一人はいるようだ。もっとも韓国で流行したMERSの際は、一番はじめの感染者がスーパースプレッダーだった。元気が良いから、さっぱり診断がつかないことから多くの病院を回り、ウイルスを広げた。
 日本ではどうなるか、世界的名医たちが腕をまくって待ち構えているだろう。



27日


 上海、全学校休校と不要不急の業務の停止を指示
Avian Flu Diary
Shanghai Orders All Schools & Non-Essential Businesses To Close Until At Least Feb 9th  上海、2月9日まで不要不急の業務は休止、そして17日まで全学校の休校を指示した。巨大都市、上海では現在、53人の感染者が見つかっているに過ぎない。
  

 香港大専門家チーム、武漢で数万人が感染と
Tens of thousands likely infected now: HKU experts  rthk (香港) 香港大学専門家グループ、武漢では数万人が感染している、と発表

 香港大学の医学専門家グループが27日、政府はもっと厳格な措置で新型コロナウイルスの拡大を抑える必要があると警告した。そして感染者数は発表されているよりもさらに多いと思われる、と語った。

 大学の医学部長であるガブリエル・リューン(Gabriel Leung)は彼の研究チームは25日、武漢市だけで44000人がウイルス感染していると評価したと語った。
 このうち25000人は発病していて、残りは潜伏期間内にあって症状を呈していない可能性があるとした。


 新型コロナ、予測よりも感染力が強い可能性

肺炎、1人から3人以上にうつる 感染力、WHO見解上回る可能性  共同

新型コロナウイルスによる肺炎の感染力は、世界保健機関(WHO)の公表見解よりも強いとする報告が相次いでいる。調査をもとに1人の感染者から平均で何人にうつっているかを示す数値で、WHOは先週、暫定的に1.4~2.5としたのに対し、香港や英国のチームは3以上と推定した。

 公表された数値は香港理工大などのチームの推定値が3.3~5.5、英ランカスター大などのチームの推定値が3.6~4。中国当局は26日「(当初の推定よりも)感染力がやや増してる」との見解を示している。

 感染力は1より大きいと感染の拡大、1より小さいと将来的な自然消滅を意味する。


 米国CDCニュース・カンファレンス

 昨日さらに感染者(武漢旅行関連)が3人見つかった米国。
 CDCはニュースカンファレンスで以下のようにメッセージを出した。

 未だ情報は限られている。しかし、我々は
 ”パンデミックが発生しているかのように、対策を整える必要がある”

 How severe, and how widespread its impact might be remains unknowable, due to the limited data we have. But as Dr. Nancy Messonnier, Director, National Center for Immunization and Respiratory Diseases said at the end of yesterday's CDC news conference:
"We need to be preparing as if this is a pandemic, but I hope it’s not."




 新型コロナ肺炎報告者数は中国内遍く多くの省から上がっている。
  
これらの感染者は全て武漢市で感染したのだろうか?
  
   武漢への旅行で感染?疑問だ。 遠くの青海省、雲南省でも発生?
    中国内で人人感染で拡大しているエビデンスは?
    中国政府が、慌てたように各都市、そして中国自体を封鎖しようとしている?
    情報は十分公開されていない。中国内各地域の流行状況の詳細を公開すべき。
   
中国本土における新型コロナウイルス感染者数
  (各省からの報告を香港衛生局が集計)
  1月26日 午後6時 報告)

1月26日 0時の時点での集計

 中国本土における総感染者数
  1975 cases 
   324人重症 56人死亡

 中国内各省における患者数 

Hubei Province 1052 (湖北省、武漢含む))

Beijing 54 (北京)
Liaoning 19
Anhui 66 (安徽省)
Chongqing 75
Shaanxi 22
Tianjin 13
Fujian 29
Hunan 69
Sichuan 46 (四川省)
Gansu 7
Heilongjiang 15
Jiangxi 36
Guangdong 111 (広東省)
Guizhou 5
Shanghai 40
Shandong 46
Guangxi Zhuang Autonomous Region 33
Yunnan 11 (雲南省)

Inner Mongolia Autonomous Region 7
Zhejiang 104 (浙江省)
Henan 83
Hebei 13
Hainan 22
Jilin 4
Shanxi 9
Ningxia Hui Autonomous Region 3
Jiangsu 31
Xinjiang Uygur Autonomous Region 4 (ウイグル地区)
Qinghai 4 (青海省)

*The figures are updated with the latest available information.

特報
  この24時間で中国内で769例の感染者と24人の死者が、中国保健委員会(NHC)に報告された。合計死者数80人。回復者は2人。累積感染者数2744例。

 *  死者数増加率と感染者数増加率は相関
Avian Flu Diary
新型肺炎死者、中国で80人に…感染者は2744人  読売新聞


 日本で多数の感染者が出てきた場合、隔離病棟はない。部分的戒厳令となる。
安倍首相、新型肺炎を指定感染症に 衆院予算委で論戦開始  時事通信

衆院予算委員会は27日午前、安倍晋三首相らが出席して2019年度補正予算案に関する基本的質疑を行い、実質審議入りした。首相は、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、28日の閣議で感染症法に基づく「指定感染症」に指定する方針を表明した。自民党の福井照氏への答弁。

 管理人コメント: これは問題ある法律だ。今後多数の感染者が出ても、その隔離施設はそれほどない。中国の様に1~2週間で数千床の隔離病棟が建設可能ならば良いが。法律よりも、数千人の感染者が出る状態なら戒厳令しかない。


 {チャーター機}

 チャーター機で武漢から日本人を脱出させることは、意外と色々な問題がつきまとう。

 基本的に中国政府は武漢からは外部に人は出さないことにしているが、理由はウイルス感染している危険性があるからだ。

 脱出させる日本人は、国内に戻ってきた後、国はどのように対応するのだろうか?
 潜伏期間を考えて2週間程度、自宅で自己隔離?それともどこかの施設でしばらく健康観察?

 考えて見たら大変ではある。帰国者には悪いが、国の方も確実に対策を立てなければ、ウイルスを国内に持ち込ませる結果になるかも知れない。
 帰国後発病者が出ることもあり得る。

 今の武漢で一般市民のウイルス感染率は分かっているのだろうか?数理学的方法で予測出来るだろうか?

26日

 米国で3例目。武漢からの旅行者
Coronavirus Live Updates: Death Toll Reaches 56 as U.S. Finds Third Case  The New York Times (米国) コロナウイルス情報更新:死者数56人に、米国で3例目の感染者が確認

 カリフォルニアのオレンジ郡で3例目の感染者が確認。
 患者は武漢からの旅行者。人人感染は見られてない。


 国内で4例目の感染者を確認
厚労省が国内4例目の感染確認 共同通信

厚生労働省は26日、中国湖北省武漢市から旅行で日本を訪れた40代男性が新型コロナウイルスに感染しているのを確認したと発表した。国内での確認は4例目。容体は安定しているという。


 日本も武漢から邦人を脱出させる方針に
新型肺炎 現地の日本人 希望者全員帰国させる方針 首相  NHK NEWS WEB

中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、安倍総理大臣は26日午後6時すぎ、総理大臣公邸で記者団に対し、現地に滞在する日本人で希望する人は、中国政府との調整が整いしだい、チャーター機などを使って全員を帰国させる方針を明らかにしました。


新型肺炎、死者56人に 患者1975人、疑い例も2684人 中国  時事通信

【北京時事】中国政府は26日、新型コロナウイルスによる肺炎の国内患者数が同日午前0時(日本時間同1時)までに1975人となり、うち56人が死亡したと発表した。

 重症者は324人。前日発表から患者は688人増え、死者は15人増加した。中国では25日の春節(旧正月)を挟んだ連休中、多くの人が移動しており、感染拡大が続いている。感染が疑われる例も中国本土で2684人に上っている。

 死者は、武漢市を含む湖北省で13人増え52人となったほか、上海市と河南省でも初めて確認。河北、黒竜江両省でも各1人が死亡している。最も状況が深刻な湖北省の患者は1000人を突破した。

 危機感を強める中国指導部は25日、習近平総書記(国家主席)が主宰して新型肺炎に関する共産党政治局の会議を開催し、「国内で拡散を防ぎ、海外に(ウイルスを)出すことを防ぐ」方針を確認。中国から海外への団体旅行を27日から禁止するなど、国民の移動を強制的に制限してでも感染拡大を防止する考えだ。

 中国政府は26日午後、新型肺炎に関し、22日に続く2回目の記者会見を開く。 

管理人コメント:致死率2.8%、重症化率16.4%  これまでと数値は変わらない。


 地獄の光景を目にする武漢の市民
China coronavirus: Wuhan residents describe ‘doomsday’ scenes as patients overwhelm hospitals  South China Morning Post (SCMP、香港) 中国コロナウイルス:武漢の住民は語る”この世の終わりのようだ”、患者は病院に溢れかえっている

 一人の女性は、夫の発熱と血液を混じった咳は治らず、いくつかの病院を回ったが、ベッドがないと全て断られた。
 絶望的情景が続く中、死者数は41人に増え、国内で1000人以上の感染者が確認された。

 数百人の市民が診断を受けられないまま、絶望感を募らせている。



習主席、ウイルス拡大速度は増している、と警告

China coronavirus spread is accelerating, Xi Jinping warns BBC (英国) 中国のコロナウイルスの拡大速度は増している:習主席が警告

 国は重大な状態に直面している。と習主席は春節の初日に開かれた高官達との会議で語った。
 コロナウイルスは42人を殺し、武漢で見つかってから約1400人に感染している。

 一方、英国に基盤を置いている研究者達は、中国はウイルスを封じ込めることは現実的にはできないだろうと警告した。

 第二緊急病院が2、3週間で建設され1300人の新規患者を収容するという。1000床の第一緊急病院の建築は既に行われている。

 人民軍の医療チームが武漢省に空輸されている。

 突然はじまった緊急対策は中国内外で大きな関心が抱かれている。
  ・なぜ中国はそんなに急いで病院を建てているのか?
  ・コロナウイルスは海外の中国人の間で大きな不安を引き起こしている。

 大陸内の旅行の間、中国人達は感染の症状とされる発熱のチェックを行っている。
 またいくつかの都市では駅が閉鎖されている。


 武漢、医療現場は修羅場、患者数はSARSを越える

患者急増、隔離追い付かず 武漢当局「1万人」に備え 中国・新型肺炎 時事通信

 1年で最も重要な節目の春節(旧正月)を迎えた中国では25日、新型コロナウイルスによる肺炎患者が1300人に達し、死者も41人に増えた。
 中でも発生地である湖北省武漢市の状況は深刻で、患者の急増に病院の受け入れ能力が追い付いていない。市当局は25日、国営メディアを通じて「市内の病院から追加徴用し、月内に1万床を確保する」と約束。1万人規模の患者発生に備えざるを得ない現状を示唆した。

 湖北省が25日発表した患者数は前日から180人増え729人。死亡した39人と退院した32人を除く658人は治療中だというが、あくまで病院で隔離治療を受けている人数。中国のニュースサイト澎湃新聞は23日、肺炎の疑いと一度診断されながら、武漢市の指定病院5カ所で「病人が多過ぎ、病室もない」などと再診を拒否され、自宅療養している市民の話を伝えた。隔離治療を受けられない患者が自宅に戻り、さらなる感染拡大を招いている可能性もある。

 現地で取材を続けるニュースサイト財新網は、多くの地元医師の話として「患者は6000人を超える可能性がある」と伝えた。2002~03年に中国から世界に広がった重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者は世界で8000人余り。中国国内では約5300人で、今回は武漢だけでSARSの国内患者数を上回るとの予測だ。

 こうした状況を受け、中国指導部は旧正月元日から動きだした。共産党政治局は25日、習近平総書記(国家主席)が主宰して新型肺炎に関する会議を初めて開き、感染の拡大防止に向け党中央に指導グループを立ち上げ、湖北省などに派遣することを決めた。国家衛生省も同日、計1230人の医療団を武漢に派遣すると発表した。 


 北京市でも公共交通機関の運行停止
北京市、市境超えるバスの全面運行停止 新型肺炎対策  朝日新聞

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、中国国営中央テレビは25日、北京市政府が26日から市境を超えるすべてのバスの運行を停止すると報じた。湖北省武漢市から波及した脅威が、首都の移動制限にまで及ぶことになる。

 感染の拡大が続くなか、習近平(シーチンピン)国家主席は春節当日の25日、党最高指導部の政治局常務委員の会議を招集。「感染症の拡散を断固防止する」と強調していた。

 ツアー客国外旅行を禁止
中国当局、海外への団体旅行を27日から停止  読売新聞

中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は25日、中国当局が、海外への団体旅行を27日から停止することを決めたと報じた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が、海外でも広がっているため、異例の措置に踏み切る。

 米国、武漢から航空機で米国人を避難

Chinese coronavirus outbreak sparks evacuation of US citizens, diplomats from Wuhan: report  Fox News(米国)

 米国政府は武漢に滞在する市民や外交官を脱出させるため、26日、チャーター機で230人分のシートを用意して米国人を脱出させる

武漢から退避へ米政府が航空便用意と報道  共同

米紙ウォールストリート・ジャーナルは25日、中国での新型肺炎拡大を受け、米政府が湖北省武漢市に取り残された米国の外交官や市民を退避させるため26日にチャーター便を運航させる手続きを進めていると報じた。

25日
  
 
 本日の一文

 香港が全学校休学を指示した。2月17日までという。中国本土へ渡る公的業務を全てキャンセルとした。コロナウイルス危険度をこれまでの深刻から危機へ引き上げている。患者は武漢から入った3人だけである。
 武漢市はほぼ完全に封印状態だ。市民は市外に出られないし、市外から市内に自由に入れない。
 武漢市近くの600万人都市も同じ状況になっている。

 過剰対策か?それとも未だ公開されてない状況が中国内に広がっているのか?
 春節のため、世界中に中国人が旅行に出ている。そして多くの国に武漢からの観光客や訪問者が、コロナウイルス感染で隔離されだしている。
 中国は異常である。

 海外に出た感染者から現地で人人感染で流行が始まりだしたなら、パンデミックの始まりだ。
 それは間違いなく起きる。
 だから、中国本土だけでなく、香港での過剰反応に近い対策が行われ始めたのだ。
 日本も、突然に近いほど慌ててメディアや行政が動き出したのだろう。
 武漢の米国人を航空機で脱出させると米国政府が発表。
   日本人はどうするんだ>日本政府

 まだ中国内の状況は完全に伝えられてない。


 死者数41人、感染者数1200人超に


  香港、コロナウイルス危機を宣言
HK Raises Response Level To Emergency - Announces School Closures  Avian Flu Diary  (国際)  香港、警戒レベルを危機レベルに、さらに学校閉鎖を指示

 キャリー・ラム香港行政長官はコロナウイルス危機を宣言、幼稚園から中学校までの休校を2月17日まで延長の指示を出した。そしてさらに全ての公的業務での中国本土訪問をキャンセルとした。


  日本国内3例目、武漢から旅行の中国観光客
新型肺炎、日本国内3人目の感染者…武漢から旅行で来た女性  読売新聞

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいる問題で、厚生労働省は25日、新たに国内で、中国・武漢市から旅行に来ていた30歳代の女性の感染が確認されたと発表した。国内で確認されるのは3例目。

 女性は18日に来日。21日から発熱とせきがあり、23日に東京都内の医療機関を受診し、国立感染症研究所などの検査で25日、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが確認された。


 豪州でも武漢からの中国男性
新型肺炎 オーストラリアで初の感染者を確認   NHK NEWS WEB
l
中国で感染が拡大している新型のコロナウイルスについて、オーストラリアの州当局は、今月、メルボルンに到着した50代の中国人の男性が感染していることが確認されたと発表しました。オーストラリアで感染者が確認されたのは初めてです。
オーストラリア南東部ビクトリア州の保健当局によりますと、中国湖北省の武漢に住み、メルボルンを訪れている50代の中国人男性が新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。

男性は、親戚を訪ねるため、広州を経由して今月19日にメルボルンに到着していてその後、体調を崩して病院で診察を受けたということです。



新型肺炎 中国の患者数1287人 死者は41人に  NHK WEB NEWS

感染の拡大が続く新型のコロナウイルスによる肺炎の患者について、中国の保健当局は、新たに患者が444人増え、1287人となったと発表しました。また、死亡した人の数も41人となり、感染が一層広がりを増しています。

中国の保健当局、国家衛生健康委員会は、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が、24日、新たに444人確認され、患者の数は、中国のほぼ全土にわたる全国29の省や市などで1287人になったと発表しました。

患者のうち、症状の重い人は237人に上っているということです。

また、死亡した人は、感染の拡大が最も深刻な湖北省で新たに15人確認され、合わせて41人となりました。
  管理人注:重症化率18%、致死率3%

新型肺炎、中国での死者計41人に 感染者1千人超か  朝日

 中国で広がる新型コロナウイルスによる肺炎の問題で、発症が相次ぐ武漢市を省都とする湖北省の政府は25日、新たに15人の死者が確認されたと発表した。中国全土での死者は計41人となった。

 同省政府の発表によると、24日に確認された15人の死者は50代~80代の男女で、いずれも交通機関の閉鎖などが続く武漢市で確認された。同省内の死者は計39人となった。同日には省内で新たに180人の感染も確認されたという。

 中国ではほかに河北省、黒竜江省でそれぞれ1人の死亡が確認されている。感染者数は湖北省での増加分を加えると、全土で1千人を上回ったとみられる。

 管理人コメント:突然感染者が増えたのではなく、まじめに当局が省内、市内を片っ端から調査したら患者数と死者数が増えたと言うことだろう。他地区でも公務員達がまじめに調査を開始いているだろうから、中国内の患者数は倍増、そして死者数も増えるに違いない。24日のワシントンポストのインタビューで、香港大の有名なウイルス学者でのイ・グアン教授が武漢を調査に行って、その印象を次の様に語っている。「既に予防や制御の段階は越えている。当局者達の業務怠慢と、春節を迎えてさらなる人々の流出がこれからの問題だ」、と語っている。


 新型コロナ感染、多彩な症状が現場から報告

新型肺炎 “初期症状 発熱・せきとは限らない”現地病院が見解 NHK NEWS WEB

 中国で新型のコロナウイルスの感染が広がる中、中国の国営メディアは、患者の初期症状は、肺炎に特有の発熱やせきだけとは限らないという現地の大学病院の見解を伝えています。

 国営の新華社通信によりますと、新型のコロナウイルスの感染が最も深刻な、湖北省武漢にある「武漢大学人民病院」が多くの患者を診察した結果、「初期症状が発熱やせきではない患者も多くいた」ということです。

 このうち、40代の男性患者は、当初、下痢の症状が3日間続き、発熱や呼吸器系の症状が見られなかったことから消化器内科を受診しました。

 医師は問診で、この男性が新型のコロナウイルスの感染者と接触していたことが分かったため、胸部のCT画像を撮ったところ、肺炎のような影を認め、その後のウイルス検査で感染が確認されたということです。

 新華社通信は、患者の当初の症状は、肺炎に特有の発熱やせきだけとは限らず、下痢や吐き気、頭痛や全身のだるさなど、消化器系や神経系の症状の場合もあり、早期の診断を難しくしているとして、病院の医師らが注意を呼びかけていると伝えています。


 香港、感染者数増え出す、通算5人に 

 香港でさらに3人の感染者が確認  香港保健省

 全員武漢と関連。他にも疑い者は出ている。


 武漢に大強制収容所建設と見間違う大隔離病院が長短期間で建造
中国・武漢に1000床の新病院、10日間で建設 新型肺炎治療に特化   NHK NEWS WEB

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国当局は流行の中心地・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)市内に、感染者の治療に特化した病院を新設している。建設期間はわずか10日間で、来月3日には病院施設が稼働する見通しだ。中国国営メディアが24日、報じた。
 新型ウイルスによる肺炎では、これまでに中国国内で少なくとも26人が死亡し、感染者は830人を超えた。流行を食い止めるため、武漢をはじめとする複数の都市で交通遮断措置が取られ、合わせて4100万人が移動制限の影響を受けている。

 管理人コメント:流行終息後、1週間で取り壊すとされる。新型コロナに特化した病院となると、隔離室が中心だろうが、装備も多々ある。 短期間で造るという金、資材、人手パワ-、壮大な捕虜収容所を造るイメージがわいてくる。 大都市を封鎖、そこに巨大な閉鎖病棟を中心の大病院(収容所)。


  初めて経験する厳戒体制下の「春節}

新型肺炎 中国 感染拡大防止へ厳戒態勢の「春節」に   NHK NEWS WEB

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国では25日、旧正月の「春節」を迎えました。大型連休に入る中、中国各地では感染拡大を抑え込もうと、人が多く集まる催しが相次いで中止され、ふだんとは異なる厳戒態勢の中での春節となっています。
中国では、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が、湖北省の武漢を中心にほぼ全土で確認されていて、保健当局によりますと、これまでに患者の数は830人、死亡した人は26人に上っています。


  新型コロナ、フランスで3名、中国からの旅行者

新型ウイルス、欧州で初確認 フランスで3人の感染者  AFP

フランス政府は24日、同国内で新型コロナウイルスの感染者が3人確認されたことを明らかにした。欧州での感染確認は初めて。

 アニエス・ビュザン(Agnes Buzyn)保健相は記者会見で、1人目は南西部ボルドー(Bordeaux)の病院で、2人目は首都パリで確認されたと述べた。

 1人目の患者は48歳で、新型ウイルス流行の中心地となっている中国中部・武漢(Wuhan)を「通過」した後、1月22日にフランスに戻った。23日にボルドーの病院に入院し、現在の容体は良好だという。

 ビュザン保健相は、2人目の患者については報告を受けたばかりであり、詳細はまだ公表できないと述べた。

 その後保健省は、上記2人の親族1人が、3人目の感染者であることが確認されたと発表した。3人とも最近の中国渡航歴があり、現在は隔離されている。


24日


新型肺炎の感染「中国で既に5500人」北大教授が推計  朝日デジタル

中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、中国での感染は5500人規模に広がっているとする推計結果を、北海道大医学研究院の西浦博教授(理論疫学)らが24日、医学専門誌に発表した(https://www.mdpi.com/2077-0383/9/2/330#)。中国で患者の診断や報告システムが十分機能していない可能性があるという。

 西浦さんらは、日本やタイ、米国など、24日朝までに中国本土以外で報告された計13人の感染者のデータと、武漢市からそれらの地域への渡航者数などから、統計的に中国本土での感染者数を導き出した。


中国人観光客、送還へ 武漢からの464人 フィリピン  時事通信

フィリピンの航空当局は24日、中国・武漢から入国した中国人観光客464人が送還されると、時事通信の取材に明かした。

 新型コロナウイルスの感染を防ぐためだが、発熱やせきの症状がある人はいないという。

 フィリピン民間空港公社の報道官によると、464人は全員中国人で、フィリピンの航空会社を使って比中部のカリボ国際空港に到着した。人気リゾートのボラカイ島で春節の休暇を過ごそうとした客とみられる。


 国営メディアの代わりにソーシャルメディアがコロナウイルス危機を伝える
Panic and Criticism Spread on Chinese Social Media Over Coronavirus  The New York Times  (米国) 中国のソーシャルメディアで広がる新型コロナに関するパニックと政府への批判

 中国市民達は国営メディアからのコロナウイルス危機に関する情報不足を、市民達のビデオ映像や情報で補っている

 中国国営メディアは市民に冷静さを求めるとともに、当局のコロナウイルス対策を賞賛しているが、ソーシャルメディア上では国中に異なった情報が行き交っている。


WHO、国際的公衆衛生危機宣言(PHEIC)を保留


 中国本土外で、人人感染を起こしていない現状は、PHEICに該当しない


  闇の国、中国

 武漢市が閉鎖、内部の人も外部の人も出入りを禁じられる
  この21世紀、感染症が発生したことから、その地域を閉鎖するという公衆衛生的手法があった?自分の身体の一部に菌がついたからといって切り離すのか?恐ろしい蛮国だ。

  これは人権問題ではないか?民主主義の枠外の行為ではないか?
  
なぜWHOは警告しないのか?中国が怖いからか?

Wuhan, Center of Coronavirus Outbreak, Is Being Cut Off by Chinese Authorities  New York Times (米国) 新型コロナ流行のエピセンターである武漢市が中国政府の手により切り落とされる。

 新型コロナの死亡者が2倍になった直後、武漢市の数百万人の市民は春節休暇の旅行計画を反故にされた。

 23日朝に武漢市は閉鎖された。市内で流行している新型コロナウイルスを外部に広がらせないための対策として、行政が突然行った。武装警官が配置され、市民達は抗議することもできないまま、1週間は市内から出ないことを命じられた。 
 一斉に市民達は少量品や家庭用品を求めに大型店舗に走ったが、多くの食料品は棚から消えていた。マスクもなかなか手に入らなかった。

 一切の説明もなく、武漢の町は、中世のペストが蔓延している城塞都市になってしまったのだ。



新型肺炎の死者25人に 湖北省以外で初確認 発症者は830人  産経

中国国家衛生健康委員会は24日、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が同日午前0時までに830人確認され、死者は25人になったと発表した。このほか感染の疑いがある事例が1072人報告されており、発症者数はさらに増えそうだ。 死者の内訳は感染源となった武漢市の海鮮市場がある湖北省が24人、河北省が1人。死者が湖北省以外で確認されたのは初めて。

 過去24時間で発症者は259人、死者は8人増えた。また全国の31省・自治区・直轄市のうち29省区市で発症者が確認され、感染はほぼ全国に拡大した。


日本で2例目の新型コロナ肺炎確認、厚労省報告内容
 経過と対応の不備について

1)年代: 40代
(2)性別: 男性
(3)居住地:中華人民共和国(湖北省武漢市)
(4)症状、経過: 
1月14日から発熱あり。
1月15、17日に医療機関を受診し肺炎の診断はなく、経過観察
1月19日に来日(症状は落ち着いていた)
1月20日に医療機関を受診し、肺炎の診断なく、経過観察
1月22日発熱、咽頭痛が持続するため、医療機関を受診し、肺炎像を認め、東京都内医療機関に転院し、現在入院中。
(5)行動歴: 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。
本人は、同行者と別の部屋に宿泊しており、ほぼ常に部屋に滞在していた。

 管理人コメント:
 非常にしっかりした行動をとっている旅行客だが、日本側の医療機関の対応が悪かった。現地で発熱時から2日にわたって医療機関受診で特に何も指摘されてなかったことから安心して日本に来たのだろう。
 19日来日。20日念のため医療機関受診。肺炎の可能性は疑われなく経過観察。しかし22日に発熱し、再度医療機関受診して肺炎と診断され入院。  
 経過から20日新型コロナの検査はすべきだった。検査では陽性に出たはずだ。
 武漢からの旅行客が発熱していた場合(間欠的であっても)、コロナの検査は必須である。
 *武漢の医療側は解熱後5日間は安静にと伝え、旅行に出るべきではないとアドバイスすべきだった。現在は一般市民も町からは出ることはできないが。

 新型コロナウイルスは、無症候性感染もあり得るが、感染して発熱しても自然解熱する確率も低くはない。しかし体内にはウイルスは存在している。解熱後5日間程度は自宅で様子を見るべきと思う。通常の風邪ウイルスの場合とは異なる。


WHO 新型ウイルス肺炎“現時点では緊急事態にあたらない” WHO  NHK WEB NEWS

中国で感染が拡大する新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の問題でWHO=世界保健機関は緊急の委員会を開き、感染がほかの国でも拡大するおそれがある「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか協議しましたが現時点ではあたらないと発表しました。一方で、感染の広がりやすさなど多くのことがまだわかっていないとして感染源の特定や感染拡大を防ぐ対策の強化を呼びかけています。

WHOの緊急委員会は23日、前日に続き、各国の専門家や保健当局の担当者が参加して、中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者が増えている現状について協議しました。

委員会のあとに記者会見したWHOのテドロス事務局長は中国でのヒトからヒトへの感染は主に家族や患者の治療にあたる医療従事者にとどまっているほか中国の外ではヒトからヒトへの感染が確認されていないなどと指摘し、「国際的な緊急事態にはまだなっていない」と述べて、感染がほかの国でも拡大するおそれがある「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」には現時点ではあたらないと発表しました。

一方でウイルスの感染源やどのくらい感染が広がりやすいか、またどのくらい重症になりやすいかなどまだ多くのことがわかっていないとして中国政府に対し、感染源や感染経路の特定などをWHOなどと協力して行うよう求めました。



新型肺炎の影響じわり 春節控えマスク増産 旅行業界は動向注視  時事通信

中国で新型コロナウイルスによる肺炎患者が拡大し、国内にも影響が広がっている。

 日本製マスクは中国人から人気があり、大手メーカーは生産体制を増強。一方、中国向けツアーなどを扱う大手旅行会社は「様子をうかがう」と動向を注視している。

 中国からの日本への渡航人気は高い。日本政府観光局によると、2019年の訪日中国人は約959万4000人に上り、過去最高を記録。ホテル予約サービス「アゴダ」の集計でも、アジアからの旅行者が24日から始まる春節(旧正月)連休に行きたいとする都市のトップは東京だった。

 衛生用品大手ユニ・チャームは、国内で初の感染者が公表された16日以降、複数の工場を24時間態勢で稼働している。小売店から注文が相次ぎ、1日当たりの生産量を最大10倍に増強した。日本製マスクは中国で人気が高く、春節連休で訪日中国人の増加が見込まれる中、同社担当者は「お土産で購入する人が多いはず」と期待を寄せる。


  日本で2例目の感染者、武漢からの旅行者

新型肺炎、国内2例目確認 武漢市からの旅行者、厚労省発表

厚生労働省は24日、旅行で日本に滞在中の中国湖北省武漢市在住の40代男性が、新型コロナウイルスに感染し肺炎を発症しているのを確認したと発表した。国内で新型ウイルスへの感染が確認されたのは、神奈川県在住の中国人男性に続き2例目。東京都内の医療機関に入院している。

 厚労省によると、男性は19日に来日した。入国前の14日に発熱し、15、17日に医療機関を受診したが、来日時の症状は落ち着いていたという。

 入国後の20日にも医療機関を受診したが、肺炎とは診断されず経過を観察していた。

新型肺炎、国内2例目確認 武漢市からの旅行者、厚労省発表 共同

厚生労働省は24日、旅行で日本に滞在中の中国湖北省武漢市在住の40代男性が、新型コロナウイルスに感染し肺炎を発症しているのを確認したと発表した。国内で新型ウイルスへの感染が確認されたのは、神奈川県在住の中国人男性に続き2例目。東京都内の医療機関に入院している。

 厚労省によると、男性は19日に来日した。入国前の14日に発熱し、15、17日に医療機関を受診したが、来日時の症状は落ち着いていたという。

 入国後の20日にも医療機関を受診したが、肺炎とは診断されず経過を観察していた。


WHO 新型ウイルス肺炎“現時点では緊急事態にあたらない” WHO NHK WEB NEWS

中国で感染が拡大する新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の問題でWHO=世界保健機関は緊急の委員会を開き、感染がほかの国でも拡大するおそれがある「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか協議しましたが現時点ではあたらないと発表しました。一方で、感染の広がりやすさなど多くのことがまだわかっていないとして感染源の特定や感染拡大を防ぐ対策の強化を呼びかけています。


新型ウイルス肺炎 中国で死者18人に 春節控え厳重警戒 NHK WEB NEWS

中国で感染が拡大する新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者は湖北省の武漢を中心にほぼ全土に広がっていて、死亡した人の数は18人となりました。中国は24日から旧正月「春節」の大型連休に入り、人の移動が急増するなか、中国全土で感染の拡大を防ごうと厳重な警戒が続いています。

中国の保健当局によりますと新型のコロナウイルスの感染が確認された肺炎の患者は最も深刻な湖北省の武漢を中心に、中国のほぼ全土にわたる25の省や市などで合わせて571人に上っています。

また北京に隣接する河北省の保健当局は省内に住む80歳の男性1人が死亡したことを明らかにし、すでに発表されている湖北省の17人と合わせると死亡した人の数は18人となりました。

  SARSの10倍以上かも、香港の世界的ウイルス学者
 武漢新型コロナウイルスの拡大、予想を超える。各都市での春節祝賀祭中止、旅行禁止の拡大へ中国政府はソーシャルメディアの検閲を強化
   

Chinese cities cancel New Year celebrations, travel ban widens in effort to stop coronavirus outbreak  The Washington Post (米国)  中国内の都市、コロナウイルス拡大防止のため、春節祝賀祭の中止、旅行禁止の拡大へ

 ウイルス拡大防止に躍起となっている中国政府は、またソーシャルメディアに於ける政府批判や懐疑論などの厳しい検閲を行っている。

 中国外へのウイルスの広がりも増えている:香港、マカオ、日本、韓国、米国、タイ、シンガポール、ベトナム。

 中国内での感染者数は630人を越え、死者数は少なくとも17人となっている。

 武漢市民は店舗の棚は空であると報告し、政府は状況を十分伝えてくれないと苛立ちを募らせている。

 香港大学の世界的ウイルス学者であるイ・グアン氏は次の様に語っている。
 「大流行であることは間違いない。少なく見積もっても、流行はSARSの10倍の可能性はある。予防と制御の重要な時期は越えてしまっている。今、春節で交通ラッシュを迎え、当局の職務怠慢が見られている」


23日


新型コロナ感染者、ベトナムで2人、シンガポールで1人確認  

 ベトナムで中国から訪れていた親子が感染を確認され、隔離治療  NHK NEWS WEB

 シンガポールに武漢から旅行で訪れた中国人男性の感染が確認  NHK NEWS WEB


 ウイルス拡大阻止のためにさらなる都市の封鎖
China closing down more cities to stop Wuhan virus  rthk (香港) 中国、武漢ウイルス拡大阻止のためにさらなる都市の封鎖を行う

 湖北省第二の都市、黄岡市(人口700万人)が近くの武漢で流行している新型コロナウイルスの拡大を抑えるために封鎖されると当局が発表した。


 マカオ保健省、2人目の感染者を確認
  武漢からのツアー客男性が、発熱で入境時の検査で確認


 湖北省、感染者数と死者数が増加

新型ウイルス肺炎 中国で死者17人 患者571人超に NHK NEWS WEB

 湖北省で22日、新たに8人の死亡が確認され、死亡した人は17人になったと発表しました。また感染者は25の市や省で合わせて571人に上ったとしています。
 湖北省(省都 武漢) 感染者数571人、死者数17人 致死率3%


 武漢、公共交通機関停止に

Scale of China’s Wuhan Shutdown Is Believed to Be Without Precedent  New York Times (米国) 中国の武漢封鎖規模は歴史上全例なき規模

 武漢発の航空機、列車のキャンセル、そしてバス、地下鉄、フェリーの一時的停止。

 1100万人の人々が住む町を封鎖して、コロナウイルス流行を抑えようとする中国政府の戦術は倫理的問題もはらんでいる。

 中国の戦術は何世紀も前の感染症(疫病)を周辺に拡大させないための考え方と同じである。


Coronavirus: Wuhan to shut public transport over outbreak  BBC (英国)  武漢、コロナ肺炎流行のため公共交通網を停止

 中国の900万人近い人口の武漢で一時的に公共交通機関を停止して、ウイルスの拡大を防ぐ対策を開始。
 市当局は1週間は市内から出ないように指示をだした。
 
 (新型コロナウイルスによる)呼吸器疾患は中国内の他の地域に広がっているが、米国でも感染者が見つかっている。

 感染者は500人以上確認され、17人が死亡している。
 ウイルスは現在、2019-nCoVとして知られ、これまで知られてない新型のコロナウイルスとされる。


 香港でも感染者確認の兆候
香港、本土からの感染疑い者2例を報告、感染はほぼ確認

22日


武漢新型コロナウイルス (nCoV)肺炎

* 感染者数は武漢以外からも報告されている。なぜ武漢限定だったウイルスが中国各地で突然、出始めているのか? 

 1)各地で発熱者のコロナ調査はこれまで十分行われていなかった。インフルと思われていた。 
 2)症状的に新型コロナが疑われていても、中央政府への情報隠しが行われていた。 
 3)新型コロナ肺炎が中国武漢で流行しだしている情報を地方で確認していなかった。
 4)鳥を含む動物死が見られないことから、季節性インフルと思っていた。

* 疫学的情報からみると、小児および若年者はnCoVに感受性は低いようだ。(中国語)

 予防は可能か?


新型ウイルス肺炎で台湾当局 武漢団体ツアー一時停止を要請  NHK WEB NEWS

中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎の感染が広がっている問題で、台湾の蔡英文総統は、観光当局が地元の旅行会社に対して、武漢への団体ツアーを一時停止するよう要請したことを明らかにしました。また、武漢からの団体ツアーの受け入れも、一時停止するよう要請したということです。


新型ウイルス肺炎 WHOが委員会 「緊急事態」かどうか判断へ  NHK WEB NEWS

 WHO=世界保健機関は、中国で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者が増えていることについて対応を協議するため、日本時間の午後8時すぎから緊急の委員会を開いています。委員会では最新の感染状況などを踏まえて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか判断する見通しです。

 香港で初のコロナ感染旅行客を確認
Hong Kong to confirm first case of China coronavirus after man who arrived in city with a fever found positive in two tests  SCMP (香港) 中国からの旅行客が香港で初のコロナウイルス感染が確認

 武漢の男性が高速鉄道で香港に到着。高熱などで検査を受けたが、3種類のコロナウイルス検査の2種類で陽性。最後の1種類で陽性が確認されたら確定例とされ、記者発表で公表される。


 新型肺炎、初期対応に批判拡大 中国、事態悪化に責任追及の声も  共同

【北京共同】中国国内で22日までに、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が300人を超えた。患者急増を受け、感染の深刻さを過小評価したり、肺炎に関する情報をインターネットに投稿した市民を処罰したりした地元当局の初期対応に批判が拡大。対応が後手に回って事態を悪化させたとして当局者の責任追及を求める声も上がり始めた。

 中国では昨年12月、湖北省武漢市で原因不明の肺炎患者が続出との情報がネット上で出回ったが、感染者が多く出ているとうわさされていた市内の海鮮市場は同月末も依然として営業を続けていた。騒ぎを黙殺していた当局は、報道が出た翌日に市場を閉鎖した。

 管理人コメント:正しくSARSの時に似ている。発生を隠蔽していた、地方行政職員。自分たちの責任が問われることを恐れ、北京市長まで隠していた。全てが露見した後市長は左遷され、多くの行政職員はのどかな遠くの高原地帯に移された。
 新型コロナウイルスは世界的に拡大するだろう、致死率も上がってくる可能性もある。ピークは4~6月か?遅れたなら五輪は中止である。習近平体制は崩れる。習は顔色を変えて対策強化に乗り出した。


 中国、コロナ感染者数激増、500人に迫る!
China confirms 9 dead from coronavirus and 440 infected  SCMP (香港) 中国。新型コロナによる累積死者数9人を確認、感染者累積440人を確認と発表

 死者は全てウイルスが最初に人に感染流行を起こした武漢の存在する湖北省で発生。
 ウイルスは米国、タイ、日本、韓国、 (台湾:訳者追加)で確認

国立保健委員会の長官補であるイ・ビン氏は、22日のあさの北京における記者会見で新型コロナウイルスの感染者数は440人となり、死者数は6人から9人になったと発表した。


新型肺炎の死者6人に、感染者は中国国外も合わせ300人超える  Reuters (国際)

 中国湖北省武漢市で検出され、感染が広がった新型コロナウイルスによるとみられる肺炎は20日、首都北京や上海、広東省でも感染者が確認された。また新華社によると、国家衛生健康委員会は同日、人から人への感染を確認した。

 中国当局は現地時間20日時点で合計291人の感染を確認。270人は武漢市がある湖北省の患者という。
 武漢市長によると、市内での感染者数は258人で、死者は6人となった。
 20日時点で浙江省当局は新たに5人の感染を確認、広東省でも14人が確認されたという。北京では5人、上海では2人が確認された。
 国家衛生健康委員会は現地時間22日午前10時に会見を開く。
 中国以外でも確認されており、総感染者数は301人にのぼっている。
韓国疾病予防対策センター(KCDC)は21日、前日に武漢からソウル近郊の仁川国際空港に到着した中国人女性(35)からウイルスを検出したと明らかにした。
 国内で感染が確認されたのは初めて。到着時に高熱などの症状があったため、すぐに隔離されたと説明した。


 米国でも確認、武漢帰り感染者
First Travel-related Case of 2019 Novel Coronavirus Detected in United States  米国CDC (米国)
 米国初の新型コロナ感染者が武漢帰りの旅行者で確認
 
 CDCは本日米国初の2019新型コロナウイルス( (2019-nCoV)感染者を確認したと発表した。患者は最近中国の武漢から帰国した。
 当初動物から人は感染していると考えられていたこのウイルスであるが、最近は限定的人人感染を起こしていると考えられだしているが、どの程度人に感染しやすいかについては不明となっている。


 新規報告例  Avian Flu Diary
1/21
 広東省: 3人が感染確定 (Shenzhen, Zhuhai, and Zhanjiang)、住んでいたか、旅行した。合計17人の感染者。他に4人の疑い例。

 上海;4人(3人は武漢に旅行歴、1人は患者と接触。合計6人

 韓国:1人、武漢在住、中国籍、武漢市場訪問歴なく、患者との接触歴無し、韓国訪問前に発熱、空港でチェックされ病院へ


21日

  ・WHO, 2019-nCoV緊急国際会議を招聘
  ・中国内で14人の医療担当者がウイルス感染

  Avian Flu Diary


  武漢新型コロナ:人人感染、医療担当者感染、中国当局の隠蔽、パンデミックの危険性、

・WHO To Convene Emergency Committee On Novel Coronavirus - Jan 22nd  22日、WHOは緊急会議を招聘。公衆衛生的危機宣言をすべきか論議。

・少なくとも14件の医療関係者が新型コロナウイルスに感染を起こしている:ゾング・ナンシャン(Zhong Nanshan)発表。SARS発生時政府の隠蔽を告発し、テレビに出演しSARSの発生を報告した。中国内で尊敬されている医師で研究者。


 Avian Flu Diaryからの情報
 上海で4人、台湾で1人の感染が確認

 上海の3人は武漢に住居および旅行の既往、1人は患者と濃厚接触

 台湾の患者は武漢から入国

新型肺炎、医療スタッフ15人が感染、1人重症  日経メディカル

中国の武漢市保健委員会は1月21日、武漢市内で新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染した医療スタッフ15人が確認されたと発表した。疑い例も1人いる。16人のうち1人は重症で、他の患者は状態が安定しているという。一連の新型コロナウイルス関連肺炎で、医療スタッフの感染が確認されたのは初めて。



持続的人人感染 WHO発表

新型肺炎「人から人へ持続的感染」とWHO   共同

中国で感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務所(マニラ)は21日、ツイッターで「持続的な人から人への感染があるとみられる」と発表した。

 中国内、コロナウイルス肺炎患者291人に

新型ウイルス肺炎患者 湖北省でさらに72人増 中国で291人に NHK WEB NEWS

中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がっている問題で、中国政府の専門家チームは「ヒトからヒトへの感染が確認された」と明らかにしました。感染が広がっている湖北省武漢は対策本部を設置し、感染の拡大防止に取り組む姿勢を示しています。

中国では、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が相次ぎ、国家衛生健康委員会は21日、患者が、武漢を含めた湖北省でさらに72人増えて270人になったと発表しました。

このほかにも北京で5人上海で2人広東省で14人の感染が確認されていて、患者は合わせて291人にのぼり感染が拡大しています。


20日


21世紀のパンデミックの予兆
新型コロナ肺炎クライシスの始まり
 武漢で急速に新型コロナ肺炎報告数増加。北京や上海でも見つかり始める。 

 中国保健委員会発表最新事例数

中国国家保健委員会(NHC)発表  国営新華社通信
 

 新型コロナウイルス肺炎発症例  1月20日18時

 確定例
 武漢 198例、北京5例、広東省14例  計217例

 疑い例
 四川省2例、雲南省1例、上海2例、広西チワン族自治区1例、山東省1例  計7例

 中国外
 全て確定例  日本1例、タイ2例、韓国1例

 管理人コメント;国営新華社通信発表データであるが、邦文訳した。
           感染者が武漢以外からも多数報告されだしている。
           

  人人感染を起こしている可能性大 北京大教授
北京大教授、人から人の可能性大 新型肺炎、爆発的に広がる恐れ  共同通信
 
中国で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、北京大医学部の王月丹教授(免疫学)は、発症者が大幅に増えたことを受け「人から人に感染している可能性が非常に大きい」と指摘した。中国紙、新京報(電子版)が20日伝えた。

 肺炎が発生した湖北省武漢市当局はこれまで「限定的に人から人に感染する可能性は排除できない」としていたが、王氏は「136人の発症者が新たに確認された以上、限定的な感染では説明が難しい」と強調した。

 王氏は、感染が爆発的に広がる恐れがあると分析。感染の範囲やウイルスを運んでいる動物などを特定することが急務だと訴えた。

 

 韓国でも感染した武漢女性が入国
韓国で新型肺炎患者初確認 武漢から入国の中国人女性  時事通信

中国湖北省武漢市で発生している新型コロナウイルスによる肺炎で、韓国保健当局は20日、国内で1人の患者を初めて確認したと発表した。

 患者は武漢市に住む中国人女性(35)という。

 発表によると、女性は18日に発病した後、19日に韓国・仁川空港に到着。その際、発熱などの症状があったため、保健当局は女性を医療機関に搬送し、20日午前に新型肺炎患者と確認した。 

China coronavirus: Number of cases jumps as virus spreads to new cities  BBC (英国) 中国コロナウイルス:感染者報告数急増、そして他都市へも拡大
 
 中国当局はこの二日間に139例の新規謎のウイルス感染者を報告した。
 ウイルス感染者が武漢市外で確認されたのは初めてである。

 新規事例は武漢、北京、深センで確認された。
 感染者総数は200例を超えた。3人が呼吸器疾患により死亡した。

 WHOは患者探索の強化と検査手法の改善が、患者数発見増加の原因だろうと発表した。

 新型コロナウイルス株は最初12月に武漢で見つかり、その後既に海外の二ヵ国でも見つかっている。タイで2例、日本で1例。

 英国の専門家達は、BBCのインタビューに答えて、感染者数は既に公的数値を遙かに超えているだろうと語っていた。

 最新状況

 武漢の当局者は週末に136人の感染者を確認したと発表し、一人が死亡したとされる。

 日曜日遅い段階で(19日)、武漢では170人が入院治療中で9人が重体であると報告された。

 北京の保健当局では武漢に旅行してきた2人が、コロナウイルスによる肺炎で治療を受けていると発表した。

 深センでは武漢を旅行してきた66歳男性がウイルス性肺炎の症状を呈したと発表した。

 WHOは呼吸器症状を呈した人々の探索強化とウイルス検査により、コロナウイルス感染確定者数は急増するだろうとコメントしている。


China Reports Jump in Deadly Virus Cases, Adding to Fears of Outbreak New York Times (米国) 中国は致死的ウイルスが武漢外に拡大し、流行の恐れがあることを伝えた。

 中国は謎のウイルス(新型コロナウイルス)により130人以上の感染者と1名の死者を週末に報告した。さらに北京と深センでも発生したとし、初めて武漢外の感染者報告があった。
 しかしそれらの感染がどのようにして起きたのかは不明とされる。

 武漢の保健委員会によると18日と19日(土曜日と日曜日)に136人の感染者が見つかり、9人が重体で、1人が死亡したとされる。

 中国内での感染者数は200人前後となり、一日前の倍となった。
 今回新規に報告された患者の66人は男性で、70人が女性、そして年齢は25~89歳の範囲となっている。


 訳者注:子供の感染者がいないことは特徴だ。
 

中国の新型肺炎、死者3人に 発症201人、春節で拡大恐れ  共同

 中国湖北省武漢市の衛生当局は20日、新型コロナウイルスによる肺炎で1人が死亡したと発表。死者は計3人となった。武漢の発症者は136人が新たに確認され、計198人になった。一方、中国メディアによると、北京市と広東省で20日までに計3人の発症を確認。武漢以外の中国での発症確認は初めて。中国全体の発症者は計201人に達した。

 武漢市当局は「人から人への感染が続くリスクは比較的低く、予防、抑制は可能」としているが、中国は春節(旧正月)で人の移動が激しくなっており、各地で発症者が相次いで見つかる恐れもある

China reports another death from Wuhan virus, infections spread to other cities SCMP(香港) 中国、さらに死亡例1例報告、感染は他の都市へ拡大

 新型コロナウイルスによる3人目の死者が発生、そして136人の新規感染者が週末に報告。59例が土曜日に(18日)、77例が日曜日に(19日)。

 ウイルスは初めて武漢外で確認。1例は深セン、そして2例が北京で確認。

 以前からウイルスの発生元、人人感染はするのかについてWHOは早急に明らかにするように伝えているが、未定のままとなっている。

 

19日

 新型コロナ疑い例、多数東南アジアで報告
China coronavirus: at least three suspected cases found in Shenzhen, Shanghai, sources say SCMP (香港) 中国コロナウイルス:少なくと3疑い事例が深セン、上海で見つかる

 2名の疑い患者が深浅の専門病院に隔離、3人目が上海で医学的管理下にあるが、当局はコメントを拒否。
 武漢保健委員会は同市で17例の感染者が見つかったと報告。

 他にシンガポール、ベトナム、ネパール、香港、および台湾からは多くの疑い例が当局から報告されている。



 中国武漢、さらに新型コロナ肺炎患者患者数は増加の一途

新型肺炎患者62人に 新たに17人 中国・武漢    時事通信

中国湖北省武漢市当局は19日、新型コロナウイルスによる肺炎で新たに17人の発症が確認されたと発表した。

 これで同市で発症した患者は62人となった。死者は2人で変わらず、重症者は8人に増加。19人は退院した。

 17人は男性12人と女性5人で、年齢は30~79歳。3人は重症。いずれも13日までに発症し、17日に感染が確認された。 

 管理人コメント;nCoV(新型コロナウイルス)による肺炎が、より詳細に感染者が増えていることを報告されだしている。中国が患者の詳細情報と疫学情報を発表しないことから、中国情報だけから今後を予知するのは難しい。
 死者数は2人は正しいのかすら信じるべきではない。
 すでにウイルスは患者から分離されているにも関わらず、海鮮市場内の動物から分離されているのかどうかも発表されていない。
 もしこのウイルスがかってのSARSコロナウイルスが試験管内で遺伝子が修飾されたものであったとしても、中国当局は発表しないだろう。ウイルスの由来は永遠に不明。憶測は類似ウイルスを保有するコウモリとされるのかも知れない。
 ウイルスはさらに広がる。そして死者数は増える。

 日本の専門家と称する人々は、それほど危険性がないと語ってrいるが根拠はあるのだろうか。英国の専門家達は過去のデータから得た数式で、少なくとも数百人以上の感染者は出ている、と語っているが。


18日


 英国専門家達、新型コロナは数百人の感染者を出す

New Chinese virus 'will have infected hundreds' BBC (英国) 新型中国ウイルスは、数百人の感染者を出す可能性


 中国で発生した謎のウイルスに感染した人の数は、公的に報告されている数が示唆しているよりも遙かに多い、と科学者達がBBCに語っている。

 検査室で確認された患者数は45人であるが、英国の専門家達は1700人に近いと評価している。
 疾病流行の専門家である Prof Neil Ferguson,が説明する。
 武漢から既に3人の感染者が国外にでている。
 得られている計算式によると、既に多くの感染者が各国、米国も含めて出ていると推定される。

 他の英国の専門家達も同じような推論をしている。
 ウイルスがSARSに非常に似ていることも、今後感染者数が増える可能性を示唆しているようだ。
 SARSは世界で800人近くを殺したコロナウイルスである。


 武漢肺炎、さらに4人増加; 
     台湾視察団は、13人海鮮市場外で感染と発表

武漢で発生4人のnCoV肺炎は、感染源不明、状態はそれほど悪化してない

中国新型肺炎、武漢で患者4人増加 計45人に  日本経済新聞

 中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、同市衛生当局は18日、患者数が4人増え、16日時点で計45人になったと発表した。市当局が今月11日に肺炎の原因を同ウイルスだと特定してから患者数の増加が確認されたのは初めて。
市当局によると、新たに発症したのは男性4人。それぞれ今年1月5~8日に発症し、8~13日に入院した。これまでに発症者45人のうち2人が死亡、5人が重症で、15人が退院した。他の患者の症状は安定しているという。

 最初に患者が発症したのは2019年12月12日で、発症者の多くが武漢市中心部にある海鮮市場に出入りしていたとされる。一方で台湾メディアによると、現地に専門家を派遣して調査していた台湾衛生当局は、発症者のうち13人は海鮮市場に行ったことがなく感染源は不明だと説明する。人から人へ感染した可能性を指摘する声もある。
 
 新型コロナウイルスによる肺炎患者は海外でも確認されている。日本では武漢市に滞在した神奈川県在住の中国人1人、タイでは武漢市からの中国人旅行者2人の発症が判明した。


Wuhan pneumonia: China steps up efforts to control spread of coronavirus  SCMP (香港) 武漢肺炎:中国、コロナウイルスの海外への拡大を制御するためにさらなる対策強化
 
 武漢国際空港から出発する旅行客は発熱チェックなどを受けている。15日からはじまった。
 武漢から隣国日本へ感染患者が帰国し、感染が確認されたことで強化された。


 米国3空港で武漢直行便、または連結便からの
    入国者のコロナウイルスチェックを開始

Public Health Screening to Begin at 3 U.S. Airports for 2019 Novel Coronavirus (“2019-nCoV”) CDC (米国CDC) 旅行客の健康チェックのため、2019nCoVチェックを3空港で開始

 米国CDCと国土安全保障省税関国境警備局は米国への旅行客が病的状態にあることをチェックするために、中国武漢からの直行便または連結されている便の旅客の健康チェックの内容を拡大する。
 この体制は新型コロナウイルス(nCoV)感染者が中国で発生し、タイと日本に感染者が入国している状況から、2020年1月17日から開始された。
CDC

 対象となる空港はサンフランシスコ、ニューヨーク、およびロスアンジェルスである。

17日


WHO、日本で見つかった武漢コロナウイルス肺炎男性の詳細を掲載

 昨日日本で見つかった武漢帰りのコロナウイルス感染男性に関する報告がWHOからあったが、あまりにも簡単な内容で詳細が不明だった。日本から送られた情報があまりにも簡単なものだったようだ。
 しかし本日改めて詳細報告がWHOから掲載された。日本から再度書き直した情報が送られたようだ。
 患者退院と検査結果判明との関係、患者は隔離入院されてなかった状況であるが、明確に記載されてない。コロナウイルス感染が疑われたのはいつなのかも記載無し。状況から見ると帰国数日後のようだが。

 昨日発表されたあまりにも簡単な日本からの報告に基づくWHO発表内容
  患者内容は数行にとどまる。そのためコロナウイルス一般に関する情報で文章を膨らませている。

 タイで2例目確認、海鮮市場訪問既往無し

新型コロナウイルス タイで2例目の感染確認 NHK WEB NEWS

中国の湖北省武漢で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、タイ保健省は17日、観光のためタイを訪れていた中国人の70代の女性が新型のコロナウイルスに感染していたと発表しました。タイでの感染確認は2例目で、中国の「春節」を前に、空港での警戒を強めています。

タイ保健省は17日、記者会見し、今月13日に中国の湖北省武漢から観光旅行でタイを訪れた74歳の女性が、新型のコロナウイルスに感染していたと発表しました。

女性は、タイの空港で38度以上の発熱があったことなどから医療機関に搬送され、検査の結果、16日夜、感染が分かったということです。

タイで新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、これが2例目です。

タイへの旅行前、女性は、今回の肺炎患者のほとんどが関係している武漢の海鮮卸売市場には立ち寄っていないということです。


  ベトナムで2名の中国人がnCoV肺炎疑いで隔離に

ダナン:中国武漢のウイルス性肺炎感染の疑いで2人隔離  VIET JO (ベトナム)

保健省予防医療局によると、南中部沿岸地方ダナン市のダナン国際空港で14日、感染症監視システムが遠隔体温計によって発熱症状のある2人の外国人を発見した。

 2人は中国の湖北省武漢市に居住している中国人で、ベトナムに入国しようとしていたが、武漢市で発生しているウイルス性肺炎に感染している疑いがあるとして隔離され、経過観察措置が取られた。2人から採取したサンプルをパスツール・ニャチャン研究所に送って検査している。

 ドー・スアン・トゥエン保健次官は15日、2人に接触した人のリストを作成して経過を観察していることや、保健省とダナン市が協力して感染防止対策を強化していることを明らかにした。

 現在ベトナムでは、武漢市のウイルス性肺炎の患者はいないが、中国との貿易や観光で往来する人が多いため、ベトナムに感染が広がる恐れがある。保健省は、中国との国境ゲートのある各地方に作業チームを派遣して感染防止業務の指導に当たらせることを決めている。

 中国ではこれまでに41人の感染が確認され、うち1人が死亡した。香港では5日までに14人に感染の疑いがあるとされ、タイでは中国人観光客1人の感染が確認されている。




 武漢肺炎、入院重症者の一人が死亡
新型肺炎で死者2人目、中国武漢 69歳男性  共同

中国湖北省武漢市当局は16日夜、新型コロナウイルスによる肺炎で男性(69)が15日に死亡したと発表した。死者は2人目。

 当局によると、男性は昨年12月31日に発症し、今月4日に病状が悪化した。市内の病院に入院して治療を受けていたが、深刻な心筋炎を患っており、胸水や、胸膜の肥大などが確認された。15日未明に死亡した。

 当局は15日時点で41人の発症者数は変わらず、重症は5人で、12人が退院したと明らかにした。
 
 管理人コメント; 武漢の町から新規患者が出ないことは見事な対策が講じられていることが意味される。まさか情報が封じられているわけではないだろう。相当な監視体制が敷かれていると同時に、医療機関での感染予防対策、患者スクリーニング対策が相当厳重なのだろう。
 未だに市場内のウイルスの発生源が不明なのは残念であるが。

16日

 日本に新型コロナ侵入  
     今後拡大の様相
(否定する根拠無し)


   発見隔離まであまりにも長時間要した。
  
患者との接触者調査は行われているのか?
   季節性インフルとの鑑別はつくのか?
   季節性インフルとの混合感染はあり得るのか?(答えはあり得る)。



新型肺炎、国内で初確認 神奈川県の中国人男性 人から感染か  産経

中国中部の湖北省武漢市で発症が相次いでいる原因不明のウイルス性肺炎について、厚生労働省は16日、武漢市に滞在し、日本に帰国した神奈川県在住の30代の中国人男性から中国で確認されているものと同じ新型コロナウイルスが検出されたことを明らかにした。日本国内で新型肺炎の感染者が確認されたのは初めてで、人から人への感染の疑いがある。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集など対応に当たっている。

 厚労省によると、男性は武漢市滞在中の今月3日から発熱があり、6日に帰国した後、神奈川県内の医療機関を受診した。14日に地元保健所に報告があり、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査したところ、中国のものと同じ新型コロナウイルスの陽性反応が出た。

 男性は医療機関に入院していたが、症状が回復し、15日に退院したという。

 新型肺炎をめぐっては、発症者の多くが武漢市内の海鮮市場の関係者であることが判明しているが、厚労省によると、男性は市場には立ち寄っていないと説明しており、中国国内で新型肺炎の患者と濃厚接触した可能性がある。

 中国で新型ウイルスが検出された肺炎の発症者は計41人で、うち男性1人の死亡を確認。武漢市当局は「限定的だが人から人へ感染する可能性は排除できない」との見方を示している。高齢者や持病のある人が重症化しやすく、初期症状は発熱や咳(せき)が中心だという。


管理人コメント:現在季節性インフルが日本でも、中国でも米国でも大流行に向かっているが、この新型コロナウイルス感染は、季節性インフルと混合感染はするのだろうか?もしするのなら、発熱&咳の患者は全て検査を行っていないとしても要警戒、場合によっては隔離となるだろう。
 3日発病し、6日に帰国し、10日に医療機関に15日まで入院していたとされるが、この間は隔離されていたのか曖昧である。6日から10日まで自宅、そして15日まで入院。要請であるとの検査(行った?)結果は15日明らかになった。周辺にウイルス拡散させる機会が多くあったと考えられる。検査結果が明らかになった日に退院したというのは、患者が新型コロナに感染していたという事実を確認後のことだったのだろうか?

 以下は香港保健局の報告による。

According to information from the health authority of Japan, the case involved a male patient in his thirties who is living in Kanagawa, Japan. The patient, who had earlier travelled to Wuhan, Hubei Province, developed a fever on January 3 and returned to Japan on January 6 and sought medical attention on the same day. He was admitted to a local hospital on January 10 and was discharged on January 15. He tested positive for the novel coronavirus on January 15. According to the patient, he did not visit the Hua Nan Seafood Market in Wuhan but had contact with a pneumonia patient while he was in Wuhan.
   検査は15日に行われたのか?退院の日に何で行われた?

15日


  新型コロナ、家族内感染が確認

中国の新型コロナウイルス、人から人への感染否定できず-武漢市当局 Bloomberg

中国湖北省武漢市の衛生健康委員会は15日、市内の肺炎患者41人のうち家族間のケースが1例あり、人から人への「限定的な」感染の可能性は排除できないと明らかにした。

14日

*武漢肺炎掲載過去オピニオン*

 
WHO says new China coronavirus could spread, warns hospitals worldwide  Reuters (国際) WHO、新型中国コロナウイルスは広がる可能性ある、世界の医療機関に警告

  感染女性は武漢海鮮市場に頻繁に出かけていたことが判明。タイに旅行に出発した5日も発熱と咳症状がある状態で家族や親戚十数人と旅行に出かけ、タイの空港で発熱がチェックされたようだ。
 嘘を語れば世界は動くの良き例だ。
  故に当報道は削除の扱いに


13日

 タイ;武漢からの旅行客が新型コロナ肺炎発症
   海鮮市場外でウイルス感染が起きている可能性

WHO statement on novel coronavirus in Thailand WHO,
 タイで発見された新型コロナ肺炎に関しての説明
h

 WHOは中国からタイ空港に到着した中国人から新型コロナウイルスが発見された後、タイと中国の当局者と共に患者のフォローを行っている。

患者は武漢からの旅行客で、タイ空港で1月8日に診断され隔離入院した。



中国 武漢からタイに観光の女性 新型コロナウイルスに感染か  NHK NEWS WEB

タイの保健省は、中国の湖北省武漢からタイに観光で訪れた60代の中国人女性が新型とみられるコロナウイルスに感染していたと発表しました。

タイ保健省によりますと8日、中国の湖北省武漢から団体旅行でタイを訪れた61歳の中国人女性が空港に到着した際、38度以上の発熱や呼吸器の疾患が確認されたため、医療機関に搬送したということです。

タイ保健省は、武漢で新型とみられるコロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいたことから女性から検出されたウイルスを調べたところ中国のものが一致したため、13日、新型とみられるコロナウイルスに感染していたと発表しました。

これを受けてWHO=世界保健機関も13日、タイで検出された新型とみられるコロナウイルスは中国のものと同じであることを確認したと発表しました。

女性は、現在医療機関で手当てを受けていて、すでに快方に向かっているということです。


中国外初、新型ウイルス検出 タイ  時事通信

タイ保健省は13日、バンコク近郊のスワンナプーム国際空港に到着した旅行者の中国人女性(61)から、湖北省武漢市で多発している肺炎の原因とみられる新型のコロナウイルスと同型のウイルスが検出されたと発表した。

 中国以外で検出されたのは初めて。

 女性は空港で発熱が確認されたため、病院に搬送され、感染が判明した。既に熱は下がり、医師団が経過を見守っている。保健当局は女性と接触した16人についても調べたが、感染は認められなかった。 
 
  管理人コメント:武漢で海鮮市場外でウイルス感染したとしたなら、ウイルスは既に武漢市内で広がっているいることを示唆する。ウイルスの出現元を海鮮市場内の生きた動物(コウモリが有力)としている仮説を見直す必要があるかも知れない。


 WHO 疾病流行情報 更新
Novel Coronavirus – China  中国における新型コロナウイルス情報-更新  2020/1/12
 
 2020年1月12日

 2020年1月11日と12日に、WHOは中国当局からさらなる流行に関する情報を中国国立保健委員会(National Health Commission )から受け取った。

 WHOは武漢で進行中の流行に対する精査と対策の精密さを確認すると共に、定期的に情報共有を続けることを確認した。

 得られている事実は武漢の一箇所の海鮮市場で流行が発生したことを強く示唆している。
 市場は2020年1月1日に閉鎖された。この時点で保健医療担当者への感染は確認されてなく、人人感染の明確な事実は得られていない。中国当局は強力な監視体制と対策の継続、そしてさらなる疫学的調査を続ける。

 41人の確定例の中で1人の死者が出た。患者は深刻な基礎疾患を保有していた。

 中国は1月12日に新型コロナウイルスの遺伝子配列を発表し国際的に共有した。この情報は他の国々が診断キットを開発するのに非常に重要なものである。

 集団発生は2019年12月31日にWHO中国事務所に初めて報告された。
 中国当局が新型コロナウイルス(nCoV)を同定し、それは2020年1月7日に分離された。
 検査室診断は全疑い例(臨床的診断されていた、そして後に考察判断された)で行われた。
 同時に他の呼吸器疾患を起こすウイルス(インフル、鳥インフル、アデノウイルス、SARSウイルス、MERSウイルス、も検索され、今回の集団発生の原因から除外された。

 中国当局から1月11日と12日にWHOに伝えられた情報では、41人の新型コロナウイルス感染が確認された。
 41人中7人が深刻な容体を呈していた。そのうち1人が上記したように死亡していた。6人は退院していた。
 41人の発症時期は2019年12月8日~2020年1月2日とされた。1月3日以降新規患者は発生していないとされる。

  報告されている臨床的兆候と症状は、主として発熱であるが少数例では呼吸困難も伴う。胸部レントゲンでは両肺に浸潤陰影を認める。患者は隔離され武漢医学施設で治療を受けていると中国当局は伝えている。

 初期段階での疫学的調査によると、ほとんどの患者は武漢海鮮市場の業者か、頻繁に訪れる人々であった。
 中国当局の報告ではウイルスが容易に人人感染を起こすような明確な事実は得られていないとされる。

 この新型コロナウイルスが武漢市以外で感染した報告はないとされる。

 これまで763人の濃厚接触者と医療関係者が把握され、追跡調査されているがウイルス感染者は同定されていない。

武漢で発生した新型コロナウイルス肺炎の深まる謎
    ウイルスはどこから?

 WHOは武漢で集団発生した謎の肺炎は、中国研究チーム発表の新型コロナウイルスによるものであると発表し、さらにウイルスは武漢での、ある海鮮市場で売られていた生きた哺乳動物由来である可能性が強いとした。そしてウイルスは市場外に拡大してなく、また武漢以外での感染者も発生していないとしている。

 武漢での患者胸水から得られたコロナウイルス遺伝子断片から、病原体は新型コロナウイルスの可能性が高いとされ、さらに核酸検査で他の患者もコロナウイルスに感染していることが確認された。
 そして1月7日に一人の患者からウイルスが分離され、ウイルスの遺伝子配列が明らかになった。

 非常に早い病原体探索であり、ウイルス分離、遺伝子配列も患者が確認されて一ヶ月もしないうちに完了している。

 問題はウイルスがどこから市場内の人々に感染したのか、である。さらに人から人へ感染しないとされ、市場内で3週間足らずで41人に感染した経路は未だ謎である。
 市場で売られていたコウモリから感染したとの説が有力であるが、その証明は難しい。もしコウモリがウイルス感染源であるなら、なぜ肺炎が集団発生した初期に気がつかなかったのかも謎である。

 新型コロナウイルスがどこから来たのか、市場内の動物からか、それとも大学の研究室の試験管内からか等、謎は深まるが、SARSの時と同じように全ては謎のままウイルスが消え去る可能性も高い。
 


 
12日


中国グループ、新型コロナウイルスの遺伝子構造を発表

Chinese researchers reveal draft genome of virus implicated in Wuhan pneumonia outbreak Science(国際) 中国研究者グループ、武漢肺炎の病原体とされるウイルスの遺伝子構造を発表


 武漢における謎の肺炎が集団発生一ヶ月、中国からの情報不足に世界の科学者達は心配していたが、本日中国の研究グループは新規に見つかったコロナウイルスの遺伝子構造を発表し、科学者達に安堵感を与えた。
 ウイルス遺伝子構造は、グループに属するオーストラリアのシドニー大学のエドワート・ホームズによりオープン・アクセス サイトに投稿された。


 WHO、サーベイランスのための武漢コロナウイルス(nCoV)症例定義を発表(暫定案)
   新型コロナウイルス->nCoV
  

Wuhan novel coronavirus (WN-CoV) infection prevention and control guidance   Public Health England (英国公衆衛生局) 武漢新型コロナウイルス(WN-CoV)感染感染予防制御のためにガイドライン


 香港保健局、武漢肺炎の疑い例61例を発表

 11日午後まで。前日よりも7人増加。多くでインフルウイルスやRSウイルスが検出されている。
 武漢市で用いられている核酸検査で確定診断されている例はない。武漢市で用いている核酸検査のコロナの遺伝子が提供されていないのだろう。
 しかし武漢市では核酸検査の短期間で可能となっているが、原因新型(?)コロナウイルスからの遺伝子がそんなに早くに分離できていたのだろうか?疑問だ。SARSの際は最後まで確定検査が確立されなかったが。


 管理人コメント:香港の発表する事例は、発熱症状に呼吸器症状を呈し、武漢に二週間以内に滞在していた疑い例。全員入院隔離されているが、数日内で半数が退院。武漢の海鮮市場を訪問していた場合でレントゲン上肺炎が確認された例は可能性例となるが、これまで可能性例の報告はない。

武漢以外の都市での状況はどうなのか?コロナウイルス遺伝子の存在を核酸検査で行う必要があるが、多分行っていないはずだ。となると集団発生という疫学的異変が起きない限り患者は発見されない。しかし問題はウイルスの広がりであるから、集団発生が確認されない限り安心となるが、昨日死亡例が報告されているから、今後の推移が問題だ。核酸検査で確認された患者の2%が死亡となっているが、新型コロナでの発病者数とインフル様症状で死亡した患者数が明確でないから、この謎の新型コロナの危険率は未だ不明とされる。



 武漢で新型コロナ肺炎で初の死亡者
新型コロナか、中国・武漢で肺炎初の死者…感染経路不明   読売新聞 

中国内陸部の湖北省武漢市で昨年12月から原因不明の肺炎が多発している問題で、武漢市の保健当局は11日、61歳の男性患者が9日に死亡したと発表した。初の死亡例とみられる。この肺炎は新型のコロナウイルスが病原体と推定されるが、感染の経路も不明で、中国政府は拡大を警戒している。

中国の専門家チームが10日までに、死亡した男性を含む41人の患者から新型のコロナウイルスを検出した。発熱や全身のだるさ、せき、呼吸困難が主な症状で、7人が依然として重症という。
 患者の多くは武漢市中心部の「華南海鮮卸売市場」の関係者で、死亡した男性も出入り業者だった。5万平方メートルのこの市場では約1000店が軒を連ね、中国紙・中国経営報(電子版)によれば、海産物だけでなく、食用のハリネズミやカエル、蛇などを扱う店もあった。武漢市は1日に市場を閉鎖し、感染との因果関係を調べているが、難航している模様だ。

中国では25日の春節(旧正月)に合わせた大型連休で、帰省などのため延べ約30億人の移動が見込まれており、感染拡大が懸念される。武漢市当局は、今月3日以降新たな患者は出ておらず、人から人への感染はこれまで確認されていないとしている。


11日

  武漢肺炎で初の死亡者
China reports first death from mysterious outbreak in Wuhan Aljazeera (国際) 中国、武漢での謎の肺炎流行で一人死亡
 
 61歳男性が武漢で謎の肺炎で死亡。7人は重体が続いている。武漢の保健当局が11日発表した。

 全体として41人が、”pathogenic nucleic acid testing”で、 今週検査室で病原体として指摘された新型コロナウイルス感染と診断された。武漢市保健委員会が発表した。
 患者は2019年12月8日~2020年1月2日まで発生が確認されており、3日以降は発生していない。

 訳者コメント:本日掲載のScience編集部のインタビューに対する中国評価委員会代表の答えは、コロナウイルス感染が確認されているのは患者59人中15人で、残りは臨床診断であるという話と、武漢市の話は食い違っているが、武漢市立病院で用いている”pathogenic nucleic acid testing ”が全例で行われたことから、確定例は41人となったようだ。。
 

  武漢肺炎の情報公開に対する中国への圧力が高まる



Pressure builds on China to share info on new coronavirus  CIDRAP(ミネソタ大学感染症情報センター) 新型コロナウイルスに対する情報の提供を求める圧力が世界中から中国へ

 ツイッターや他のフォーラムで今週明らかにされた武漢の謎の肺炎集団発生に関与しているとされる新型コロナウイルスに関して、分析されたとする遺伝子情報、さらに他の情報の公開を求める声が高まっている。


 これまで武漢保健委員会から発表された公式患者情報は1月5日で、その後一切更新されていない。
 新型コロナウイルスの予備的同定情報は、主として厳格に政府にコントロールされている中国メディアが、研究に密接に関与している中国科学者達からの引用として報告している。

 1月9日。WHOは中国からの情報で基礎的事実を確認したが、今後数週間以内にさらなる包括的情報が、流行のダイナミクスや患者の臨床症状のを理解するためには必要とされる、と発表している。
 

 科学会では多くの噂が乱れ飛んでいて、中国の研究者達は既に医学論文を作成中であるとするもの、またWellcome Trustの長官であるジェレミー・ファーラーは、今日のツイッターで、もし噂が本当で、重要な健康情報が迅速にWHOと共有されないとしたなら、非常に大変なことである、と語っている。別なツイッターでは、ウイルスの遺伝子情報は「完全に解明されているとされるから、中国チームはそれを GenBankに登録しているのではないかと言う。
 また、中国が迅速なる情報開示をしないことはこれまでも見られている。SARSが良い例である、と語る研究者もいる。

臨床症状に関して

 一方治療に治療に関与しているスタッフから少ないながらも新しい情報が本日入った。
 ほとんどの患者は軽症から中等症の症状を呈し、既に退院している患者もいる。入院中の患者はほとんど安定している。主たる症状は発熱、易労感、乾性咳であるとしている。病状が悪化すると呼吸状態の悪化が認められる。

 検査室での結果は、正常または多少減少した白血球数、リンパ球減少、肝臓及び筋肉由来酵素の上昇(GOTか:訳者)

 胸部写真では全患者で、複数の肺葉区域で浸出液が見られる。

 欧州では人人感染がないと言うことから、ウイルスが欧州に入ってくる危険性は低いとしていて、リスクレベルは低く評価している。


 サイエンス(Science)からの質問
  診断は臨床診断、ウイルス感染は診断確定者59中15人でサンプル中の遺伝子確認
  59人以外感染者報告はない。

 
Mystery virus found in Wuhan resembles bat viruses but not SARS, Chinese scientist says  Science(国際) 中国科学者、武漢で見つかった謎のウイルスはコウモリのウイルスに似ているがSARSウイルスではない

 9日、中国報道は中国科学者が同定した、武漢肺炎の原因病原体と推定される新型コロナウイルスの全遺伝子構造を解明したと発表下。
 Science編集部は、政府顧問の中国評価委員会の責任者である Xu Jianguo氏にインタビューした。

 大まかな内容は以下の通り。

 研究には多くのグループが関係していて、全容は Xu Jianguo氏も把握出来てない。

 一人の患者から二つのグループがウイルスを分離した。遺伝子分析では一致している。研究陣は34人の患者についてウイルス検査を行い、15人の患者で同ウイルスに感染している事が確認された。肺から採取され集められた液体のサンプル中の遺伝子解析(核酸検査)による。
 研究チームは10人の患者から完全な遺伝子を分離した。

 WHOや国際的研究チームからは、遺伝子解析情報を明らかにするように要望が出ている。
 
 19人の患者で同ウイルス感染の事実は得られなかった。
 残りの25人の患者では意義ある情報は得られていない。


 1月5日に発表された報告が最後で、そこでは59人の肺炎患者がウイルス感染している可能性があるとされた。さらに他に患者は見つかっているのだろうか?という質問に対しては以下のような回答が得られている。
 59人の患者は臨床的に診断されたものであることは述べておくべきである。15人が新型コロナウイルスに感染している事が確認された。自分が知る限り、それ以上の患者は報告されていない。



10日


 武漢肺炎Severe Respiratory Disease associated with a Novel Infectious Agen

 多くの疑問がある新型コロナウイルスの存在
問題点:
 (1)中国政府から武漢でのウイルス肺炎患者数の報告が1月5日以降発表されていない。未だ患者数59人とされている。疑問の声が上がっている。 9日、病原体は新型コロナウイルスと中国当局から発表された。 しかし疫学的情報は提供されていない。

Wuhan ‘pneumonia’: Hong Kong health chief under pressure to seek more information from mainland authorities amid silence on latest patient numbers  SCMP (香港) 武漢肺炎:香港保健長官、中国から詳細な情報を得るように議会から圧力。中国当局は最新の感染者数に関して沈黙  2020/1/08

 (2) 武漢肺炎の確定診断法はないが、中国当局(武漢)は59例の患者を診断している。その方法は?香港保健局は確定診断法がないことから、確定例の診断基準はないとし、疑い例とレントゲン上肺炎が確認された可能性例しか診断基準を示してない。
   武漢市はどのような手段で診断したのだろうか?その詳細情報は出されていない。

 (3) 新型コロナウイルスによる武漢肺炎は本当に存在しているのだろうか?ウイルスは本当に2019年12月に入ってから存在が確認されたのだろうか?

 武漢肺炎(2020/1/05:中国発表)
   患者数 59名 重症例7名  発生期間 2019/12/12-12/29
     以後疫学的発表はない

 香港保健局発表 2020/1/9
   疑い例 54 例  2019/12/31-1/10
    多くからインフルウイルスなどが検出されており、1月6日以前に隔離入院された患者の多くは退院している。

   可能性例はなし(武漢海鮮市場訪問例はないことから、全て疑い例、詳細は先に発表された香港当局の症例定義参照)

 今後の予想:中国武漢での患者数が昨年末以来発生してなければ、今回の集団発生は終息の可能性。武漢で発生が続いているか、武漢当局が症例定義が曖昧で、患者数を把握出来ていないとしたなら危険だ。

 中国研究チームが、武漢肺炎が新型コロナウイルスによると発表したが、それが何を経由して人に感染したかは不明。市場の動物経由、または研究室の試験管内経由などを明確にする必要がある。

 9日のWHO発表では、中国チームが新型コロナウイルスを検出したことは認めているが、疫学的情報が非常に少ないので、現時点での危険性や今後の状況を予測することは難しいとしている。なぜ疫学情報を公開しないのか不満を呈しているようだ。


9日

 香港保健局、武漢ウイルス性肺炎疑い例を10例追加 
 12月31日以来の累積数48人となった。すでに25人が退院している

 疑い例は1月8日から報告義務が生じている。

 “Severe Respiratory Disease associated with a Novel Infectious Agent” has been a notifiable disease, with effect from 8 Jan 2020. Cases were reported as suspected cases of “Severe Respiratory Disease associated with a Novel Infectious Agent” since 8 Jan 2020.


 武漢、謎のウイルス肺炎から、新型コロナウイルスが分離

A new virus related to SARS is the culprit in China's mysterious pneumonia outbreak, scientists say  CNN (米国) 中国で発生している謎の肺炎の病原体が、SARSウイルスの仲間の新型ウイルス、専門家達が発表

 湖北省武漢で肺炎を発症した57人中15人で新型コロナウイルスが見つかった。国営放送のCCTVが報道した。
 一人の患者から分離されたウイルス遺伝子は完全に分析され、また伝顕微鏡でも典型的コロナウイルスの構造を示していた。

 ウイルスは武漢で12月12日に検出され、その後59人が発症し、7人が重症となっている。1月5日に当局発表。
 当局によると明らかな人人感染は認められていないとされる。

 発病者の中で武漢の海鮮物卸売り市場で働いていた人もいる。海鮮市場では生きた動物も扱っていた:鳥、ウサギ、蛇など。
 WHOによるとコロナウイルスは動物と人の両方に感染するという。

 専門家によるとコロナウイルスは多くの動物見つかるという:ブタ、牛、犬、猫、コウモリ、および鳥類。
 コロナウイルスの中で6種類が人に感染し、そのうち4種類が典型的風邪の症状を起こし、残りの2種類がSARSとMERSであるという。
 今回の新規ウイルスは、通常接触しない動物からウイルス感染を受けたのだとう、と専門家は考えている。

 8日、韓国で中国武漢帰りの情勢が発病を疑われた。
 香港では38人が武漢から戻ったあと肺炎や呼吸器症状を呈しているそのうち21人は既に退院していて、現時点では武漢の肺炎の集団発生と関連している患者はいない。


 北京(AP) Alert: Chinese state media says cases of a previously unidentified viral pneumonia are caused by a new type of coronavirus The Sanfrancisco Chronicle (米国) 警戒:中国国営通信は、未同定ウイルスで発生してウイルス肺炎は、新規コロナウイルスで起きていると報道

China confirms new coronavirus as it investigates mystery Wuhan illness  SCMP(South Chine Morning Post (香港) 中国、謎の武漢ウイルスは新型コロナウイルスであることを確認
 患者15人で、SARSウイルスと同系統の新型コロナウイルスが同定された。
 59人の患者は武漢の海鮮卸売り市場で感染したことが確認された。

 中国の研究者達は武漢で発生している謎の肺炎ウイルスは、以前流行したSARSウイルスと同じ系統の新型コロナウイルスであると発表した。
 分離ウイルスの全遺伝子が分析されたことが、中国中央テレビ(CCTV)で発表された。

 コロナウイルスは、ブタ、牛、猫、犬、ラクダ、ネズミ、コウモリ、そして人に感染するが、これまで見つかっている6種類のうち2種類を除いて感染しても症状は軽い。しかし残りはSARSとMERSを起こしたウイルスである。

 現在のコロナウイルスに関して未だ分かっていないことが多いことから、さらに分析調査する必要があると研究陣は語っている。

 管理人コメント:武漢肺炎が新型コロナウイルスにようものであることか確認されたが、今後明らかにすべきことが多くある。海鮮卸売市場には多種類の動物がいた。コロナウイルスが感染していた可能性が一番高いのはコウモリだろうが、他にもネズミやウサギ、さらには蛇もいた。ウイルスがどの動物由来であるのか、診断のための迅速診断キットが短期間で作成可能なのか、さらに現時点では死者は出ていないが、もっと症例が増えてくると、重症例や死亡例の出現率が明確になるはずだ。
 抗生物質などは効果無しであるから、重症化した場合の治療方法が難しい。



 謎のウイルス肺炎は新型コロナウイルスによる中国発表
 北京(AP) Alert: Chinese state media says cases of a previously unidentified viral pneumonia are caused by a new type of coronavirus The Sanfrancisco Chronicle (米国) 警戒:中国国営通信は、未同定ウイルスで発生してウイルス肺炎は、新規コロナウイルスで起きていると報道


China confirms new coronavirus as it investigates mystery Wuhan illness  SCMP(South Chine Morning Post (香港) 中国、謎の武漢ウイルスは新型コロナウイルスであることを確認
 患者15人から、SARSウイルスと同系統の新型コロナウイルスを分離した。
 59人の患者は武漢の海鮮卸売り市場で感染したことが確認された。



武漢で発生している謎のウイルス性肺炎は1月7日、香港保健局が以下のような臨床分類を行った。

 ・報告基準:発熱を伴った急性呼吸器疾患、または肺炎。そして過去14日以内に武漢訪問の既往あり。

 ・病例分類
   疑い例:報告機銃に合致している例
   可能性例:報告基準に合致し、レントゲンで両側性の肺炎が確認されている例。さらに武漢の海鮮卸売市場を訪問したか、同所を訪れて肺炎を起こした患者と濃厚接触した例。

   確定例:診断基準無し。

 韓国からもウイルス性肺炎報告

台湾、武漢訪問後に肺炎発症者、2人確認  NNA ASIA

 中国湖北省武漢市で発生した原因不明のウイルス性肺炎を受け、台湾衛生福利部(衛生省)疾病管制署(疾管署)は8日、武漢訪問後に発熱や肺炎などの症状が出た人を新たに2人確認したと発表した。1人はH3N2型インフルエンザウイルスの感染が原因と判明。もう1人は検査中
 中国湖北省武漢市で発生した原因不明のウイルス性肺炎を受け、台湾衛生福利部(衛生省)疾病管制署(疾管署)は8日、武漢訪問後に発熱や肺炎などの症状が出た人を新たに2人確認したと発表した。1人はH3N2型インフルエンザウイルスの感染が原因と判明。もう1人は検査中

8日


 韓国でもウイルス性肺炎(武漢)の可能性例が報告

South Korea reports 1st possible case of viral pneumonia  ABC news (米国) 韓国、ウイルス性肺炎の最初の可能性例を報告

 韓国は、36歳の中国女性が中国や香港で数十人の感染者が出ている原因不明のウイルス性肺炎を発症している可能性があることから隔離治療されていると発表した。

 女性は先月2回の中国訪問、1回は武漢、を仕事で訪問していた。
 武漢へは12月中旬5日間滞在していたとされ、7日に肺炎の診断がなされた。
 帰国後発熱と咳を呈した。
 女性は旅行中動物との接触はなく、また武漢では海鮮市場へも行ってなかったとされる。
South Korea reports 1st possible case of viral pneumonia  StarTribune (米国) 韓国、ウイルス肺炎(武漢)の発の可能性例を報告

 韓国は36歳の中国女性が、最近中国と香港で数十人が発症しているウイルス性肺炎に罹患して、ソウルで隔離されたと発表した。


 香港保健局、武漢肺炎疑い例報告数が延38例と発表  香港保健局

 過去24時間に9例が医療機関から報告。最近定められた定義では疑い例となる。

 武漢肺炎 臨床診断クライテリア 香港保健局
   2020/1/07

  武漢で発生している原因不明肺炎を”新規(新型)感染性病原体による重症呼吸器疾患”と中国保健当局は位置づけたことから、香港保健局はその詳細を報告した。 

The reporting details of "Severe Respiratory Disease associated with a Novel Infectious Agent" are as follows:
  ”新種病原体による重症呼吸器疾患”
       病原体が同定されるまでの暫定的呼称

 臨床的解説:2019年12月以来、武漢の海鮮卸売り市場で集団発生した多くの原因不明のウイルス性肺炎。症状は主として発熱、一部には呼吸促迫を呈する患者もいる。
Clinical Description: According to announcements from the Mainland health authorities, a number of viral pneumonia cases with unknown cause related to a seafood wholesale market in Wuhan have been identified since December 2019 in Wuhan, Hubei Province. Symptoms have mainly been fever while a few patients have presented with shortness of breath.

 報告基準:以下の事例はCHPで精査する必要があるから、報告しなければならない。急性呼吸器疾患、または肺炎を伴った発熱患者、そして14日以内に武漢訪問の既往がある患者。
Reporting Criteria: Medical practitioners are requested to make a report to the Centre for Health Protection (CHP) for further investigation if they encounter an individual with fever and acute respiratory illness, or pneumonia, and who had visited Wuhan (regardless of whether the individual had visited wet markets or seafood markets there) within 14 days prior to the onset of symptoms.

 検査上の基準:適用できる基準はない。(原因病原体が未だ明らかになっていないことによる)
Laboratory Criteria: Not applicable. (Since the causative pathogen is still under investigation by the Mainland health authorities, there is no laboratory test for the disease at present.)


 症例分類

 疑い例:報告基準に合致している症例

 可能性例:報告基準に合致していて、レントゲン上肺炎が確認されている症例。さらに (a) 武漢の海鮮卸売り市場に訪問、滞在の既往;または (b) 14日以内に同市場で原因不明肺炎を発症した患者と濃厚接触した症例

 確定例:適用基準ない

Case Classification:
Suspected case: A case that fulfils the reporting criteria.
Probable case:
A case that fulfils the reporting criteria;
Has pneumonia confirmed by chest X-ray; and
Falls into one of the following circumstances: had either (a) exposure to the seafood wholesale market in Wuhan; or (b) close contact with a pneumonia case with unknown cause and epidemiologically linked to the above market, within 14 days before onset of symptoms.
3. Confirmed case: Not applicable.



7日


 香港、林鄭月娥長官、以前の香港を取り戻すと誓う
Hong Kong leader vows to work closely with Beijing's new envoy Reuters(国際)  香港行政長官、北京派遣の新特命全権公使と密に業務を遂行すると誓約

 香港の政情の不安定さのために、北京政府は、香港における同政府の最大の政治局の特命全権公使を交代させた。
 香港行政のトップであるである林鄭 月娥長官は、同氏と密に業務を遂行し、香港社会に以前のような安定性を取り戻すことを誓った。


武漢肺炎

 {試験管内ウイルスの事故による飛散の可能性を秘める}

 武漢の謎の肺炎は、香港では、厳密な国境検疫でのチェック体制で15人以上の武漢帰りの発病者が見つかっている。
 その診断はどのようにしているか不明ではある。未知のウイルスによる肺炎とされるが、ウイルスは未知である故診断法は難しい。

 発病者リストをみると、武漢滞在期間、年齢、性、状態が記載されている。
 これでは何なのか分からない。
 中にはインフルだったということで退院している例もある。

 謎の肺炎が増えても、インフルが増えている中、鑑別のしようがなくなる。武漢では、どのように流行してきているH3インフルと鑑別しているのだろうか?

 仮に試験管内から漏れ出たウイルスが原因なら、その遺伝子検査で診断法がすぐ確立されるかも知れない。

 その辺は、武漢市や香港の保健局からの発表内容では分からない。
 ただ気になるのは、比較的早期に香港大学のウイルス専門家が動き出していることだ。世界的に有名なウイルス研究者達だ。

 試験管内ウイルスの人への感染だとしたなら、大変であるが前例はある。
 かって流行していたソ連風邪(H1N1)は、突然何の前触れもなく1970年代後半に流行しだした。かってのスペイン風邪の末裔であるが、某研究所の試験管内で保存されていたものだった。研究の過程でこのウイルスは病原性がかなり軽くなっていて、その後世界に拡大してもたんなる季節性インフルとして時々流行するにとどまった。そしてその後同じH1N1型であるウイルスがメキシコのブタから人に感染し、H1N1pdmとして季節性インフルの座を獲得し、それまで流行していたソ連型H1N1を駆逐してしまった。

 今回の武漢肺炎ウイルスがどのようなものか不明であるが、少なくとも患者からはインフルウイルスは人型も鳥形も検出されていないことから、未知の呼吸器ウイルス(肺炎ウイルス)とされるが、肺炎を起こす未知のウイルスとはどんなウイルスだろうか?
 まさか生物兵器として開発中だったなんてことはあるのだろうか?

予防対策も色々と難しいし、治療法も保存的治療に終始する。

 以上、現時点での問題点 

 香港保健局発表情報

 2019年12月31日~1月6日 武漢訪問歴ある患者リスト
 21人が医療機関から報告されているが、インフルも含め各種ウイルスが検出されている例も多い。

原因不明のウイルス性肺炎、中国・武漢で感染者続出 新型ウイルスか  CNN.co.jp

(CNN) 中国中部の湖北省武漢市で、原因不明のウイルス性肺炎の感染者が続出し、アジアの周辺国や地域が警戒を強めている。当局は、かつて多数の死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)の再燃の可能性は否定した。
武漢市の衛生当局によると、同市ではこれまでに、原因不明のウイルス性肺炎に感染した症例が59例報告された。うち7人は重体になっており、全員が隔離治療を受けている。死者が出たという報告は入っていない。

世界保健機関(WHO)によると、この肺炎に感染すると主に発熱の症状が出て、多くの患者が呼吸困難を訴え、胸部のX線検査では両方の肺に病変がみられる。

今回の流行は12月下旬に明るみに出て、SARSの再来ではないかという不安が強まった。SARSは2002年に中国で初の症例が報告され、アジア全域でパンデミック(世界的な大流行)を引き起こした。
しかし武漢の当局は5日、今回の症例について、SARSや中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザの可能性は排除されたと発表した。
武漢の当局によれば、ウイルス感染は昨年12月12日~29日にかけて発生。患者の中には市内の海産物市場の従業員が複数含まれるという。
同市場は消毒のため、今年1月1日から閉鎖された。地元メディアによれば、この市場では鳥類やウサギ、ヘビなど生きた動物も販売されていたといい、動物から人にウイルスが感染した可能性もあるとして不安が強まっている。

呼吸器疾患に詳しい香港中文大学の専門家は今回の流行について、「新型のウイルス性肺炎」によって引き起こされた可能性が極めて高いと指摘、市場で売られていた動物が感染拡大の一因になったかどうかが懸念されると語った。


Hospitals put on alert as mystery plague spreads from China to Hong Kong   Daily Star (英国)  中国から香港に謎の病原体が広がっていることから、各病院は警戒態勢を敷いている。 未知のウイルスで呼吸器疾患が発生している可能性があると、香港の専門家は語っている。
 本土の武漢で少なくとも60人以上の発熱と呼吸器症状をを呈する患者が確認されており、現在そのうち7人が重体となっている。

 香港でも15人が発病し、高熱と呼吸器問題で病院に入院している。

 香港保健局では、過去2週間に武漢に出かけ、その後発熱したケースは報告するように医療機関に伝えている。

A Mysterious Virus in Central China Has Infected Dozens, Raising Fears of a New Epidemic. Here's What to Know  TIME(国際) 未知のウイルスが中央中国で数十人に感染。新規感染症の流行が懸念。知るべきことをまとめる。
 英文


 オーストラリア森林火災
            野生動物5億匹焼死の可能性


豪森林火災、コアラ保全のカギ握る個体群が半減 野生動物5億匹が焼死か  時事通信(AFP)

 【AFP=時事】オーストラリア南東部で猛威を振るっている森林火災で、固有種コアラの保全のカギを握る個体群、推計5万匹のうち少なくとも半数が死んだ恐れがあると豪野生動物公園が5日、明らかにした。専門家らは、昨年9月から続く森林火災によってオーストラリア固有の動植物相は壊滅的な打撃を受けており、ニューサウスウェールズ(New South Wales)州だけで5億匹近い動物が死んだとの推計を発表している。

サウスオーストラリア(South Australia)州の沖合にある自然観光名所、カンガルー島(Kangaroo Island)には、野生のコアラ推計5万匹をはじめ多くの固有種が生息している。しかし、ここ数日で急速に延焼した森林火災により、3日までに島の総面積の3分の1に相当する17万ヘクタールが焼失。生息環境が深刻に悪化している。

 負傷したコアラの治療のための募金を行っているカンガルー島ワイルドライフパーク(Kangaroo Island Wildlife Park)のサム・ミッチェル(Sam Mitchell)氏は、「(コアラ生息数の)50%以上が失われた」とAFPに語った。「負傷の程度も極めて厳しい。それ以外のコアラも帰るべき生息地をなくし、今後数週間のうちに飢えが問題になるだろう」という。

 昨年7月に豪アデレード大学(University of Adelaide)が発表した研究によると、カンガルー島のコアラは大規模な個体群としてはオーストラリア国内で唯一、クラミジアに感染していない。このため、コアラ保全のカギを握る「保険」の役割を果たす特に重要な個体群とされている。

 サウスオーストラリア州政府はカンガルー島のコアラについて、クラミジアに感染していないため島外へは移送できず、そのため島内で獣医師らが負傷した個体の治療に当たっていると説明した。

■動物の被害は4億8000万匹以上、豪大試算

 豪森林火災では、コアラが人間から手渡されたペットボトルの水を必死に飲む姿や、炎上する町中でなすすべなく立ち尽くすカンガルー、黒焦げになった森など、悲惨な映像の数々が世界中の人々に衝撃を与えている。

 豪シドニー大学(University of Sydney)は3日、ニューサウスウェールズ州だけで昨年9月以降に推計4億8000万匹の動物が死んだとする研究結果を発表。この数字は「非常に控えめ」で、実際に犠牲になった動物の数は「はるかに多い」恐れが高いと指摘した。4億8000万匹という数字は哺乳類、鳥類、爬虫(はちゅう)類の被害のみで、虫やコウモリ、カエルなどは含まれていない。

 豪マッコーリー大学(Macquarie University)のアンドルー・ビーティー(Andrew Beattie)名誉教授は、被害の最も大きい地域で生物数が回復する望みはあるかと問われ、降雨量や気候、森林伐採などの要素が影響するとした上で、生息環境の回復には40年近くかかるかもしれないとの見通しを示した。



6日

 武漢肺炎

  China pneumonia: Sars ruled out as dozens fall ill in Wuhan  BBC(英国)中国肺炎:サーズは否定されるが患者数は数十人に増加

 武漢市の保健当局よると、59人の肺炎患者が武漢で確認、隔離治療されているが、未だ原因ウイルスは見つかっていない。重症急性呼吸器症候群(SARS)は否定され、さらにインフル、中東呼吸器症候群(MERS)も否定されている。
 重症患者は7人とされる。



中国人“爆買い”に抗議 香港で反中デモ  産経

中国本土との境界に近い香港・新界地区の上水で5日、転売目的で“爆買い”する中国本土の買い物客たちに抗議する集会が行われた。引き続き、若者ら約1万人(主催者発表)が「転売する中国人を追い出せ!」「愛国心があるなら(中国本土で)国産品を買え!」などと叫びながら商店街をデモ行進した。終了後、現場に残っていた40人以上が不法集会の疑いなどで警察に拘束された。
 ふだんならスーツケースを引きずりながら歩く中国人客でにぎわう商店街も、この日はシャッターを下ろす店がほとんどで、中国人客の姿も街から消えた。


中国 香港の出先機関トップを交代  産経

香港で抗議活動が続く中、中国政府は香港にある出先機関のトップを交代させたことを発表しました。これについて香港のメディアは、中国の指導部が一連の抗議活動についての出先機関の情勢分析などに不満を抱いていたとする専門家の見方を伝えています。
中国政府は4日、香港にある中国政府の出先機関、「香港連絡弁公室」のトップ、王志民 主任を交代させ、後任を任命したことを発表しました。交代の理由については明らかにされていません。


5日

  武漢肺炎拡大

  武漢の謎の肺炎、香港で14人確認、シンガポールでは3歳女児が可能性

14 people down with Wuhan flu in Hong Kong  The Straits Times (シンガポール) 武漢インフル(肺炎)が香港で14人隔離

 未だ謎の肺炎となっている武漢で流行の肺炎が、香港で14人発見された。
 昨夜6人発見されたことから、当局は武漢訪問市民が感染して持ち込んだ可能性を考え、緊急体制を敷いた。

 シンガポールでも中国からの3歳の女児が類似症状で治療されている。
 
 武漢では少なくとも44人の患者が治療されている。

Singapore Reports First Suspected Pneumonia Case Linked to Wuhan Bloomberg (国際) シンガポール、武漢肺炎の疑い例を初めて報告

 3歳女児、武漢への渡航歴あり。状態安定。
 検査でRSウイルスが検出

 WHOは武漢の状況を監視しているが、中国当局との連携も活発に行っている。
 3日の時点で44人の肺炎が確認されたと武漢市健康委員会が報告した。

 終息が見えないオーストラリアの山林火災
   強烈な熱波と強風が、南部オーストリアを襲い続けている。
   多くの住民は地域からの脱出を図っている。

Two more people die in Australia as nation braces for one of its worst wildfire days  CBS ニュース (国際) 最悪の森林火災が続いているオーストラリアで、さらに2名の死者がでた

 4日、山火事危機に陥っているオーストラリア南部で、さらに2名が死亡した。
 強風と熱波がさらに人口密度の高い地域へ火災を広げてゆく危険性が示唆されている(シドニー郊外等)。


  オーストラリア、大山林火災写真集
The Australia Wildfires in Pictures   New York Times  (米国)

 オーストラリアの歴史上最悪の一つに数えられる大山火事。少なくとも18人は死んでいる1000軒以上の住居を焼き、消防隊は100以上の火災と死闘を続けている。
 状況が悪く、今週末には、強風が南オーストラリア中に吹き荒れ、さらに大火災が広がると警戒されている。



4日


 中国武漢で集団発生している謎のウイルス性肺炎更新情報

CHP provides latest information on cluster of pneumonia cases in Wuhan  (香港保健局) 武漢における集団肺炎最新情報 1月3日

 香港保健局は、中国国家健康委員会(National Health Commission (NHC))から、湖北省武漢における集団肺炎情報について次の情報を受け取った。
 多数の原因不明ウイルス性肺炎(viral pneumonia cases with unknown cause )が昨年12月以来医学的監視で確認されてきた。
 症状は発熱が主で、少数で呼吸促迫が見られている。
 1月3日午前8時の時点で44例が報告されていて、そのうち11例が重体で、他は容体が安定している。
 全患者は隔離室で治療を受けている。
 121人の接触者は、医学的監視下に置かれている。
 濃厚接触者の追跡調査は続けられている

 疫学的調査で明確な人人感染は確認されておらず、また医療関係者への感染も確認されていない。

 病原体検査は続けられているが、インフルウイルス、鳥インフルウイルス、そしてアデノウイルスのような呼吸器疾患をおこすようなウイルスも現時点では検出されていない。

 当保健局では医師達へ、発熱を伴った呼吸器症状、または肺炎患者は報告することを求めている。

 その他、個人的注意点などは香港保健局ウエブを参照。

 12月31日発表では27人の患者、7人の重体者であったが、さらに患者数が増えていることが確認される。

 香港国際空港では発熱の有無をスキャンしてチェックしている。



 イラン、国連で米国を抗議、イランに対する開戦に等しい
イラン、軍事行動を宣言 司令官殺害は「開戦に等しい」 朝日新聞

  米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことを受け、イランのラバンチ国連大使は3日、米CNNの取材に応じ、「我々は目を閉じていられない。間違いなく報復する。厳しい報復だ」と語った。「軍事行動」に出るとも宣言した。両国間の緊張は一層高まっている。

 ラバンチ氏はソレイマニ司令官の殺害について「イラン国民に対する戦争行為だ」と批判。「イランに対する開戦に等しく、(二国間関係は)新たな段階に入った」と述べた。

 ラバンチ氏はまた、グテーレス国連事務総長と安全保障理事会に対し、「国連憲章を含む国際法の基本原則を完全に侵害しており、明らかな国家テロだ」とする書簡を3日に送付した。

 トランプ、得意の詭弁を弄して、イラン政府を嫌っていないと?
トランプ氏、イラン政府転覆の意図否定 司令官殺害で声明  AFP(国際)

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は3日、米軍の空爆により死亡したイラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官について、米外交官を攻撃しようとしていたところを殺害されたと表明した一方で、米国はイラン政府転覆を画策してはいないと強調した。

トランプ氏はフロリダ州で報道陣を前に声明を読み上げ、「ソレイマニは、米外交官・軍人に対して差し迫った邪悪な攻撃を画策していたが、われわれはその現場を押さえ、彼を殺害した」と述べた。

 ただ、トランプ氏はソレイマニ司令官を「病的」と非難した一方で、イランとの戦争は望んでいないと強調し、緊張の緩和を試みた。トランプ氏は「われわれは昨夜、戦争を止める措置を取った。戦争を始める措置ではない」と説明。「われわれは政権交代を求めてはいない」と述べた。

管理人コメント:周辺の状況を見て、トランプ大統領は昨日のイラン司令官殺害事件が必ずしも国際世論から受け入れられてないことを知ると、態度を豹変した。他国の軍人を個人的に殺害したのであるから、自分も殺害されることがあり得ると考えるのが論理的だ。



 米軍、中東にさらに軍隊を派遣
Live Updates: Iran Vows ‘Forceful Revenge’ After U.S. Kills General   New York Times (米国) 米国が司令官を殺害したことに対する復讐をイランは誓う

  イラン最高指導者のハメネイ師が米国への報復を宣言していることから、米軍は中東へさらに多くの軍隊を派遣した。

 オーストラリア山林火災、死者数増加、海軍が艦艇で住民を避難に

オーストラリア東部に非常事態宣言 熱波で森林火災、17人死亡 毎日新聞

オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州政府のベレジクリアン首相は2日、熱波による森林火災が激化する恐れがあるとして、非常事態を宣言した。3日から7日間適用する。AP通信によると、森林火災ではオーストラリア全土でこれまでに17人が死亡、1300棟以上が焼失した。

ニューサウスウェールズ州の今季の非常事態宣言は、昨年12月に続き3回目。当局に住民や観光客を強制的に避難させる権限を与える。同州東部の沿岸部では今週末に気温40度を超える猛暑が予想され、被害の拡大が懸念されている。


豪森林火災、海軍が救助に乗り出す 東部で週末に再び気温上昇へ  Reuters (国際、日本版)

森林火災が続くオーストラリアで3日、海軍が東部沿岸地域に取り残された約1000人の救助に乗り出した。ニューサウスウェールズ(NSW)州とビクトリア州では週末に再び気温が上昇し、火災が拡大すると予想されている。

豪議員のツイッター投稿によると、海軍の艦艇がビクトリア州東部の海岸に取り残された約1000人の救助を始めた。

火災で道路が塞がれ、海と空が唯一の避難手段となった。
ビクトリア州では4日に気温が再び40度を超えると予想され、当局は夏季休暇中の数万人の旅行者に国立公園や観光地から避難するよう促している。

ビクトリア州は初めて非常事態宣言を発表した。
NSW州では今週、森林火災により8人が死亡。ビクトリア州では2人が死亡、28人が行方不明となっている。


3日


 豪州南部の山林火災で軍が住民脱出作戦
Australian military embark on rescue missions as deadly wildfires threaten to burn towns to the ground  CNN(米国) オーストラリア軍、山林火災が延焼してきている町からの町民救出作戦に着手
 オーストラリア南東部、ビクトリア州のマラクータ(Mallacoota)から町民を脱出させるための作戦が3日、オーストラリア軍により行われた。960人以上の町民がメルボルン南部のウエスターンポートに脱出した。


 米国、イランの軍司令官を殺害


米非難相次ぐ イラン司令官殺害  時事通信

米軍の空爆でイラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官らが殺害されたことを受け、関係各国・組織から3日、米国を非難する声が相次いだ。
 
 国営シリア・アラブ通信(SANA)によると、シリア外務省筋は、「裏切りの攻撃」と糾弾し、イラク、イラン両国への連帯を表明。ロイター通信によれば、イランが支援するレバノンのシーア派組織ヒズボラやパレスチナのイスラム組織ハマスも「大罪」などと反発し、ソレイマニ司令官の遺志を継いで戦い続ける意向を示した。

 AFP通信によれば、イランと協力関係にあるロシア外務省は「ソレイマニ司令官はイランの国益を献身的に守った」とその死を悼むとともに、米軍の空爆は「地域の緊張を高める冒険主義的な行為だ」と批判した。

 一方、イランと敵対し、ソレイマニ司令官を長年脅威と見なしてきたイスラエルは、司令官殺害を受け、ヒズボラやハマスなどからの攻撃を警戒する。ネタニヤフ首相はギリシャ訪問を切り上げ、帰国の途に就く際「イスラエル同様、米国にも自衛権がある」と強調。トランプ米大統領を「素早く強力に決然として行動した」と称賛した。 


殺害された司令官 外交軍事握った「英雄」  産経ニュース

 米軍に殺害されたイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官は、最高指導者ハメネイ師の信頼が極めて厚く、イスラム体制を支持する国民の間で英雄視されてきた。対外工作を担う司令官の域を越え、イランの外交軍事政策の決定に直接関与する指導部の重鎮だった。
 イランはイラクやシリア、レバノンなどで親イラン勢力を組織化して軍事支援を供与し、「シーア派の弧」と呼ばれる勢力圏を築き上げ、敵対する米国やイスラエルを牽制(けんせい)してきた。
 戦略の立役者といえるのがソレイマニ氏。ハメネイ師は昨年3月、自ら勲章を授けた。ハメネイ師は「敵の侵略に抵抗するため何度も命を危険にさらした。イランは彼の尽力を必要としている」と絶賛。保守派の国民から次の大統領選立候補を待望する声が上がるほどだった。(共同)


トランプ大統領がイラン司令官の殺害を命令、ハメネイ師は「報復」誓う  AFP (国際、日本語版)

 米国防総省は、イラクの首都バグダッドの国際空港で3日未明に起きたロケット弾攻撃について、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がイラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官の殺害を命じたことを明らかにした。

 イラクのイスラム教シーア派(Shiite)武装勢力の連合体「人民動員隊(Hashed al-Shaabi)」がソレイマニ司令官の死亡を発表した直後、トランプ氏はツイッター(Twitter)に星条旗の画像を投稿していた。

 一方、米下院外交委員会(House Committee on Foreign Affairs)のエリオット・エンゲル(Eliot Engel)委員長によると、議会への事前通達はなかったという。

 イランの最高指導者アリ・ハメネイ(Ali Khamenei)師は、3日間の服喪とともに「激しい報復」を宣言。モハンマドジャバド・ザリフ(Mohammad Javad Zarif)外相は、「ソレイマニ司令官を標的とし暗殺するという米国の国際テロ行為は、非常に危険でばかげた(緊張状態の)エスカレーション(段階的拡大)だ」とツイッター上で非難し、「米国はならず者的な冒険主義がもたらすあらゆる結果の責任を負う」と警告した。また、イラン学生通信(ISNA)は、最高安全保障委員会(SNSC)が緊急招集されたと伝えた。
 

 米軍、イラン革命防衛隊幹部を空爆で殺害 高まる緊張感  朝日新聞

イラクの首都バグダッドの国際空港で3日、米軍による空爆でイランの精鋭部隊・革命防衛隊の実力者ソレイマニ司令官らが殺害された。米国防総省が殺害を認める声明を出し、イラン側も死亡を認めた。ソレイマニ司令官はイラン国内で英雄視される存在で、米国とイランの緊張関係がいっそう高まるのは必至だ。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラやAP通信によると、親イランのイスラム教シーア派武装組織のムハンディス副司令官らも殺害された。ソレイマニ司令官が航空機でバグダッドに到着した後に空爆があったとしている。

 米国防総省は声明で「大統領の指示で、米軍はソレイマニを殺害することで、海外の米国人を守るための断固たる防衛措置をとった」と表明。ソレイマニ司令官が「米国の外交官と軍人を攻撃する計画を積極的に進めていた」と指摘し、昨年12月末に米国人が死傷したイラク国内の基地への攻撃を指揮したことなどを挙げた。

 イラン国営テレビは3日、ソレイマニ司令官が「殉教者となった」と報じ、同司令官が死亡したことを認めた。革命防衛隊に近いファルス通信も同日、「ソレイマニ司令官が米国のヘリコプターによる攻撃で殉教者となった」とする革命防衛隊の発表を報じた。


2日

グレダ・トゥンベリ:EESC(欧州経済社会評議会)演説原稿から
   2019年2月21日

 抜粋原稿

 ---------------------
 …
  全く新しい考えが必要です。あなたたちがつくった政治システムは競争だらけです。勝つことが全てなので、隙あれば他人をだまそうとします。そうやって支配力を高めようとしているのです。

 それを終わらせましょう。お互いに張り合うのをやめましょう。協力して、地球に残された資源を公平に分け合うのです。この星の限界の範囲内で暮らし、公平さを大切にし、あらゆる生物のために数歩後退するのです。生物圏を譲りましょう。空気を、海洋を、森林を、土壌を守りましょう。
 …
 ---------------------

 管理人注:2003年1月3日産まれであるから、16歳1ヶ月での講演である。アスペルガー症候群、摂食障害、強迫性障害 (OCD) および選択的無言症を克服しつつ、2018年8月に単独で季候ストライキをスウエーデン国会前で突然始めた。彼女の思想の本質が、民主主義、人権平等、命ある生物へのいたわりであることが、この部分で明確になっている。
 
 彼女は単に必要な行動を指摘しているのではなく、我々大人の思考改革と、それを子ども達に伝えることを要求していると考えられる。
 彼女の演説でははじめから国境も人種も存在しない。地球と、そこで生命を育む人間を含めた生物が共存している世界である。だから季候危機に立ち上がった世界の若者達には国境がないのである(欧州からも、北米からも南米からもアフリカからも、多くがSNSを介して呼びかけ合っている。グレダさんの英語でのよびかけと、一人で座り込んでいる光景が、世界の若者の共感を得た。しかしおじさん達の三分の二は無視、または揶揄している(特に日本)。

 北欧の地に突然現れた{奇跡の少女}というイメージでとらえる人々が欧州には多いようだが、SNSを介して世界で数百万人の若者達が、季候ストライキを開始したのは、あまりにも衝撃的であった。世界的科学誌”NATURE"が2019年の10人の一人に2019年12月に選んだことは科学界に季候危機の重大性の警鐘となった。

 出典:グレダ、たった一人のストライキ (海と月社)


Hong Kong Protesters Return to Streets as New Year Begins  New York Times (米国) 新年の開始に、香港抗議者達が再び通りに現れる




400 protesters in Hong Kong arrested after thousands join New Year's Day rally NBC NEWS (米国) 香港、数万人の新年抗議デモで400人が逮捕

 数人の抗議者達が米国国旗を掲げ、香港の人権擁護のための立法化に感謝を示していた。

 数万人の平和的デモ行進が続いたが、そのうち過激グループが銀行ATMや商店を破壊しだしたため、機動隊が放水車、催涙ガスなどを使用しだした。


1日

 中国、武漢で謎の急性肺炎が集団発生

Hong Kong takes emergency measures as mystery ‘pneumonia’ infects dozens in China’s Wuhan city  South China Morning Post (香港、国際) 香港、武漢市で原因不明肺炎発生により緊急対策
武漢の海鮮食品マーケットで急性肺炎の集団発生が見られている。
 症状がSARSや鳥インフルエンザに似ていることから、香港では境界での検疫の強化、および病院での警戒態勢を強めている。

 「武漢での状況は普通ではない。我々は未だ集団発生の原因をつかんでいない」、と香港食料健康庁のチャン長官は語っている。専門家や当局者達とのニューイアー・イブにおける緊急会議の後、記者会見で語った。
 「我々は現在休暇シーズン中であり、香港と武漢との間で多くの人々が行き交っている。我々は警戒し続けなければならない」

 12月に入って以来武漢では27人の急性肺炎が集団発生している。ほとんどの患者は海鮮食品マーケットで働いていた。
 現在7人が重体で、2人が退院間近、18人が状態は安定している。
 ほとんどの患者は発熱で、何人かが呼吸促迫を伴っている。

 健康委員会の初期の臨床診断は、27人全員はウイルス肺炎に罹患しているとされた。

 香港保健庁記者発表内容
CHP closely monitors cluster of pneumonia cases on Mainland  CHP( The Centre for Health Protection)
 


  香港、元旦デモ行進も警官達と衝突
香港 元日もデモ行進 警察が行進の中止を命じる事態に  NHK WEB NEWS
 
 抗議活動が続く香港では、1日、民主派の団体の呼びかけで元日恒例のデモ行進が行われ大勢の市民が参加しましたが、一部の参加者が銀行や飲食店を破壊したとして、警察が行進の中止を命じる事態となりました。

1日、香港で行われたデモ行進は、民主派の団体が呼びかけたもので、若者や家族連れなどが「暴政を許すな」とか「香港のために立ち上がろう」などと声を上げながら香港島の中心部を練り歩き、警察の取り締りが適切かどうかなどを調べる独立調査委員会の設立や、民主的な普通選挙の実施などを求めました。