パンデミック・インフルエンザ予知のための情報集
徒然日記
一公衆衛生専門家の足跡
Since 2005/1/22
旧ページ ”鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集”
http://panflu.world.coocan.jp/index.html
 パンデミックと同等、または以上の人的被害が起きている
世界の紛争問題に関する情報も掲載開始
  
2018年3月

H3/25/2018 5N6鳥インフルウイルスの遺伝子変異株多数誕生。多数のカラス(ハシブト)の異常感染死が伊丹周辺で発生(2018年3月)。さらなる変異で人への感染が生じる危険性。100年前のスペインインフルに続く世界的インフルパンデミック発生が危惧。高致死率2-8 %。!!!
7/4/2018 南アフリカ、ケープペンギン、H5N1感染死が多数発生 
4/15/2018 香港のペットショップの九官鳥から人へ感染するH5亜型ウイルスが検出。公園が21日間休園に 

プロフィール&Mail 管理人  執筆書籍・著作集 
5月 

北朝鮮による日本人拉致問題 情報リンク集
 情報量が激減。国もメディアも関心を失っている。
  


エボラ

WHO報告

初回 Date of information: 11 May 2018
 ・5月3日にコンゴ民主共和国からWHOにビコロ保健地域での出血熱集団発生が報告
 ・5月8 日にウイルス確認したWHOがエボラウイルス感染症(以前のエボラウイルス出血熱)発生の公式発表
  感染者数34例 死者数18例 致死率52.9%
  *過去40年間で9度目のエボラ流行。最新は2017年5月。

 Date of information: 14 May 2018
  感染者数41例 死者数20例 致死率48.8%
 Date of information: 18 May 2018
  感染者数45例 死者数25例 致死率56%
最新 Date of information: 20 May 2018
 感染者数 51例 死者数27例 致死率 52.9%

   26日



エボラウイルス感染症(EVD)
コンゴ民主共和国 2018年5月8日~
エボラとは(WHO)
 


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

 米朝首脳会談、小さなジャブの繰り返しが続く。6月12日の会談は両国とも開きたいが…

Trump says North Korea summit talks continue: 'Could even be the 12th' CNN (米国) トランプ、北朝鮮との首脳会談の話し合いは続く:6月12日の会談も可能かも知れない

 トランプ大統領は北朝鮮のキム・ジョンウン委員長との6月12日の会談はいまだ開催することも可能と考えている。

 トランプ氏は24日、北朝鮮が反応しなくなり、首脳会談開催予定がキャンセルの方向に向かった後も、コミュニケーションの道は開かれたままであると語った。





   25日


エボラウイルス感染症(EVD)
コンゴ民主共和国 2018年5月8日~
エボラとは(WHO)
 
 発生場所および拡大経路が密林に覆われているせいもあり、新規情報情報は遅れている。
 現在接触者及び接触者の接触者追跡と、ワクチン接種の必要性の啓発業務で、医療保健担当者は相当な労力を払っていると考えられる:コンゴ政府担当者、WHO担当者、国境なき医師団、他国からの支援団他。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

 米朝会談中止




トランプ氏、米朝首脳会談を中止=挑発行為に警告-北朝鮮は対話求める  時事通信

 トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで、6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談の中止を決めたと発表した。「北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と表明。その上で、北朝鮮の「ばかげた行動」に対して「米軍は用意ができている」と警告した。「金正恩(朝鮮労働党委員長)が建設的な対話を選ぶのを私は待っている」と語り、北朝鮮への「最大限の圧力」を維持すると明言した。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金桂冠第1外務次官は25日、米朝会談の中止を受けて「われわれはいつでも、どんな方式であれ、向かい合って問題を解決していく用意があることを米国側に改めて表明する」と述べ、対話継続の意思を示した。首脳会談についても「切実に必要だ」と訴えた。

 トランプ氏はこれに先立ち、正恩氏への書簡を公表し、北朝鮮側の「激しい怒りと敵意をあらわにした最近の発言」を中止の理由に挙げた。
 米政府高官によると、トランプ氏は24日朝(日本時間同日夜)、ペンス副大統領、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ポンペオ国務長官らと協議し、首脳会談中止を伝える正恩氏への書簡を書いた。米政府は日本や韓国、シンガポールとも連絡を取り合ったという。
 政府高官はまた、トランプ氏が会談中止を決めた理由について、いったん容認した米韓合同軍事演習の批判など北朝鮮が多くの約束を破ったことを挙げた。米国が先遣隊を先週シンガポールに派遣した際には、北朝鮮側は姿を現さなかった。
 高官は、北朝鮮が24日に実施した北東部・豊渓里の核実験場廃棄について、北朝鮮が米国と韓国に、検証するための外部専門家の受け入れを通知していたことを明かした上で、「約束は破られた」と批判した。

ホワイトハウス
米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
 毎日新聞

6月12日に予定されていた米朝首脳会談について、米ホワイトハウスは24日午前(日本時間同日夜)、トランプ米大統領が中止を告げる金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長宛ての書簡を公表した。北朝鮮側が示した最近の「怒りとあからさまな敵意」を理由に、首脳会談を「この時期に開催するのは適切ではない」としている。米朝対話の行方は一気に不透明になり、朝鮮半島の非核化の進展は困難になった。


   24日


エボラウイルス感染症(EVD)
コンゴ民主共和国 2018年5月8日~
エボラとは(WHO)
 
  モノクローナル抗体 mAB114
 米国、モノクローナル抗体による新治療臨床試験を開始
NIH begins testing Ebola treatment in early-stage trial  National Institute of Health (米国、衛生研究所、NIH) 米国、国立衛生研究所(NIH)がモノクローナル抗体によるエボラ新治療の試験開始

 1995年のエボラ流行で回復した生存者の体内に存在するエボラウイルスに対する抗体が、11年後にも存在していることが判明。その患者から得られた抗体が霊長類に対するエボラ治療に効果があることから、最も有効な抗体を選び出し、それからモノクローナル抗体を作製。

 mAB114と名付けられたモノクローナル抗体の臨床試験第1相が開始される。
 最初に3名のボランティアに投与され安全性が確かめられ、続いて投与量を増やし18~30人を対象に試験が続けられる。
 参加者は6ヶ月以上にわたり14回クリニックを受診し健康状態のチェックと採血によりmAB114の血中存在状態を調べられる。
 本年7月には試験を開始したいと研究者は語っている。
 研究コード名はVRC 608。

 訳者コメント:2014年に西アフリカで大流行した際、現地で感染した欧米からの神父やナースが母国に運ばれ大病院で治療が施されたが、その際回復者血清や分離された抗体などが使用されたケースがあった。抗体による治療の効果は明確でなかったが多くは救命された。
 今後、エボラに対する医療的対応は、予防にはワクチン、治療にはモノクローナル抗体が定着しそうだ。数年後の話ではあるが。

 コンゴ:エボラに関する知識の普及活動が急務
Ebola outbreak in DR Congo: Patients 'taken to church' BBC (英国) コンゴ民主共和国でのエボラ流行:患者が教会に連れて行かれる

 3人のエボラ患者が家族の希望で教会に連れて行かれ、その後エボラ治療センターに戻された。
 2人は後に死亡し、1人は家庭で死亡していた。

 この事件はエボラの拡大を懸命に防いでいる保健医療スタッフにとって新たな問題となっている。

 現在保健当局は大都市ムバンダカ(人口密度の高い100万都市)への拡大を恐れている。
 流行拡大を抑える主たる方法は患者の隔離しかない。

 WHOはエボラ発生を5月8日に発表して以来58例の感染者を確認している(22日のWHO報告では51人:訳者)。そのうちこれまで27人が死亡している。

 今回、3人の患者が教会で祈りをあげるため親族によってバイクで連れ去られた。その後警察が捜索した。
 1人は家庭で死亡しており、遺体はセンターに安全な埋葬のために戻された。他の2人は22日センターに戻されたが夕方死亡した。

 現在親族達の健康はモニターされており、何人かはワクチン接種を受けた。

 今回の流行が田舎地域から大都市ムマンダカに拡大すると、側を流れるコンゴ川にそって下流の同国の首都キンシャサに拡大する可能性が高い。そしてさらに周辺国に拡大する。

 クリックで拡大



北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

  米朝会談開催は中止か?北朝鮮の読めない戦略



 ブルームバーグ記事 概要
トランプ米大統領は22日、米朝首脳会談の実現の可能性について一段と悲観的な見方を示したものの、米当局者らは6月12日の同会談の準備を進めている。
  トランプ大統領はこの日、韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで会談。両首脳とも会談後、ほとんど公のコメントをせず、米朝首脳会談中止の可能性が高まっていることが示唆された。

  北朝鮮と米国が合意を目指す中で最大の障害となっているのは非核化の定義のようだ。米当局者は北朝鮮が「完全かつ検証可能で不可逆的な武装解除」を受け入れることを期待すると繰り返し述べてきたが、北朝鮮は同地域の駐留米軍の規模縮小を含み得る段階的なプロセスを求めている。

 管理人コメント:北朝鮮の最終的目標は韓国と日本からの米軍の引き上げだろう。朝鮮半島の非核化は自国はもちろんであるが、即核攻撃が可能な韓国と日本駐留米軍、さらには核装備した米艦隊が朝鮮半島周辺にいる限り、自国だけの核放棄は、北朝鮮が絶えず米国による核の脅威に晒され続けることになる。

   23日


インフルエンザ&パンデミック関連

エボラウイルス感染症(EVD)
コンゴ民主共和国 2018年5月8日~
エボラとは(WHO)
 
クリックで拡大



A new Ebola vaccine could help stop an epidemic — but faces enormous obstacles in crucial test  Washington Post(米国) 新エボラワクチンが流行拡大を抑える可能性が期待されるが、多くの問題が山積

 コンゴ当局は今週、(実験的)エボラワクチンで致死的ウイルスの拡大を抑えるという野心的活動に入った。
 この試みは2014年に西アフリカで発生した破滅的エボラ大流行以来、初めての広範なワクチン投与であるが、これは公衆衛生上、エボラ予防に対する戦略の大きなシフトを意味する。
 WHOは4年前の西アフリカでの大流行に際して緩慢な対応が批判された。今回、(5月初旬に発生が報告されたが)5月21日から感染地域の保健医療担当者にワクチン投与を開始し、来週中に1000人の接種を完了するという。
 7500接種量のワクチンがコンゴ政府に送られており、近々さらに8000接種量が送られてくるとWHOはいっている。

 WHOの感染症流行対策責任者のピーター・サラマ氏によると、開発された(実験的)エボラワクチンは、エボラとの戦いにパラダイムシフトを起こすと語る。コンゴで1976年に見つかって以来同国で8回の流行を起こしてきたエボラウイルス感染症(EVD)に対する予防方法が、大きく変化する転換点となるのだと説明する。

 しかし予防のためのワクチン接種活動には大きな労力が伴う。ワクチン接種が必要なハイリスク者の同定がある:感染地域で働く人々と医療関係者、発病が確認された患者との接触者、そしてその接触者との接触者。そうした対象者を追跡して同定する作業、さらにワクチン接種の必要性の説明と同意。
 ゴールは速やかに人々に免疫をつけてウイルスの拡大を防止することである。最初のワクチン接種活動では、50人の発病者に由来する接触者を対象とするが、1人の発病者に対して150人の接触者が予定され、用意されているワクチン量は十分在庫している。
 しかし母親と新生児に対する定期的ワクチン接種とは異なり、対象者への接種は容易ではない。

 ワクチンは先の西アフリカでの大流行の終息期にギニアとシアルレオーネで試験的に投与実験をしたが、安全性と効果は確認されている。しかしメルク社ではいまだ実験段階のワクチンとされ、公的には承認されていない。
 ワクチンは製造元の巨大製薬会社であるメルク社から無償で提供されている。

 
 以降略

 なおワクチンが効力を発揮するまでには1週間から10日要すると、米国CDCのピエール・ローリン医師は語っている。


Two more die of Ebola in Congo; seven new cases confirmed Reuters (国際) コンゴでさらに7名のエボラ発病者が確認、2名が死亡

 コンゴ民主共和国。5月初旬にエボラ発生が確認されたビコロでさらに7名のエボラ患者が確認され、エボラ確定者の総数が28名となった。死者はムバンダカとビコロで各1名が確認。

Congo announces 6 new confirmed cases of Ebola virus ABC News (米国) コンゴ、新たに6人がエボラと確認

 コンゴ政府は新たに6人のエボラ確定例を発表した。他に2人の疑い例も確認。百万人以上の人口を抱える大都市(ムバンダカ)でのワクチン接種が2日目に入っている。

 北西部の州都ムバンダカで数十人の保健医療担当者がワクチン接種を受けた。彼らの中には発生地の田舎地帯に向かう者もいる。
 保健大臣は引き続き5日間に100人にワクチン接種を行う予定であるが70人は保健医療担当者であり、政府は彼らの安全な業務の遂行を支持しなければならない、と語った。

 コンゴ保健省によると現在、28人のエボラ確定者、21人の可能性例、そして2人の疑い例がいるとされる。
 確定例の14人はイボコ地域(辺縁地帯、ビコロの近く:訳者)、10人が最初の患者発生が確認されたビコロ、そして4人がムバンダカのワンガタとされる。新規に確認された6人はイボコとされる。
 死者数は27人となっていて、そのうち3人でエボラウイルスが確認されている。2人がナースで、イボコとビコロとなっている。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定


 米朝首脳会談、中止または延期の可能性も

Trump casts doubt on June summit with Kim  CNN (米国、国際) トランプ大統領、6月開催予定の北朝鮮との首脳会談開催に疑念を表明

トランプ大統領、米朝首脳会談実現に疑念表明 延期に言及  ロイター (国際、日本語版) 

 トランプ米大統領は22日、来月12日にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談が実現しない「確率が高い」との認識を示し、一定の条件が満たされなければ、会談が中止、もしくは延期される可能性に言及した。 会談開催の可能性を巡るトランプ大統領の発言としては、これまでで最も懐疑的な内容となる。
トランプ大統領は文在寅・韓国大統領との会談前、記者団に対し「今回の会談が実現しない可能性は極めて高い」と語った。その上で、例え実現しなくても「それはそれで構わない」とし、「この先米朝首脳会談が開催されないことを意味しているわけではない。6月12日の開催は無理かもしれないが、いずれ開催される十分な可能性はある」と述べた。
会談が予定通り開催されるかどうかについては「近いうちに」決定するとした。

米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談中止の可能性に言及「十分ある」  産経ニュース

トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスで韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。北朝鮮が6月12日に予定される米朝首脳会談の中止に言及したのを受け、トランプ氏は文氏からの「意見聴取」を通じて北朝鮮に完全非核化の意思が本当にあるのかを見定め、米朝会談を決行するかどうか判断したい考えだ。

 トランプ氏は会談の冒頭、記者団に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「非核化に真剣だと思う」との認識を明らかにした上で、金氏が米国の求める条件に応じない場合は「会談は行われない」と指摘。会談中止に踏み切る可能性も「十分にある」とした。

 ただトランプ氏は、朝鮮半島での戦争を回避したい文氏から「対話解決」を懇願されるのは必至だ。トランプ氏もこの日、会談を一時延期し、北朝鮮と調整を重ねる可能性に言及した。

北朝鮮の核実験場廃棄、専門家から懐疑的な意見も CNN.co.jp

 北朝鮮が23~25日に予定している核実験場の廃棄について、米国の専門家らは「核実験の証拠隠滅ではないか」など懐疑的な見方を示している。
その一人は、化学の専門家として過去35年、世界各地で核兵器や化学兵器の廃棄に立ち会ってきたシェリル・ロファー氏だ。
北朝鮮・豊渓里(プンゲリ)の核実験場廃棄には米国、中国、ロシア、英国の記者団が取材に向かったが、査察官や専門家は一人も招かれていない。
ロファー氏は「同行できるならサンプル採取や放射能測定の機材を持参したかった。地質学者も連れて行き、坑道の中に入って陥没部分があるかどうかを確認したかった」と話す。
爆破前にこうした情報が得られれば、北朝鮮が開発していた核爆弾の種類や原料、成分、さらには今後の計画も分かった可能性があり、交渉に役立てることができたはずだという。
ジェームズ・マーティン不拡散研究所のメリッサ・ハナム氏は、北朝鮮がブッシュ米政権時代の2008年、寧辺(ヨンビョン)にある核施設の冷却塔を爆破した時のようだと語る。
爆破は報道陣に公開され、米国は制裁の一部とテロ支援国家指定の解除を表明。だがその後、北朝鮮は別の施設で核開発を継続していたことが発覚した。
韓国のシンクタンク、峨山政策研究院の客員研究員で韓国政府元職員の全相勲(チョン・サンフン)氏は、北朝鮮が来月予定される米朝首脳会談で譲歩した後、核実験場への立ち入り検査が行われるのを阻止するために、廃棄を急いでいる可能性を指摘。「単なる証拠隠滅にすぎない」と主張する。
同氏はさらに、北朝鮮が22日の米韓首脳会談にタイミングを合わせ、「政治宣伝を狙っている」との見方を示した。


核実験場廃棄 韓国メディア同行断念 ビザおりず 毎日新聞

 北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場廃棄(23~25日に実施予定)を取材する4カ国の外国メディア取材団が22日、北京から北朝鮮東部の元山に入ったが、韓国メディア2社8人は取材ビザが得られず、同行を断念した。北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、核実験場廃棄計画に関する各国の報道ぶりを配信したが、韓国メディアの取材拒否については触れていない。

 取材団に加わった英国のスカイニュース記者は22日、自身のツイッターに「22人(女性2人、男性20人)8チームが元山に向かう」と離陸を待つ北京の空港から投稿した。その他のメディアは、英国=AP通信系のAPTN▽米国=CBS、CNN▽中国=新華社、中国中央テレビ(CCTV)▽ロシア=RT、ロシア通信。
 一方、取材を拒否された韓国のMBCと通信社「ニュース1」の記者は23日に帰国する。韓国政府は22日、韓国記者団が訪朝できなかったのは遺憾とする談話を発表。南北首脳会談の板門店宣言は「合意を必ず履行することによって、対決を終わらせ、和解へ向かうという趣旨だ」と強調した。


  22日

インフルエンザ&パンデミック関連

 エボラ拡大に国際公衆衛生総力戦

Ebola vaccine drive launches in DRC as cases rise to 49 CIDRAP(米国、ミネソタ大学感染症と政策研究センター) エボラ患者49人に増加したコンゴ民主共和国、ワクチン接種に着手

 エボラ出血熱に対するWHOの世界的対策として、初のエボラワクチンが本日、発生地域であるムマンダカとビコロで、保健医療担当者への接種が開始された。リングワクチン接種戦略の第一歩となる。
 1)保健医療担当者->2)患者接触者->3)接触者への接触者
 このような順番でワクチン接種を行い、ウイルスを包囲して完全駆除を目的とする。

 ワクチンは開発元のメルク社が8540接種量を提供した。臨床試験第3相が、先の西アフリカでエボラが大流行した際、その終息期にギニアで行われ、安全性と免疫効果が確認されている。
 公的には未承認ワクチンであるが、緊急時使用用として臨床試験を兼ねて配布されている。

 WHOが保存しているワクチンから7540接種量がコンゴ政府に提供され、150人からなる50リングへ接種される。(50人の感染者が核となり、そこから接触者、さらにその接触者がリング状となり、ワクチン接種を受ける)。これらのワクチン接種は任意とされる。さらに感染地区で対策に従事する人々も接種の対象となる。

 ワクチン接種経験のあるギニアの保健医療担当者達もコンゴに応援のため週末に到着した。
 WHOによるとリングワクチン戦略では、患者確認後の接触者およびその接触者の迅速な捜索が重要とされる。これまで600人以上が確認されているという。

 対策業務とワクチン接種活動は、コンゴ政府、WHO、国境なき医師団、さらに他の支援団体が行っている。

 アフリカ疾病対策センター(アフリカCDC)は、昨日25人の疫学専門家を感染地域に派遣した。
 
 WHOは本日エボラ患者数が週末に4人確認されて49人となったと発表した。22人が確定例、21人が可能性例、6人が疑い例。23人以上が死亡(訳者)。
 最初の発生地ビコロ(Bikoro)でナースの死亡例が確認された。
 新規発生例の地は不明であるが、WHOは大都市ムバンダカでの拡大を懸念している。先週末まで4人の感染が確認されている。

 各国からの支援。
 カナダ政府は5月19日、250万ドルを人道的支援金として追加拠出した。
 「さらなるエボラウイルスの拡大を抑えることが、現在の流行を防ぐために必要である」、と国際的開発相が語っている。
 一方ワシントンポストは18日、米国が数百万ドルを拠出する予定であると報道している。
 WHOは今後3ヶ月間の対策費として2600万ドルの国際的支援が必要と発表している。
 
 管理人コメント:先の西アフリカでのエボラ大流行は、WHOや米国の緩慢な対策支援のため拡大して1万人以上の死者を出し、さらに欧州や米国にも拡大の様相を見せた。WHOは組織改革と事務局長が替わり、現在のコンゴでの流行初期から迅速な対応をみせ、また米国も素早い反応を見せている。さらにワクチン(実験的とされているが)という武器も動員され、ウイルスの拡大を徹底的に抑える作戦が開始されている。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

Trump aides growing skeptical of Kim summit as South Korea's President visits CNN (米国) 韓国大統領訪米、しかしトランプ政権の中では米朝サミットに懐疑的見方が強まる


  21日

インフルエンザ&パンデミック関連

 実験的エボラワクチン、史上初の大規模接種に

DRC: experimental Ebola vaccine to be administered in Mbandaka  The Guardian (英国) コンゴ民主共和国:実験的エボラワクチンがMbandakaで接種に
 コンゴ民主共和国政府とNGO(国境なき医師団と思う:訳者)は、21日から実験的エボラワクチンを北西部の120万都市であるMbandaka(ムマンダカ)で投与すると発表した。同市では先週エボラ患者が見つかっている。

 ワクチン接種活動は、感染源をリング状に囲い込むことを目標にしている。

 後はワシントンポストと類似。

Congo to begin vaccinating against Ebola on Monday  Washington Post (米国) コンゴ、21日からエボラワクチン接種開始

 コンゴ民主共和国は21日から北西部の人口120万人の都市であるMbandaka(ムマンダカ)でエボラワクチン接種を開始する。同市では先週、地方で発生しているエボラ発病者が1名確認されている。大都市での流行が懸念されている。

 保健相は、ワクチンは最初に保健医療担当者、続いて患者との接触者、続いて接触者との接触者に接種予定であると語った。(リング・ワクチン接種:訳者)。
 当初の対象者数は600人とされる。

 Mbandakaはコンゴ河に沿って位置し、交通の要所となっている。また飛行機で首都へは1時間の距離となっている。

 これまで46人の出血熱が同国で確認されており、21人がエボラと確定され、21人が可能性例とされ、4人が疑い例となっている。

 コンゴのカビラ大統領は対策費として400万ドル以上の緊急対策費を拠出する予定とした。また内閣は感染地域の住民の医療費は無料とし、全てのエボラ患者と親族に特別な対応を提供することも決定した。
 エボラが田舎地域から大都会のMbandaka市に拡大したことは、さらに都市地域に拡大する危険性を示唆している。
 エボラがコンゴ内に拡大する危険性は非常に高く、さらに隣国9ヶ国にも広がる危険性もあると、WHOは警告している。
 しかしながらWHOは現在のエボラ流行を、世界的健康危機の発生であるとは宣言していない。WHOによると、国際的貿易や旅行の制限は必要はないとされる。

 コンゴではこれまで数回のエボラ流行があり、全て流行地域で封じ込められた。 全ては遠い田舎地域での発生だった。ウイルスは2度、首都キンシャサに入り込んだが、効果的に封じ込められた。

 今回の流行は1週間以上前に遠方の北西部の地域で確認されたが、Mbandaka(ムマンダカ)市への拡大が速かった事から、コンゴの人々の中にはさらなる拡大を心配する人もいる。
 

Ebola Outbreak: DRC To Start Vaccination Campaign  npr (国際) エボラ流行:コンゴ共和国、ワクチン接種活動を開始
 21日からワクチン接種活動が開始された。

Congo receives first doses of Ebola vaccine amid outbreak  Reuters (国際) コンゴ民主共和国、エボラ流行に対する最初のワクチンを受け取る
 推定23人が死亡している現在の流行拡大阻止のために、実験的ワクチンが4000接種量が16日、首都キンシャサにWHOから届いた。
 保健大臣は週末(19,20日)から接種開始の予定と語った。2年前に開発されたエボラウイルスに対する実験的ワクチンが、初めて現場で使用される。

U.S. plans to provide several million dollars for Ebola outbreak in Congo Washington Post (米国) 米国、数百万ドルをコンゴでのエボラ流行対策支援に拠出予定

 米国は数百万ドルをコンゴでのエボラ流行に対する世界的支援を支持するために、拠出する予定としている。当局が18日発表した。詳細は検討中であるが、来週初めには決定される予定。

 管理人コメント:数億円の支援金であるが、さきにWHOはコンゴ政府から報告があった3日後には、1億円を基金から拠出しているが、米国もそれに引き続き迅速な支援に乗り出した。4年前の西アフリカでの大流行時には、WHOの対応は半年遅れたが、同じようにオバマ政権の対応も遅れ、現地での流行が終息に向かった頃に、支援金拠出と米軍の派遣が行われた。結果的に死者は半年で1万人以上出た。(西アフリカでのエボラ発生は2014年3月に報告されたが、WHOの対応は9月になった。それまでは国境なき医師団の支援のもとに、現地の保健医療担当者達が懸命な努力で患者の治療と予防にあたったが、担当者600人以上が感染して死亡した。


 コンゴ、ムバンダカでさらに3例のエボラ患者が確認
Congo says 3 new Ebola cases confirmed in large city ABC News (米国) コンゴ、大都市でも3例のエボラ患者を確認

 コンゴ民主共和国の100万人以上の大都市でもエボラ患者が確認され、同国で発生したエボラ出血熱が都会にも拡大する懸念が高まっている。
 18日同国政府からムバンダカ市で3例のエボラ患者が確認されたことが発表された。同市ではその直前に1例の患者が確認されていた。

北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

「取材1人当たり300万円」ぼったくり? 北核実験場廃棄“ショー化”の恐れ  産経ニュース

日本はカモ?北朝鮮の非核化約束のたびに資金提供 政府内に安易な資金提供に慎重論  産経ニュース
 日本は北朝鮮が非核化を約束するたび資金提供を行ってきたが、約束はほごにされ続けた。安倍晋三首相は昨年9月の国連総会で演説し「詐取」との表現を使って非難していた。以後略

 拉致問題、首相の返事がトーンダウン化
拉致問題解決へ、日本が直接交渉を「動かねば手遅れに」  朝日新聞
 史上初となる米朝首脳会談が6月12日に決まり、北朝鮮による日本人拉致問題についても被害者家族らから進展の期待が高まっている。トランプ米大統領は拉致問題をとりあげると約束しているが、いずれ日本政府が自ら動き、北朝鮮との直接交渉を本格化させる必要があるだろう。


 めぐみさんの母早紀江さん(82)は昨年6月の支援者との会合で、数年前に安倍首相と交わした会話の内容を紹介した。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長と直接会うよう申し入れ「目を見て、しっかりと相対で話していただかないと解決しないと思いますよ」と伝えると、首相は「もちろんそう思っておりますが、それは今ではありません。いつになるかわからないけれども、必ずそういう日は来ると思います」と答えたという。安倍晋三首相に対し、北朝鮮との直接交渉を望む声も出ている。
 …

 管理人コメント:人ごとのような首相の返事であるが、簡単にいうと、自分の代では無理だけど、次の首相がやってくれるかも…、と言うことなのかも?


 19日


インフルエンザ&パンデミック関連



DR Congo Ebola outbreak 'not global emergency'  BBC (英国) コンゴ民主共和国のエボラ流行は世界的緊急性はない-WHO

 WHOは現在のコンゴにおけるエボラ流行(45人発病、25人死亡と推定)が、世界的緊急事態になる可能性はないと発表。

Fears of Larger Contagion as Ebola Spreads to Major Congo City New York Times (米国) コンゴでのエボラ流行、大都市への拡大が起き、さらなる大流行が懸念


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

北朝鮮非核化は「リビア方式」にしない トランプ米大統領  BBC (英国、日本版)

 ドナルド・トランプ大統領は17日、北朝鮮の非核化について、いわゆる「リビア方式」は適用しないと発言した。非核化後に体制が覆されたリビアの経緯を知る北朝鮮の、懸念緩和が目的とみられる。「リビア方式」に言及したジョン・ボルトン大統領補佐官の発言と食い違う形になった。
2003年に当時のリビア指導者、ムアンマル・カダフィ大佐は核兵器の放棄に同意した。しかし、2011年には西側諸国が後押しする反体制勢力によって殺害されている。
ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が北朝鮮の非核化で「リビア方式」の適用に言及したことで、北朝鮮は懸念を強めていた。
北朝鮮は16日、来月12日に予定される米朝首脳会談を見送る可能性を警告。一方のトランプ大統領は17日、会談は今でも予定通り開かれるとの考えを示した。


  18日


インフルエンザ・パンデミック関連


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

北朝鮮、中国の影響で米国との対応に焦点定まらず
        --米朝会談懸念


トランプ大統領:北朝鮮非核化でリビア方式否定-ボルトン氏に反論 ブルームバーグ

 トランプ米大統領は17日に記者団に対し、北朝鮮との核兵器プログラムを巡る交渉では「リビア方式」の非核化を検討しない考えを示し、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の意見を退けた。

White House moving forward with summit plans; US officials believe North Korea is posturing CNN (米国) ホワイトハウス、米朝サミットの準備に余念無し、北朝鮮はすこし”もったいつけた”態度を示している

North Korea summit: Trump says no 'Libya model' BBC News  (英国) 米朝首脳会談:トランプ氏、リビアモデルは選択肢にない


米大統領、金委員長に「保護」約束 首脳会談巡る北朝鮮の懸念払拭に躍起  ロイター(国際。日本語版)

 [ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の「保護」は保証されると述べ、米国との首脳会談を巡り警戒感を示している北朝鮮の懸念払拭に努めた。トランプ大統領は記者団に対し、米朝首脳会談は予定通り開催される見通しとしつつも、会談の開催を巡り中国が金氏に影響力を及ぼしている可能性があると述べた。

大統領は「実際のところ、北朝鮮は何事もなかったかのように日程などすべての事柄を伝えてきている」と語った。
また、北朝鮮の非核化に向け、リビアの故カダフィ大佐に核兵器を放棄させたいわゆる「リビア方式」を模索することは考えていないと強調。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が13日に「リビア方式」について言及したことを受け、北朝鮮は反発。首脳会談の中止も辞さない構えを示している。
こうしたことを背景に、トランプ大統領は自身が目指す合意は金氏に「極めて強力な保護」を与えるものとの認識を示し、「金氏が北朝鮮を運営し、国は非常に裕福になる」と強調した。
さらに「リビア方式はかなり異なるモデルだ。われわれはあの国を倒した」とし、リビア方式が検討されるのは北朝鮮と合意に至らなかった場合のみとし、「あの国に核兵器を持たせるわけにはいかない」と述べた。

北朝鮮は今週に入り、米韓軍事演習を理由に米朝首脳会談の開催を再考する可能性があると表明し、首脳会談の開催を巡り不透明感が高まった。
トランプ大統領は、首脳会談は「実現するなら実現する」とし、さもなければ米国は次の局面に移行すると語った。 さらに、金氏が会談を望んでいないのかもしれないとしながらも、金氏ができる最善のことは米国と合意を得ることとした。
史上初となる米朝首脳会談の実現は、トランプ大統領の外交面での最大の成果となる公算が大きいことから、同会談が中止に追い込まれることになれば、米政権にとっては大きな痛手となる。


トランプ大統領:北朝鮮の態度急変、中国が誘発か-米朝会談控え ブルームバーグ

 トランプ米大統領は17日、6月開催予定の米朝首脳会談の見通しについて北朝鮮が今週、急に著しくネガティブな語調にシフトしたことを受け、中国の習近平国家主席が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に「影響を及ぼしている可能性がある」と述べた。
  トランプ氏は大統領執務室で開かれた北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長との会談の際に記者団に対し、5月8日の習主席と金委員長の会談に言及し、「2週間前を思い出してみると、金委員長は降って湧いたように突然に中国の習主席を再び訪問した。2度目だった」と発言。
  トランプ大統領は「彼が金委員長に影響を及ぼしていることは十分あり得る。どうなるのか見守るつもりだ。中国の習主席が影響を及ぼしている可能性があるという意味だ」と続けた

「核、半年内に国外搬出を」 アメリカが北朝鮮に要求  ハフィントンポスト

6月12日の米朝首脳会談に向けた事前交渉で、北朝鮮が保有する核弾頭や核関連物質、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の一部を、半年内に国外に搬出するよう米国が求めていたことが分かった。複数の北朝鮮関係筋が明らかにした。北朝鮮側が応じれば、米国は「テロ支援国家」指定の解除も検討しているという。ただ、北朝鮮は16日、南北高官協議の中止や米朝会談の「再考」を発表した。米朝は水面下で激しい駆け引きを続けている模様だ。

北朝鮮訪中団、習主席と会談 「様々な分野で交流強化」  朝日新聞

訪中している北朝鮮の朴泰成朝鮮労働党副委員長らは16日、北京で習近平(シーチンピン)中国国家主席と会談した。朝鮮中央通信が17日朝、伝えた。習氏は「金正恩党委員長と2度も会い、中朝両党、両国の関係発展と地域及び国際情勢などで共通の認識を持てた」と指摘。正恩氏が4月20日の党中央委員会総会で経済建設に集中する新戦略を掲げたことを高く評価したという。
 朴氏は「両最高指導者の合意を実践するため、様々な分野で交流と協力を強化する」と述べた。正恩氏の習氏に対するあいさつも伝えたという。同通信は、中朝双方が会談で北朝鮮核問題に言及したかどうかについては伝えていない。

  17日 


インフルエンザ・パンデミック関連

 コンゴのエボラ、大都市へ拡大の可能性

Ebola outbreak in DRC enters 'new phase' as it spreads to urban area CNN (米国) コンゴ民主共和国のエボラ出血熱、市街地域へ拡大、新フェースを迎える

 ムマンダカ地域の一保健行政区画であるワンガタで新規エボラ患者が確認された。120万人の大都市である。本日WHOが確認した。

 田舎から都会にウイルスが広がると、その後のウイルスの広がりの速度は速く、制御が困難になる。
 44人の出血熱がこれまで確認され。そのうち23人が死亡している。エボラウイルスは3例で検査で確認されている。
 これまで発病者と死亡者は田舎のビコロ保健区画、ムマンダカがら150キロ離れている地域で発生していた。


DR Congo Ebola outbreak spreads to Mbandaka city  BBC News (英国) コンゴ民主共和国、エボラが首都圏へ拡大

 DRコンゴのエボラは地方から都市部ムバンダカへ拡大してきて、その制御が困難になってくる不安感が高まっている。

 ムバンダカ(Mbandaka):100万人都市で今月初めて患者が確認された地域から130キロの地にある。
 確認された患者は1名であるが、同市は首都キンシャサへ向かうルートのハブ都市となっていて、容易に感染が大都市へ拡大する条件が揃っている。

 42人が現在感染しており、23人が死亡したとされる。

 エボラは体内での出血を起こす疾患で、時々死に至る。
 少量の体液と接触することで容易に感染する。
 初期の感冒様症状は必ずしも明らかで無いこともある。
 エボラウイルスはオオコウモリで運ばれるが、しばしば感染した野生動物の肉から人に感染する。


 エボラワクチン、ジュネーブからコンゴ民主共和国に到着
WHO sends first doses of experimental vaccine to tackle Congo Ebola outbreak  Reuters (国際) WHO、コンゴでのエボラ流行を抑えるために初の実験的ワクチンを使用

 今後で発生し、既に23人が死亡したと考えられているエボラ出血熱の拡大を抑えるため、初のワクチン4000接種量がコンゴの首都キンシャサに本日届いた(5/17/2018)。

 保健省は週末からワクチン接種を始めると発表した。
 ワクチンは得年前に開発されたが、初めて発生地で使用される。

 ワクチンはメルク社で開発され、ヨーロッパからWHOにより送られてきた。ワクチンはいまだ承認されてないが、先に流行した西アフリカでの小さなフィールド実験では効果を示したとされる。

 保健当局者達はワクチンが、今回のエボラの発生のさらなる流行に広がることを防ぐことを期待している。


Experimental vaccine arrives in Congo to fight new Ebola outbreak  CBS News (米国) 実験的エボラワクチン、流行発生初期のコンゴ民主共和国に到着

 エボラ出血熱が発生しているコンゴ民主共和国に数千接種量の実験用ワクチンが届いた。
 20例の可能性患者と20例の疑い患者が確認されている。WHOによると、23例が死亡している。現時点で接触者500例が確認されているが、さらに探している。

 WHOではリング・ワクチン接種法で可能な限りの感染者拡大を抑えたいとしている。
 潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上。WHOおよびCDCの発表によると、潜伏期間中は感染力はなく、発病後に感染力が発現する。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定


北朝鮮の非核化
  リビア方式:平和条約締結と同時に全ての核兵器を放棄。その後の経済的支援などは日本、米国、韓国、中国が担当。リビアでは、核廃棄数年後独裁政権だったカダフィー政権は倒れ、カダフィーは殺された。*核兵器を一気に破棄した後、国際社会は本当に約束した経済支援などを行ってくれるか?独裁者が自分の手にする巨大な武器を手放しても国内でとの立場を保たれるか?

  段階方式:完全非核化まで、段階を追って核兵器、実験場、部品貯蔵庫、研究施設、製造工場などを順番に廃棄してゆく。その段階に応じて国際的制裁を緩めてゆく。*最終段階に至るまでには数年以上の期間が必要かも知れない。その間北朝鮮の考え方、支配層に変化が生じる可能性がある。(まだ核兵器とミサイルが残っている段階で)
   リビア方式:米国と国際社会は望む
   段階方式:北朝鮮は望む


South Korea wants to be mediator to North Korea and US: Official CNBC (米国) 韓国、北朝鮮と米国の仲介を望んでいる

 北朝鮮と米国の間にはいくつかの考え方の相違が出ているが、韓国政府はシンガポールでの米朝首脳会議を前に、両国のギャップを埋めるべく仲介役となりたいと発表した。

 5月22日にホワイトハウスでトランプ大統領とムン韓国大統領は対談するが、その際米朝会談での米国と北朝鮮との考え方のずれなどを話し合うと考えられる。


「核、半年内に国外搬出を」 米国が北朝鮮に要求  朝日新聞

6月12日の米朝首脳会談に向けた事前交渉で、北朝鮮が保有する核弾頭や核関連物質、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の一部を、半年内に国外に搬出するよう米国が求めていたことが分かった。複数の北朝鮮関係筋が明らかにした。北朝鮮側が応じれば、米国は「テロ支援国家」指定の解除も検討しているという。ただ、北朝鮮は16日、南北高官協議の中止や米朝会談の「再考」を発表した。米朝は水面下で激しい駆け引きを続けている模様だ。

North Korea summit: US hopeful Trump-Kim meet will go ahead BBC News (英国、国際) 北朝鮮首脳会談:米国は米朝首脳会談開催が進むことを願っている

 トランプ政権は米朝首脳会談が、北朝鮮側のキャンセルの可能性があるとしても開催にこぎ着けることを希望している。

 ホワイトハウスの報道官は、トランプ大統領は会談に参加する準備が出来ていると語った。

 その数時間後、北朝鮮はもし米国が北朝鮮が核兵器保有を諦めることを主張するなら、首脳会談はキャンセルとなると怒りのこもった発表をした。

 米朝首脳会談は6月12日に予定されている。
 「大統領は会談が行われるならば準備は出来ている」、とホワイトハウスでは発表している。

 「もし取りやめになるならば、これまで行ってきた様に最大の圧力を行使するように世界に働きかける」、と広報官のサラ・サンダースがコメントを出している。

 トランプ大統領は、米国はいまだ北朝鮮の非核化を主張している、と繰り返している。


North Korea threatens to cancel summit with Trump   Los Angeles Times (米国) 北朝鮮はトランプ大統領との首脳会談をキャンセルすると脅しをかけた。

 北朝鮮は16日キム委員長とトランプ大統領との間の首脳会談を取りやめると脅しをかけた。そして米側のいう「一方的核放棄」を拒否すると伝えた。
 トランプ大統領と国家安全保証補佐官であるジョン・ボルトン氏は繰り返し、首脳会議における米国の最終目標は、北朝鮮が数十年要して構築してきた核化の完全なる放棄であると言ってきた。
 ボルトン氏は最近リビアにおいて同国が10年以上かけて開発した核兵器を放棄させることに成功した。それは北朝鮮が見習うべき例となっている。しかしその数年後、リビアの指導者カダフィーは、西側政府に支援された反政府軍に倒された。

North Korea may never end nuclear program, says expert on the Koreas  CNBC (米国) 北朝鮮は決して核兵器放棄はしないだろう、韓国専門家

 専門家の予測は、北朝鮮は単に交渉期間を長引かせることを望んでいることだ。

 我々が重大な危機の局面を迎えない限り、北朝鮮は武装放棄しないだろう。タフト大学の外交と国際法の准教授であるSung-Yoon Lee氏がコメントしている。

   16日


インフルエンザ・パンデミック関連

Can The New Ebola Vaccine Stop The Latest Outbreak?  NPR (国際) エボラワクチンは最近の流行を抑えられるのだろうか?

 エボラワクチンは作製に20年間要した。しかしそれは今、流行を起こしかかっている場面で初めて使用されようとしている。

 ウイルスは今後民主共和国の北部から広がってきている。少なくとも4月以来、確定された患者は2名、疑い患者は合計39名、そして死亡者は19人となっている。
 流行拡大を抑える願いから、WHOはワクチン接種活動を広げようとしている。4000接種量のワクチンがコンゴ民主共和国に出荷されたが、さらに間もなく同じく4000接種量が出荷されるという。
 ワクチン接種活動の中心にはWHOが責任担当役として付いている。

 ワクチン( rVSV-ZEBOVと呼ばれる)は2015年、大流行した西アフリカで、流行の終息時期に効果が検査された。7500人に接種された。フロリダ大学の生物統計学者イラ・ロンジーニ博士が実験を支援し、その結果をまとめている。

 「感染した接種者は1人も出なかった。」、と同博士は語った。

 ワクチン接種方法は”リング・ワクチン接種法(ring vaccination.)”と呼ばれ、感染者と濃厚接触した人々を探し出して集める(A)。続いてAに濃厚接触した人々を集める(B)。続いてBに濃厚接触した人々を集める。これがリングである。
 こうしてリングに入った人々は出来るだけ迅速にワクチン接種される。

 リングに入っている全ての人々が接種されなかったとしても、ワクチン投与実験で感染率は75%減少させることに成功した。(75%カット)。

 「この結果は凄いことで、常識では考えられないことである。」
 博士は驚嘆している。
 しかしこの投与実験の時にはエボラ出血熱は終結段階に入っており、その後も小さな発生はあっても流行は起きていない。
 開発されたエボラワクチンの効果をより科学的に分析できる機会はなく、今回の流行がその機会とされた。

 WHOはコンゴ民主共和国政府が、今回の流行に対してワクチン使用を迅速に決定したと評価している。

 問題として舗装路もない奥地への専門チームが入ることであるが、色々な解決策が考えられている。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定

 北朝鮮、本日の南北会談を中止と発表。勝手な中止理由に周辺では戸惑う。
6月12日の米朝会談での発言力を強める目的と、北朝鮮の存在感を高めることを目的として、色々と挑発的発言を今後繰り返す可能性。キム委員長以下一枚岩での方針なのか疑問である。昨日発表した南北会議を、昨夜に中止、そして理由が11日から行われている米韓軍事演習とするのは、詭弁としても無理がある。

北朝鮮の南北会談中止は遺憾、板門店宣言にそぐわず=韓国統一省 ロイター (国際、日本版)

 韓国統一省は16日、北朝鮮が同日予定されていた南北閣僚級会談の中止を決定したことは「遺憾」であり、4月に両国が合意した「板門店宣言」にそぐわないとの見解を示した。
 統一省の報道官は「米韓が毎年行う合同空軍演習を理由に北朝鮮が閣僚級会談を一方的に見合わせる決定を下したことは、板門店宣言の精神にそぐわず、遺憾だ」と表明した。
その上で、北朝鮮に対し早急に協議に復帰するよう促し、16日に同国に公式文書を送ると明らかにした。


北朝鮮、南北高官級会談を中止 米国にも警告  BBCニュース (日本版)

 朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は16日、同日予定されていた南北閣僚級会談を中止すると報じた。11日から行われている米韓の合同空軍演習に強く反発した。
KCNAは、演習は「挑発行為」だとし、北朝鮮を侵略する予行練習だと批判した。
さらにKCNAは米国に対し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ米大統領の米朝首脳会談についても警告した。歴史的な会談は、来月12日にシンガポールでの開催が予定されている。


米朝首脳会談「再考」も=核放棄だけ強要に警告-北朝鮮高官  時事通信

【ソウル時事】16日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金桂冠第1外務次官は談話を発表し、「トランプ米政権が一方的な核放棄だけを強要しようとするなら、われわれはそのような対話にもはや興味を持たないだろう」と警告、「朝米首脳会談に応じるかどうか再考せざるを得ない」と表明した。

 
 一方で金氏は、「朝米関係改善のため誠意をもって朝米首脳会談に臨む場合、相応な対応を受けることになる」とも語った。6月12日に開催される米朝首脳会談を前に、トランプ政権から譲歩を引き出すための交渉戦術の一環とみられる。

 北朝鮮で長年対米外交を統括している金氏は、「われわれは、朝鮮半島の非核化の用意を表明し、そのためには米国の敵視政策と核脅威による恐喝を終わらせることが先決条件になると数度にわたって明言した」と強調。しかし、「米国はわが国の寛容な措置を弱気の表れと誤解し、彼らの制裁と圧迫攻勢の結果だと主張している」と批判した。

 また、「米国はわれわれが核を放棄すれば、経済的補償や恩恵を与えると騒いでいるが、われわれは米国に期待して経済建設を進めたことは一度としてなく、今後もそのような取引を決してしないだろう」と語った。 


North Korea threatens to cancel summit with Trump over US-South Korean military drills  Washington Post (米国) 北朝鮮、米韓合同軍事演習が行われたことから、来月の米朝首脳会談を中止すると脅す

 11日から米韓空軍軍事演習が行われたことで、北朝鮮は15日、来月に予定されている米朝首脳会談が実施されるか疑問を呈した。米韓軍事演習が米朝の外交上の雰囲気を損なってしまったことを理由としている。
 
 突然、真夜中に報じられた共産主義政府の主張は、軍事演習は史上初の米朝首脳会議の運命を左右する可能性のある”挑発”であるというものである。
 北朝鮮は米韓軍事演習実施に対して絶えず怒りを露わにするが、それは軍事演習を北朝鮮侵略の練習と考えることによる。しかし今年は突然の外交術の大きな変化により、反応は変化したと思われていた。

 今年の韓国と米軍の軍事演習は規模を縮小したため、北のメディアの取り扱いは小さかった。北朝鮮は軍事演習について、米韓のコンピューター・シミュレーションが4月に行われた際に伝えただけだった。

 北朝鮮は2週間にわたる米国との韓国の空軍演習は、6月12日に開催される予定の米朝首脳会談を危険にさらすと示唆している。

管理人コメント:来月の米朝首脳会議に将来的期待をかけているのは北朝鮮であるから、トランプ大統領を怒らせて中止にならない様に気をつけるべきである。こうした発言は韓国のムン政権には迷惑なことであるが、韓国民や日本人はより北朝鮮を嫌う理由となる。


北朝鮮が南北閣僚級会談を中止、米韓合同訓練を「軍事挑発」と非難 ブルームバーグ (日本語版)

 北朝鮮は16日、同日に予定されていた韓国との閣僚級会談を中止すると、国営メディアの朝鮮中央通信(KCNA)を通じて表明した。米韓空軍が参加する合同訓練を理由に挙げた。また北朝鮮は米国に対し、来月の米朝首脳会談の「運命を慎重に考慮」するよう警告した。

  高位級会談の取りやめが南北協議全体にも影響するかどうかは現時点では明らかでない。

  米国務省のナウアート報道官は、米朝首脳会談の計画策定は続くとした上で、米国は同会談の妨げになり得る通告を受けていないと説明した。

  韓国の聯合ニュースはこれより先に、韓国と北朝鮮の当局者5人ずつが板門店で、先月の南北首脳会談での合意内容の実施を協議する計画だと伝えていた。
  
  KCNAは定例の米韓空軍の合同訓練「マックス・サンダー」を「意図的な軍事挑発」だと非難した。


北朝鮮、きょうの南北高官会談を中止 米韓演習に反発  朝日新聞

 朝鮮中央通信は16日未明、板門店で同日予定していた北朝鮮と韓国の高官会談を中止すると発表した。11日から韓国周辺で実施されている米韓の合同空軍演習「マックスサンダー」に反発した。同通信は「日程に上がっている米朝首脳会談の運命も沈思熟考しなければならない」と警告した。
 同通信は、南北高官会談中止についての責任は韓国側にあると主張。「我々は米国と南朝鮮(韓国)当局の今後の態度を鋭利に見守る」と訴えた。

 韓国政府によれば、南北高官会談は4月27日の南北首脳会談の結果を受けたもので、北朝鮮が開催を提案していた。マックスサンダーは今月半ばから既に実施されており、突然の中止発表の背景には、6月12日に開かれる米朝首脳会談に向けた交渉を有利に展開したい北朝鮮側の意図がありそうだ。

  15日



インフルエンザ・パンデミック関連

 コンゴ民主共和国でのエボラ流行、WHOワクチン接種開始に

WHO deploys vaccines, emergency teams to control Ebola outbreak CNN (米国) WHOコンゴでのエボラ発生に対して緊急ワクチン接種に

 WHOはコンゴ民主共和国でのエボラ発生に対して、4000接種量のワクチンと緊急チーム、および各種感染予防用具を配置した。
 これまで19人の死者を含む39人のエボラ感染疑い者が確認されている。

 国連機関は同国の保健省、人道組織”国境なき医師団”と協同してワクチン接種を行う。

 ワクチンは4000接種量が(ジュネーブのWHO本部から)出荷されたが、さらに多くが出荷される予定とされる。


Ebola has infected dozens so far in Congo, killing 19, WHO says Washington Post (米国) エボラ、コンゴで数十人に感染、19人が死亡、WHO発表

 コンゴ民主共和国でこの5週間で39人のエボラ感染者及び疑い者が発生したことがWHOから発表。医療担当者3人を含む19人が死亡した。

 医療当局はエボラ患者との接触者400人の健康監視を続けている。
 WHOは先週ワクチン投与計画を発表した。ワクチンは2016年に製薬企業のメルク社が開発した。それは2015年に西アフリカのギニアで試験的投与が行われた。保健当局では、ワクチンの投与で事態が改善に向かうことを期待している。
 ワシントンポストの Siobhán O’Grady は先週、5837人が実験的ワクチンrVSV-ZEBOVを受けたが、10日後の時点で誰も感染してなかった、と報告している。
 
     実験的ワクチンrVSV-ZEBOV
ギニアでの大規模な(臨床)試験で、実験段階のエボラワクチンが、致死的なウイルスに対して高い防御を示すことが証明されました。rVSV-ZEBOVと呼ばれるこのワクチンは、2015年に11,841人を対象とした試験で調査が行われました。ワクチンを受けた5,837人で、ワクチン接種後10日以上にわたりエボラ患者は記録されませんでした。一方、ワクチン接種を受けていなかった人はワクチン接種後10日以上経過して23人の患者がでました。
 厚労省 エボラ出血熱について(ファクトシート)
http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2017/06201038.html


 テドロスWHO事務局長は14日、記者団にワクチンをコンゴ(民主共和国)へ輸入する許可を政府から得たと語った。今週末には入手できると期待している。
 「全ては公式に承認されている。ワクチンは安全で効果はある。既に検査で使用済みだ。自分は、我々は出来ると考える。--全てはワクチンを使用する準備は出来ている」、と事務局長は語った。
 WHOは自身で4300接種量をジュネーブに保存している。メルク社は30万接種量を緊急時に備えて用意している。

 コンゴ民主共和国ではこれまで8回のエボラ流行を経験している。最近では昨年4人が死亡した。

 テドロス事務局長はコンゴ内の遠隔地を回り、その保健支援の必要性を確認した。
 事務局長は先のエチオピア保健大臣であり、黒人で初めてWHO事務局長に就任した。
 コンゴ各地を見回りながら次のように語っている。
 「私が現場にいることはとても重要なことだ。もし将軍が連隊と共に前線にいなければ、もはや彼は将軍とは言えない…、我々は現場に行き、そして止めるべき危険な行為(生活上の慣習)を指摘しなければならない。もし自分の命が危険であるとしても、それは他の誰よりも安全ではないことを意味するだけだ。」
 アフリカ人初のWHO事務局長は、「我々は問題が起きているところにいなければならに」、と話を続ける。





北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定


 16日、南北ハイレベル会談が開催-北朝鮮から提案
North Korea proposes inter-Korea talks on May 16: South Korean ministry CNBC (米国) 北朝鮮、5月16日に南北首脳会談を開きたいと韓国に提案

 15日、北朝鮮と韓国は5月16日にハイレベル南北会談を開くことに合意した。
 朝鮮半島の非核化実現のためのステップについて相談するものと考えられる。


  14日


インフルエンザ・パンデミック関連

 コンゴでのエボラ流行に対して、政府希望により実験的ワクチンが使用される予定

WHO reports new Ebola case in DR Congo, vaccine this week  Medical Xpress (国際) WHO、コンゴ民主共和国での新規エボラ発生を確認、今週末にワクチン接種を計画

 WHO事務局長のテドロス医師は、コンゴ民主共和国(DR Congo)のビコロでエボラ疑い患者が発生したことを発表した。これまで18例が死亡している。
 疑い例は35例確認されており、そのうち2例がエボラウイルス感染が確定されている。
 WHOは隣国のコンゴ共和国(Republic Congo)との国境近くのエボラ発生地域で実験的ワクチン接種を予定している。
 「ワクチンは水曜日か木曜日(16日か17日)に届く予定である。十分量ある」とテドロス事務局長は語っている。

 コンゴ民主共和国大統領と首都キンシャサで会談した事務局長は、政府が強いリーダーシップを発揮していて、支援団体のユニセフや国境なき医師団と良好な関係を保っている、と賞賛した。



 New Ebola outbreak hits Congo  Seeking Alpha (国際) コンゴで新規エボラ流行

 WHOによるとコンゴ民主共和国で18人の死亡例を含む32例のエボラ出血熱疑い者がでている。

 実験的エボラワクチンが開発中であるが、安全性や効果について十分検討できていない。


Experimental vaccine to be used against Ebola outbreak in the DRC  STAT (国際) コンゴ民主共和国でエボラ流行に対して実験的ワクチンが使用の予定

 最近流行し始めているコンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱に対して、同国政府が公式にメルク社で開発したエボラウイルスに対するワクチンを使用したいとWHOのテドロス事務局長に求めた。
 WHOはジュネーブに4300回分のワクチンを保存しているが、メルク社は米国に30万回分のワクチンを保存している。メルク社は今回の流行に於けるワクチン使用を許可した。
 「ワクチン接種に関する全ての準備は整っている」、とWHOのテドロス・アダノム事務局長は語った。

Congo Ebola outbreak met with rapid response after West African crisis Reuters (国際) コンゴでのエボラ発生、西アフリカでの大流行を教訓に迅速な反応

 2014年3月、西アフリカでエボラ出血熱が確認されたが、その半年後にWHOは国際的緊急事態宣言を発し、世界的支援を求めたが、流行は3ヶ国に広がり、11000人以上の死者がでた。
 5月8日、コンゴ民主共和国は2名のエボラ発病者を確認した。同日WHOは専門家チームをヘリコプターで現地に送り、さらに1億円(100万ドル)の支援金を基金から拠出した。

 「この迅速な対応で今回のエボラ発生は抑えられると思う」、とWHOアフリカ緊急事態部門の長官は語った。
 先のエボラ大流行の経験で非常に多くのことを我々は学んだ、と同長官は付け加えた。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
人権問題

北朝鮮の高官が北京到着 米朝会談前に中朝で意見交換か  朝日新聞

  北朝鮮の高官を含む一行が14日午前、平壌からの定期便で中国の北京の空港に到着したことが外交筋の話で分かった。在中国北朝鮮大使館の池在竜大使らが出迎えたという。6月12日に開かれる米朝首脳会談を前に、中朝間で意見交換をするとみられる。
 中朝は3月末の首脳会談以降、高官の交流が活発化。今月上旬にも大連で首脳会談を開いたばかり。14日には、米国のソーントン国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)も北京を訪れる予定になっている。


米民間企業、北朝鮮への投資可能に? 米国務長官が言及 BBCニュース

 マイク・ポンペオ米国務長官が13日、米民間企業による北朝鮮投資を認めるかもしれないと発言した。米フォックスニュースのインタビューで語った。北朝鮮の完全な非核化が条件になるという。
国務長官は、米投資家が北朝鮮のエネルギー供給網構築を支援できるかもしれないと述べた。
ポンペオ氏は先週、訪朝したばかり。来月12日には、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党書記長の初会談がシンガポールで予定されている。
米政府は11日の時点で、北朝鮮の経済再建支援を申し出たと明らかにしていた。ポンペオ氏の今回の発言は、その内容をより詳しく明らかにしたもの。

北朝鮮に体制保証提案も=非核化なら制裁緩和-米国務長官  時事通信


US officials offer economic aid, security assurances if North Korea eliminates nuclear program Los Angeles Times (米国) 米国、北朝鮮が非核化実行すれば、経済支援および安全保障を約束

北朝鮮の核実験場廃棄、国際記者団から日本を除外  朝日新聞

 韓国大統領府は13日、北朝鮮が核実験場を23~25日の間に廃棄すると発表したことに、歓迎するコメントを出した。北朝鮮は米英中ロ韓の国際記者団に取材を認めるとしたが、日本メディアは除外された。
 韓国大統領府高官が、全坑道を爆破して施設を撤去、人員を撤収させるとした北朝鮮の発表について、「未来に向けて核開発をしないという意思の表明だ」と歓迎の意を述べた。高官は、実験場廃棄の取材に日本メディアが含まれなかった点について、「日本とはまだ公式対話が始まっていないことと関係があるのではないか」と語った。


  13日


インフルエンザ・パンデミック関連


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
人権問題


  核実験場破壊取材は日本の報道陣は不許可に

North Korea pledges to dismantle nuclear site in May ceremony  BBC News (英国) 北朝鮮、核実験場破壊の儀式を5月に行うと約束

 北朝鮮の国営通信(KCNA)は、12日、5月23日~25日の間に核実験場の破壊を行うと発表。
 科学者達は実験場の一部は昨年9月に崩壊していた可能性があるとしていた。
 実験場の破壊は米朝首脳会談の3週間前に行われることになる。
 4月の南北首脳会談の際、キム委員長は、実験場破壊の際は韓国と米国の専門家を招待して確認してもらうと語っていたが、今回の発表では何も伝えられていない。

 実験場破壊の証人として海外の報道関係者を招待するが、そこには韓国、中国、米国、英国、ロシアが含まれる。
 報道陣の数をを制限する理由として北朝鮮当局者は、場所が狭いことと、実験場がある場所が人里離れた山奥にある故としている。


North Korea details plans to dismantle nuclear test site this month CNN (米国) 北朝鮮、今月予定の核実験場の廃絶計画の詳細を発表。

 廃絶家庭を国際的ジャーナリストに確認してもらう予定:米国と英国のジャーナリストを含む。


北朝鮮核実験場、23~25日に廃棄の式典 取材も許可  朝日新聞

 北朝鮮外務省は12日、北朝鮮北部の核実験場を廃棄する式典を今月23~25日に行うという公報を発表した。12日、朝鮮中央通信が報じた。透明性を確保するため中国、ロシア、米国、英国、韓国の国際記者団に現地取材を許可し、必要な便宜をはかるとしている。

北朝鮮、23~25日に核実験場廃棄=坑道爆破、関連施設撤去-取材陣から日本外す AFPBB News

朝鮮外務省は12日、北部の核実験場を廃棄する式典を23~25日の間に、気象条件を考慮して行うと発表した。朝鮮中央通信が伝えた。すべての坑道を爆破し、入り口を完全にふさいで観測施設などを撤去する。さらに、研究者、警備要員も撤収させ、「核実験場周辺を完全閉鎖する」という。
 北部の核実験場とは、過去6回の核実験が行われた豊渓里の施設を指す。金正恩朝鮮労働党委員長は4月27日に板門店で行われた文在寅大統領との会談で、5月中に核実験場を閉鎖する方針を表明していた。

 6月12日にシンガーポールで開催予定のトランプ米大統領との初の米朝首脳会談を前に、非核化実現に向けた意思を明確にするとともに、非核化措置を段階的に講じていく姿勢を強調する狙いがありそうだ。
 北朝鮮外務省は「核実験場の廃棄を透明性をもって示すため、国際記者団の現地取材を認める用意がある」と表明。核実験場が狭い点を考慮し、現場に招く国際記者団は、中国、ロシア、米国、英国、韓国の記者に限定するといい、日本は含まれていない。(c)時事通信社


拉致問題を持ち出すな」 北メディア、日本を非難  産経ニュース

 北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題に関する論評を報じ、安倍晋三政権が「すでに解決した拉致問題を再び持ち出し騒いでいる」と牽制し、「全世界が朝米首脳会談を歓迎しているときに、朝鮮半島の平和の流れを阻もうとする稚拙で愚かな醜態だ」と非難した。
 論評は2008年に中断した北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議に触れ、「日本は多国間外交の枠組みの中で拉致問題を持ち出し妨害した」と強調。拉致問題で「国際社会から同情を集め過去の清算を回避しようとしている」と非難した。
 …

拉致は解決済み」 朝鮮中央通信、安倍政権を批判  朝日新聞

 北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題の解決を訴えている安倍晋三首相らを名指しし、「日本の反動層がすでに解決した『拉致問題』を再び持ち出し世論化するのは、稚拙で愚かな醜態だ」と非難する論評を配信した。
 論評は「全世界が来たる朝米(米朝)首脳会談を朝鮮半島の素晴らしい未来の一歩と積極的に支持歓迎している時に、日本だけがねじれて進んでいる」と指摘して、安倍政権が北朝鮮への制裁と圧力の継続を訴えていることを批判した。
 北朝鮮の官製メディアはトランプ米大統領が首脳会談に応じると表明した3月以降、米国への非難を大幅に減らす一方、安倍政権への批判を強めている。
 一方、南北関係筋によると、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は4月27日の南北首脳会談の際、日本人拉致問題について、北朝鮮が公式の立場として繰り返してきた「解決済み」という言葉を使わなかったという。

拉致問題提起を非難=北朝鮮「過去の清算回避」  時事通信

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題について「解決された」と主張、日本政府の拉致問題提起を「誰かの同情を買い、過去の清算を回避しようとしている」と非難した。その上で、「過去の清算のみが日本の未来を保証する」と訴えた。
 …

 管理人コメント;安倍外交が失敗し、日本が蚊帳の外に置かれ出したことは、3月14日のワシントンポストで既に論評されている。著者訳文付き

 12日


インフルエンザ・パンデミック関連

 コンゴで新たなエボラ出血熱が発生。WHOが緊急対応
WHO responds to a new Ebola outbreak in Democratic Republic of the Congo  WHO (世界保健機関) WHO、コンゴ民主共和国で新たなエボラ発生に緊急対応

 コンゴ民主旧和国はビコロ・エクアチュール州( Bikoro, Equateur Province)でエボラウイルス感染症が発生したことをWHOに報告した。

 WHOは同国保健省をサポートすると共に、応急対策拠点施設( Emergency Operations Centre)の協力を得ながら、緊急対策チームの派遣により、実情の把握(発病者、死者)に努める。またWHOから1億円の基金を拠出し、チームを支援する。

11 additional cases of hemorrhagic fever in Congo including 1 death  CNN (米国) コンゴでさらに11例の出血熱が確認、1例が死亡

 5月8日以降1例の死亡例を含む11例の出血熱がコンゴ民主的共和国から報告された。2例はエボラウイルスが確認されたが残りの結果は保留されている。
 エボラ出血熱は5種類のエボラウイルスで発症し、致死率は50%とされる。
 今回の発生は8日に確認された。


 ケープタウンのペンギンの感染死続く
5 out of 5 penguins test positive for avian flu at Boulder's Beach CapeTown ETC (南アフリカ) 南アフリカ、ボルダーズ ビーチ(海岸)で検査した5羽のペンギン全てがH5N8鳥インフルウイルスに感染

 ペンギンの集団で5羽について鳥インフルウイルス検査を行ったところ、5羽全てでH5N8ウイルスが陽性であった。獣医師で疫学者のローラ・ロバーツ博士から報告された。

 2月以来19羽のペンギンが死んでいることが確認されている。
 ウイルスは可能性は低いが人への感染力もあり、また家きんに容易に感染死を起こすため、国内で飼育している家きんにとっては脅威となっている。

 管理人コメント:H5N8鳥インフルウイルスがペンギンに感染死を起こすことは日本国内で知られているだろうか?野鳥からの感染は容易に起きる。H5N8から変異したH5N6ウイルスも多分感染死を起こすと考えられる(一般野鳥や家きんで感染死が多く見られている)。


忘れられる北朝鮮に拉致された日本人被害者達
拉致被害者問題、大手メディアからの情報はほぼ皆無。
非核化とは異なる次元の人道問題。
NHKはじめ大手メディアはアリバイ証明的に時々話題として扱うだけ。

無責任な政府と大手メディア、北朝鮮はそれを見透かしている

 ・囚われていた3人の米国人が解放されたが、彼らは北朝鮮の法律に触れたとして囚人として扱われていた。
 ・日本人の拉致被害者は北朝鮮の無法的犯罪で拉致されている。人道問題である。
 ・交渉方法は異なる。

 朝鮮通信通信:拉致は解決済み、安倍首相批判を強める
「拉致は解決済み」 朝鮮中央通信、安倍政権を批判  朝日新聞

 北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題の解決を訴えている安倍晋三首相らを名指しし、「日本の反動層がすでに解決した『拉致問題』を再び持ち出し世論化するのは、稚拙で愚かな醜態だ」と非難する論評を配信した。
 論評は「全世界が来たる朝米(米朝)首脳会談を朝鮮半島の素晴らしい未来の一歩と積極的に支持歓迎している時に、日本だけがねじれて進んでいる」と指摘して、安倍政権が北朝鮮への制裁と圧力の継続を訴えていることを批判した。
 北朝鮮の官製メディアはトランプ米大統領が首脳会談に応じると表明した3月以降、米国への非難を大幅に減らす一方、安倍政権への批判を強めている。
 一方、南北関係筋によると、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は4月27日の南北首脳会談の際、日本人拉致問題について、北朝鮮が公式の立場として繰り返してきた「解決済み」という言葉を使わなかったという。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者


 米国、北朝鮮との建設的対話外交を加速 

 国連、北朝鮮への食糧支援について話し合いを求める
UN's food-agency chief hopes talks help hungry North Koreans  Seattle Times (米国) 国連食糧機関責任者、北朝鮮の飢餓状態の支援のための話し合いを求める

US to help North Korea economy if it gives up nuclear weapons, Pompeo says  Los Angeles Times (米国) ポンペオ国務長官:北朝鮮が非核化するならば、米国は経済支援を行う

早期非核化なら「対北朝鮮支援の用意」 米国務長官 日本経済新聞

早期非核化なら経済協力=ポンペオ米長官、正恩氏と「内容ある会話」  AFPBB News
 ポンペオ米国務長官は11日、北朝鮮が早期非核化に向けて「思い切った行動」を取れば、米国は北朝鮮の経済発展に協力すると強調した。韓国の康京和外相との会談後の共同記者会見で述べた。6月12日の米朝首脳会談でも、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「短期間での非核化」を受け入れるかが焦点になるとみられる。
 …

ポンペオ氏「北朝鮮の繁栄実現を支援へ」非核化が条件  ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
 マイク・ポンペオ米国務長官は11日、来月の米朝首脳会談で、北朝鮮が核兵器開発の放棄に同意すれば、同国の経済的繁栄を支援すると確約した。最近の訪朝で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と行った協議については、温かい雰囲気で「複雑だった」との感想を述べた。
 …

 On US-North Korea Talks, China May Hold the Cards New York Times (米国)) 米朝首脳会談、中国がカードを握っているだろう

 中国と北朝鮮の国境沿いの至る所に、来る米朝首脳会議に対する中国の行動力が見られる。
 大連では先日行われた習主席と北朝鮮のキム委員長との会談光景が大画面で人々に繰り返し放映された。

 隣の北朝鮮との貿易開始を遼寧省の人々は待ち焦がれている。そのための準備を多くの関係者は行っている。

 …

Pompeo says talks with North Korea's Kim were 'warm'  CNN (米国) ポンペオ国務長官、北朝鮮でのキム委員長との会談は友好的であった

 ポンペオ国務長官はピョンヤンでキム委員長と会談し、帰国時に囚人として囚われていた3人の米国人を連れて帰ってきた。帰国後の会見でキム委員長との会談は非常に友好的なものだったと語った。


日中韓会談、対北朝鮮で「蚊帳の外」の日本  東洋経済オンライン

 大型連休後半にゴルフなどで英気を養った安倍晋三首相だが、連休明けは重要な首脳外交と再開国会での与野党攻防が複雑に絡み合う、慌ただしい1週間となった。19日ぶりの国会正常化と並行して、8日に李克強中国首相、9日に文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領がそれぞれ初来日し、同日、安倍首相を議長とする日中韓首脳会談が2年半ぶりに開催された。その一方で、10日には加計学園問題に絡む柳瀬唯夫元首相秘書官の国会招致が実施され、野党側の厳しい疑惑追及が政局の混迷に拍車をかけた。
政権の不祥事連発で内閣支持率が下落する中、得意の外交で態勢の立て直しを狙う首相だが、内外の関心は6月12日の開催が決まった史上初の米朝首脳会談に集まった。首相が主役を演じるはずだった日中韓首脳会談でも、対北朝鮮外交での「蚊帳の外の日本」が際立つ。
 …
 日本人拉致問題では、安倍首相による中韓両首脳への協力要請を受けて、共同宣言に「早期解決への中韓両首脳の支持」が明記された。その一方で、首相が強く主張した北朝鮮に対する「核・ミサイルの完全、検証可能かつ不可逆的な放棄(CVID)」との表現は「対話ムードに水を差す」との中韓両国の抵抗で共同宣言には盛り込まれなかった。


 11日


インフルエンザ・パンデミック関連


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 
北朝鮮外交

 米国傘の下で米国従順外交に徹する日本
 傘の下から出られない日本を利用し続けるトランプ外交

 対北朝鮮キム外交に独立国日本の立場を表明せずに、拉致被害者問題の解決が可能か懐疑的

 米朝首脳会談;6月12日、シンガポール


北朝鮮の改革開放路線は目前か、中国の1978年再現も ブルームバーグ (米国、日本語版)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が6月12日にトランプ米大統領と会談する。開催地はシンガポールだ。シンガポールは安全保障で米国と協力協定を結んでいるほか、北朝鮮が大使館を置き、中国とも強固な関係を保っている。つまり、全ての関係国にとって米朝首脳会談の開催地として最適の場所ということだ。
   これは単なる偶然かもしれないが、鄧小平氏は改革開放路線を始めた1978年にシンガポールを訪れた。同氏にとって唯一のシンガポール訪問は、中国でシンガポールの産業発展モデルを再現する種をまいた。

 金委員長はこの1カ月程度で中国を2度訪問した。朝鮮半島の平和に関する交渉プロセスに関する中国との意見交換に加え、中国が発展した経験から北朝鮮がどのように学ぶことができるか助言を求めている可能性もある。

 中国がちょうど40年前に始めた対外開放は、中国のみならず世界も大きく変えることになった。潜在的な経済規模の点では北朝鮮は中国の影響力に遠く及ばないが、似たようなビッグバンの瞬間が訪れようとしているとすれば、世界にとってポジティブサプライズになるだろう。

 フロンティア市場への投資家にとっては、今後検討に値する全く新しいマーケットが現れる可能性がある。


Trump and Kim will meet in Singapore. Here's why. Washington Post (米国) 米朝首脳会談はシンガポールで、なぜ?

 6月12日、シンガポールで米朝首脳会談が開催することが、トランプ大統領から発表された。

 地球丸のトランプ将軍、そしてその直属にキム(北朝鮮)副将軍か?
  トランプ氏の野望は、対中国&ロシアの米国の前線に北朝鮮を変えることだろうか。
 ”The highly anticipated meeting between Kim Jong Un and myself will take place in Singapore on June 12th. We will both try to make it a very special moment for World Peace!”
 「我々2人はその日、世界平和のために非常に特別な時を迎えるだろう」
   (非常に危険なスピーチだ。世界は2人に動かされているのではないが、トランプ氏の頭の中には自分が支配する地球儀が存在しているのかも知れない!!)
  世界の将軍と自認しているかのようなトランプ大統領。その配下にキム委員長を従えるのが野望なのだろうか。
  キム委員長との信頼関係がトランプ流で確立されたとき、世界はどうなっているのか??そこで我が日本の安倍晋三首相はどのように立ち振る舞うのか気になる

 シンガポールを選んだ理由
  米国と北朝鮮の友好国である
  場所が良い
  中立地域の中に位置している


北朝鮮に拘束されていた米国人3人が帰国、トランプ夫妻が出迎え TBS News

 オバマ大統領も出来なかった抑留米国人の帰国。トランプ大統領は国民の支持をあげることに懸命だ。

  10日


インフルエンザ・パンデミック関連


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 

北朝鮮抑留米国人3人の解放
 ・米国側の誠実な度重なる水面下での対話
 ・世界最大の国である米国大統領とキム委員長との対等な対話の保証

日本が拉致被害者解放を促すためには何が必要か
 ・誠実なセカント&サード トラック外交の繰り返し(水面下非公的対話)
 ・首相の”上から目線的”対応の改善
 ・北朝鮮の非核化問題と切り離した外交戦略
 ・北朝鮮との民間レベルでの文化交流の開始


Releasing 3 Americans, North Koreans Signal Openness to Washington New York Times (米国) 3人の米国人の解放は北朝鮮のワシントンに対する友好性の合図

 The release of three American prisoners cleared away a last obstacle on Wednesday to a landmark nuclear summit meeting between President Trump and North Korea’s leader, Kim Jong-un.

  画期的非核化サミットがトランプ大統領と韓国の指導者キム・ジョンウン委員長の間で開催されるが、その最後の障害となっていた3人の米国人抑留者が解放された。

 歴史的話し合いへの障害が取り除かれる、北朝鮮で囚われていた3人の米国人の解放
North Korea Frees American Prisoners, Lifting Hurdle to Nuclear Talks New York Times (米国) 北朝鮮、米国人囚人を解放、核問題の話し合いでの障害を取り去る

 トランプ大統領は、9日、北朝鮮が3人の米国人の囚人を解放したと発表したが、それはトランプ氏と核武装された北朝鮮の若きリーダーであるキム委員長との予定された会談の前に、悲惨で感情的な障害の除去につながった。

 3人は韓国系米国人であるが、その解放はトランプ氏の外交的勝利であると共に、ある意味では、最も実際的誠意が北朝鮮から示され、70年間にわたる米国との敵対関係を緩和する効果を持ったものと考えられる。

 管理人コメント:水面下での米国からの対話の促しが続いたが、世界最強の国の大統領との対等な話し合いが予定された結果、北朝鮮は米国側からの捕虜の解放に応じた。

  9日


インフルエンザ・パンデミック関連


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 
 今年の「世界で最も影響力のある人物」ランキング:フォーブス
  中国の習近平国家主席が初の首位に立った。


1. 習近平(64) 中国|国家主席
2. ウラジーミル・プーチン(65) ロシア|大統領
3. ドナルド・トランプ(71) 米国|大統領
4. アンゲラ・メルケル(63) ドイツ|首相
5. ジェフ・ベゾス(54) 米国|アマゾンCEO
6. フランシスコ法王(79) ローマカトリック協会
7. ビル・ゲイツ(61) 米国|ビル&メリンダ・ゲイツ財団
8. ムハンマド・ビン・サルマン(32) サウジアラビア|皇太子
9. ナレンドラ・モディ(67) インド|首相
10. ラリー・ペイジ(45) 米国|グーグル共同創業者

29. 豊田章男 日本|トヨタ自動車
38. 安倍晋三  日本|首相
54. 文在寅(ムン・ジェイン) 韓国|大統領
55. 孫正義 日本|ソフトバンク

 引用 BLOGOS

 複雑な動きを見せる北朝鮮問題-韓国、米国、中国

 抑留米国人3名釈放


北朝鮮解放の米国人3人が帰国 トランプ大統領出迎え  朝日新聞

 北朝鮮に拘束され、ポンペオ米国務長官の訪朝にあわせて解放された米国人3人が10日未明(日本時間同日午後)、ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着し、帰国した。トランプ米大統領が出迎えた。
 ポンペオ氏と一緒に米政府の航空機で帰国したのは、牧師のキム・ドンチョル氏、平壌科学技術大学の会計学教授キム・サンドク氏、同大学運営関係者のキム・ハクソン氏の3氏。健康状態は良好という。

 トランプ氏は、3人の乗った航空機がアンドルーズ基地に到着した後、メラニア夫人とともに機内に乗り込んで出迎えた。その後、3人と一緒にタラップを降り、「ここに人々が集うことができたことを感謝している。特別な夜だ」と語った。解放された米国人の1人は「とてもとてもうれしい」と述べた。

North Korea releases 3 American prisoners in apparent goodwill gesture ahead of a planned summit between Trump ... Washington Post (米国) 北朝鮮、3名の米国人抑留者を解放

President Trump said in tweet this morning, “I am pleased to inform you that Secretary of State Mike Pompeo is in the air and on his way back from North Korea with the 3 wonderful gentlemen that everyone is looking so forward to meeting. They seem to be in good health.”

 トランプ大統領のツイート
 3名の素晴らしい紳士達は北朝鮮からポンペオ国務長官と共に帰ってくる。現在帰国の途上である。


Pompeo, in North Korea, expected to return with detained Americans: South Korean official  Reuters (国際) 北朝鮮訪問中の米国ポンペオ国務長官、抑留中の米国人と共に帰国が予想される、韓国当局者が語る

ポンペオ米国務長官が北朝鮮入り 3人解放も交渉へ  朝日新聞

 ・米国のポンペオ国務長官は9日午前、6月初旬までの実現を目指す米朝首脳会談の最終調整のために北朝鮮を訪問した。
 ・北朝鮮の要人と会談し、拘束中の米国市民3人の解放についても交渉する意向だ。

Hyundai Group is getting ready to do business in North Korea again CNNMoney (米国) 韓国、(ヒュンダイ)近代グループ、北朝鮮との取引体制をほぼ完了

North Korea's Kim wants to talk to Trump about mutual nuclear issues, says Chinese media   Washington Post (米国) 北朝鮮のキム委員長、米国と相互の核兵器問題について対話を希望、中国メディアが報道

 8日、キム委員長が二度目の中国訪問し習主席と会談したが、その後中国国営通信は、キム委員長がトランプ大統領と”段階的(phased and synchronous measures)非核化”について対話を望んでいると伝えた。

North Korea's leader Kim Jong-Un visits China - BBC News  BBC News (英国) 北朝鮮の指導者キム・ジョンウン氏が中国訪問
 ニュース映像のみ

Pompeo traveling to North Korea, expected to return with American detainees  CBS News (米国) 米国ポンペオ国務長官北朝鮮へ、帰国時に3人の抑留者を連れ帰ることが予想

 ポンペオ米国国務長官は、来る米朝首脳会談の準備のために北朝鮮を訪問。帰国時に3人の米国人抑留者を連れ帰ることが予想されている。

 北朝鮮、中国に強い後ろ盾を確認

中国の習主席と北朝鮮の金委員長が会談-米大統領は習主席と電話へ ブルームバーグ (米国、日本語版)

 中国の習近平国家主席はここ2日の間に、港湾都市の大連で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談した。中朝首脳の会談は2カ月弱で2回目。

  金委員長は3月下旬に北京を電撃訪問していた。この訪中は2日間で、報道されている限りでは2011年の最高指導者就任後で初めての海外訪問だった。金委員長は4月27日に韓国の文在寅大統領と会談し、トランプ米大統領とも恐らく来月会談する見込み。

  トランプ大統領は8日ツイッターで、ワシントン時間午前8時30分から習主席と電話会談すると明らかにした。

  中国国営の新華社通信によると、金委員長は習主席に朝鮮半島情勢について伝え、「中朝の対話と協力を強化」することを呼び掛けた。

  金委員長は「当事国が北朝鮮に対する敵対的政策と安全保障への脅威を取り除く限り、北朝鮮は核兵器を持つ必要がなく、非核化は実現可能だ」と発言。習主席は金委員長と3月に会談して以来、「前向きな進展があった」と評価し、「私はこれを喜ばしく思う」と述べたという。

 管理人コメント:34歳のキム委員長は中国の習主席に強い後ろ盾になってもらいたいはずだ。体制も、イデオロギーも人種も異なる米国と和睦は出来ても、これまで敵国であった。同胞である韓国、そして同胞に近く、朝鮮戦争で共に戦ってくれた中国の存在は大きい。……ところで日本はどんな存在になるのだろうか?仲良くなれるのだろうか?このままだと拉致被害者は帰国できない。


北朝鮮高官が大連入りか 習近平氏と会談の可能性も  朝日新聞

 中朝関係筋によると、北朝鮮高官が7日に中国大連市に入ったとの情報がある。また、地元ホテル関係者によると、公安当局から習近平(シーチンピン)国家主席が同市を訪問すると通知されたという。同市内では、空港や政府要人が利用する宿泊施設周辺で厳しい警備態勢が敷かれており、中朝のハイレベル会談が行われる可能性がある。
 韓国政府は、北朝鮮高官の大連訪問は確実と判断している。複数の政府当局者は8日、「状況を鋭意注視している」と語り、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪中も想定していることを示唆した。米朝首脳会談が近づくなか、北朝鮮の非核化や朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換する問題などで、中朝首脳会談が再び行われるとの見通しが強まっていた。

  8日



インフルエンザ・パンデミック関連

Phase 2 clinical study of universal influenza vaccine begins in the United States   News-Medical.net  (国際) 万能インフルエンザワクチン、臨床第二相試験が開始

 米国国立衛生研究所(NIH)の一組織である感染症・アレルギー研究所(NIAID)が主導して行われる。同研究所がサポートしている4施設で行われる。効果の判定は、安全性と抗体産生能であるが、後者はワクチンM-001に対する抗体、また他に遅れて接種した季節性インフルエンザに対する抗体、これらに種類について調べる。

 以下略。昨日の報道と同じ。

Bill Gates calls for new ideas for a universal influenza vaccine  Devex (米国) ビル・ゲイツ、万能インフルエンザワクチンに対する新アイディアを求める

 ビル・ゲイツは、万能ワクチン開発アイディアに12億円の資金提供を発表した。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 

金正恩氏、中国大連訪問の可能性 韓国報道  日本経済新聞

 韓国の聯合ニュースは8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が中国東北部の遼寧省大連を訪問した可能性があると報じた。聯合によると、複数の北朝鮮消息筋の話から北朝鮮の最高幹部が7日に空路で大連に到着して中国側と接触していることが分かったという。
 最高幹部が金正恩氏である確証はないもようだが、北朝鮮消息筋の一人は「金正恩氏の専用機と推定される航空機が大連で目撃されたとの情報がある」と語ったという。聯合は金正恩氏だった場合、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と首脳会談を開くことも想定されると伝えた。


Trump's approval rating on North Korea rises - CBS News poll  CBS News (米国) トランプ大統領の北朝鮮対応の好感度が上昇:アンケート




北朝鮮「米国の『挑発』が平和を脅かす」 首脳会談前にけん制  BBCニュース (英国、日本語版)

 北朝鮮外務省の報道官は6日、米国が同国に対し「圧力と軍事的な威嚇」を行っていると警告した。核を放棄しないと制裁を解除しないと述べていることなどを非難している。
 ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は数週間後に歴史的な首脳会談を控えているが、これを前に北朝鮮側が米国を態度をけん制した格好だ。
 トランプ大統領と金委員長は昨年、好戦的に互いを挑発しあった。北朝鮮はかねて米国のこうした姿勢を批判していたものの、このところは首脳会談に向けて攻勢を弱めていた。
 マイケル・ブリストウBBCアジア編集長は、今回の声明で両国首脳会談が一筋縄ではいかないことが示されたと説明している。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、北朝鮮高官は、米国が制裁などの圧力で非核化合意が実現したと吹聴しているのは「世間を誤解させている」と非難した。
 また、朝鮮半島に米軍を駐留させることによって、現在の友好的な雰囲気を壊しているとも述べた。
「歴史的な南北首脳会談と板門店宣言によって朝鮮半島情勢が平和と統合に向かっている時に、米国は故意に北朝鮮を挑発している」
 「こうした行為は対話ムードを壊し、情勢を白紙に戻そうとする危険な試みだ」
「米国が(わが国の)平和的な意図を『弱さ』と勘違いし、圧力と軍事的な威嚇をかけ続けることは問題の解決につながらない」
 トランプ大統領は、自分の厳しい姿勢が南北対話につながったとして、引き続き北朝鮮に制裁や圧力をかけていくと述べている。

 金委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4月末、南北境界線上の板門店で10年超ぶりとなる首脳会談を行い、非核化などについて合意したばかり。
 金氏は1953年に朝鮮戦争の休戦協定が結ばれて以来初めて、韓国に入った北朝鮮の指導者となった。
 南北首脳が共同記者会見で発表した板門店宣言で、両国は米中と共に朝鮮戦争の正式な終結に向けた交渉を進めるほか、「朝鮮半島の非核化」でも協力していくと言明した。


史上初の米朝首脳会談は? 北朝鮮は日米批判強める  TBS News

 アメリカに対しては「朝鮮半島情勢を再び緊張させようとしている」、日本に対しては「1億年たっても北朝鮮の神聖な地を踏めない」。史上初の米朝首脳会談を前に、北朝鮮の批判が強まっています。
 週末、トランプ大統領は・・・

 「米朝首脳会談の旅の日程が決まった。日付と場所が決まったので、程なく発表するだろう」(アメリカ トランプ大統領)

 米朝首脳会談についての詳細を発表するとしていました。しかし、同じ日・・・

 「我々は頻繁に北朝鮮に接触している」(アメリカ トランプ大統領〔メリーランド州 4日〕)
「『核戦争になる』と言われているが、そうではない。弱さが核戦争を招くのだ」(アメリカ トランプ大統領〔テキサス州 4日〕)

 自身の北朝鮮への外交政策をアピールしたものの、会談の日時や場所については、一切触れずじまい。また、北朝鮮に拘束されているアメリカ人3人についても解放が期待されましたが、いまのところ動きはありません。結局7日まで、トランプ大統領が話したような米朝首脳会談に関する発表が行われることはありませんでした。

 一方、北朝鮮は国営メディアを通じて、アメリカ批判を展開。6日、朝鮮中央通信は北朝鮮外務省の報道官の話を報じました。

 「アメリカは、南北首脳会談で採択された板門店(パンムンジョム)宣言で示した我々の非核化意思に関して、制裁と圧力の結果であるかのように世論をミスリードしている」(外務省報道官〔6日 朝鮮中央通信〕)

さらに・・・

 「我々の完全な核放棄まで制裁と圧力を続けると唱え、朝鮮半島情勢を再び緊張させようとしている」(外務省報道官〔6日 朝鮮中央通信〕)

 「圧迫と軍事的威嚇を続けることは、問題の解決に役立たない」とアメリカの姿勢を強く非難しました。そして北朝鮮が、圧力をかけ続けるよう主張する日本に対しても、「日朝対話は遠い」と警告。

 「そのずる賢い腹と悪い癖を正さないかぎり、1億年たっても北朝鮮の神聖な地を踏むことは出来ない。日本は旅の支度をする前に心を入れ替えろ」(労働新聞 6日)


北朝鮮と対話ルートを持たない日本は、米国や韓国を通じて何とか首脳会談を開きたい旨3月頃から動いているが、先の南北会談でムン韓国大統領から、キム委員長への伝言を頼んだ安倍首相は、キム委員長が了解したとの回答をもらい、自分の成果のごとく日朝首脳会談開催を口にした。そこで拉致被害者の帰国を促すと伝えられているが、現在の所、そのような絵を日本が描いているだけで、実行されるのかは不明である。
 前面に立って、北朝鮮へ圧力をかけ続けよ、と首相と外務大臣が叫び、裏側で他国の首脳に何とか北朝鮮との間を取り持って欲しいと頼む、その姿勢は北朝鮮に見破られている。拉致被害者の帰国は北朝鮮が言うまでも無く、現在の日本首相の姿勢では不可能と言わざるを得ない。


 米朝首脳会談に関する日時や場所の発表が遅れた理由について、専門家は、北朝鮮側が早期の発表を渋っているのではないかと推測します。

 「トランプ大統領はおそらく実際に交渉している人たちから内々の合意みたいなことを言われて、それを軽く言ったということだと思うが、北朝鮮の場合はトップの警備の問題を非常に重大視するということがあるので、トップの行事が1か月も前とか何週間も前に発表されることは、ほとんど前例がない」(北朝鮮情勢に詳しいジャーナリスト 平井久志氏)

 会談場所について、先週トランプ大統領は・・・

 「南北軍事境界線にある板門店の『平和の家』と『自由の家』も検討している」(トランプ大統領)

 板門店での可能性が高まったとしていましたが・・・

 「トランプ大統領の側近・ポンペオ国務長官あたりは、板門店にはちょっと消極的だと。板門店というのは、朝鮮戦争の休戦協定の象徴のような場所。朝鮮半島の平和構造の問題が大きなテーマで浮かび上がってくるので、北朝鮮の非核化を実現するんだというトランプ大統領の意図がやや薄くなるのでは」(北朝鮮情勢に詳しいジャーナリスト 平井久志氏)

 そこで最有力候補地として浮上しているのが、シンガポールです。韓国メディアは、「シンガポールが中立的な交渉舞台として利点が多く、警備面やメディアのアクセス面でも申し分がないという評価を受けている」と報じています。

 9日から東京で日中韓の首脳会談が行われます。最大の関心事はやはり、「北朝鮮情勢」。立場が異なる3つの国は、北朝鮮への対応で合意点を見つけることができるのか注目されます。




 7日


インフルエンザ・パンデミック関連


 万能インフルワクチン臨床試験が開始、米国衛生研究所(NIH)
 インフルとの戦いの終焉を迎える万能ワクチン

NIAID-Sponsored Trial of a Universal Influenza Vaccine Begins National Institutes of Health (国立衛生研究所、NIH) 国立アレルギー&感染症研究所がスポンサーとなった万能インフルエンザワクチンの臨床試験第二相が開始

A Phase 2 clinical trial of an investigational universal influenza vaccine intended to protect against multiple strains of the virus has begun in the United States. The study is sponsored by the National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID), part of the National Institutes of Health, and is being conducted at four U.S. sites that are part of the NIAID-funded Vaccine and Treatment Evaluation Units (VTEUs). The trial is testing an experimental vaccine called M-001 for safety and its ability to produce potentially broad protective immune responses, both on its own and when followed by a standard, licensed seasonal influenza vaccine.

 ワクチンはイスラエルのBiondVax Pharmaceuticals で開発されたM-001
 既にイスラエルとヨーロッパで6回の臨床試験が698人を対象に行われ、安全性の確認、広い範囲で各種インフルエンザウイルスに対する免疫が得られることが確認されている。
 ワクチンには多くのインフルエンザウイルス(A型:訳者注)に共通する抗原ペプチド鎖の一部分が含まれている。
 今回の臨床試験は18歳から49歳までの健康人を120人を対象に行われるが、2回接種法であるが、実験ワクチンかプラセボワクチンか接種されるが参加者にはどちらが接種されるか分からない。
 ワクチンは筋肉内接種であるが、2回目は22日後に行われる。
 ワクチン接種場所は、NIHの関連機関4カ所。

 ワクチン接種172日後前後に全員に承認済みの季節性インフルエンザワクチンが接種される。
 定期的に接種者から採血され、投与実験的ワクチンおよび季節性ワクチンに対する免疫状態(抗体産生量:訳者)がチェックされる。
 フォロー期間は大体7ヶ月とされている。



管理人コメント:数年前から開発されていたイスラエルのビオンドバクス社(BiondVax Pharmaceuticals )のインフルエンザ万能ワクチンである。当初から有望視されていたが、イスラエルと欧州での臨床試験は第二相(安全性とワクチンによる抗体産生の確認など)は終えているようだ。A型ウイルスの大部分が保有する抗原のペプチドの一部分を抗原とするようであるが、新型ウイルス、鳥インフルウイルスなどに効果があると期待される。また一度の接種で数年以上効果が発揮されることが期待されている。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 

6日


インフルエンザ・パンデミック関連


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 
North Korea says denuclearization pledge not result of US-led sanctions Reuters (国際) 北朝鮮、非核化誓約は米国が主導した制裁の結果ではない

 一般社会に誤解を与えるような説明をすべきではない、と朝鮮国営通信(KCNA)が報道。

【北朝鮮情勢】制裁、人権問題…「刺激すれば対話白紙に」 北朝鮮が米国をけん制  産経ニュース

 北朝鮮外務省の報道官は6日、米国が米朝首脳会談を前に、核放棄するまで制裁を緩めないとしていることや、人権問題を取り上げる構えを見せていることなどを非難し「相手を意図的に刺激する行為は対話ムードに冷や水を浴びせ、情勢を白紙に戻す危険な試みだ」と米国をけん制した。朝鮮中央通信が伝えた。
 報道官は、北朝鮮が非核化の意思を示したことを、米国が制裁や圧力の結果だとアピールして「世論をミスリードしている」と反発。「われわれの平和愛好の意思を軟弱さと勘違いし、圧力や軍事的威嚇を追求し続けるのは、問題の解決に役立たない」と警告した。(共同)

管理人コメント:米国トランプ大統領は北朝鮮問題解決を自分の実績として国内に示したいことから、過剰な演出で自己アピールしすぎている。

北朝鮮、機関紙で日本非難「圧迫叫べば仲間外れ」 日本経済新聞

 【北京=共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は6日の論評で、日本が北朝鮮への圧力維持を掲げながら、米国や韓国を通じ日朝対話を模索していると非難し「悪い癖を捨てない限り、1億年たってもわれわれの神聖な地を踏むことはできない」と主張した。
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は南北首脳会談で「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたとされるが、北朝鮮メディアは対日批判を続けている。北朝鮮が非核化に向けた具体的行動を取るまで最大限の圧力を維持すべきだとする日本をけん制する狙いがあるとみられる。

 論評は、朝鮮半島を巡る議論で日本が蚊帳の外に置かれていると指摘し「世の中が変わったのに合わせ、日本の行動様式も変わらなければならない」と主張。「今のように制裁や圧迫を叫んでいては、いつまでたっても仲間外れの身を免れられない」と強調した。

対話に動く中韓、圧力維持の日本 対北朝鮮の隔たりは? 朝日新聞

 日中韓首脳会談が9日、東京で開かれる。北朝鮮の非核化に向けて対話に動く中国・韓国と、圧力政策の維持を訴える日本がどこまで隔たりを埋めるかが焦点だ。
  …

 中国では「米国も含めて各国が対話に向かっている。日本が圧力ばかり訴えるなら議論に加える必要はない」(外交筋)との意見すらある。


 5日


インフルエンザ・パンデミック関連

 人での新規H7N9、H5N6感染報告はない。


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 
 米朝首脳会談を前に打ち合わせのための米韓首脳会談

米韓首脳、22日に会談 トランプ氏、対北交渉に自信 産経ニュース

 米政府は4日、トランプ大統領と韓国の文在寅大統領が22日にホワイトハウスで首脳会談を行い、史上初の米朝首脳会談について協議すると発表した。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は日韓の安全保障担当高官と会談し連携強化を確認。トランプ氏は南部テキサス州で演説し、北朝鮮と「実にうまくやっている」と述べ、米朝間の交渉に自信を示した。
 トランプ氏は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談日程や開催地が決まり、近く発表すると記者団に説明。北朝鮮に拘束されている米国人3人の解放に向けて進展があったことも示唆した。
 谷内正太郎国家安全保障局長は4日、ボルトン氏とホワイトハウスで会談し、日米同盟の重要性で一致した。米政府は米韓が22日の首脳会談で強固な同盟を確認し、4月27日の南北首脳会談を踏まえて連携を続けると表明した。(共同)


Trump says date, place set for North Korea summit  Reuters (国際) トランプ大統領、米朝首脳会談開催地および開催日を決定と発表

 トランプ大統領は4日、来る米朝首脳会談開催の予定地と開催日は決定されたと語った。今週、南北休戦地帯(DMZ)を大統領は好むと表現していたが、シンガポールの名前も出していた。
 首脳会談では北朝鮮の核兵器廃棄をトランプ大統領が要求すると思われるが、一方で韓国は朝鮮半島からの米軍の退去には反対している。

 トランプ-キム会談の前、5月22日に韓国のムン大統領の訪米が予定されていて、トランプ大統領と南北統一に向けた会談が予定されている。

 4日


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害

Giuliani says 3 Americans held by North Korea will be freed today  CNBC (米国) ジュリアーニ前ニューヨーク市長、北朝鮮に囚われている3米国人は本日解放されるだろう

 
北朝鮮、米国市民3人解放へ ジュリアーニ氏明かす ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

 ドナルド・トランプ米大統領の顧問弁護士で元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏は3日、北朝鮮が拘束している米国市民3人を解放することを明らかにした。トランプ政権が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と合意に達したとしている。
 うち1人はバージニア州在住のキム・ドンチョル氏(62)で、拘束期間が2年に及んでいる。
 ジュリアーニ氏はFOXニュースの朝の情報番組で「きょう拘束されている3人を解放させるだけの感銘を金正恩氏に与えた」と話した。

 ホワイトハウスは具体的情報の提供を避けた。トランプ氏は前日遅く、ツイッターで間もなくニュースがあるとにおわせていた。前政権は「3人の人質」を解放させられなかったとし「引き続き注目!」と投稿していた。
 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は4月20日、金正恩氏がマイク・ポンペオ国務長官に、トランプ氏との首脳会談に合わせて拘束している3人を解放できると請け合ったと報じていた。


  3日


北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害

米国、北朝鮮の人権問題に言及
  ーー米朝首脳会談に影響か?

米政府、北朝鮮の人権侵害問題を深く懸念 責任追及へ=国務省 ロイター (国際)

 米国務省は2日、北朝鮮の人権侵害問題について米国は深く懸念しているとし、責任を追及していくとの姿勢を示した。

米国務省、北朝鮮の人権侵害を非難 トランプ氏の「立派」発言から一転 CNN Japan

 ワシントン(CNN) 米国務省は2日、北朝鮮政権は「世界で最も抑圧的で人権侵害的な政府のひとつ」だとして、北朝鮮の人権状況を強く批判する声明を出した。トランプ米大統領は先週、米朝首脳会談を前に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の「立派」な姿勢を称賛していた。
トランプ氏は最近、一時は「小さなロケットマン」と呼んでいた金委員長への個人的な中傷を控えているが、国務省が批判の手を緩めることはなかった。同省のナウアート報道官は声明で、北朝鮮国民は60年以上にわたり自国政府から「むごたらしい人権侵害」を受けてきたと指摘した。
声明はさらに、北朝鮮では約10万人が政治犯収容所に入っていると指摘したうえで、北朝鮮の人々は政府により基本的自由をほぼ完全に剥奪(はくだつ)されていると強調。抑圧的な状況から逃れようとした人々が捕まった場合、拷問や殺害という結果につながることが多いとしている。
 トランプ氏と金委員長が首脳会談に向けた準備を進めるなか、米政府は最近、慎重ながらも楽観的な姿勢を打ち出してきた。
 トランプ氏は先週、米朝会談を控えた金委員長の姿勢について、「今の状況から判断すると本当にオープンで、とても立派だと思う」と形容。先月中旬には、「相手が父であれ祖父であれ、あるいは息子であっても、北朝鮮政府を相手に我々がこれほど有利な立場にあったことは過去にない」と述べるなど、歴代政権にない成果を上げられるかもしれないと示唆していた。


 3人の米国人抑留者開放か?

Trump hints at release of American prisoners held in North Korea USA TODAY (米国) トランプ大統領、北朝鮮の米国人捕虜の解放をほのめかす

北朝鮮、抑留米国人をホテル移送 米朝会談で引き渡しか  朝日新聞

 北朝鮮当局は4月半ばまでに、抑留している米市民3人全員を収容先の教化所(刑務所)から平壌市内のホテルに移した。北朝鮮関係筋が明らかにした。6月初めまでに開かれる見通しの米朝首脳会談の際、3人を米政府に引き渡すための準備とみられる。
 同筋によれば、北朝鮮は3月末に訪朝したポンペオ米中央情報局(CIA)長官(当時)との協議で、3人の解放を決めた。米国に引き渡す際、国際的な非難を浴びないよう、事前にホテルに移して健康状態を回復させているとみられる。
 同筋は、3人の引き渡しは米朝首脳会談の成果を強調するための「政治ショーだ」と指摘。トランプ氏に3人を直接引き渡す可能性があるとの見方を示した。

US checks reports three American detainees relocated in North Korea: official  Reuters (国際) 米国、3人の北朝鮮への抑留米国人が移動された報告をチェック

 3人の米国人抑留者はこれまで強制労働収容所が最近ピョンヤン近くのホテルに移動されたとの報告書を検討していると、米国当局は2日語った。北朝鮮の当局者(匿名は)抑留者の対応に現在のところ変化は確認されていないと語っている。
 米国当局はキム委員長とトランプ大統領の前例の無い会談の前に、善意の証として3人を解放することを強く求めている。

 2日早くに韓国のメディアは韓国人活動家の話として、北朝鮮が3人の米国人を強制労働所からピョンヤン郊外のホテルに移したと報じた。
 同活動家はロイターに3人の米国人は4月上旬に高官の命令でピョンヤンの宿泊施設に移されたとされる。

 米国と北朝鮮は3人の解放日を決定している様だ、と活動家は語っている。北朝鮮はそこで3人の体力強化とリハビリを行のだろう。
 3人はホテルの別室に入っているとされる。

 米国国務省担当者は情報は確認していないと語っている。
 また家族の元へも何の連絡も入ってない.

 北の非核化はほぼ確実に実行

ポンペオ新国務省長官、北朝鮮は間違いなく非核化を実行するはず、とトランプ大統領に語る
As Trump visits State Department, Pompeo says North Korea must denuclearize  Reuters (国際) トランプ大統領が国務省を訪問、ポンペオ長官は北朝鮮は非核化を実行するはずだと語る

 2日、国務省で長官就任認証式が行われた際、ポンペオ氏は、小田朝鮮は核兵器廃棄を約束する事はな違いは無いと、トランプ大統領に語った。

北朝鮮、核全廃に応じる構え 米朝事前協議で姿勢示す  朝日新聞

 6月初めまでに開かれる見通しの米朝首脳会談に向けた両国の事前協議で、北朝鮮が、米国が求める手法による核の全面廃棄に応じる姿勢を示していると米朝関係筋が明らかにした。また、北朝鮮は核兵器の査察にも初めて応じ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄も行う意向だという。ただ、核廃棄に向けた期間や北朝鮮への見返りでは意見の違いが残り、協議や会談の行方によっては予断を許さない状況だ。
 同筋によれば、米中央情報局(CIA)当局者や米核専門家計3人が、4月下旬から1週間余り訪朝。北朝鮮側との協議で、首脳会談合意にこうした内容を盛り込む見通しになった。
 金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は南北首脳会談でも、米国が求める完全で検証可能、不可逆な方法によって廃棄に至る非核化措置を受け入れる考えを示したという。米国は国際原子力機関(IAEA)を中心とした非核化措置を進めようと、すでにIAEAとの調整を始めているといい、日本にも協力を求める見通しだ。


 2日

北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害

South Korea says it wants US troops to stay regardless of any treaty with North Korea CNBC (米国) 韓国、いかなる条約が北朝鮮と結ばれても、在韓米軍は必要

South Korea said it wants American troops stationed in the country to stay even if it signs any future peace treaty with its northern neighbor.

The U.S. currently has around 28,500 troops stationed in the South, which North Korea has long demanded be removed as one of the conditions for giving up its nuclear and missile programs.
 米軍は韓国に28500人前後駐留しているが、北朝鮮は長い間、核兵器とミサイルの破棄には、米軍の撤退が必要であると主張していた。

But there was no mention in last week's declaration by South Korean president Moon Jae-in and North Korean leader Kim Jong Un of the withdrawal of U.S. forces from South Korea.
 しかし先日行われた南北会談では米軍撤退に関する発表はなかった。


 1日

インフルエンザ・パンデミック関連

北朝鮮問題
朝鮮半島の非核化
 南北平和協定
拉致被害者
 
 微笑み外交を止めよと忠告していた安倍首相の韓国ムン大統領に向ける視線が変わった。
 南北会談でムン韓国大統領は、安倍首相から依頼された、金委員長との面会希望、拉致被害者の帰国に関する話し合い等を金委員長に告げてくれた。そして委員長から即合意の返事が出た。北と日本の間には多くの解決すべき問題がある。戦後(大戦)補償の問題は大きいが、韓国と同様に従軍慰安婦問題もあるだろうし、日本からの拉致被害者問題は北朝鮮にとっては小さイ事件で、もしかすると記録さえ失われている可能性がある。そうした問題を話し合う中でムン大統領が仲介役を担ってくれる可能性がある。日朝関係は新たな世紀でどのように変わるのか、期待感が膨らむ。

板門店開催案を北朝鮮に打診=韓国通じトランプ氏-米朝首脳会談 時事通信

 トランプ米大統領は30日、6月初旬までに実施予定の米朝首脳会談について、南北軍事境界線のある板門店の韓国側施設で行う案を文在寅大統領に伝えたと明らかにした。その上で「文氏を通して北朝鮮側と連絡を取っている」と述べ、北朝鮮側に板門店案を打診したことを示唆した。ナイジェリアのブハリ大統領との共同記者会見で語った。

 トランプ氏は朝鮮半島の分断を象徴する板門店について「もし(米朝会談が)うまくいけば、そこでの開催は素晴らしいお祝いになる」と強調した。ただ、米政権内にはより中立的な場所を望む声もあるとみられ、トランプ氏は「シンガポールを含む他の幾つかの国々についても検討中だ」と話し、別の候補地になる可能性も残した。

Trump, Hoping for 'Great Celebration,' Wants to Hold North Korea Talks in DMZ  New York Times (米国) トランプ大統領、米朝会談を非武装地帯で開催を希望

 トランプ大統領は北朝鮮のキム委員長との会談を、朝鮮を南北に分断している休戦地帯で開くことを提案。
 もし会談が成功するならば、その地で大きな祝典が開かれるだろうから、と語った。

 ・周辺ではもっと中立な地域(シンガポールなど)を勧める意見もある。
 ・トランプ大統領は、冷戦の最後の前線となった今の休戦地帯(2マイル半の帯状の地域)にある”ピース・ハウス”で行うことを希望している。

Trump can have Nobel Peace Prize: South Korea President Moon Jae In  The Straits Times (シンガポール) トランプ大統領こそがノーベル平和賞を受賞すべきだ:韓国ムン大統領が語る

 韓国のムン・ジェイン大統領は4月30日、北朝鮮のキム・ジョンウン委員長との歴史的会談を成功させたことに対してノーベル平和賞授与の話が出ていることに謙遜し、代わりに(世界の平和に貢献している)米国のトランプ大統領こそが受賞に値すると語った。
 「トランプ大統領こそが受賞すべきだ。我々全てが必要としているのは平和である」

 4月27日ムン氏とキム氏の間で朝鮮半島の緊張緩和に向かう大きな進展があった。そして米国大統領とキム氏の膝をつき合わせた懇談が行われる雰囲気が高まり予定された。

 南北会談は今回で3回目となる。1回目はキム氏の亡き父であるキム・ジョンイル氏と亡き韓国大統領のキム・デジュン氏そして同じく亡きノ・ムヒョン氏であった。それぞれ2000年と2007年である。

 キム・デジュン氏は2000年のノーベル平和賞を受賞した。理由は初めて開催された南北会談での功績だった。
 デジュン氏の未亡人はお祝いのメッセージをムン氏に送り、是非受賞できることを祈ると語ったようだ。
 しかしムン氏は「トランプ氏がノーベル賞を受賞できる。我々全てが必要とするのは平和である」、と語っている。
 
 昨年米国と北朝鮮の関係は悪化し、お互いに中傷し合い、再び朝鮮戦争が起きることが懸念された。
 しかし最新のムン大統領による融和的対話による北との外交政策は、一ヶ月前には想像出来なかった政治的緊張緩和の願いがかなえられる可能性が出てきた。

 英国の大手胴元であるコラールは、ノーベル平和賞の本命としてキム氏とムン氏をあげていて、続いて国連難民高等弁務官とトランプ氏が続いている。
 Major UK bookmaker Coral has Mr Kim and Mr Moon as favourites to win the Nobel Peace Prize - with odds of 4/6 - followed by Mr Trump and the UN High Commissioner for Refugees both with odds of 10/1.

TOP