4月


30日

 MERS情報 パンデミック発生の危険性

 サウジアラビア  4月29日(現地時間)発表
  新規感染者 16名
  FluTrackers #431-#446
  サウジ保健省 英語
  クリックで拡大


リヤド:
75歳男性(ICU管理)、76歳男性(ICU管理)、62歳男性(無症状)、73歳男性(ICU管理)
77歳男性(ICU管理)、51歳女性(安定)、41歳女性(安定)

タブーク:
32歳男性(ICU管理)、46歳男性(安定)

メッカ:
29歳女性(無症状)

ジッダ:
60歳男性(ICU管理)75歳女性(ICU管理)、70歳女性(安定)

ナジュラーン:
68歳男性(安定)

ハフル アル バティン:
30歳女性(無症状)

マディーナ:
44歳男性(安定)

(既報告例中の死亡例)

タブーク:41歳男性、リヤド:88歳男性


 コメント:保健大臣が新しくなり、サウジ保健省が英語版ウエブでMERS情報の公開を開始した。感染者数、死者数、隔離施設、感染者の年齢、性。非常に分かりやすい。それにしても重症者が多い。この下に軽症者、無症状者が多数いる可能性がある。この英語版ウエブの作製はWHOと国際的専門家がサポートしたものと思う。28日と29日に会議を開いた。




Mers: Saudi urges old or diseased to postpone Haj  gulfnews.com (アラブ首長国連邦) MERS:サウジアラビア、高齢者および慢性疾患保有者は大巡礼参加を延期するように通知

 サウジアラビア政府は今年のメッカ大巡礼を、高齢者、妊婦、慢性疾患保有者は延期するように強く求めている。MERSの拡大を防ぐためである。

 サウジ保健大臣、ラクダとの接触、ラクダの生肉、乳が危険と国民に警告
Avoid camels to escape MERS, warns Saudi minister  New Scientist (国際) サウジ保健大臣、MERSに感染しないためにラクダを避けよ

 本日(29日)、サウジ保健大臣はMERSの感染を防ぐために、ラクダに接触しないこと、そしてラクダの生肉と乳を口にしないことを、国営テレビで訴えた。

 コメント:サウジアラビアでラクダを否定することは歴史的にみても大胆な政策となる。先の保健大臣が国王により罷免されて、新大臣は思い切った対策に踏み込んだようだ。ラクダとの接触を避けることは同国の観光にとって大きな痛手になるが、さらに物資の運搬にとっても大きな問題となる。ラクダの肉や乳の摂取の危険性は同国の多くの人びとの反発を招く。
 このMERSとラクダの関係は、中国におけるH7N9鳥インフルエンザと生家きん市場における家きんとの関係に似ている。

Experts discuss means to contain coronavirus Saudi Gazette  (サウジアラビア) 専門家がコロナウイルス対策について会議開催:さらに3人の死者が発生

 サ氏アラビア保健大臣は29日、MERSによる6人の感染者と3人の死者(リヤド)がでたことを発表した。サウジでの累積死者数は105人となったとされる。
 MERSの世界の累積感染者数が345人となった。

 一方、保健大臣補は、西欧の専門家とWHO代表者が2日間、リヤドで感染対策について話し合ったと発表。


WHO scientists head to Saudi Arabia to help with growing MERS outbreak  The Vancouver Sun (カナダ)  WHO専門家、MERS対策を支援するためにサウジアラビアへ
 
 WHO広報官によると、サウジアラビアの求めに応じてWHO専門家が増加するMERSの対策を支援するために、サウジアラビアへ向かう。30日から活動する。

 上記とは別に既にWHO担当者はサウジに入っていて、以前から予定されていた大集団集会(ラマダン)における健康管理に関する2日間の会議を28日と29日にもったという。


Six suspected MERS cases in Egypt: Health Minister  Ahram Online (エジプト) エジプト保健大臣、6例のMERS疑い例を発表 

 エジプト保健大臣は29日、MERS疑い例が6人見つかったと発表した。
 詳細は不明。
 空港には発熱した人々をチェックするスキャナーが設置されている。



29日


 MERS情報 パンデミック発生の危険性

  サウジアラビア 
   保健省ウエブ(アラビア語)
    感染者6人、死者3人
   FluTrackers #425-#430

  リヤド:56歳男性(死亡)、61歳男性(死亡)、79歳男性(死亡)、65歳女性、
  タブーク:39歳男性、
  メッカ:18歳女性、無症状、
  ジッダ:42歳男性、安定、38歳女性、無症状、28歳男性、安定、


Saudi Sets Up Expert Panel To Contain MERS Virus  Gulf Business News (サウジアラビア) サウジアラビア、MERS対策専門委員会が設立

 10人の専門家からなる対策委員会が設立され、政府へのアドバイスを行う。

 具体的には、ウイルス研究、関連情報のまとめと配布、ウイルスの状況と感染者の監視の政府へのアドバイスなどが、委員会の責任範囲となる。

 訳者注:懸念されることは情報が委員会で統括され、これまでのように毎日保健省から感染者情報が出なくなることである(アラビア語のウエブであるが)。そうしたやり方は中国がH7N9第二波で行い、衛生部がまとめて定期的に感染者を発表した。しかし中国の場合、各省の衛生部が毎日ウエブで発表していた(中央政府に無断であるかどうかは不明)。


 MERS抗体を人の自然抗体の中から分離--米国と中国の2チーム

中東呼吸器症候群ウイルスのヒト天然抗体を特定、米研究   AFPBB News

 {【4月29日 AFP】米ダナ・ファーバーがん研究所(Dana-Farber Cancer Institute)などの研究チームは、中東呼吸器症候群(Middle East Respiratory Syndrome、MERS)を引き起こすウイルスの感染を防ぐ天然のヒト抗体を特定したと明らかにした。論文は28日、米科学誌米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)(電子版)に掲載された。

 サウジアラビアで2012年に初めて報告された中東呼吸器症候群は、中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS CoV)による呼吸器感染症。致死率は40%以上と高く、サウジアラビアでは100人以上が死亡している。今のところ有効なワクチンも治療薬もなく、専門家らは今なおその謎の解明に苦慮している。

 中東呼吸器症候群コロナウイルスは、その特定の部分がタンパク質受容体に結合してヒト細胞に感染するが、今回特定された抗体はこの結合を防ぐという。この抗体を用いてMERSの予防や治療の方法を開発するための実験が行われているという。

 研究チームを率いたウェイン・マラスコ(Wayne Marasco)氏は、予防効果が3週間程度続く注射薬を開発できるのではないかという見通しを示した}


Two MERS antibody studies may help quest for treatment CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 二つのMERS抗体に関する研究は、MERS治療に役立つかもしれない

 米国ハーバード大学を中心とした研究チームと中国の研究チームが、人の持つ抗体を集めたバンクに保存された抗体を分析し、MERS コロナウイルスと反応する抗体を検出、分離した。
 それら抗体の分析により、治療およびワクチン開発につながる可能性があるという。

 米国チームが”Proceedings of the National Academy of Sciences”、中国チームが”Science Translational Medicine”に発表した。

 コメント:両チームとも人の血清中に存在する抗体(自然抗体)を多数集めた抗体バンク(数百億種類)を利用し、その中にMERSコロナウイルスに反応する抗体があるのを見出し、分離した。かってH5N1ウイルスでも行われていた方法であるが、分離した抗体を利用し、同抗体を大量に製造したり、またそこからワクチン製造に利用したりする。

 ウイルス変異は認められない--ドイツ研究
MERS virus hasn't changed, not reason for surge in Saudi cases: expert The Vancouver Sun (カナダ)  MERSウイルスは変化していない、サウジにおけるMERS急増の原因ではない

 カナディアン・プレス(CP)配信
 26日のCIDRAPでも掲載


 ドイツのコロナウイルス研究者が、MERSウイルスは変異していないと発表した。”Science”に報告。

 ボン大学のクリスチャン・ドロステン博士は自分の研究結果に基づいて、今月(4月)に急増しているMERSがウイルスの変異に基づくものではないと発表した。

 ドラステン博士の研究室では、最近感染者が急増しているジッダで発生した30人のMERS患者から得られた検体中のウイルス遺伝子を分析している。

 電子メールでの説明でドロステン博士は3検体の遺伝子をほぼ完全に分析したが、特に急増するような変異(人に感染しやすくなるような)は認めてないという。

 予備的分析では(全分離ウイルスの)どの遺伝子にも大きな変化は認めてなく、小さな変異は検体間で若干認められてはいるという。

 同博士はMERS患者の増加は、病院における感染対策の不備によるものと考えている。
 MERSに対する一般市民の不安や知識が増えたことで、軽症者も含めて病院に多く集まっているが、感染対策が十分でないためウイルスが院内で拡大していると推定している。

 この分析は2014年度初であり、知られてない重要な情報ギャップを埋めるものと考えられる。

 今月、感染者数は急増しており、専門家たちはウイルスが変異したため人人感染しやすくなったのではないかと心配している。

 MERSが見つかって2年間、今月にはもっとも多くの感染者が確認されている。

 26日、サウジアラビアは10例の感染者と2例の死者を報告したが、感染者の累積数は323人となり死者数は94人となった。

 ほとんどの感染者はサウジアラビアで報告されたが、数十人はアラブ首長国連邦(UAE)で報告されている。
 これまで感染者数は世界で400人を超えたところである。

 26日エジプト当局は初のMERS感染者を確認したと発表した。サウジアラビアのリヤド帰りの男性である。

 マレーシアやフィリピン、ヨルダン、ギリシャからサウジアラビアやUAEを旅行して帰国した人々が母国でMERSを発症する事例が見つかっている。
 しかし、今日までこれらの人びとの周辺でウイルスが拡大したことはない。
 マレーシアの男性はメッカへの巡礼で感染し、帰国後に死亡した。

 24日に発表したWHOのリスクアセスメント(危険性評価)では、サウジへの巡礼や仕事で訪れる人々がMERSウイルスに感染して母国に戻り、そこで発症する事例が増える可能性は非常に高いと警告している。各国にそうした事例に警戒を強めるように求めている。

 多くの研究でラクダが感染源となるウイルスを保有していることは間違いなさそうであるが、実際にそのウイルスがどのようにして人に感染しているのは分かっていない。

 コメント:説得力のある仮説である。1)サウジ内で特定の地域(医療機関)で急増していて、他地域まで感染者が広がっていない(確実に調査が行われていると考え)事実、2)中東外で発病した患者周辺で感染者が出ていない事実。これらの事実はウイルスが容易に人人感染しないことを示している。しかし院内で医療担当者が無防備に患者に接しているとしても、多数感染している事実は、ウイルスが人に感染しやすいことを示しているのは間違いはない。院内感染がどのような状況で起きているのか分かると大きな手掛かりとなりそうだ。


28日

 H7N9感染者情報

 安徽省衛生庁 中国語

 ・55歳男性、六安市、4月26日確認、合肥市の病院にて治療中

MERS情報 パンデミック発生の危険性

 発生時からの月毎の発生数
 2013年4月以降、感染者が発生している。ということは今後はどうなるのだろうか??

  出典 FluTrackers


 サウジアラビア
  新規16例
  FluTrackers #409-424
  Saudi Arabia has 26 more cases of MERS virus, 10 dead YAHOO NEWS (国際) サウジアラビア、さらに26人のMERS感染者確認、10人死亡
 26日に10人、27日に16人確認

  リヤド :9ヶ月女児、死亡
      16歳、安定、

 タブーク:32歳、安定、医療担当者、
       37歳、顕性感染、医療担当者(医師)、確定例に接触
       26歳、無症状、医療担当者(看護師)、確定例に接触、
       24歳、無症状、医療担当者(看護師)、確定例に接触、
       46歳、無症状、医療担当者(看護師)、確定例に接触、
       37歳、無症状、医療担当者、


  ジッダ:42歳、安定、医療担当者(看護師)、
      65歳男性、死亡、
      75歳男性、ICU管理、入院中確定例に接触、
      61歳男性、死亡、
      54歳、安定、医療担当者(看護師)、
      65歳、安定、
      59歳、安定、医療担当者(医師)、
      55歳男性、死亡、


 コメント:ジッダでの感染者は依然として発生している。しかし日々の発生数は10人前後と安定していることから考えると、感染の拡大はしてないと推定も可能。タブークはサウジ北方の町であるが、これまで1人の感染者報告しかなかったが、そこでは院内感染で医療担当者が多数感染している模様。首都のリヤドでは9ヶ月の女児が死亡している。これまで報告された中の最年少の感染例で、かつ死亡例である。

 タブーク(Tabuk)は北方のヨルダン近くに位置する都市





Saudi Arabia: eight more deaths due to MERS Telegraph.co.uk  (英国) サウジラビア:MERSでさらに8人が死亡
 AP
 下記報道と同じ

Saudi Arabia Reports 8 More Deaths From MERS Virus ABC News (米国) サウジアラビア、さらに8例のMERS死者を報告
 AP

 サウジアラビア保健省は27日、ウエブサイトでさらに8人のMERS死者が出たことを発表した。MERSはSARS近縁疾患である。

 保健省は27日(現地時間)過去24時間にMERS感染者16人を検出したと発表した。
 最終的死者は同国で2012年初の感染者が検出されて以来102人目となり、感染者数は339人となった。

 最新の死者は首都リヤドで発生し、小児である。そして3人は感染者が急増している西部のジッダ市である。
 保健省はまたヨルダンとの国境に近いタブークでも感染者が確認されたことを発表している。
 26日保健省サウジの男性がリヤドとジッダで死亡したと発表している。

 エジプト当局は26日、同国初のMERS感染者を検出したことを発表した。27歳男性技術者で、最近仕事をしていたサウジアラビアから帰国していた。

 他の中東の国でMERS感染者を確認した国はヨルダン、クエート、オマーン、およびクエートであるが、少数の感染者はヨーロッパとアジアでも確認されている。

 MERSはコロナウイルス属に入るが、それは感冒ウイルスや2003年に世界で800人を死に至らしめたSARSも属する。

 MERSに対するワクチンや治療薬はない。しかしウイルス感染した全ての人が症状を呈するわけではなく、またその感染様式は未だ明確になっていない。


MERS cases spike to 339 in Saudi Arabia CNN (米国) MERS、サウジアラビアで339例に急増

 サウジアラビア保健省によると、同国で週末にMERS感染者26人と死者10人が確認された。

 これで同国のMARS感染者数は累積339人となり、死者数が102人となった。

 MERSコロナウイルスは2012年9月に発見された。
 サウジアラビアは今月警戒すべき患者数の急増を確認し、保健当局はウイルス封じ込めを強化している。

 感染者が急増した理由については保健省の担当高官も明確にできていない。
 「昨年も冬の終わりに感染者数の増加を認めた」、とサウジ通信社(Saudi Press Agency)は、同高官の言葉を引用している。
 
 国営メディアは21日、先の保健大臣が感染者数の急増の後更迭されたことを伝えた。
 
 サウジ当局はWHOと医学専門家達に今月末にウイルスの状況について論議することを求めた。
 また保健省の広報官は最近、製薬企業がMERSコロナウイルスのワクチン製造について相談に来ると語った。
 
 MERSコロナウイルスは風邪ウイルスと同じグループに属し、呼吸器に感染する。米国CDCによると、症状は発熱、咳、呼吸促迫とされ、肺炎や腎不全を引き起こすとされる。

 多くの感染者はアラビア半島で発生しているが、感染者は他の地域でも死亡している;ヨーロッパ、チュニジア。しかしながら全ての人々は中東で感染している。
 人人感染は限定的ながらサウジアラビア以外でも見られている。
 
 保健担当者は正確なウイルスの拡大様式は掴んでなく、手指の消毒をアドバイスしている。

 WHOはMERSに関して旅行制限は出していないが、加盟国に対してアラビア半島への旅行者に異常な呼吸器感染症が見られないか厳重な監視をアドバイスしている。


Saudi Arabia has 26 more cases of MERS virus, 10 dead Reuters  (国際) サウジアラビア、26人のSARS感染者と10人の死亡者を確認

 26日と27日にサウジ保健省は26人のMERS感染者を報告した。死者数は10人。

 これら事例は27日と本日の当ページで掲載済み。死者はICU収容されていた患者全員が該当しているようだ。

Saudi Death Toll from MERS Virus Climbs to 102 Voice of America (VOA:米国) サウジアラビア、MERS死者数が102人に

 8人が27日、2人が26日に死亡。
 同国の確認されたMERS感染者数は339人。致死率は30%。
 以下略

27日

MERS情報 パンデミック発生の危険性

 サウジアラビア
  新規10例

  リヤド: 56歳(ICU)38歳(ICU)
  メッカ:32歳(安定、医療担当者)
  ジッダ :36歳(無症状)、27歳(安定)、30歳(ICU)、42歳(安定)、63歳(死亡)55歳(ICU)60歳(ICU)

 アラブ首長国連邦(UAE)
  昨日簡単に報告された7症例の詳細

  アブダビ:45歳女性(確定例との接触)、4歳男児(母親がサウジを旅行)、37歳男性(、頻回の農場訪問)、32歳男性(確定例との接触、無症状)、33歳男性(ラクダ接触既往歴、無症状)、30歳男性(確定例との接触)、42歳男性(確定例との接触、軽症)

 エジプト

  サウジのリヤド居住27歳エジプト男性が帰国後発病、カイロの病院に入院中
  Egypt discovers first case of potentially deadly MERS virus  Reuters (国際) エジプト、初のMERSを確認

 コメント:サウジアラビアから報告された例の6割は重症例である。UAEの例は24日にWHOに報告されたもので、昨日当ページでその数だけを報告した。エジプトでサウジからの帰国者が発病している。ウイルスの感染力がもう少し増すと、そうした発病者から周辺に広がる可能性が出てくる。
 いずれにしても危険な状態である。今後の予測は誰にもつかない。



 サウジ、MERS感染者専用医療センターを国内3カ所に用意

Saudi Arabia opens 3 specialized centers for MERS coronavirus  Xinhua  (中国国営通信) サウジアラビア、MERSコロナウイルス感染者のための3専門医療センターを用意

 The three centers are King Abdullah Medical Complex in Jeddah, Prince Mohammed bin Abdulaziz Hospital in Riyadh and Dammam Medical Complex in Eastern Region.

The three complexes have 146 intensive care beds, all of which are equipped with isolation rooms with the latest medical equipment and labs, in addition to out-patients clinics. More similar centers will be announced later in other parts of the country.

Saudi Arabia says has 10 more cases in MERS outbreak Reuters (国際) サウジアラビアのMERS流行、さらに10例の新規感染者が報告

 サウジアラビアはMERSの新規10例を報告した。中に2例の死者が含まれている。
 一方、26日にはエジプト政府が、サウジのリヤドから帰国した男性が同国初のMERSを発症したと発表した。

 サウジの新規例は、ジッダで7例、首都リヤドで2名、メッカで1名、と保健省がウエブサイトで発表した。

 保健大臣代理のAdel Fakieh氏は26日、リヤド、ジッダおよび湾岸のダマム(Dammam)の3病院を特別MERS治療センターとして、そこに患者を収容すると発表した。
 3病院には、146人の患者用のICUを用意する。

 多くのサウジアラビア人は、政府の対策を非難しており、先週、保健大臣が国王により罷免された。

 ジッダではマスクを着用し、集会に参加しない人々も出始めている。
 薬局では手指消毒剤や他の衛生用品の価格が急騰している。


Egypt reports its first MERS case; virus kills 92 in Saudi Arabia Los Angeles Times  (米国) エジプト、初のMERS感染者を報告:サウジでのMERS死者が92人に

 ・国営テレビがエジプトで初のMERS感染者を確認したことを発表。最近サウジを旅行して帰国した。
 ・サウジアラビア政府はSARSでの死者数が92人となったと発表。
 ・サウジアラビアを旅行して帰国したインドネシア男性が25日にMERSで死亡した。
  訳者注:この事例は明確に把握していない。


Egypt discovers first case of potentially deadly MERS virus  Yahoo News(国際) エジプト、初の致死的MERSウイルス感染者を確認

Saudi Arabia reports five more Mers deaths BBC News (英国) サウジアラビア5例のMERS死者を発表

 サウジアラビアは14例のMERS感染者と5例の死者を発表した。
 またエジプト政府はサウジのリヤドから帰国した27歳男性がMERSを発症したと発表した。
 男性はカイロの病院で治療中であるが、容態は安定している。

MERS spread by travellers 'very likely,' WHO warns CBC.ca (カナダ) MERS、中東への旅行者が帰国後発病する危険性

 WHOは中東への旅行者が帰国後にウイルスを持ち込む可能性が大きいと警告している。



26日

 H7N9感染者情報

 台湾

 台湾衛生庁 中国語

 ・39歳、台湾 (中国を旅行)、4月25日確認、ICU管理、台湾の病院にて治療中      
 3月31日から4月19日、中国旅行、北京、江蘇省他、特に家禽市場訪問や鳥との接触既往なし、帰国直後19日から発熱、呼吸困難、23日 胸部写真で左下葉肺炎、緊急入院、陰圧室隔離、咽頭スワブでH7N9陰性、症状継続のため25日喀痰検査、H7N9感染確認、ICU陰圧室で治療中

 コメント:連休中に中国からの観光客が日本国内で発症する可能性、および中国旅行に出た日本人が帰国後発症する可能性が高い。



MERS情報 パンデミック発生の危険性
 本日発表リスト 

 サウジアラビア
   25日、14例確認

 リヤド: 81歳(死亡)、28歳(無症状、医療担当者)、70歳(ICU)、38歳(安定)
 メッカ:40歳(無症状、医療担当者)、30歳(安定、医療担当者)、40歳(死亡)
 ジッダ:54歳(ICU管理)、30歳(無症状、医療担当者)、30歳(死亡)、30歳(無症状)、55歳(安定)、64歳(死亡)、64歳(安定)

 アラブ首長国連邦(UAE)

  25日7例確認
   Health Authority - Abu Dhabi announces 8 more cases of MERS Coronavirus tested negative  (UAE) 保健省:アブダビで8人のMERS感染者がウイルス検査で陰性に
 感染者がウイルス陰性になったことを報告すると共に、新たに7人の感染者が確認された。
 7人は軽症か無症状とされる。


 コメント:医療担当者の感染が目立つ。院内感染が起きている。患者の近くでケアしていることで飛沫感染でウイルス感染を受けていると推定。無症状者は周辺のチェックでウイルス感染が見つかった例と推定。これらの例が全てとは思えないが、感染者は続出しているようだ。UAEからの報告が出てないが、情報が混乱していてWHOがまとめているようだ。

 UAEからの報告は内容が簡単であり、詳細情報は掴めない。



Saudi Arabia reports 5 more MERS virus deaths Washington Post (米国) サウジアラビア、5例のMERSウイルス死者を報告

 サウジアラビア保健省は本日5例のMERS死者を報告した。サウジアラビアにおける感染者数は300例を超えた。

 保健省は25日(現地時間)、14例の感染者(リヤド、ジッダ、メッカ)を報告したが、4例の死者はこの中に含まれている。

 *当情報の症例は全て当ページで報告済み。

21 MERS cases cited in Mideast; ECDC expects more in Europe  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 中東で21例のMERSが確認:ヨーロッパCDC、MERS感染者のヨーロッパへの拡大を予測

 ・サウジラビアとUAEは本日21例のMERS感染者を報告した。一方ECDCはヨーロッパでMERS感染者の輸入例が多く確認されることを予測した。
 ・ヨーロッパCDCがMERSのリスクアセスメントを更新-今後ヨーロッパ内で輸入感染例が増える可能性がある。しかしヨーロッパ人が中東を訪問したり、住むことによる感染の危険性は低いとしている。
 ・MERS急増の仮説はいくつかあるが、十分な情報がないため、全て確定的ではない。
 ・遺伝子解析:ドイツ、ボン大学のクリスチャン・ドロステン医師がジッダの患者31人の検体を受け取りウイルスの遺伝子分析を行い、”Science”に報告。30検体からウイルスを分離し、ウイルス表面の突起蛋白( spike protein、ヘマグルティニン等)の遺伝子分析を行った。全てのウイルスの遺伝子は同じで、また昨年分析されたウイルス遺伝子とも同じであり、それら遺伝子には変異が生じてないとした。

 コメント:ECDCのリスクアセスメントは、MERSコロナウイルスの人への感染力は未だ強くなく、感染者との密な接触がなければ感染はしないとの判断に立つ。しかしサウジアラビアなどで感染した人が、ヨーロッパ旅行中に発病するケースは、サウジやUAEでの感染者が増えていることから今後さらに増えると予測している。ウイルス遺伝子変異に関しては明確な変異がないとする分析結果は他の研究者からも出ている。なぜサウジやUAEでMERSが急増しているのかは、ウイルス変異のせいでないとすると、季節的にウイルスが活性化しているのだという仮説も成り立る。

CDC confirms 4th case of imported H7N9 influenza  China Post (台湾) 台湾CDC、4例目の輸入H7N9感染者を確認

 CDC(The Centers for Disease Control )は昨日、4例目の輸入H7N9感染者を確認したと発表。感染者は治療を受けている。

 CDCによると、今週2例目のH7N9確認例とされる。

 CDCの発表によると、患者は39歳の台湾人ビジネスマンで、中国で仕事をしていて、3月31日から4月19日までの間、北京と江蘇省を訪問していた。

 4月19日に台湾に帰国したが、発熱と呼吸困難が出現し、23日にクリニック、病院、そして医療センターを受診した。

 CDCによると医療センターでH7N9ウイルス検査を行ったが(他情報では咽頭スワブ)、陰性だったとされる。しかしインフルエンザ症状が続くため、医療センターは患者の喀痰を採取してCDCに送った。

 CDCでは昨日(25日)、H7N9ウイルスを確認した。
 患者は現在、隔離ICUで治療されている。

 CDCによる調査では、男性は動物との接触既往はなく、また生家きん市場を訪れたことはないとされる。

 CDCによると男性の同居する3人の家族、および彼を空港まで送った同僚にはH7N9感染の症状はなく、また男性は帰国後公共の場所を訪れたことはないとされる。

 男性と接した医療関係者57人と彼と接触した8人の航空機同乗者について、CDCは抗インフルエンザ薬を投与すべきか考慮中とされる。

 台湾はH7N9輸入感染例を昨年4月と12月に確認している。

 2013年4月3日以来、台湾は576人の感染疑い者を確認したがH7N9ウイルスが陽性だったのは3人に過ぎない。昨年12月の例は死亡している。

 *訳者注:4月23日に江蘇省からの旅行客が台湾で発病している。
  正確には、昨年4月、12月、本年4月(2例)の輸入感染症を台湾は確認している。


Deadly MERS Virus Still Spreading in Saudi Arabia Newsweek (米国) 致死的MERSウイルスは未だサウジアラビアで拡大中

Saudi MERS cases surge but experts at loss to explain spike Sydney Morning Herald  (オーストラリア) サウジアラビア、MERS発症者急増、しかし専門家はその理由を説明できない


25日

 H7N9感染者情報

 江西省

  ・75歳女性、贛州市、4月24日確認、病状安定、家禽既往歴、贛州市の病院にて治療

MERS情報 パンデミック発生の危険性

 本日発表リスト 新規12例

 サウジアラビア

 リヤド 79歳(ICU)、40歳(医療担当者)、76歳、62歳、44歳
 メッカ 34歳
 ジッダ 51歳(医療担当者)、47才(ICU)28歳(ICU)68歳(ICU)、47才(医療担当者)、19歳(ICU)
 赤字は重体

 コメント:ジッダでの発生は収束傾向にない。重症者の発表が多いことから、軽症者や無症状者も市内には多いと推定される。報告しているFluTrachkersも十分に症例を抑えていないと記述。
 今後サウジアラビアから感染者が海外にウイルスをもたらし、そこで感染者の集団発生が起きるかどうかがキーポイント。ヨーロッパ、アジア、米大陸などで感染者の集団発生が起きだすと、いわゆるパンデミックとなる。

 本日のワシントンポストはMERSの脅威的拡大に注視する論説を展開。
 またヨーロッパCDCは、WHOがMERSを国際的に公衆衛生学上重大な状況にあると宣言すべきとしている。



 WHO、中東からウイルスの世界的拡大を懸念、各国に警戒態勢を強めるようにアドバイス
WHO warns international spread of MERS 'very likely'; Canada on lookout  CTV News  (カナダ) WHO、MERSの世界的拡大の可能性が高いとの見解、カナダは警戒態勢を強化
 24日(現地時間)、WHOは中東からの旅行者がMERSウイルスに感染している可能性があるから、十分警戒するようにとリスクアセスメントを更新した。

  WHO リスクアセスメント更新  4月24日

Saudi Arabia: 4 New Deaths Reported From Virus New York Times  (米国) サウジアラビア:ウイルスで4人が死亡との報告

 この24時間でサウジアラビアはMERS死者を4人、36人を超える感染者を報告した。
 MERSはSARSを含むコロナウイルスの系統である。
 MERSは発熱、呼吸困難、肺炎、そして腎不全を起こす。
 サウジアラビアでの最近発生した死者は、同国の累積死者数を86人とした。
 2012年にウイルスが検出して以来、同国の感染者数は297人となったが、MERSに対するワクチンはなく、また抗ウイルス剤もない。そして感染様式も分かっていない。

The deadly MERS virus is spreading at a terrifying rate  WashingtonPost (米国) 致死的MERSウイルスが脅威的速度で拡大

Saudi Arabia’s MERS virus outbreak demands transparency  WashingtonPost (米国) サウジアラビアはMERS情報をもっと透明に

WHO sees 'slightly more' MERS spread as 12 new cases cited  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO、MERSの軽度拡大と表現

 本日もMERSがサウジアラビアから12例報告され、WHOは、最近のMERS感染者は軽度の増加傾向を示していると表現し、理由は不明としている。

 また本日ヨーロッパCDCは、Eurosurveillance の編集者の意見として、WHOはMERSを国際的に公衆衛生学上重大な状況と宣言すべきと提言している。

WHO concerned by nearly 150 new MERS cases this month CTV News (カナダ) WHO、今月に入ってMERS150例が報告されていることに重大な関心を示す


Jeddah residents jittery over spread of deadly MERS virus  Reters (国際) ジッダ市民、致死的MERSウイルスの拡大に不安感を募らせる


24日

 H7N9感染者情報

 江蘇省衛生庁 中国語

 ・51歳男性、鎮江市、4月23日確認、家禽既往歴、危篤、鎮江市の病院にて治療中

MERS情報 パンデミック発生の危険性

 本日発表リスト
   発生数が多く、内容が不鮮明なこともあり、正確な発生数はフォロー不可能になりつつある。12例が新規に把握されている。
 
 サウジアラビア
  リヤド 80歳69歳70歳、72歳、88歳
  ジッダ 41歳、74歳、
  メッカ 46歳68歳、65歳(トルコからの巡礼者)、52歳
  メディナ 13歳

  赤字は重体、下線は死亡

 コメント:

  情報を一番把握しているNPO組織のFluTrackersは、発生数が多くなってきたこと、サウジ当局からの発表内容が不鮮明なこともあり、正確な発生数の把握はできなくなっているとコメントを出している。本日把握できた内容でも首都リヤドは高齢の重体者ばかりの発表で、軽症者、若年者の感染者が十分把握されてないようだ。さらに重要なことは昨日初めてメッカから報告が1例あったが、本日把握分では4人と増え、1例の死者と2例の重体例が含まれている。これまでメッカからの感染者報告は昨年以来なかったが、昨日から急速に報告されだしたことは明らかにMERSウイルスが拡大していることを示唆している。また7月に始まるラマダンでメッカに多くの巡礼者が世界中から集まるが、その開催が危ぶまれる状態になるかもしれない。強行すると間違いなく多くの感染者が発生し、ウイルスは世界中に拡散する。
 保健大臣が昨日から変わり、サウジにおけるMERS対策は大きく変わる可能性がある。発生例がさらに多数報告されだす可能性がある。



 オマーンで4月にMERS64人発生との報告
Oman reports 64 MERS cases in April Times of Oman  (オマーン) オマーン保健省からの情報によると、この4月に64人のMERS感染者が発生している。

 当情報はH1N1インフルエンザの間違いであったとの訂正が出ている。

 感染者の中には軽症者や入院必要者も含まれている。

 保健省は状況を詳細にモニターしていて、新規の感染者はでていないとされる。

 コメント:もし正式情報で確認されたなら、MERSは果てしなく世界的感染症の道を辿っていることになる。

Gush of MERS cases sparks speculation about causes  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) MERSの急増原因について二つの仮説が提示

 WHOは本日、最近の感染例の75%は人人感染により、大多数は保健医療施設内で発生し、しばしば医療担当者が感染しているとコメントした。  Apr 23 WHO statement

 上げられている主要な2仮説
  ウイルス変異によるとの仮説
  季節性要因によるという仮説
  

WHO office sounds alarm as MERS cases push higher  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO事務局、MERS患者増加に対して警戒感を強める
 33例のMERSがサウジ、(何人かはメッカ)、UAEから報告され、WHOは本日、増加する感染者(特に医療担当者)に対して、警戒感を示した。そして関係国に対して国際的専門家チームと共に対策の支援を申し出た。


Patient with respiratory symptoms and travel history under CHP investigation  香港保健省  サウジ旅行帰りの女性がMERS発症疑いで検査

 サウジアラビア旅行帰り(4月15日〜4月21日)の30歳女性が、発熱、咳、鼻汁、咽頭痛、全身倦怠にて、クイーンマリー病院に隔離され、ウイルス検査中と発表。
 同行した息子も4月15日より発熱と咳が出現したが、現在は無症状。


23日


H7N9感染者情報

 台湾

 台湾衛生福利疾病管理局

 ・44歳女性、江蘇省南京在住、台湾へ旅行中、4月22日確認、ICU管理、家禽既往歴


 コメント:
  中国でH7N9ウイルスに感染して旅行に出た中国人が、旅行先で発病する可能性はある。また中国を旅行した日本人が帰国後にH7N9インフルエンザを発症する可能性もある。
 連休中にそうした事例が多発しないことを祈る。

 
MERS情報 パンデミック発生の危険性

 本日発表新規リスト
 追加リスト

 ヨルダン発表
 ・25歳男性、当初肺炎としてサウジの病院で治療、その後ヨルダンの病院で治療中

 サウジ保健省発表 アラビア語

  81歳、リヤド、ICU管理
  41歳、リヤド、安定
  59歳、リヤド、ICU管理
  34歳、リヤド、ICU管理
  13歳、ジッダ、無症状
  71歳、ジッダ、ICU管理
  67歳、ジッダ、ICU管理
  45歳、ジッダ、ICU管理
  55歳、ジッダ、ICU管理
  24歳、メッカ、安定
  48歳、ジッダ、ICU管理、医療従事者

 アラブ首長国連邦 
  新規9例を報告
  WHO

  52歳女性、アブダビ、状態安定、5日から16日にサウジのジッダの病院訪問
  63歳女性、アブダビ、発病者と接触
  73歳女性、アブダビ、ICU、別な疾病で入院中に発病
  52歳女性、アブダビ、軽症
  38歳女性、アブダビ、無症状
  59歳男性、アブダビ、無症状
  28歳男性、アブダビ、軽症
  55歳女性、アブダビ、軽症
  28歳女性、アブダビ、軽症



 コメント:

  リヤドでは重症例が多いが、感染者が多くて発見が遅すぎるのかもしれない。
  ジッダとリヤド(首都)からの報告がほとんどであるが、他都市では発生してないのだろうか。患者サーベイランスが砂漠のごとく不毛かもしれない。
  いつ半島以外で集団発生報告がでるか不安である。
  夜に報告されたWHOからのUAE報告では、軽症者が多いが、発病者周辺での接触者調査で見つかったもののようだ。
  なおFluTrackersでは報告数が多くなりすぎていることと、報告内容が曖昧であることから正確な症例数の把握が困難になったと告げている。
  今後は感染者数と地域だけの報告になるかもしれない。



Saudi Arabia Reports 11 New Cases of MERS Virus Voice of America (米国) サウジアラビア、11例のMERSコロナウイルス感染者を報告

Saudi Arabia reports 11 new cases of MERS virus, first in Mecca Reuters (国際) サウジアラビア、11例のMERSを報告、1例はメッカで確認
 当ページで昨日発表例
Saudi Arabia Seeks Outside Help to Combat Deadly MERS Outbreak  Bloomberg(米国) サウジアラビア、致死的MERS流行対策の助言に外部の国際的専門家に助言を求める

 ドイツ、英国、フランスおよび米国の専門家を招く予定

 WHO専門家のコメント(Maria Van Kerkhove):
  MERSコロナウイルスは未だ人獣共通ウイルスである。それはウイルスが動物、すなわちラクダから人に感染していることを意味する。しかしウイルスは人から人にも感染する。それは家族内発生、およびMERS患者の介護を行っている医療担当者の間で集団発生を起こしている。
 訳者注:それはその通りだけど、最近一気に感染者が増えだしていることが問題となっている。ウイルスが明らかに次のステップに変化している可能性が心配されている。

Fears Rise Over MERS Outbreak While Saudis Fumble TIME (国際) MERS:サウジ当局が対策にてこずっている間に世界へ拡大の脅威

 致死的ウイルスがラクダとリンクしていることは分かっていた。しかし人の感染者が急増している理由が、サウジ当局の緩慢な対応により謎だらけのままだ。たとえばウイルスが変異してきているのか、検査で間違いなく感染者が検出されているのか等。

 以下略

Taiwan confirms 3rd imported H7N9 case Focus Taiwan News Channel  (台湾) 台湾、H7N9感染の3番目の輸入例を確認

 台湾CDCは昨年4月以来、3例目のH7N9輸入例を確認した。
 中国、江蘇省からのツアー客。

  4月17日に江蘇省からツアー旅行者として入国。旅行中、発熱、乾性咳、筋肉痛等。
  4月19日、医療機関で左側肺炎と胸水が確認
  4月22日、診断確認、ICU隔離

  旅行前に南京市の生家きん市場を訪れ、死んだ鶏を購入


22日

  アラビア半島におけるMERS発生地(2014年4月21日)
       クリックで拡大
  
   出典 Novel Infectious Disease

   アラビア半島に限局した感染症と考えるには無理がある。

MERS情報 パンデミック発生の危険性
 本日発表新規リスト FluTrackersによる

 サウジアラビア保健省17例の新規MERS感染者を報告
  サウジ保健省 アラビア語
  Flutrackers リスト  #328-344


  45歳、ジッダ、医療担当者、ICU
  90歳、ジッダ、ICU
  53歳、ジッダ、容態安定
  60差、ジッダ、容態安定
  42歳、ジッダ、無症状
  24歳、ジッダ、無症状、発病者から感染
  17歳、ジッダ、無症状、発病者から感染
  61歳、リヤド、容態安定
  81歳、リヤド、容態安定
  78歳、リヤド、ICU
  79歳、リヤド、ICU
  89歳、リヤド、ICU
  73歳、リヤド、死亡
  41歳、タブーク、ICU
  18歳、メディナ、無症状、発病者から感染
  25歳、メディナ、無症状、発病者から感染
  11歳、メディナ、無症状、発病者から感染
  
  ジッダ:7例、リヤド:6例、メディナ:3例、タブク:1例

 コメント:
 ジッダで患者接触調査で感染者が相変わらず見つかっているようだ。メディナでも先日確認されている患者周辺調査で若年層で感染が認められているようだ。タブークで感染者がICUに収容されているが、同州はメディナの隣に位置する。この例は唐突であるが、同州でも多くの感染者が出ている可能性を示唆している。

 


 MERSコロナウイルスは変異の可能性-人人感染を起こしている-世界的流行が懸念
Sharp Rise In MERS Cases May Mean The Virus Is Evolving NPR (米国) MERSコロナウイルス感染者の急増はウイルスが変異しつつある可能性を示唆する

 MERSはサウジアラビアで急増し始め、新たなフェーズに入った可能性がある。

 MERSは2012年9月にその発生が確認されたが、その後244人がサウジアラビアで発生している。そしてその50例前後がこの6日間に発生している。
 隣国のアラブ首長国連邦(UAE)でもこの1週間に感染者が急増している。

 こうしたMERSの急増のさなかに、サウジの保健大臣が更迭されたことが本日発表された。

 ミネソタ大学のCIDRAP(感染症と政策研究センター:当ページでは感染症情報センターと簡略)の長官であるマイケル・オスターホルム博士は、感染者の急増、特に医療担当者の中での感染の増加は、ウイルスが転換点を迎えた兆候(人人感染するような変異をしている:訳者注)と判断し、アラビア半島外にウイルスが拡大する可能性が高いとコメントしている。
 「当初100例の感染者が発生するのに1年要したが、現在は、この2週間に100例発生している」
 「診断率が高まっているだけでは説明がつかない、何かが起きている」
 
 さらにオスターホルム博士は以下のコメントを付け加えている
 「現在厄介なことは、いくつかの集団感染がラクダ保有者の間で起きているのではなく、むしろ(ラクダとは無縁の)医療担当者の間で起きていることである。それはウイルスが変異していることを意味し、より容易に人に感染する能力を身につけたと考えられる」
 「感染者から容易にウイルスが他の人に感染するようになると、それは世界的流行となる。この2週間の状況は、我々にとって非常に心配なことだ。世界は新たなフェーズに入ってきた可能性が高い」

Saudi Arabia races to contain spread of Mers after replacing Health Minister gulfnews(アラブ首長国連邦) サウジアラビア、保健大臣を交代させ、MERS対策の強化に

 最近のMERSの急増の責任をとらされたと考えられる。

Saudi Arabia sacks health chief as MERS cases surge  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジ、保健省大臣を更迭

 サウジで17人のMERSが本日確認され、先の週末に20人確認されて、わずか3日間で37例の感染者と6例の死者がでた。
 そうしたことから保健大臣が更迭されたものと推測される。

 21人はジッダで確認されているが医療担当者が多く感染している。

 一方、アラブ首長国連邦(UAE)では1人の医療担当者の発病から14人の集団感染が起きるという不審な状況にある。

Saudi officials see spike in MERS coronavirus cases CNN (米国) サウジ当局、新型コロナウイルス感染者の急増を確認

 最近のMERS感染者急増により、サウジ保健当局は対策を強化している。

 当局は過去1週間で50人以上の感染者を確認している。そのうち少なくとも7人は死亡している。サウジ保健省によると21日だけで13人の新規例を確認している。(昨日当ページに掲載症例)。

 突然の感染者の増加の原因は分かっていないが、保健省の高官によると、昨年も冬が終わったこの時期に感染者が増加したとコメントしている。

 先週、地元のメディアは、MERS患者の治療を医療担当者は感染することを恐れて拒否していると伝えていた。

 サウジ政府は4月末にWHOと国際的専門家を呼び、MERSの状況について意見を交換する予定と発表している。

 また保健省の広報官によると製薬企業との間でワクチン製造の話し合いがもたれる予定とされる。

 MERSコロナウイルスは2012年9月に見つかり、それ以来先月まで200人の感染者がWHOに報告されている。
 しかしながら過去1ヶ月間に発生数は20%増加している。

 新規の集団発生がアラブ首長国連邦(UAE)で今週確認されていて、またギリシャとマレーシアで初の発病者が確認されている。

 MERSコロナウイルスは風邪ウイルスのような感染様式を持ち、主として呼吸器に感染する。しかし症状は、発熱、咳、呼吸困難であり、時には肺炎と腎不全を起こす。

 多くの感染者はアラビア半島で見つかっているが、他の国でも死亡例が確認されている。
 ヨーロッパとチェニジアであるが全ての感染者は中東で感染している。
 人人感染が限定的ではあるが起きている。

 保健当局はウイルス感染様式について明確には分かっていない。ウイルス拡大を抑えるために手洗いなどの衛生管理に努めるように指導している。

 WHOはMERSに関連した旅行制限は出していないが、各国にアラビア半島から帰国した人々の異常な呼吸器感染症に関して十分モニターするように勧めている。


21日

 H7N9感染者情報

 中国

 湖南省衛生庁 中国語

 ・50歳男性、永州市、4月21日確認、永州市の病院にて治療中



MERS情報 パンデミック発生の危険性
 本日発表新規例リスト


 サウジアラビア、さらに13例の感染者を報告
  20日 保健省発表
  ジッダでの人人感染によるウイルス拡大は明らか

 サウジアラビア保健省 アラビア語
 FluTrackers  機械翻訳 英語

  49歳男性、ジッダ、死亡
  57歳女性、ジッダ、死亡
  32歳女性、ジッダ、安定
  53歳男性、ジッダ、安定
  54歳男性、ジッダ、安定
  23歳、ジッダ、無症状
  37歳男性、ジッダ、医療担当者、安定
  69歳男性、リヤド、ICU
  88歳男性、リヤド、ICU
  57歳、リヤド、安定
  41歳男性、リヤド、医療担当者、安定
  68歳男性、ナジュラーン、死亡
  68歳男性、メディナ、死亡

 コメント:

 サウジ、ジッダでの感染者発生は持続している。明らかに人人感染による。
 首都リヤドでの報告は概して重症者が多いが、実際には多数の感染者が出ている可能性が高い。行われているMERSコロナウイルスの検査方法がどれだけ信頼性があるのかといった問題がある。
 ウイルスの分析が国際機関で行われていると思うが結果は未だ報告されてない。



マレーシア、フィリピンでMERSによる死者2人―東南アジアで初 ウォール・ストリート・ジャーナル (日本版)

 {世界保健機関(WHO)は17日、サウジアラビアへの巡礼から帰国したマレーシア人男性がこのほど、中東呼吸器症候群(MERS)のコロナウイルスに感染して死亡したと発表した。MERSによる死亡は、東南アジアでは初めて。

 WHOはまた、湾岸諸国から帰国したフィリピン人看護師がMERSに罹り、死亡したことも確認した。

 感染症の専門家らは、毎年サウジの聖地メッカを訪れる何百万人もの巡礼者を通してMERSが遠隔地に拡散するのではないかと恐れていたが、それがまさに起きつつある。今後懸念されるのは、MERSの感染を抑えるのが難しい人口の多いアジアやアフリカに広がること。

 感染症の専門家である米バンダービルト大学のウィリアム・シャフナー氏は、「サウジの医療当局はMERSを抑え込めていないようだ」と指摘、サウジはMERSの感染防止策を見直す必要があるかもしれないと述べた。
 …
 WHOによれば、フィリピンで死亡した看護師は、検査でMERSに感染していることが判明する前に帰国していた。}

 *管理人注:当報道でフィリピン男性が死亡とWHOが発表したとされるが、それは確認されてないので?としておく。



20日

 H7N9感染者情報

 中国

 広東省衛生出産計画委員会 中国語

 ・55歳女性、汕頭市(すわとうーし)、4月19日確認、危篤、汕頭市の病院にて治療中


MERS情報 パンデミック発生の危険性

 本日発表新規例リスト FluTrackers


 アラブ首長国連邦(UAE)で12人の感染者が報告
  HAAD announces new MERS-CoV cases Zawya  (中東、国際) アブダビ保健当局、新規MERSコロナウイルス感染者を報告
 アブダビ保健局:患者の接触者調査で12人の感染者が確認。健康状態は良好。病院に隔離しているので一般市民への感染不安はない。感染対策はWHOの指導に基づいている。
 UAE保健省は、WHOが現時点で一般市民に対する危険性はなく旅行制限の必要もないことを確認していると発表。


 サウジ、ジッダ(ジェッダ)で7人の感染者報告
  サウジ保健省 アラビア語
  FluTrackers  機械翻訳による英文

 19日保健省報告分

 ・64歳、死亡、
 ・44歳、死亡、
 ・62歳、ICU管理、
 ・47歳、ICU管理、
 ・52歳男性、病状安定、
 ・54歳、不顕性感染、医療従事者、
 ・54歳、不顕性感染、医療従事者、

 



コメント:ジッダとアブダビでは高率に人人感染が起きている可能性が高い。ジッダでは4月7日以降60例の患者が出ている。
  早急に国際機関の詳細な調査が必要





Saudi Arabia announces jump in new cases of deadly MERS virus Reuters (国際) サウジアラビア、致死的MERSウイルス感染者が激増と発表

 サウジは7人の新規MERS感染者を報告したが、これはこの5日間で感染者が36人発生したことを示し、突然感染者数が激増したことを意味する。治療法がないMERSの感染者の死亡率は三分の一となっている。
 以下略

サウジから搭乗したオランダ人がMERS疑いのため、搭乗機がクエートに緊急着陸
 サウジ報道 アラビア語
 FluTrackers 機械翻訳 英語

  サウジ、ダンマームを離陸した航空機にMERS擬似患者が搭乗していたため、航空機はクウェート国際空港に緊急着陸し、そのオランダ人擬似患者を病院に収容隔離した。
 現在検査中。


Ministry accused of falsifying information on MERS cases   Saudi Gazette (サウジアラビア) サウジ保健省、MERS情報を偽っていると非難

 MERSを発病したサウジの詩人が、保健省が嘘の感染者数を発表していると非難の声明を出している。

 同氏はまた増加し続ける実際の感染者数に対して脅威を覚えているという。

 同氏は高熱をだし、検査でMERSウイルスに感染していることが確認されたと地域の報道機関に答えている。
 しかしながら医師は、彼はまだ感染の初期段階に過ぎず、命に関わる状態ではなく、自然経過で治癒するだろうと告げているという。

 同氏は保健大臣に、MERS感染者は数百人出ていて、情報を十分出さないようにスタッフを抑えている事実に関して告発用意がある、と地元の新聞に伝えている。

 保健省広報官はコメントを出していない。


12 new Mers cases in Abu Dhabi gulfnews  (アラブ首長国連邦) アブダビ、12例の新規MERS感染者を報告

 アブダビ首長国保健当局は、新規の12例のMERS感染者を報告したが、全例状態は安定していると発表した。

 保健当局は何の特異的治療もなしに10から14日間で感染者の体内からウイルスは消えると説明している。(訳者注:特異的治療法はMERSに対してはない。治癒するときは感染者の免疫力による。この保健当局の説明はやや詭弁に近い)。

 12例の感染者は、感染が確認されていた患者と密な接触があった人々の検査により確認された。
 12人の感染者は病院に隔離されており、一般市民への危険性はないと、保健当局は説明している。

 UAE保健省とアブダビ保健当局は、現状を市民が十分認識できるように現在の状況を十分な透明性をもって発表していると声明を出している。

 アブダビ保健局はさらにUAE保健省と密に連携して、全ての必要な感染対策を実地しているとも発表している。
 また対策はWHOの推奨方法に基づいており、関係者は24時間状況監視と対策に努めていると追加した。

 アブダビ保健局は一般市民に対して、インフルエンザや感冒対策の公衆衛生ガイドラインに従って、衛生管理に努めるようにアドバイスしている;十分な手洗い等。
 また同保健局は咳やくしゃみをするときはティッシュで口と鼻を覆う様にして、手で覆うことは避けるようにいっている。
 
 一方、UAE保健省は、WHOのコメントとして、ウイルスは現在公衆衛生上危険な状況ではなく、世界中の国への旅行制限の必要はなく、入国に際する検査や、貿易制限の必要はないことを発表している。
 *訳者注:WHOが旅行制限をだすときはパンデミックとなった場合だけである。また特定の国への旅行制限を国連機関のWHOが出すことは極めて特殊な場合である。特定国への旅行制限は各国政府が早期に判断することで、また危険地域からの入国者のチェックも各国政府が独自の判断で通常は行う。


19日


H7N9感染者情報

 中国
 江蘇省衛生局 中国語

 ・34歳男性、無錫市(むしゃく-し)、4月17日確認、危篤、無錫市の病院にて治療中
 ・35歳女性、無錫市(むしゃく-し)、4月19日確認、危篤、無錫市の病院にて治療中、

MERS情報(風土病か、それともパンデミック予備軍か)


 本日、新規発表例リスト FluTrackers

 ギリシャ
   サウジ、ジッダ居住者が帰国して発病が確認
  ギリシャ政府発表 ギリシャ語
  機械語翻訳(英語) FluTtackers

 ・69歳、ギリシャ(ジッダ居住)、病状安定、4月17日入院加療中

 コメント:ジッダからの帰国者が発病。
      当事例はヨーロッパで発病した10例目の症例であり、国としては5番目となる(英国、ドイツ、フランス、イタリア、ギリシャ)。


 サウジ、ジッダで6例報告
 サウジ保健省が18日報告
 サウジ保健省 アラビア語
 機械語翻訳(英語) FluTtackers

 ・53歳、死亡、
 ・49歳、ICU管理、
 ・60歳、病状安定、医療従事者、
 ・26歳、不顕性感染、医療従事者、
 ・38歳、不顕性感染、
 ・13歳、不顕性感染、

 コメント:ジッダでは明らかに人人感染が続き拡大している。

 サウジ首都、リヤドで6例報告
 サウジ保健省が18日発表
 サウジ保健省 アラビア語
 機械語翻訳(英文) FluTtackers

 ・81歳、リヤド、ICU管理、
 ・32歳、リヤド、ICU管理、
 ・78歳、リヤド、ICU管理、
 ・52歳、リヤド、ICU管理、
 ・27歳、リヤド、ICU管理、
 ・55歳男性、リヤド、死亡、

 コメント:これは少々異常事態である。リヤドの発表例は全て重体であるが、これは氷山のてっぺんに位置する重体例と考えられ、無症状~軽症~中等症に位置する感染者が見逃されているか、報告されていない可能性がある。
 これらの症例の入院医療機関の医療担当者の感染がいずれ報告されるかもしれない。

 サウジの状況は、MERSコロナウイルスの増殖培地のごとくで、正確な状況をWHOは把握して発表しなければ、パンデミックの発生を早期に把握できない可能性がある。


 
SARS revisited? Sharp jump in cases, hospital outbreaks raise MERS concerns  Montreal Gazette  (カナダ) SARS再来? 感染者の急増と病院内発生はMERSの危険性を示している

 カナディアン・プレス配信記事

 MERSに関する詳細な説明。
 SARSとの類似性
 周辺国への拡大のしやすさはSARS以上。


 ワシントンポスト社説
    サウジ政府は情報を迅速に公開すべきである

New killer virus should be fought with the help of Saudi honesty The Washington Post (米国) サウジの正直な情報提供なくしては、新型殺人ウイルス、MERSの拡大は抑えられない

 
 2012年にサウジアラビアで発生した新型コロナウイルスに関するもっとも心配すべき脅威は、人人感染が迅速に、そして継続して起きることである。
 ウイルスは中東呼吸器症候群、またはMERSと名付けられ、いまだ十分分かってない謎の部分が秘められているが、特にその拡大様式については全くに近いほど分かってない。
 効果的ワクチンはなく、かつ効果をもつ抗ウイルス剤もない。最近の研究ではラクダがウイルスの供給源とされているが、多くの感染者はラクダとの接触既往がない。

 MERSコロナウイルスはこれまで、人人感染を濃厚に接した場合に限り起こしてはいたが、流行を予測させるような、10年前のSARSのような感染の速さは見せなかった。
 しかし最近の状況は明らかに不穏といえる。

 先週以降、サウジとアラブ首長国連邦(UAE)は病院内と医療担当者の中での集団発生を報告している。
 これらの集団発生は、ウイルスの感染動態に変化が起きた兆候である。

 UAEは一人の医療担当者がMERSで死亡したため、周辺の担当者の検査をおこなったところ4月13日と14日に、10人の感染者が見つかった。

 サウジもジッダの病院で発生している集団発生に苦慮している。そこでは医療担当者を含むいくつかの集団発生が最近起きている。ジッダの感染者数は40人を超えている。
 またマレーシアでも巡礼からの帰国者が発病して、死亡しているし、フィリピンでもUAEで医療担当者として働いていた男性が帰国後に感染が確認された。(訳者注:正確にはアブダビを立つ前に採血した検査でウイルスが陽性であった。フィリピンに帰国したあと、無症状であったが隔離。その後フィリピンで再検査、すでに陰性となっているとの報告も出ている。なお同男性はMERSで死亡したフィリピン人ナースと仕事をしていた)。

 保健医療担当者が感染した時、担当者が感染制御マニュアルに従ってなかったか、またはウイルスが人々の間に拡大しているか、のどちらかが原因と考えるのが論理的である。
 ラクダがウイルスを保有して病院の待合室にいるわけではないから、ラクダから感染したのではないことは確かなことである。

 WHOは2012年9月にMERSが確認されて以来、検査で確認された感染者数は243人とし、死者数は93人としている。(致死率 38%)
 サウジの保健省は自国での感染者数は224人で死者数は74人としている。(致死率 33%)

 残念ながら、サウジで分離されたウイルスに関する情報はほとんどない。

 ジッダの病院は一時的に救急センターを閉鎖したが、ウォールストリート・ジャーナルが引用している同病院で働いている医師のコメントは、ウイルスの制御が可能となるまで病院を閉鎖すべきとしている。

 いったい何が起きている?
 我々は分かっていないのだ。

 ジッダの病院でMERS感染者の治療を拒否して病院を辞職している医師たちの報告が出ている。
 ウイルスが同定され1年半余り、未だに遺伝子構造に関する情報は不足し、症例対照研究結果も不足している。それはウイルスがどのように拡大するか知るうえで手がかりとなる。
 
 サウジ当局は人々にパニックを起こさないように呼び掛けているが、そのようなことは対策にはならない。
 もっとも人々を安心させる方法は、何が起きているのかについて、情報を正直に公開することである。


Saudis report 12 more MERS cases; Greece has its first CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジ、新たに12例のMERSを報告、ギリシャは初の報告

 感染例は上記リストと同じ。

 他の情報

 ジッダでのMERS発生は3月末であったが、現在53例となり死者は9人、医療担当者は22人となっている(FluTrackers)。

 ヨーロッパCDCが4月17日発表統計
  感染者累計275人、死者98人、医療担当者64人 (本日発表の12人は含んでいない)。
  今月だけで57例、または全体の21%、57例中29例は医療担当者、21例は無症候性感染者。
 過去1週間、ジッダでは30人の感染者、11人が医療担当者。


18日


H7N9感染者情報

 中国

 安徽省衛生庁  中国語

 ・70歳男性、銅陵市、4月16日確認、4月14日死亡


 東南アジア各国でMERS監視態勢が強化
Southeast Asia on Alert After MERS Death Wall Street Journal  (米国) マレーシアでMERS感染者が死亡したことから、東南アジアでMERSを警戒

 メッカ巡礼後に帰国、そしてMERSを発症した54歳男性が死亡したことから、男性の住む村の接触者64人が健康調査を受けているが、強制的隔離は受けていない。これまで検査結果がいくつか出ているが全て陰性とされる。

 マレーシアに近いシンガポール、さらにはタイなどでも監視態勢が強化されている。


MERS、かってのSARSの初期段階に達している?

Fears grow as Mideast virus spreads, but no travel restrictions yet The Seattle Times (米国) 中東のウイルス拡大が懸念、しかし旅行制限は出されていない
 下記AP報道と同じ


New MERS infections a sign deadly bug could be mutating The Province  (カナダ) 続発するMERS感染者はウイルス変異の兆候かもしれない

 AP

 最近の頻発するMERS感染者の状況は、拡大対策を急ぐように警告している。

 先週の初め以降、20人以上の感染者、その多くは医療担当者が異なった地域二か所から報告されている。一ヶ所はサウジアラビアでもう一ヶ所はアラブ首長国連邦(UAE)である。

 「この2週間の状況は、まったく新しい展開となっている」、とミネソタ大学の感染症専門家てあるマイケル・オステルホルム教授(CIDRAP長官)が語っている。
 同教授は最近のサウジとUAEの集団発生は、”非常に重大な状況”と考えられ、ウイルスが変異してきている可能性が上げられる、と警告する。
 さらに東南アジアへの拡大は、SARS発生の初期の段階と同じレベルに、MERSが達してきている可能性を示唆している、とも語っている。
 「明らかに目を離せない状況になっている」、とオステルホルム教授は警告している。

 以下略

 マレーシア、MERS死者が出た村で有症状者64人を隔離との情報
64 people quarantined in Malaysia over MERS virus  Channel NewsAsia  (シンガポール)  マレーシア、MERS死者が確認された村で、有症状者64人が隔離

 マレーシア政府は南部の村でMERSで村人の1人が死亡した後、64人の村人を隔離した、と地方のメディアが報じた。

 イスラム教徒の多いマレーシアで初のMERS死者が、南部のJohor州で13日死亡した。当事例は一昨日に記述済み。
 男性は3月29日、サウジへの巡礼から帰国後発熱、咳、呼吸困難を呈した。

 保健当局は男性の住む村で100人の検査を17日行い、MERSの可能性ある症状を呈する64人を1週間隔離する予定とした。

 保健当局の詳細発表は不明。


 サウジ、ジッダ市とUAE、アブダビでMERS感染者続発


 本日確認症例 by FluTrackers

 ジッダで7人確認

 サウジ保健省 アラビア語
 FluTtackers  (機械語翻訳)
 
 ・72歳男性、ジッダ、死亡、
 ・70歳 、ジッダ、ICU管理、
 ・60歳 、ジッダ、ICU管理、
 ・54歳男性、ジッダ、病状安定、医療従事者、
 ・63歳女性、ジッダ、病状安定、
 ・40歳 、ジッダ、病状安定、
 ・31歳 、ジッダ、病状安定、

 アブダビ、病院での集団発生で4人確認

 4月10日に死亡した患者からさらに4人が感染
 17日にUAE保健省からWHOに報告
 WHO発表
 

 ・44歳男性、アブダビ居住
 ・30歳男性、アブダビ居住
 ・34歳男性(フィリピン人)、アブダビ居住、フィリピンへ帰国
 ・28歳男性、、アブダビ居住、14日発病

 コメント:フィリピン人は昨日の帰国後確認された例。


17日


MERS-Coronavirus Kills Malaysian Man, Infects Filipino Nurse Wall Street Journal (blog)  (米国) MERSコロナウイルス、マレーシア男性が死亡、フィリピン男性ナースが感染

 MERS cases reach Far East; Saudi Arabia reports 6 more  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) MERS感染者極東に達する、一方サウジアラビアはさらに6例の感染者を報告

 MERSコロナウイルスは、以前から懸念されていた極東への拡大を見せ、マレーシアとフィリピンで患者が確認された。一方、サウジのジッダ市での患者数は、本日の報告で6人さらに増えた。

 マレーシアでは54歳男性がサウジへの巡礼から帰国後MERSコロナウイルスによる肺炎を起こして4月13日に死亡した。男性はジッダから航空機で帰国した。

 フィリピンでは男性ナースがUAEで働いていたが、現地でMERSを発症した同僚ナースと接触があり、ウイルス感染を起こした。血液検査結果がUAEで判明したとき、男性ナースはUAEからフィリピンへ帰国していた。男性は無症状とされる。

 一方、ジッダで6人のMERS感染者を確認したが、1人は死亡し、2人は医療担当者とされる。これら症例は当ページで昨日掲載。


16日


 H7N9感染者情報

 中国

 江蘇省衛生庁 中国語

 ・60歳男性、常州市、4月16日確認、家禽既往歴、重体、常州市の病院にて治療中



 中東でMERS拡大の可能性 
  

 フィリピンでもサウジからの帰国者がMERSに感染
Filipino from UAE who recently returned to PH a MERS-CoV 'carrier' - DOHInterAksyon.com  (フィリピン) アラブ首長国連邦(UAE)から帰国したフィリピン人男性が検査でMERSコロナウイルス陽性であることか確認

 アラブ首長国連邦で医療担当者として働いていた男性が、帰国後に検査でMERSコロナウイルスに感染していることが確認された。無症状とされる。

 フィリピン当局は血液検査結果について、アラブ首長国連邦政府から連絡を受けたとされる。

 フィリピン当局は感染者と同じ飛行機に乗ってフィリピンに帰国した人々の所在を確認し、調査をしている。
 当局はMERSコロナウイルスは10から14日間の潜伏期間があり、そのため感染が確認された男性は隔離されていると説明している。

 マレーシアで初のMERS感染死ーサウジ巡礼後
First-ever MERS case detected in Johor The Star Online (マレーシア) マレーシアでサウジ帰りの男性がMERSで死亡

 54歳男性がサウジに巡礼で出かけ、3月29日に帰国、発熱、咳、呼吸困難を生じて9日に入院、3日後の13日に死亡した。

 男性は巡礼後、トルコ航空でジッダ(サウジ)、イスタンブール(トルコ)、クアラルンプール(マレーシア)の経路で帰国した。同乗者は保健省に連絡をとるように呼びかけられている。

 *訳者注:ジッダで感染したのかもしれない。マレーシアとしては輸入感染症となる。

 サウジ、ジッダでさらに6例のMERS感染者が確認
 サウジ保健省ページ アラビア語

 ・54歳、 ICU管理、
 ・52歳男性、死亡、
 ・41歳男性、病状安定、
 ・54歳男性、病状安定、
 ・28歳男性、病状安定、医療従事者、
 ・35歳男性、病状安定、医療従事者、


 医師たちが病院を辞職
Doctors resign over coronavirus scare  Saudi Gazette (サウジアラビア) サウジ、ジッダ市の病院で医師たちがMERS感染脅威から辞職

 ジッダ市のキングファド病院の少なくとも4名の医師たちが、今週MERS感染の脅威から辞職したことがアラビアのメディアが報告した。
 医師たちの辞職はMERS患者を担当することで感染する恐れがあることが理由とされる。

 病院長はジッダ保健局長に医師たちの辞職に関して適切な対応をとるように求めている。

MERS tallies grow in Jeddah and UAE CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) MERS感染者数、サウジのジッダ(ジッダ)とアラブ首長国連邦で増加

 本日サウジのジッダ(ジッダ)で5例のMERS発生が伝えられ、サウジ政府は同国のMERS発生状況について何とか不安を抑えようと試みている。一方、WHOはUAEが最近医療担当者の中で10例もの集団発生が起きたことを報告したと発表した。

 ジッダの新規例は1人の死者と3人の医療担当者の感染を含んでいる。
 ジッダの感染者数は3月末以降30人を超えている。

 WHOはツイッターを介して、UAEの10感染例を伝えているが、同国の保健省が4月13日と14日に発生したと報告しているとしている。
 4月11日にUAE内務省がフィリピン人医療担当者6例を含む10例の感染を報告しているが、それらの例がWHOのこの情報に含まれているのは不明である。

 サウジの症例

 ジッダの5例には死亡した59歳と回復した30歳症例を含み、他に3人の医療担当者が含まれている。
 保健医療担当者のうち64歳感染者は容態が安定していて、2人の27歳感染者は無症状とされる。
 以上はアラビア語での発表を感染症ブログである”Avian Flu Diary”が機械語翻訳したものである。

 アラブ首長国連邦(UAE)症例

 WHOのツイッターでの報告では、単に4月13日と14日に10人の検査で確認された医療担当者のMERS感染がUAEから連絡を受けたというものである。
 WHOは世界で確認されたMERS感染者数は238人で死者は92人としている。

 さらに本日UAEのアブダビ首長国が3例の無症候性感染者を確認したと、クエートニュース社を通じて発表した。”Avian Flu Diary”が機械翻訳して伝えた。

 サウジ政府、国内のMERSパニックの鎮静化を図る

 サウジ保健省はジッダのMERS集団発生について、国内に高まる不安感の鎮静化に努めだした。昨日、各地の通信事業者を介して、国内の3千万人の住民に保健省のウエブサイトをチェックして情報を入手するように、さらにツイッターや無料ホットラインで最新の情報を入手するように伝えた(本日のBloomberg Newsによる)。

 政府の担当者は”Saudi Press Agency”に、ウイルスは容易に人人感染をしないと説明し、集団内、学校内、サッカースタジウムで感染者は出ていないとコメントしている。


 *管理人注:現在のMERS発生情報に関しては、NPO組織である"FluTrackers”が最も早く正確である。英文であるが、症例のリストには番号が振ってあり、その番号をクリックすると詳細情報が出る。


Three new cases of Mers Coronavirus confirmed in UAE  Emirates 24/7  (アラブ首長国連邦) UAE、3人のMERS感染者を確認

 アブダビの保健当局は、MERS発病者周辺のスクリーニングで3人の無症状感染者を確認したことを発表した。

 これまでの無症状感染者達の例から、ウイルスは10から14日間で消失する傾向にあるが、その間は病院に隔離されることになっている。

15日

 
 H7N9感染者情報

 中国

 湖南省衛生庁 中国語

 ・30歳男性、衡陽市(こうよう-し)、4月15日確認、衡陽市の南華大学病院にて治療中、



 韓国のH5N8鳥インフルエンザ、5月末には終息と推定
 史上最大の家きん殺処分数に
Bird Flu Epidemic to Be Eradicated 'in May'   The Chosun Ilbo  (韓国) 鳥インフルエンザ、5月末には終息すると推定

 1月中旬に韓国南西部・全羅北道の高敞郡(コチャン)で発生したH5N8鳥インフルエンザは、5月末には完全にウイルスを根絶できるだろうと、当局が約束した。

 14日、議会で農業大臣が、更なる発生がなければ5月末にはウイルスを根絶できるだろうと発表した。
 詳細は国内発生鳥インフルエンザに


Nine Saudi MERS cases add to Jeddah outbreak; Yemen has first case  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) ジッダ市の集団発生で、9人のさらなるMERS感染者がサウジ保健省から報告、またイエメンでも初の感染者が報告

 週末から本日にかけてサウジ政府は9例の新規MERS感染者を報告し、紅海に面したジッダ市での集団感染の広がりが認められている。
 紹介事例は当ページで一昨日と本日紹介。

 サウジ、ジッダ(ジッダ)市でさらに5人のMERSが確認
 サウジ保健省ウエブ アラビア語
 詳細リスト FluTrackers  英文

 ・70歳男性、ジッダ、死亡、
 ・51歳男性、ジッダ、ICU管理、
 ・28歳、 ジッダ、医療従事者、不顕性感染、
 ・45歳、 ジッダ、医療従事者、不顕性感染、
 ・56歳女性、 ジッダ、病状安定、

 コメント:
  ジッダ市でのMERS集団発生は明らかなようだ。医療従事者が不顕性感染(無症状感染)を起こしているから、患者からの飛沫感染によりウイルス感染を受けていると考えられる。重症患者の気管内チューブ挿入、気道分泌物吸引等の際に大量のウイルスを浴びる可能性があり、通常は感染防止用ゴーグル、マスクなどで完全武装するが、このジッダ市の病院内での集団感染は、容易に患者から飛沫感染でウイルスを浴びているように感じる。

 もしかするとウイルスが人人感染しやすくなっていて、予想以上に感染者が増加しているのかもしれない。危険である。
 この1週間、少なくとも20人以上がジッダ市で発生し、その中に多くの医療担当者が含まれている。WHOも現時点でコメントを出せるほど情報を把握してないようだ。
 これは明らかに危険な兆候である。


14日


 H7N9感染者情報

 香港
Imported human case of avian influenza A(H7N9) under CHP investigation 香港保健省 香港、H7N9感染輸入例を確認

 ・85歳女性、香港在住(広東省東莞市を旅行)、4月13日確認、家禽既往歴、危篤、香港の病院にて治療中

 中国江蘇省
  江蘇省衛生局 中国語

 ・52歳男性、常州市、4月13日確認、重体、常州市の病院にて治療中



 中東呼吸器症候群(MERS)拡大傾向
  ウォールストリート・ジャーナル論説

致死率高いウイルスMERS、中東で感染拡大  ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

 コメント:このような翻訳版が後から出るとは…、苦労して下に訳文を書いたというのに。さすがに本職は上手。

Deadly Virus's Spread Raises Alarms in Mideast  Wall Street Journal  (米国) 中東での致死的ウイルスの拡大に警報

 13日(現地時間)サウジアラビアはこの2週間に致死的ウイルス感染者の急増を確認した。
 
 一方アラブ首長国連邦(UAE)は週末に医療担当者の中で6人のMERSが発生したことを報告したが、1人は死亡している。
 数多くの医療担当者の感染は、このMERSが発生して以来1年半の間にアラブ沿岸諸国の政府が講じてきた対策が、どの程度有効であったが問題となる。

 「自分は政府がこの問題をどれだけ重大視しているか疑問だ」、とジッダの公共大病院の医師が語っている。同病院では今月多くの感染者が出ている。
 病院の救急部は消毒のために短期間閉鎖されたが、すぐに再開された。 しかし患者達は病院を避けており、医療担当者も同僚1人が死亡し、その後も感染者が出ていることから不安に怯えていると同医師が語っている。
 同医師(女性)は、感染の拡大が収まるまで病院は閉鎖すべきという。同病院はこの一ヶ月間多くの感染者を出している。

先週もっとも多くの感染者が報告されたが、その半数は医療担当者であった。
オーストラリアの疫学専門家であるマッケイ医師(Dr. Ian M. Mackay)は、他の専門家とともに、ウイルスが容易に人人感染しないとされているから、この大発生は感染予防対策の破綻を意味している、と語っている。

サウジアラビアと他の近隣諸国はMERSが見つかって以来、適切な感染対策を講じてきていると発表している。
 2012年9月以来、WHOには228人の感染者と92人の死者が報告されている。
 

 今月に入って感染者数は急増した。先週の10日までの4日間にサウジアラビアはWHOに2人の死者を含む15人の感染者を報告している。
 
 13日(現地時間)、サウジ保健省は政府は十分な予防対策を科学的標準策に基づいて行っていると発表した。
 保健省の担当者は電子メールや電話による、質問、すなわち医療担当者が多く感染している理由について返事はよこさない。
 WHOは13日(現地時間)遅くの段階で、同様の質問にすぐには答えられないと返事している。

 サウジアラビアで多くの感染者がでている。ヨーロッパなど遠方でも感染者が見つかっているが、すべて中東で感染したと考えられている。
 イエメン政府は初めての感染者を13日に報告している。

 医学的研究ではラクダがMERSウイルスを保有していることを示しているが、限定された状況下ではあるが人から人への感染も起きている。
 
 サウジ保健大臣のDr. Abdullah al Rabeeaが12日(現地時間)ジッダ市の病院を視察した。
 同大臣は記者団に状況を確認しにきただけといい、感染者の発生状況は通常の範囲内と説明した。
 しかしその数時間後保健省はさらに4人の感染者の発生を報告したが、3人は医療担当者であった。

 サウジで最近確認された感染医療担当者のうち7人は無症状であるが、検査では陽性だったと保健当局では説明している。さらに1人が死亡し、1人がICUで治療中とされる。

UAEも週末に5人の医療担当者を含む感染者が感染した事実に、類似のコメントを出している。
 

13日

 

 MERS、イエメンに拡大ウイルス変異による人人感染の可能性も

MERS coronavirus appears in Yemen for the first time, possible virus mutation ... The Global Dispatch  (米国) MERSコロナウイルス、初めてイエメンでも確認、ウイルス変異の可能性が示唆

 ・イエメンで初の感染者
 ・サウスアラビアのジッダでの医療担当者の集団感染、若年者の感染の増多、軽症者の増多-->オーストラリアの専門家とMERSを最初に報告した現カイロのアインシャムス大学病院内科教授のアリ・モハメド・ザキ教授:ウイルスが変異して人人感染を起こしだしている。同時に病原性が低くなってきており、ウイルスが人の間で拡大しやすい状況になっている。


Yemen reports first case of deadly MERS-coronavirus  Reuters (国際) イエメン、初のMERSコロナウイルス感染者を報告

 首都サナアで航空技師として働いているイエメンの男性がMERSに感染したことを保健省が発表し、半国営通信が伝えた。
 イエメンとしては初の感染者である。

 詳細は不明(訳者)。

 サウジアラビアの南部に隣接


 サウジアラビア、ジッダでさらに4人のMERSが報告
   
人人感染で拡大との意見も


 保健省ホームページ アラビア語

 機械語翻訳
  ・26歳男性、 サウジアラビア ジッダ、 4月12日確認、不顕性感染、 医療従事者、
  ・58歳 、 サウジアラビア ジッダ、 4月12日確認、病状安定 、 医療従事者
  ・71歳男性、 サウジアラビア ジッダ、 4月12日確認、病状安定、
  ・39歳 、 サウジアラビア ジッダ、4月12日確認、不顕性感染、 医療従事者、

 コメント:
  サウジのジッダ市での集団感染が病院内で起きている可能性がある。
  ウイルスが人に感染しやすくなっている可能性があるが、ウイルスの存在地域が拡大しているという情報はないのが安心感につながる。
 
  MERS第一発見者のエジプト教授-MERSは人人感染で拡大しているとコメント
 一昨年にサウジアラビアの病院で最初の一例を発見し、検体をオランダの研究機関に送って、本国に退去させられたエジプト人のアリ・モハメドザキ教授はFluTrackersのインタビューで、ジッダ市では感染者多く発生していて、それは人人感染によるものと話している。
 MERSのパンデミックが懸念される。

 UAE、MERSの拡大の心配はないと同国の専門家がコメント
Mers no cause for concern in UAE, says Expert Khaleej Times  (アラブ首長国連邦) MERS、アラブ首長国連邦(UAE)では心配はない:専門家

 UAEの感染症制御委員会の委員長が、MERSの予防対策は十分同国で講じられていると語っている。

 それは単に風邪(flu)であり、予防対策は講じられている。

 UAEでは積極的に監視が行われ(サーベイランス)、MERSがUAEで拡大してないことを確認している、と感染症専門家が語っている。

 「最近感染者の数が6人と急増したが、MERSは未だ重大に考えるほどの状況にはない」、とUAEの感染症制御委員会のアシラフ・エルフフィ医師(Dr Ashraf El Houfi)がコメントしている。
 「それは単に風邪である」、と同医師はいう。
 「国では適切な予防対策を講じている」
 「ウイルスは5日間の潜伏期間を経て、他人に感染する量に増えるから、その期間感染者は隔離されるべきである。しかしながら感染疑い者は3日から5日目に検査されるが、その後は隔離する必要はない」

 同医師は症状の重さは保有する基礎疾患によると説明し、「それは単なる風邪であり、ある人々にとっては軽い症状しかなく、ある人々にとっては重症となる」
 「病院にくる患者は監視すべき患者(サーベイランス対象者)である」、と語り、パンデミックになると先のH1N1のように数百万人レベルの感染者となる、と付け加えた。

 同医師は風邪症状を保有する人々は、多くの人びとの中には入るべきでなく、頻回な手洗いが必要であると忠告している。

 11日(現地時間)、UAE内務省はフィリピン人保健医療担当者6人が感染し、1人が死亡したと発表した。

 最近のWHO統計では2012年9月以来検査で確認されたMERSは220人とされ、そのうち88人が死亡している。死亡者の67人はサウジアラビアである。

 一方、WHOの最新のアドバイスでは糖尿病、肺および腎臓疾患等をもつハイリスク者は、農場や家畜小屋に出かけたとき、動物には接触しないようにコメントしている。

 (訳者コメント:MERSコロナウイルスが感冒ウイルスの一種であることは間違いないが、MERSは感冒の一種に過ぎないとの表現はやや誇張がある。SARSも同系統のウイルスであったが世界中で恐れられた。この報道内容は表現が正しくない可能性があるが、内容が間違っているとはいえない)。


12日

 コメント:

 中国のH7N9感染者情報が途絶えているが、代わりに中東のMERSが怪しくなっている。
 少なくとも医療機関内での集団発生が起きており、ウイルスの変化が気になる。
                   ↓
                 人人感染が起きやすいことを意味する

 中東外にウイルスが飛び火したことが確認されたなら、パンデミックを予測する必要が出てくる。

 MERS専門隔離施設を緊急に!! サウジの専門家が主張
Special quarantine units for MERS patients urged
Arab News (サウジアラビア) サウジアラビア専門家、MERS患者収容施設が緊急必要と主張

 MERS感染者や疑い者を収容する専門施設、専門病棟が緊急に必要であると専門家が政府に訴えている。

 モハメド・アルハビ医師( King Abdul Aziz 病院の専門医、同病院では男性ナースが死亡している)は、新規にMERS感染者が増えている現状では、疑い患者を受け入れる施設を緊急に造る必要があると訴えている。

 同医師は保健省には三つの選択肢があるという。
  ・全患者、疑い者を受け入れる施設を設立する
  ・全病院に隔離病棟を造る
  ・病院に付属したMERS患者治療施設を造る。

 同医師は、MERS感染疑い者を無秩序に病院内に入れることがウイルス拡大の原因になっている可能性があるとしている。

 さらに同医師は、MERSは初期には高齢者や基礎疾患を保有している患者に感染していたが、現在は若い世代に感染しだしているという。
 「これは危険な兆候である」、とMERS専門医の同医師は警告している。

 保健省大臣補のモハメド・カシム氏は、90%の感染者は無症状であり、検査で感染が初めて確認されているという。
 検査されて陽性だった事例は保健省のウエブで公表しているという。


 一方、ナースの間では感染に対する脅威が広がっていて、強力な対策を求める訴えが保健省に寄せられている。医師に対する保護が手厚く、ナースの窮状に対して視線を向けない当局に対する非難が高まっている。
 また患者が見つかった医療機関の患者数は半減しているようだ。
 

 MERS
   CIDRAPのまとめ
MERS sickens UAE paramedics, Jordanian, more Saudis CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) MERS、アラブ首長国連邦の医療担当者、ヨルダン人、さらにサウジアラビア国内でも感染者増加

 アラブ首長国連邦(UAE)は本日(米国時間)、MERSの集団発生が6人のフィリッピン人医療担当者の間で発生し、1人が死亡したことを発表した。一方WHOは最近サウジを旅行したヨルダン人の感染を発表した。

 また本日遅く、サウジ保健省はジッダ市で3人のMERSを確認し、1人が死亡したと発表した。さらに2人の感染者は医療担当者であることをアラビア語のウエブサイトで発表したが、FluTrackersが機械翻訳して内容を伝えている。

 UAEの医療担当者はアルアイン市の救急センターに勤務していたとされ、定期的検査で感染が確認されたという。
 同連邦の内務省によると生存している医療担当者は隔離され、救急患者搬送会社により、患者搬送の過程でのMERSコロナウイルス感染の状況を調査すると共に、他に感染者がいないか調べている。

 UAEの6人の新規患者により同国のMERS感染者数は27人となった。

 医療担当者が次々とMERSウイルスに感染している状況は、医療担当者の安全性と、ウイルスがどのように感染しているのかという問題が大きな関心事となっている。

 サウジアラビアのジッダで集団発生が起きているが、医療担当者の感染により、今週救急部を1病院が閉鎖した。

 ヨルダン人事例

 ヨルダン保健省は同国のMERS最新例を4月9日にWHOに報告した。
 WHOによると患者は52歳男性で、3月20日から29日までサウジアラビアを旅行していた。
 男性は25日に発病しジッダの病院を受診、29日にヨルダンに帰国した。同日アンマンの病院を受診し、2日に帰宅した。状態は安定しているとされる。
 ヨルダンにおけるMERS患者は5人となった。


 ジッダの集団感染

 サウジアラビアの新規例はジッダの45歳住民であるが、死亡している。さらに28歳と25歳の医療担当者であると保健省は発表している。この新規例でサウジアラビアにおけるMERS感染者数は185人となり、その中で死者は68人となっている。

 この1週間サウジアラビアではMERS感染者発生が続いているが、今回の新規事例はさらに拍車をかけた結果となっている。
 本日の発表のように、ジッダにおける感染者の中には医療担当者が多数含まれている。
 ジッダにおけるMERS集団発生は、キングファド病院(King Fahd Hospital )の救急センターを24時間閉鎖する事態となっている。その間に消毒を行うとされる。

 保健省の初期の発表では(アラビア語発表内容の機械語翻訳による)、8日以降11人の感染者がジッダで確認されたとしているが、メディアの報告によるとキングファド病院で15人の感染者が確認され、その中に3人の医師と4人のナースが含まれているとされる。


 WHOは2012年9月以来212人の検査で確認されたMERSコロナウイルス感染者の報告を受けていて、その中で88人が死亡している。
 WHOは再度次のように医療機関いおける感染対策をアドバイスしている。

 ・MERSコロナウイルス感染者を早期に見つけることは必ずしも容易ではないので、医療担当者は全ての患者に対して標準感染予防策を講じなければならない。

 ラクダのウイルス感染源としての論争

 他に進展している問題として、サウジ農業省がSARSコロナウイルスの拡大にラクダが関与している可能性を論議している。アラビアのメディアが報じている。

 3月27日のWHOの患者と科学的報告の総括で、同機関はラクダは主要なMERSコロナウイルスの発生源(the main source)のように思われるが、ウイルスがラクダからどのように人に感染するのかについては明確ではないとしている。

 付け加えるに、二つのラクダから分離されたウイルス遺伝子分析に関する研究は、人から分離されたウイルスに遺伝子構造が高度に類似しているとしている。
 また他の研究ではサウジのラクダにウイルスは感染しているが、ヤギやヒツジではウイルスは検出されないという。

 農業省の広報官は、二つのメディアにラクダから人にウイルスが感染するとは記録されてないし、治療やウイルス駆除に関しては保健省の責任であると語っている。
 (*訳者注:農業省としては現在、MERSがラクダ由来とする説は否定したいところである。またサウジアラビアでは農業や輸送手段にラクダが使用されているが、他に観光資源ともなっていて、ラクダとMERSの関係は微妙な問題となっている)。



  ジッダ市、MERSコロナウイルス感染が拡大か?

 4月8日以降、17人が保健省から報告、4人がメディアから報告
 この中に11人の医療担当者が含まれ、ジッダの関連病院は閉鎖

 情報はFluTrackersから

 さらに11日(現地時間、日本では12日)、保健省はジッダでの3感染例を発表した。
 保健省発表内容 アラビア語

 症例1:45歳男性、サウジアラビア ジッダ、死亡、
 症例2:28歳、 サウジアラビア ジッダ、不顕性感染、医療従事者、
 症例3:25歳、 サウジアラビア ジッダ、不顕性感染、医療従事者、

  医療関係者の不顕性感染が多いが、患者周辺の調査で検出されていると考えられる。
  少なくともこの数日間で13人の医療担当者がジッダの病院で感染していることになる。

 MERSコロナウイルスは、ジッダ市以外でもリヤド市で多くの医療関係者の感染が起きているが、これはウイルスが人に感染しやすいが、ある程度の量の粒子を吸い込むことで感染が成立することを示している。未だウイルスが人に感染するためには気管の奥のリセプターに付着することが必要なのだろうか?
 それともウイルスが急速に変異し、人人感染の危険性が迫ってきているのだろうか?


 サウジ、ジッダ市の学校と病院が閉鎖との現地報道

 先に院内感染が起きた医療機関が閉鎖され、今回学校が閉鎖されたという現地報道が出ているようだ。
 アラビア語報道

 教育長はそうした情報を否定しているともいわれる。
 WHOには何ら情報は入っていないようだ。
 FluTrackers



  ヨルダンでMERS患者が報告、サウジで感染
  Additional Case of MERS-CoV is Reported to WHO Infection Control Today  (国際) 更なるMERS患者がWHOに報告

 4月9日、ヨルダン保健省はWHOに検査で確認された52歳のMERS感染者を報告した。
 男性は3月20日から29日の間、サウジアラビアを旅行し、25日に発病しジッダの医療機関を受診、29日にヨルダンに帰国し、アンマンの病院を受診した。現在容態は安定している。


11日

 H7N9感染者情報

 中国

 広東省衛生出産計画委員会 中国語

 ・79歳男性、広州市、4月10日確認、危篤、広州市の病院にて治療中

 

 アラビア半島、MERSが多発傾向か

 アラブ首長国連邦アブダビで6名がMERS感染、5人は医療担当者、1人死亡
 FluTrackers緊急報告

 アラブ首長国連邦内務省がツイッターで発表。
 アブダビ首長国のアルアイン市(Al Ain)でMERS感染者1人が死亡、救急センターの医療担当者5人が感染。


 サウジアラビア第二の都市ジッダ(ジッダ)で、同国保健省が3例のMERS感染者を報告した。
 同国の英語版ウエブでは記載されてない。
 感染症情報を追っている国際的NPO団体のFluTrackersで発表している。
 
 ・70歳男性、ICU収容、ジッダ、サウジアラビア
  ・34歳男性、病状安定、ジッダ、サウジアラビア、
  ・29歳男性、病状安定、ジッダ、サウジアラビア、

 最近ジッダの医療機関で院内感染が起き、医療担当者が感染しているが、これら3例はそれとは別な事例のようだ。ジッダ(Jeddah)は下図左紅海に面したサウジ第二の都市。
 これまでMERSが多数発生している地域は、ジッダと首都のリヤド(Riyadh)。最近はUAE(アラブ首長国連邦)。

 コメント:
  季節的にMERSコロナウイルスが活発化してきているのか、それともウイルスの性状が変わり人への感染力が高まっているのか不明。
  WHO、報道機関からの情報発表が非常に少なくなっているので、危険。


 インフルエンザに対してタミフルはそれほど有効ではない

 抗インフルエンザ薬に関するコックラン共同計画発表に対する専門家達の異なる見解  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター)
 
 抗インフルエンザ薬として一般的であるタミフルとリレンザの効果に対するデータを、発表済みの論文と製薬企業の未発表データを対象に見解をまとめたコックラン共同計画の発表は、それら薬剤を使用した場合、0.66日間のみ症状の短縮がなく、逆に副作用が出る場合もあるとされている。
 コックランの研究者達はさらにパンデミックまたは季節性インフルエンザに備えて薬剤を備蓄すべきであることを支持するデータも得られてないとした。
 以上の内容はBMJ(英国医師会雑誌)に発表された。
 
 以上の知見は2012年にグループが既発表論文を対象に得られた結果と類似している。
 しかし米国CDCや数人のインフルエンザ専門家達は、コックランの発表の方法論と結論に異議を抱いている。
 
 コックランのレビューはタミフル(オセルタミビル)に関して43論文、リレンザ(ザナミビル)に関しては54論文を対象にして、すべてランダム化比較試験(RCTs)による研究論文である。RCTsはEBM(根拠に基づいた医学)の標準的研究方法である。
 (*訳者注:インフルエンザ様症状を呈する患者を抗インフルエンザ薬を処方する群と、何も処方しない群に分け、その治癒までの過程を比較する。場合によっては対照群にプラセボー(偽薬)を投与する場合もある。治療効果を試すための最も正当な方法となっている)。

 コックランの分析結果では、タミフルはインフルエンザ症状を7日から6.3日に、リレンザは6.6日から6日に短縮した(両薬剤の対照とした無投与群の症状継続期間は当然ながら若干異なっている:訳者)。

 コックランのチームは薬剤投与による入院率および重症合併症発生率の減少の根拠は見いだすことはできなく、逆に悪心や嘔吐を成人で4%、小児で5%認めた。またインフルエンザ予防のためにタミフルを投与した群の1%で精神症状の発現を認めている。

 コックランではこれらの事実から抗インフルエンザ薬投与のガイダンスを変更すべきとしている。
 
 一方、本日の米国CDCの声明では以下のようにコックランの発表を批判している。
 ・RCTs研究のみを対象にしているので、軽症のインフルエンザ様症状を保有する外来患者だけが対象となり、重症なインフルエンザ患者の合併症を減らすか効果については焦点が合わされてない。このポイントがパンデミックおよび季節性インフルエンザに対する抗インフルエンザ薬の効果に関する重要なポイントである。
 ・またRCTs研究は、高齢者、妊婦、および基礎的疾患を保有した感染者に焦点が合わされてない。
 
 さらに米国CDCは、コックラン・レビューは数多くの”観察研究”、それは科学的には限界のある方法論ではあるが、有益なデータも提供している、を考慮してない、とコメントしている。そして観察研究は、重症な症例の特異的予後やハイリスク群の予後などをRCTs研究が対象にできない場合、有効な手段であるとしている。
 (*観察研究:臨床的に観察された患者の経過に関して抗インフルエンザ薬投与の効果を判断。無投薬で重症化していた患者に抗インフルエンザ薬を投与して急速に改善した事例、重症肺炎を起こして入院してきたインフルエンザ患者に投薬することで、患者の症状が急速に改善した事例。対照群として何もしない群は存在しないため、厳密に薬の効果が改善につながったとは言い切れないとする批判が当然起きる。以上は例として記述)。

 米国CDCは今回のコックラン報告でガイドラインを変更しないだろうとしている。
 
 また数人のインフルエンザ専門家はコックランの発表に関して、NBCニュースで類似の感想を述べている。
 「2009年のパンデミックに際して、抗インフルエンザ薬が多くの命を救ったことを我々は知っているし、一般社会に対して抗インフルエンザ薬に関する過度な否定的意見の発表が、我々がインフルエンザに対して保有する僅かな武器を失う危険性がある」、とロンドンインペリアル大学の専門家であるピーター・オーペンショウ博士は語っている。
 (訳者注:表現は科学的というよりも文学的に近い。EBM主流の時代であるが、このような解釈、説明は古風ともいえる)。


抗インフル薬タミフル「効果は限定的」 英医学誌など  asahi.com

 {英医学誌BMJと世界の臨床試験を検証する国際チーム「コクラン」は10日、抗インフルエンザ薬タミフルを服用しても効果は限定的として、服用基準の見直しを世界各国の政府機関に求める声明を出した。

 英オックスフォード大のグループが、タミフルを製造するロシュ社(スイス)から臨床試験の未公開データを入手して分析した。

 グループによると、タミフルをのんだグループは、のんでいないグループに比べ、感染して発熱などの症状がおさまるまでの期間が成人では0・7日短くなった。しかし、未成年者の場合は有意な差がみられなかった。また、成人、未成年者にかかわらず、感染者が肺炎など重症な合併症を引き起こすのを減らす効果も確認できなかったという。

 タミフルは、インフルエンザの症状の軽減や予防に効果があるとされる。新型インフルエンザ対策として、国と都道府県は2013年時点で約5420万人分を備蓄している。}

Tamiflu: Britain spent £424m on a drug that shortens bouts but is no cure The Guardian  (英国) タミフル:英国は症状発現期間を短縮するだけで、治癒効果は持たない薬に800億円を費やしている

Tamiflu: Millions wasted on flu drug, claims major report BBC News (英国) タミフル、インフルエンザに対してほとんど効果はない、コックラン共同計画が報告書

 EBM(根拠に基づいた医学)を基盤に、治療と予防に関する医療情報を定期的に吟味し人々に伝えるために、世界展開している計画のコックラン共同計画(Cochrane Collaboration)が最近発表した”タミフルのインフルエンザに対する効果”は、アセトアミノフェン程度の効果しかないとされ、英国で新型インフルエンザのために備蓄されてきたタミフル800億円相当が無駄に使われていると、英国内で問題化されている。BMJ(英国医師会雑誌、世界の五大医学雑誌の一つ)で発表。

 コックランの報告書によるとタミフルの効果は:
  成人の場合1週間のインフルエンザ症状がタミフル服用で6.3日に、小児で5.8日に短縮する程度であり、肺炎等の合併症予防に対する効果は明確でないとしている。
  その効果はアセトアミノフェンと大差はないとしている。

 タミフル発売元のロッシュ製薬は統計方法が誤っていると反論している。
 また研究者の中には世界で100か国以上がタミフルを使用し、その効果を認めているとし、評価の方法論が間違っているとコメントしている研究者も見られている。
 
 *コックラン共同計画は、世界中の論文の中からEBMに基づき評価が可能な論文を選択して、評価して、定期的に世界に報告しているが、国際的にその評価内容は信頼されている。英国で始まったがその背景には、我が国の保健制度に似たNHS(国民保健サービス)が存在している。

 時間が出来たときに全訳予定。
 なおコックラン共同計画では、以前からインフルエンザに対するタミフルの有効性を疑問視してきていた。

 コメント:コックラン共同計画は英国の専門家たちが中心に活動しているNPO機関。英国医師会もバックアップ。
 

10日

 H7N9感染者情報

 中国

 広東省衛生出産計画委員会 中国語

 ・81歳女性、広州市、4月8日確認、危篤、広州市の病院にて治療中、
 ・37歳男性、汕頭市、4月9日確認、危篤、汕頭市の病院にて治療中、
 ・71歳女性、河源市、4月9日確認、危篤、河原市の病院にて治療中、


 コメント:

  相変わらず氷山の一角のように重症者だけが報告される。
  37歳男性が危篤であるが、5日には江蘇省で28歳女性が危篤となっている。

  全体的に報告数は少なくなっているが、重体者ばかりが報告となると、中国の一般市民(発熱程度では医療機関を受診しない)の間での感染率が気になる。



Thousands of chickens lost to H5N1 in North Korea  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 北朝鮮で数万羽の鶏がH5N1鳥インフルエンザで感染死および殺処分

 昨日の韓国報道の内容。

 コメント:うまい具合に拡大を抑えて欲しいが。
      食糧難の北朝鮮では殺処分した感染鶏を密かに住民が食べている可能性がある。感染者や死者が出ていても報告はされないのだろう。


Fever tourist with travel history tests negative for Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus  香港保健省 中東帰りの旅行者が発熱、検査でMERSコロナウイルスが陰性

 66歳女性、アブダビ、ドゥバイ、およびドハを旅行後香港に帰国。その後(4月6日から)発熱、咳、鼻汁を呈し、個人クリニックを受診、その後直ちにRuttonjee 病院に隔離された。
 患者の鼻咽頭スワブ、喀痰の検査ではMERSコロナウイルスは陰性であったが、H1亜型インフルエンザが陽性であった。

 サウジアラビア、4例のMERS感染者を発表
 
 Saudi Arabia reports four severe MERS cases in Riyadh  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジアラビア、4例の重症MERSを報告

 下記内容。

  同国保健省ウエブサイトで9日発表(現地語)
   首都リヤドで発生、3例はICU収容、1人は死亡

 45歳, ICU収容、リヤド、サウジアラビア
 51歳, ICU収容、リヤド、サウジアラビア
 90歳, ICU収容、リヤド、サウジアラビア
 57歳,死亡、リヤド、サウジアラビア

 コメント:中東のMERS感染者数が増えだしている。院内感染も多く、人人感染の率も高くなっているようだ。

9日

 H7N9感染者情報

 香港 (広東省からの輸入例)

 香港保健省プレスりりーズ

 ・82歳女性、広州市、4月9日確認、病状安定、香港の病院にて治療中


 北朝鮮、致死的H5N1鳥インフルエンザが養鶏場で拡大

 北朝鮮で鳥インフル拡大 H5N1型で数万羽被害 朝鮮日報

 {【ソウル聯合ニュース】北朝鮮で1年ぶりに鳥インフルエンザが再発した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、農業省局長の話として先月21日に平壌の兄弟山区域の養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、他の養鶏場にも感染が拡大していると報じた。

 報道によると、毒性が強いH5N1型ウイルスに感染し、数万羽が死ぬか殺処分された。

 北朝鮮は感染拡大を防ぐため非常防疫委員会を設置。発生地域の交通を遮断し、感染した鳥を殺処分するなど、防疫作業を進めている。

 北朝鮮の公式メディアが鳥インフルエンザ発生を報じたのは今年初めて。ただ、1月に韓国で鳥インフルエンザが全国に拡大したため、北朝鮮でも発生する可能性が指摘され続けていた。

 北朝鮮では昨年4月にも平壌の農場のアヒルが鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染し、国際獣疫事務局(OIE)など関連国際機関に報告した。

 一方、朝鮮中央通信は同日、家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)が南部の江原道鉄原郡で先月14日に発生したと報じた。

 北朝鮮は牛の口蹄疫感染をOIEに報告していたが、公式メディアが報じたのは初めて。

 米国の海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は今月5日、北朝鮮で豚に続き牛の口蹄疫が発生し、鉄原の農場で飼育されていた牛9頭が感染したと報じていた。}


8日

 H7N9感染者情報

 中国

 安徽省衛生庁 中国語

 ・69歳男性、安慶市、4月8日確認、銅陵市の病院にて治療中



 MERS感染者報告が増加

Abu Dhabi confirms new case of MERS-Coronavirus
Arabian Busuiness (サウジアラビア) アブダビ、MERSコロナウイルス感染者を報告

 アラブ首長国連邦に属するアブダビ(首長国)は、8日、新規のMERS感染者を報告した。
 59歳男性、高度の腎不全で人工透析中とされる。

 Saudi Arabia reports 9 more MERS cases, 2 deaths CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジアラビア、9例のMERS感染者を報告、さらに先に報告した感染者の2例が死亡と

 サウジアラビア保健省はさらに9例の中東呼吸器症候群(MERS)が、過去2日間に確認されたと発表したが、その中の少なくとも4人が医療担当者であるとし、他に先に感染が報告された2例が死亡したことも併せて報告した。

 サウジ保健省は昨日、過去1週間に発生した患者と接触者の検体356から3件の陽性例を検出したが、3例とも医療担当者であり、現在健康状態は良好とされる。さらにジェダで働く1人の医師が陽性であったが、その医師が上記3人に含まれているのかは不明である。

 保健省からの発表には、4月1日に報告されたジェダの26歳医師の死亡報告が含まれている。発表時にはICUで治療中とされていた。
 
 別な本日の発表では、保健省はジェダの4例の感染例を確認している。
 28歳男性(ICU収容)、32歳医療担当者(無症状)、さらに35歳と33歳の無症状感染者である。

 
 医療担当者の感染に対する懸念

 医療担当者のMERSコロナウイルス感染は、サウジアラビアで重要な問題となっている。

 保健省は先週、高度に感染しやすい感染症に従事する医療担当者に特別な手当てを毎月提供することを発表した。
 最近のメディアの報道によると、ジェダの男性看護師がMERSに感染したことから、医療担当者は特別手当を要求しているとされる。

 WHOも先月医療機関内での継続する人人感染に対して重大な関心を示している。
 
 昨日さらにジェダで70歳男性の感染が確認された。患者は死亡したが家族の検査で息子の感染が確認された。息子は無症状である。

 サウジアラビア保健省のホームページでは(現地語)不明な点もあるが、4月2日以来9名の感染者が確認されたとされている。


 コメント:
  気温が上がってきたせいなのか、MERSコロナウイルスが昨年と同じように活発に感染しだしているようだ。
  気になる特徴として院内での医療担当者の感染が多いことと、無症状感染者が検査で見つかることである。

 いつまで”中東”呼吸器感染症でいるのか、ウイルスが世界中に広がる日がくるのか目は離されない。(と管理人は思っている)


7日

 未情報

6日

 未情報

5日

 H7N9感染者情報

 中国
 
 江蘇省衛生局 中国語

 ・73歳男性、泰州市、4月5日確認、危篤、泰州市の病院にて治療中
 ・28歳女性、蘇州市、4月5日確認、危篤、家禽既往歴、蘇州市の病院にて治療中、

 香港
  
 香港保健省

 ・65歳男性、深セン市在住、4月4日確認、家禽既往歴、病状安定、香港の病院にて治療中


 コメント:

 蘇州市でのH7N9感染者は28歳女性で危篤状態とされる。
 このような若い世代で危篤は以前は稀だったと思う。

 香港保健省は、本年末から来年初頭にかけてハイリスク者にH7N9ワクチン接種予定と発表している。
 一方、3月7日の新華社の報道では、中国工科アカデミーがH7N9ワクチン作製に成功し、早ければ5月に実用化されるとされている。しかし接種対象者が問題とのコメントが専門家から出ている。

 いずれにしても、中国ではH7N9ウイルスが人人感染、または家きんから人への感染持続に備えて、ワクチン接種体制が整えられだしているようだ。



Man rushed to hospital from border has H7N9 South China Morning Post  (香港) 香港入国管理ポイントから搬送された男性はH7N9感染者であった
 下記情報と同じ。
 他に以下の記述。

 食品健康庁のKo Wing-man長官が、H7N9ワクチンが本年末または来年初めには、リスクの高い市民対象に接種が可能となることを発表した。

 Imported human case of avian influenza A(H7N9) under CHP investigation 香港保健庁 香港健康保護庁、人のH7N9輸入例を調査中

 香港保健省の健康保護庁(CHP)は本日(4月4日)、65歳のH7N9鳥インフルエンザ輸入例を確認し調査している。

 患者は深セン市に住んでいて慢性疾患を保有していた。3月31日に発熱、咳、血痰および下痢を生じた。
 患者の症状は続き、4月3日午後に香港へ入ったが、チェックポイントのLo Wu Control Pointで発熱と咽頭痛が確認された。
 患者は救急車で直接北部地区病院(NDH)の救急部に運ばれ、同日入院した。

 臨床診断は肺炎であった。
 しかし喀痰検査でH7N9ウイルスが陽性であることが夕方に確認された。

 患者は現在プリンセス・マーガレット病院の隔離室に収容されているが、病状は安定している。

 初期の疫学的検査では、患者住居に近い生家きん市場で”と殺”されたハトを購入していた。
 現在、患者との接触者の調査が行われている。

 当症例は香港として8例目のH7N9感染者となったが、全て輸入例である。
 香港保健局は当症例をWHOに報告すると共に、中国保健省、広東省保健局、マカオ保健局に通知した。


4日

 H7N9感染者情報

 中国

 広東省衛生出産計画委員会 中国語

 ・62歳の男性、河源市に在住。4月3日に感染確認。河源市の病院で治療中、危篤。


More H7N9 cases reported in China as holiday prompts warning  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 中国でさらにH7N9感染者が報告、清明節(祝日)でさらなる感染者が出ることが懸念

 本日(3日)、中国で2例のH7N9感染者が2省から報告された。報告例は少ないが着実に一定のペースで報告されている。それは5日から始まる清明節で人々が家きん市場を訪れる機会が増えることから、感染者数がさらに増えることがOIE(国際獣疫事務局)で警戒している。
 訳者注:清明節は先祖のお墓参りをするもので、日本のお彼岸に似ている。

 感染者の1例は広東省の37歳男性で、深セン市の病院に入院中であるが病状は安定している。
 もう1例は安徽省の30歳男性例である。
 
 訳者注;2例とも昨日当ページで報告済みである。


China reports 2 more human H7N9 cases Xinhua (中国国営新華社通信) 中国、さらに2例のH7N9感染者を報告

 当情報は昨日本ページで報告している。

 3日、保健当局は2例のH7N9感染者を確認した。

 東部の安徽省、銅陵市の30歳男性が3日感染が確認された。合肥市の病院にて治療中である。以上を同省保健局のウエブサイトが伝えた。
 南中国の広東省深セン市の37歳男性の感染が報告された。同省保健局によると状態は安定している。

 中国は130例以上のH7N9感染者を本年報告しているが、その中で少なくとも38例が死亡している。

3日

 H7N9感染者情報

  中国

  安徽省衛生庁 中国語

  ・30歳男性、銅陵市、4月3日確認、合肥市の病院にて治療中

  広東省衛生出産計画委員会 中国語

  ・37歳男性、深セン市、4月1日確認、病状安定、深セン市の病院にて治療中


Three more MERS cases reported in Saudi Arabia  CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジでさらに3名のMERSが報告

 ジェダと首都リヤド。
 ジェダの感染者は26歳で医療担当者であるが、現在ICUに収容されている。

 2人のリヤドの患者は77歳と59歳であるが、前者は重体とされる。性別は不明。

 
 江蘇省の男性、飼育ハトからH7N9感染の疑い
Two more human H7N9 cases in China Xinhua  (中国国営通信 新華社) 中国で、さらに2名の人H7N9感染者が確認

 ”2例とも昨日当ページで報告済み”

 2日、保健当局は2名のH7N9感染者を報告した。

 1名は南中国の広東省広州市から報告され、68歳男性で危篤とされる。

 もう1例は江蘇省の蘇州市の28歳男性であり、やはり危篤とされる。
 男性は鶏とハトを自宅で飼育していた。

 *訳者注:中国では鳩を食用としているが、生家きん市場でその鳩からH7N9ウイルスが検出されることがある。
 昨年、江蘇省の農家で飼育していた伝書鳩がウイルス感染していたこともある。
 今回の男性の場合、飼育ハトからウイルス感染した可能性があるが、日本国内のハトにはウイルスは感染してないのだろうか?、とふと不安がよぎる。


 ラオスでH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で発生
First H5N1 Bird Flu Outbreak for Five Years in Laos ThePoultrySite.com  (国際) ラオスで5年ぶりにH5N1鳥インフルエンザが家きんの間で発生

 ラオス北西部の村で家きんの間でH5N1鳥インフルエンザが発生した。
 5年ぶりとされる。
 タイとの国境沿いの村で5142羽中457羽が感染、死亡、残りは殺処分された。

 ラオスは3月31日にOIE(国際獣疫事務局に報告した)。

2日

 H7N9感染者情報

  中国

   
   広東省衛生出産計画委員会 中国語
    ・68歳男性、広州市、3月31日確認、危篤、広州市の病院にて治療中

   江蘇省衛生局 中国語
    ・28歳男性、蘇州市、4月2日確認、重体、家禽既往歴、蘇州市の病院にて治療中


 コメント:
  香港大チームが多種類のインフルエンザ予防効果を示すワクチンの開発に成功したが、他にもこの種の万能型インフルエンザワクチンは世界中で開発されており、そろそろ人での実用化の報告が出てくる頃でもある。香港大のワクチンは天然痘ウイルスの殻に、H5N1鳥インフルエンザウイルスの遺伝子を改変したものを組み込んでいるようであるが、多種類のインフルエンザをマウスの実験で確かめたとされる。類似の方法でH7N9ワクチンが米国で開発されたとも聞く。


 インフルエンザ万能型ワクチンを香港チームが開発

鳥インフルや新型など複数に効果 香港大チームがワクチン開発  MSN産経ニュース

 {香港紙、明報などは2日、香港大などのチームが複数のインフルエンザウイルスに効果があるワクチンを開発、マウスを使った実験に成功したと伝えた。ただ安全性の確認が必要で、臨床実験にはまだ少なくとも数年がかかる。米科学アカデミー紀要に発表した。

 このワクチンは、H7N9型やH5N1型などの鳥インフルエンザウイルスや、2009~10年にかけて新型インフルエンザとして流行したH1N1型のインフルエンザウイルスに対する効果が確認された。

 同チームは「現在使用されているワクチンは特定のインフルエンザが対象だが、流行する型の予想は難しい」と指摘、このワクチン開発の重要性を強調している。(共同)}


Study: 'Universal' vaccine protects mice against H7N9, other strains CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 研究:万能ワクチンがマウスでH7N9ウイルスを含む多数のインフルエンザ感染を予防
 本日の香港の報道内容と同じ。
 米国の著名な雑誌に掲載(Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS))

 研究論文のPNAS アブストラクト

WHO reports fatal MERS case in UAE man CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) WHO、アラブ首長国連邦(UAE)男性がMERSを発症して死亡したと報告

 アブダビの男性が3月21日発病、25日に入院、ICUに収容されるも30日に死亡。
 男性は発病前にラクダを含む動物に接触した既往を持つ。
 男性は発病前にMERSが多発沿ているオマーンやサウジアラビアを訪れていた。

 WHOは最近、ラクダがMERSコロナウイルスの発生源とする見解を発表している。
 WHOはまた検査で確認されたMERS感染者は207名で死亡者は87名としている。


 インフルエンザ万能ワクチンが香港大で開発
HKU team hail H7N9 flu vaccine 'breakthrough' South China Morning Post  (香港) 香港大チーム、万能型インフルエンザワクチンの開発に成功

 
香港大のチームは、H7N9ウイルスを含め多数のインフルエンザウイルスの感染を80~100%防ぐ万能型ワクチンの開発に成功した。
 実験は未だマウスのでのレベルであるが、数年後には人でも実用化されると推定されている。
 ワクチンに使うウイルスは天然痘ウイルスを加工したもので、米国の国立がん研究所との共同研究とされる。
 マウスでH3N2、H1N1、H7N7、H7N9ウイルスの感染を抑えることがが確認されている。
 研究結果は米国の著名な医学雑誌である、Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)に昨日掲載された。


1日


 現時点では特記すべき情報はない。


TOP