8月-2

 サウジアラビア、MERS院内感染、さらなる拡大が懸念


31日

 サウジアラビアMERS、新規3人
  サウジ保健省

  2人がリヤド、1人がハイル(Hail)、2人が危篤、1人が安定。


 シエラレオネで再びエボラ再燃か?

シエラレオネ、エボラ終息宣言直前に新たな患者 TBS News

 エボラ出血熱の終息宣言が秒読み状態だった西アフリカのシエラレオネで、再び新たな患者が確認されました。

 シエラレオネの保健当局によりますと、今月29日に死亡したシエラレオネ北部出身の67歳の女性が、エボラ出血熱にかかっていたことがわかりました。

 シエラレオネでは、その5日前の24日に「最後のエボラ出血熱患者」と言われた女性患者が回復して病院を退院したばかりで、そのまま42日間、新しい患者が確認されなければ、WHO=世界保健機関がエボラ出血熱の終息宣言を出すことになっていました。

 死亡した女性は最近、旅行をしていなかったということで、当局は感染ルートを調べています。

 WHOによりますと、シエラレオネではエボラ出血熱でこれまで4000人近くが死亡しています。

 同じくエボラ出血熱が大流行した西アフリカのリベリアでは、今年5月に終息宣言が出されたにもかかわらず、2か月後には再び感染者が確認される事態となっていて、撲滅への道のりは困難な現状があります。


Sierra Leone Confirms New Ebola Death Voice of America  (米国) シエラレオネ、新規エボラ死者を確認


Sierra Leone Reports Ebola Death  The New York Times ( 米国 ) 終息宣言間近のシエラレオネがエボラ出血熱による死亡者を確認

 シエラレオネ保健省は日曜日(30日)、エボラ出血熱による死亡者を確認した。
 保健省高官によると、シエラレオネ北部のカンビア(Kambia)地域で死亡した女性(67)から採取した検体が陽性を示したと述べた。

 先週月曜日(24日)、最後のエボラ感染者が退院したことで、エボラ流行の終息宣言の条件とされる42日間の感染者未発生へのカウントダウンを始めた矢先のことである。当局はカウントダウンの開始時期に鑑み、いつこの感染者が感染したかを調査中である。(高橋雅人訳)。

 管理人コメント:未だエボラ感染源が存在している可能性がある。となると他にも感染者が出ているのかも知れない。


30日

サウジ2例のMERSを発表

 サウジ保健省

 1例はリヤド、もう1例はナジランで死亡。2例とも感染源は不明


29日

サウジ2例のMERSを発表

 サウジ保健省

 2例ともリヤド、1例は危篤


Iowa reports H1N1v illness in person with swine contact CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) 米国アイオワ州、豚と接触後に変異型H1N1(H1N1v)を発症男性を確認

 変異型H1N1(H1N1v)感染者はミネソタ州で1月に初めて見つかったが、その後5月にオハイオ州で2例目が確認されたが、その例は死亡した。今回3例目が確認されたが、患者は入院した。1週間前に豚に接触したとされる。

 2012年夏に300例以上発生した変異型H3N2インフルエンザ(豚由来)は、その後発生が劇的に減少した。

 CDCでは、新型のインフルエンザAウイルスの人への感染は、可能な限り早期に同定しウイルス分析を行うことが重要と説明し、それにより適切な公衆衛生対策が可能となる、とコメントしている。


Riyadh, Jordan each report 2 new MERS cases CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) リヤドとヨルダンで新規MERS患者、各2名発生

 サウジ保健省は2名のMERS感染者を報告した。
 1人はリヤドの病院集団発生から感染を受けていると推定されている。
 もう1人は感染源は不明。

 ヨルダンの新聞が2名の感染者が確認されたと本日報道している。
 2名とも発病者がいる院内で感染したとされる。今週4人目の感染者となる。


 一方、ヨーロッパCDCは、多くの人々がヨーロッパと中東を往来するので、散発的感染者の発生がヨーロッパで起きえる可能性があると、本日警告した。


In Sierra Leone, Ebola Fades But Still Impacts Mental Health Voice of America  (米国) シエラレオネ、エボラが終息、しかし大きな精神的傷が残る

 6月24日、シエラレオネの最後のエボラ患者が退院した。もし42日間新規患者が出なければ公式に終息となる。
 しかしエボラウイルスの脅威は未だ残り、特にエボラ死者を埋葬した人々の心の中に大きな傷を残している。

 1年前エボラ患者の発生がピークを迎えたとき、遺体は何日間も放置されていた。その後忙殺されていた埋葬チームが遺体を持ち去った。
 
 腐乱した遺体のイメージが未だ脳裏から離れない人々がいる。
 「神経が過敏になる。一人でいると明日何が起きるのか考え込んでしまう。なぜって?明日は今日とは別な日だから。仕事は楽じゃない」
 遺体処理チームの一人が語った。

 以後略。


 エボラ回復女性が出産-その苦痛に満ちた日々-それは奇蹟!
Ebola survivor who lost 21 family members to virus gives birth to baby boy Fox News  (米国) シエラレオネ、21人の家族を失った女性が男児を誕生

 エボラはビクトリア・イーリア(Victoria Yillia)の命を奪わなかった。
 そして彼女の男児の誕生をも阻止しなかった。
 しかしそれは未だ、ビクトリアの人生最大の幸福な日に不安の影を落としているのだ。

 昨年死と生の間をさまよった病棟から数分の場所で彼女は男児を出産した。
 そこでは医師やナース達が未だ予防衣やマスクで感染に対処している。

 医師団は彼女から完全にウイルスが消失しているか詳細な検査を続けていて、未だ母自身が男児をケアする許可を出していない。

 彼女の夫のアンソニーは産婦人科病棟で、黄色のキャップをかぶり毛布に包まれた彼らの男児の名前を、満面の笑みを浮かべながらビクトリアと話し合った。
 しかし突然ビクトリアの両目から涙が溢れ出た…。彼女は最初の赤ちゃんにどのように接すれば良いのかを教えてもらう母親も、祖母も失っていた。さらに3人の姉たちも死んでしまっていた。

 ビクトリアとアンソニー、そして生まれたばかりの赤ちゃんが残された全てだった。
 シエラレオネにエボラウイルスが侵入してから彼女の家族21人が死んだ。

 「自分が家族全員を失ったから、神の御加護で私は新しい家族を得たのです」
 「私が失った全ての代わりにこの子は誕生したのです」

 ビクトリアは単に家族の中で唯一生き残った存在ではなく、シエラレオネでエボラから回復した最初の存在でもある。

 彼女の生存は国家的にも祝福された。
 彼女が治療センターから解放された日、大統領と面会し、大統領からの祝福を得た。その6月8日は国家生存者記念日とされた。(National Survivors Day)。


 二人の出会いはコインヅ村だった。
 彼女は16歳。
 アンソニーは教師になる夢を抱いて、ビクトリアの通う学校のボランティアをしていた。
 アンソニーは初々しく活発なビクトリアに一目惚れした。

 二人は結婚した。
 夫がケネマで教師になるための大学での過程を終えるまで、ビクトリアは彼女の家族と共に生活をした。

 彼女は間もなく妊娠した。
 しかしビクトリアは妊娠初期から多くの合併症を経験した。
 彼女を看護するナースが、ギニアでの葬式(エボラ死者)に参列した知人と接触していたことをビクトリアは知るよしもなかった。

 ビクトリアは2014年5月、妊娠第一期に胎児を失った。
 彼女はケネマの産科病棟へ送られた。ケネマにはアンソニーが大学に通っていた。
 医師達は彼女が流産以上の重大な病態にあることを確認した。
 ビクトリアは20歳でエボラを発症していたのだ。

 彼女の家族は次々とエボラを発症し亡くなっていった。みんな彼女が流産して入院していたとき見守っていた。

 ビクトリアはエボラを乗り越えた。
 しかしアンソニーから彼女の家族がみんな死んだことを告げられると何週間も泣き通した。
 ビクトリアがエボラを克服して退院することは大きくマスメディアに取り上げられた。

 ビクトリアは注目されることを避け、地元に戻り、アンソニーの母親(エボラから生存していた)達と生活を開始した。
 再びビクトリアは妊娠した。彼女は驚いたが、医師達はエボラ回復者が無事に出産できるのか全く分からないと語った。
 エボラ生存者は妊娠しても流産するか死産するかが大多数とされていた。
 しかしビクトリアの妊娠経過は通常と全く変わらなかった。

 病院から退院したビクトリアは、夫や義母達が大勢待つ部屋に向かった。



 この写真は2015年8月16日に撮影された。エボラ生存者であるビクトリア・イーリアさんが出産した男児にミルクを飲ませている。医師団は彼女の体内にウイルスが残存していないことが確認出来るまで、赤ちゃんの養育はしないように忠告している。  (AP Photo/Sunday Alamba)


28日

Flu Scan for Aug 27, 2015 CIDRAP  (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) インフルエンザ情報8月27日

 ・コートジボアールとナイジェリアで高病原性H5N1鳥インフルエンザが商業家きん農場で流行

 コートジボアールでは7月17日に流行が始まり、20286羽の家きんが死に、生きている家きんが拡大防止のために殺処分された。
 ナイジェリアでは8月10日に流行が始まり、350羽の家きんが死んだ。

 アフリカでは少数の国が数年ぶりにH5N1鳥インフルエンザの再興をみている。

 ・中国におけるH7N9鳥インフルエンザ疫学調査、浙江省の家きん市場における感染状態と感染者の性差を明らかに

 H7N9鳥インフルエンザが大流行した地域の一つである浙江省の家きんからウイルス感染調査のための検体が採取された。結果はPublic Library of Science (PLoS) One.に昨日発表された。
 2013年1月~2014年3月まで調査が行われた。
 同省11都市の751カ所の家きん存在場所から6740検体が採取された。
 10%の検体からH7N9ウイルスが検出された。
 春と冬に検出率がピークとなった。
 検出率と人の感染者数との間に相関が認められた。
 2014年1月末に家きん市場が閉鎖されて、家きん存在場所(飼育場、市場他)から検出されるH7N9ウイルスは19%から7%に減少し、それは人の発病数の減少と一致した。
 

 マウスの感染実験でインフルエンザウイルス(特にH7N9)は妊娠している個体を重症化させることが明らかにされた。
 人の発病者の分析では男性の発病者数が多いが、妊娠女性が発病すると死亡率が高いことが中国CDCのデータで明らかになっている。
 マウスの実験で、雌が発病するとサイトカインとケモカインが増多し、それが重症化につながると考えられている。


サウジアラビア、MERS6例を報告

 サウジ保健省

 全て首都リヤドで、病院内感染と思われる。
 6例中4例が危篤状態

2015年8月に発生しているMERS感染者数

6人  27 August 2015
3人  26 August 2015
8人  25 August 2015
7人  24 August 2015 
6人  23 August 2015
7人  22 August 2015
6人  21 August 2015
10人 20 August 2015
3人  19 August 2015
10人 18 August 2015
9人 17 August 2015
4人 16 August 2015
1人 15 August 2015
4人 14 August 2015
1人 13 August 2015
4人 12 August 2015
4人 11 August 2015
4人 10 August 2015
3人 09 August 2015
3人 08 August 2015
3人 07 August 2015
1人 05 August 2015
4人 04 August 2015
2人 03 August 2015
0人 02 August 2015
0人 01 August 2015


Saudi Arabia Is Reporting a Surge in MERS Deaths TIME  (米国) サウジアラビアでMERS死者数が激増

 今週だけでサウジアラビアで19人がMERSで死亡している。
 来月年次メッカ大巡礼で200万人以上の巡礼者がサウジアラビアを訪れる。

Antiviral Drug May Prevent Ebola, Small Study Suggests  USNews ( 米国 ) 小規模研究で抗ウイルス薬のエボラ出血熱発病予防が示唆

 抗ウイルス薬が致死的エボラウイルスに暴露後の発症を食い止めるかもしれない。
 今月25日、医学雑誌ランセット・インフェクシャス・ディジーズ (The Lancet Infectious Diseases )に掲載されたこの研究は、筆頭著者のロンドン・ローヤル・フリー・NHS基金団体 ( the Royal Free NHS Foundation Trust, London )のマイケル・ジェイコブズ博士 (Dr. Michael Jacobs )らによって発表された。

 ヒトのエボラウイルス感染に対する抗ウイルス薬を基剤とした、ウイルス暴露後の治療に関する初めての報告である。
 「この類の研究において初の研究発表であることを嬉しく思い、この研究が、医療現場における偶発的なエボラウイルスへの暴露を受けた医療従事者に対する、暴露後の治療に関する今後の研究の根拠となり得るものと考える。加えて、流行期において最も好発した、家庭内における感染者との接触後の予防治療として機能するだろう」とジェイコブズ博士は述べた。

 この研究は、2015年1月から3月にシエラレオネで医療行為中、エボラウイルスに暴露された可能性がある8人の医療従事者(英国人)を被験者とし、その後8人の被験者は、ロンドンのローヤル・フリー病院に搬送された。

 被験者8人のうち4人は、エボラ出血熱に対する顕著な暴露リスクと考えられる針刺し事故に遭遇した医療従事者であり、日本において重症のインフルエンザ感染症の治療薬として承認された抗ウイルス薬ファヴィピラヴィア ( favipiravir )の投与を受けた。
 残り4人はエボラ感染のリスクは低いと考えられ、ファヴィピラヴィアは投与されず、厳重な観察下に置かれた。
 ネズミ実験では、ファヴィピラヴィアのエボラウイルスに対する効果が示唆されている。
 被験者全員の42日間の追跡調査 ( エボラ出血熱の最長潜伏期間21日の2倍 )では、発症及び血中のウイルスは全く認められず、エボラ出血熱のいかなる症状も現れなかった。また、ファヴィピラヴィアの投与を受けた4人の被験者に重篤な副反応も認められなかった。
 
 ジェイコブズ博士は「被験者8人がエボラウイルスに暴露されていない可能性も排除できないとし、よって、ウイルス暴露後の予防処置の効果も定かでないと考えている。しかしながら、被験者2人は、顕著に高い感染リスクを伴うエボラ感染者の新鮮血で汚染された針刺し事故を経験しており、かつ発症していない」と語った。
 この研究の共同著者たちも、西アフリカでエボラ感染者の治療にあたる医療従事者の感染リスクが高いこと言及している。

 米疾病対策センターによると、2014年西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネで史上最悪のエボラ出血熱が流行し、推定27,900人が感染、11,000人が死亡した。(高橋雅人訳)


 管理人コメント:統計学的大台に乗るような臨床試験ではないが、ファヴィピラヴィアが感染初期(ウイルス量が少ない段階)で投与されると発病を抑える可能性があるということであるが、ランセットに掲載されるようなビッグな話なのかは疑問。
 自国の医療機関から出された論文故、掲載されたのだろうか?なおファヴィピラヴィアは、かっての富山化学が作製した抗インフルエンザ薬であるが、現在は富士フイルムが傘下になった。

 RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤であるが、作用機序はウイルスの細胞内での遺伝子複製を防ぐことで増殖を防ぐとされ各種インフルエンザウイルス以外にもノロウイルスにも効果があるとする研究発表もある。


Saudi Arabia sees Mers deaths surge   BBC NEWS ( 英国 ) サウジ、MERS死者が急増

 サウジアラビアにてさらに4人の中東呼吸器症候群( MERS )による死亡が公表された。死亡者はここ1週間で17人に達する。
 サウジアラビア保健省は、来月のハジ巡礼に参加するイスラム信者約200万人の受け入れにあたり、この事態の危惧を認めている。
 MERSは2012年に発現して以来、中東を越境しヨーロッパやアジアの国々にも波及している。WHOによると、サウジアラビアにおける直近のMERS感染者の急増は、首都リヤドの一病院における院内感染に関連するものである。(高橋雅人訳)


27日

 サウジ保健省、3人のMERS新規例を発表

 サウジ保健省

 3人中2人がリヤド、2人が危篤

 リヤド2人、フフーフ1人


 待望のインフルエンザ万能ワクチンの時代が射程内に
Universal flu vaccine comes closer BBC News (英国) インフルエンザ万能ワクチンが間もなく実用化に

 米国の2研究チームが一種類のワクチンで長期間インフルエンザの全てのタイプに免疫が付与される、万能型ワクチンの動物実験に成功した。

 実験結果は Science journal とNature Medicineに掲載された。
 続いて研究は人でも同様の結果がもたらされるのか確認する段階となっている。


 従来のワクチンはウイルス表面の抗原(ヘマグルティニン)に対して抗体をつくるものであったが、ウイルス表面の抗原は毎年変化する。

 ウイルス粒子表面は棒付きキャンディが無数に突き出ているような状態であるが、キャンディ(ヘマグルティニンの頭)は毎年変化するが、幹(棒)は変化しない。
 その変化しない幹部分が、科学者達が万能ワクチンの抗原に使用する部位である。
 (幹部分は通常のウイルス感染では、リンパ球に認識されづらいため、抗体(液性抗体、ガンマグロブリン)は出来ない。しかし多くの人の血清を調べると、この部分の抗体を保有している人も見られ、こうした人はインフルエンザ感染を受けづらい。幸運な人である)。

 キャンディ部分(ヘマグルティニンの頭)を含まない幹部分だけを(純化して)抗原とする操作が極めて厄介なワクチン製造過程となっていた。

 今回の最新の研究結果は特に有望と考えられ、ロンドン大学のインフルエンザ専門家であるジョン・オックスフォード教授は、
 「科学にとって記念すべき日である」と絶賛している。

 オックスフォード大学ワクチン学教授であるサラ・ジルバート教授は、
 「興奮を覚える進展である。しかし人でも十分効果を示すか臨床試験が必要だ」、とコメントしている。





 *下記情報と図も参考に。

Universal vaccine for flu is in the works  ChristianToday  (米国) インフルエンザ万能ワクチンの実用化が近い

 2研究チームが万能インフルエンザワクチンを世界で接種するための画期的方法を見つけた。

 ジャンセン製薬とスクリプツ研究所(TSRI)のチームである。

 二つの研究が、ScienceとNatureに掲載された。

 研究は異なったインフルエンザウイルスに対する抗体を一種類のワクチンが産生すること目的とされる。

 新型ワクチンは、インフルエンザウイルスの種類によって変化しないウイルスのある部分をコピーして作製する。
 この方法はかなり前から知られていたが、今回チームは適切な免疫反応を起こさせるワクチンの組成を見つけたという。

 マウスやフェレット、サルの実験でH5N1鳥インフルエンザウイルスや、H1N1ウイルスに対して完全な免疫が出来、感染を抑えることが出来たという。

 管理人注:ウイルス表面のHA(ヘマグルティニン)の幹部分を抗原とする方法である。この部分はウイルスの殻の部分に半分埋まり、通常リンパ球などから認識されず抗体が作られない。またウイルスの種類全体で共通した構造で変化することもないと言われる。この幹部分を抗原として投与すると、全てのウイルスの幹部分を標的とする抗体が産生される。数年前から嘱望されている万能ワクチンが日の目をみる日も近い。
 
 参考 2011年 7月28日 当ウエブ記事

 CIDRAP
 米国国立衛生研究所(NIH)の長官であるフランシス・コリンズ博士が、USA Toayのレポートで、全ての株に有効となる万能インフルエンザワクチンが5年以内に実用化される可能性が高いと語った。
 万能ワクチンは現在のように毎年接種の必要はなく、1回接種で長期間有効と想定される。
 同博士によると、2~3年前までは万能ワクチンは完全に手が届かなかったが、ウイルスの殻の一部分が変化しないことが見いだされてから、その部分がワクチンの標的とされるようになった。
 ミシガン大学のインフルエンザ専門家であるアーノルド・モント博士は、万能インフルエンザワクチンは作成出来るかというレベルではなく、いつ完成するかというレベルになっているとコメントし、ただし5年という期間は難しいかも知れない、とも語っている。
            

 (訳者注:ヘマグルティニンの幹部分であるが、頭部分は抗原性が変化しやすいが、この幹は変化しない。また株による相違もない。下図の抗原不可変部分)。
 
 


Jordan reports travel-linked MERS case, Riyadh outbreak total grows CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) ヨルダン、サウジからの帰国者がMERSを発症していることか確認

 ヨルダン保健省は最近サウジアラビアを旅行して帰国した男性がMERSに感染していることを確認したと発表。


26日

サウジ保健省、8人のMERSを報告(25日)

 サウジ保健省

 全例リヤドの病院での感染か。
 発表時 1人死亡、2人危篤

 8月に入ってから92例発症。病院内人人感染による。

 WHO調査に入る。どのような結果をとなるか?



25日

Sierra Leone discharges last Ebola patient BBC News (英国) シエラレオネ、最後のエボラ患者が退院

 WHO発表によると、シエラレオネで最後のエボラ患者が北部のボンバリ地区の治療センターから退院した。

 同国は2週間以上新規の患者を確認してないが、隣国のギニアでは少数の患者が報告されている。


 サウジMERS.本日7例報告

 サウジ保健省

  発病1154例 死亡492例 (2012年~)


MERS cases from Riyadh still surging CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) MERS患者、未だリヤドで 急増中

 この3日間で20例のMERSが発生し、19人がリヤド市での発生であると保健省が発表。
 最近の感染者53人はリヤドの大病院であるKing Abdulaziz Medical Centerで発生している。


4 Filipino nurses now have Mers in Saudi Arabia Inquirer.net  ( フィリピン) サウジアラビアで4人のフィリピン人ナースがMERSに感染

 フィリピン人ナース4人が働いている病院で患者からMERSウイルスに感染し、2人がICU治療を受けている。


Is MERS another SARS: The facts behind Middle East Respiratory Syndrome Medical Xpress  (国際) MERSはもう一つのSARS:中東呼吸器症候群の背後に存在する事実

 MERSはSARSに比較すると、人への感染率は低いが、高致死率、特異な標的相(中高齢者、男性)など大きな違いがある。
 両者の比較研究が、ジョージア州アトランタで開かれた国際新興感染症会議で発表された。


24日


サウジMERS、本日も6例

 サウジ保健省

 全例リヤドの医療機関、人人感染による

Saudi Arabia Reports 6 New Cases of MERS Wall Street Journal  (米国) サウジアラビア、6例の新規MERSを報告

 ・サウジアラビアは23日6例のMERSを報告した。
 ・数百万人の巡礼者が訪れる宗教的行事が近づいている中、MERS感染者の増加が続いている。

 ・夏季休暇が終わった500万人以上のサウジの学生への感染が懸念されている。
 ・保健大臣は保健省は最大の能力を駆使して感染拡大に対処している、と語っている。
 ・保健高官によるとリヤドの病院の救急病棟は時間毎に一日中チェックされている。
 
 以下略


23日

サウジ、本日7人のMERSを確認、全例リヤド 

 サウジ保健省

 7人中6人は院内または市中での人人感染による。医療担当者は1人。
2015年8月に発生しているMERS感染者数

7人  22 August 2015
6人  21 August 2015
10人 20 August 2015
3人  19 August 2015
10人 18 August 2015
9人 17 August 2015
4人 16 August 2015
1人 15 August 2015
4人 14 August 2015
1人 13 August 2015
4人 12 August 2015
4人 11 August 2015
4人 10 August 2015
3人 09 August 2015
3人 08 August 2015
3人 07 August 2015
1人 05 August 2015
4人 04 August 2015
2人 03 August 2015
0人 02 August 2015
0人 01 August 2015



WHO official coming to assess MERS outbreak Yahoo News Network ( 国際 ) WHO専門家がリヤドMERS流行を評価予定

 WHOの専門家が来週リヤドに派遣され、MERSによる感染者と死亡者の急増を評価する。サウジアラビアにあるWHO支局の代表イズ・アル-ディン・ムセイニ(Izz Al-Din Muhsein )氏によると、サウジアラビア保健省は、ここ数週間に感染者の急増が見られる首都リヤドのナショナルガード病院における院内感染の抑制に全力を尽くことを表明した。ムセイニ氏は地方紙に金曜日(現地時間21日)、WHOの専門家がサウジアラビア保健省が行った対応を評価するため保健省の職員と話し合うと語った。

 ムセイニ氏の語りはさらに続く。サウジアラビア保健省はWHOと合同で透明性をもって事態収拾にあたっており、これがMERS感染者数の減少につながるはずだ。MERSウイルスは他のウイルス同様感染予防策を講ずることで抑制できると確信している。感染ラクダへの接触回避を含む保健省発行のガイドラインに従ってほしい。ラクダのミルクは、飲む前に煮沸すること。
 これまでもサウジアラビア保健省はMERSウイルスの封じ込めに成功しており、直近のMERS感染者と死亡者は孤発例である。現時点の重要な点は、呼吸器に問題を抱える患者や高齢者が入院 する医療施設におけるMERSウイルスの拡散をくい止めることにある。保健省職員による医療専門家に向けた特殊訓練の提供を含む「厳格」な院内感染対策を講じているとムセイニ氏は話を結んだ。
(高橋雅人訳)。


Saudi Arabian officials issue warning over MERS Press Examiner  (国際) サウジ政府、MERS警戒について声明発表


MERS Cases Increasing in Saudi Arabia, And The Hajj Is Coming National Geographic  (国際) サウジでMERSが激増する中、メッカ大巡礼が近づく

 
22日


News Analysis: What lessons S.Korea learn from MERS outbreak Xinhua (中国、新華社)

 ニュース分析:韓国はMERS流行から何を学んだか

By Yoo Seungki

 ソウル、8月20日 (新華社)

 68歳男性が彼の居住するソウルの南方に位置するアサン(牙山市)の小さなクリニックを訪れた。咳と発熱があったからだ。医師は単なるインフルエンザか肺炎だろうとの疑いで、色々と検査が可能な大病院を受診するように告げた。男性はソウルの国内でも有数の大病院であるサムスン病院を受診した。そこで男性は今回流行の初発となったSARS患者と確認され、その後多くの人々への感染拡大の機会を作った。


 患者が国内初のMERS感染者と確認されたのは5月20日で、発病してから9日後の事だった。
 韓国医学研究所(Korea Medical Institute (KMI))の感染症専門家であるシン・サンヨプ(hin Sang Yop)氏は次のように新華社に19日に語った。
 「 検査が遅れた大きな理由は患者の診断に時間がかかりすぎたことだ(臨床的にMERSが疑われ、臨床診断としてMERS疑似症とされるまで。MERSの知識が現場にないとこのような事態に陥る:訳者注」。

 2012年以来1000例以上の感染者が出ているサウジアラビアの外で発生したMERS流行として、今回の韓国の事例は最大である。MERSコロナウイルスは韓国で186人に感染し、36人が死亡した。

 流行が終息したと思われてから40日間以上、新しい感染者は出ていない。しかし政府は公式に終息宣言は出していない。理由はWHOのアドバイスで最後の患者が完全に治癒してから4週間、または潜伏期間の倍の期間が経過してから終息宣言を出すべきとされているからである。
 現時点で発病前から免疫低下のあった患者が1人だけ、検査でウイルス陽性となっている。


 初期対応の不手際

 韓国におけるMERS診断の遅れは、政府の統括部署が不明なことによる政府の初期対応の不手際と重なった。
 「最初の患者の確認後、政府の不手際な初期対応の問題は、ウイルスの初期段階における拡大制御の失敗という結果につながった」、とシン氏は語っている。

 パク大統領は最初の患者が確認された6日後に、MERS患者発生の事実を公表した。
 MERS流行の後、保健大臣は更迭された。

 シン氏によると、対策には2種類の統括部が必要とされ、1つは予防対策の責任統括部、もう1つは総統括本部をサポートする統括部とされる。韓国の初期の対応時には両者ともなかったか、または機能してなかった。

 政府の総統括本部(the executive control tower )が機能するためには、通常、感染症予防に精通した、保健大臣または韓国CDC長官が責任を持つべきである。統括本部の指示の下、保健所(韓国の保健所はクリニクとしての要素も持っている)、個人病院が積極的に感染予防対策を講じる必要がある。

 またシン氏は感染症専門家や予防医学専門家からなる顧問委員会が必要であり、総統括本部責任者が適切な決定を適時に行うためのアドバイスを行うものとする、とコメントしている。

 韓国は医学と疫学に特化された疫学的研究者の数を増やし、その質を高める必要がある。
 疫学研究者達には雇用保障をして、安定した職場が確保され、そして完全なる訓練演習を受けられるようにしなければならない。もし多くの当局者が十分訓練を受けた疫学専門家達と協力し合うならば迅速な対応が可能となるだろう、とシン氏は、2003年のSARSの際に疫学調査官として対応したことを振り返りながら語った。

 韓国では約20人の疫学専門家が全ての感染症の流行に対応している。米国の2000人に比較すると百分の一に過ぎない。さらに90%が大卒医師で疫学に関する経験に乏しい。彼らは通常軍の医師として働いている。

 総統括本部を考えた場合、少なくとも首相レベルの当局者が、統括責任者の要求に応えて必要な援助(サポート)を提供する必要がある;軍、警察、病院、そして他の施設等に対して。そうすることで全国的にウイルスが拡大するのを防ぐことが可能となる。そのようにシン氏は説明する。

 市行政府と教育委員会は個々に統括部(control towers )を組織し、中央政府に協力する体制が重要である。さらにシン氏は、3種類の支持統括部、すなわち中央政府、市行政府、及び教育委員会が組織した、は、政府の総統括本部(the executive control tower)と協力し合うことが重要で、各勝手な動きをしてはならないと釘を刺す。


 韓国特有の病院文化

 韓国のMERSはほとんど病院内で発生した。特に救急室内が多く、そこは患者収容のベッドや待機用のイスで溢れている。救急室は急患で溢れているのではなく、入院を待っている患者で混雑しており、側に患者家族が密着して座っている。
 韓国の大病院の救急室は常に多くの人々で溢れかえっている。

 平沢市の病院で最初の感染者(患者ゼロ)から感染した14番目の患者は、ソウルのサムスン病院の救急室を受診し、そこで韓国MERS流行の第二波となる多数の人々への感染を引き起こした。

 最初の患者で見られたように、韓国人は大病院を受診する習慣がある。理由は大病院はより良い治療を施してくれると信じているからである。
 MERS疑い者がクリニックや病院を渡り歩く間に(ドクター・ショッピングと言われる)、ウイルスが広がったと考えられる。

 「MERSウイルス感染者が症状を出したとき、彼らはより良い医療施設を持つ大きな病院に、事前連絡無しに押しかけた。」
 ソウル国立大学医学部付属世界医学センターの責任者であるイ・ジョンコ(Lee Jong-koo)医師はそのようにコメントしている。
 「結果的に医療担当者や患者家族が無防備なままにウイルスに感染した

 イ医師は6月にWHOの事務局長補のケイジ・フクダ氏と共に疫学的調査を行った。
 「我が国では患者は緊急事態では自由に病院を選択できる。」
 その結果ほとんどのウイルス感染者が最も大きな病院に殺到し、そこで患者の大多数が発生することになった、とイ医師は説明する。
 「事前連絡無しに救急室に患者搬送する制限が必要だ


 韓国人独特の習慣として病院に入院している家族、親戚や友人を頻回に見舞うことが上げられる。
 患者家族は患者の側に座り、多くの看護を行う。患者から病原体が容易に感染する。

 シン氏は、少数の必要な場合を除き、人々は病人に面会すべきではないという。
 医師達は患者家族ではなく、病院の担当者が患者の看護をすべきと語り、急患室は救急患者だけが収容されるべきと主張している。

 韓国の病院における長期間に亘り培われた習慣は変わりつつある。病院当局は見舞客に書類に身元を明記するように求め、訪問客の積極的減少を図っている。また市民もなぜ病院当局がMERS流行後、そのような方針に変更したのか理解を示すようになった。

 このような病院における制限は、特に大病院では必要であり、それが韓国における病院文化の改革につながるとシン医師は語っている。


 管理人コメント:新華社通信の論説であるが、透明な論理的科学的内容となっていて、韓国における問題点が良く指摘されており、それは同時に我が国も含む各国への示唆に富む注意事項ともなっている。
 またよく考えてみると中国国営通信の新華社が、韓国の専門家の意見を中心にこのような総括を行い、世界に発信するという行為は極めて大国意識が強い感を覚える。日本の大新聞やNHK等が、他国の専門家の意見を聞いて、論説を英語で発表するなどあり得ない話である。もちろん英米の代表的報道機関は絶えずグローバルな取材をもとに記事を作ってはいるが。
 それにしても新華社の英語はいつも読みやすくきれいな文体で書かれていることに驚く。

 多くのアジア各国の報道機関は英語版の新聞(ウエブ版を含めて)を発行している。
 中でも新華社は色々と問題点が指摘されてはいるが、国際的感染症に関する情報発信は早く正確である。
 それにしても、安倍政権が頻発する積極的平和主義という言葉は空砲のごとく聞こえる。



 サウジ、リヤドで本日は6人の感染者、多くは病院内および市中での感染
  サウジ保健省
  CIDRAP(米国、ミネソタ大学感染症情報センター)

 8月21日、サウジ保健省はさらに6人のMERS感染者を報告した。

 リヤドにおける感染者数は7月21日以来81人となった。

 6人中5人が市中及び医療機関内で、感染者または感染疑い者との接触で感染したとされる。


21日


 サウジ、リヤドのMERS患者増加続く
   リヤドの大病院で韓国のサムスン病院並みの院内集団感染発生

  サウジ保健省報告

 2015年8月における異常なMERS感染者数の増加
 多くは首都リヤド市における医療機関内における集団感染

 春~初夏には出産後のラクダの乳分泌量が増え、その中に存在するMERSウイルスが人に感染する割合が高くなる。2014年まではラクダからの感染事例が多かったが、その後ラクダの乳を飲む危険性が啓発され、今年の春には感染者は増えなかった。しかし通常は散発的にしか発生しない夏場の感染者が、今年度は医療機関内での集団感染で増加している。

2015年8月に発生しているMERS感染者数

10人 20 August 2015
3人  19 August 2015
10人 18 August 2015
9人 17 August 2015
4人 16 August 2015
1人 15 August 2015
4人 14 August 2015
1人 13 August 2015
4人 12 August 2015
4人 11 August 2015
4人 10 August 2015
3人 09 August 2015
3人 08 August 2015
3人 07 August 2015
1人 05 August 2015
4人 04 August 2015
2人 03 August 2015
0人 02 August 2015
0人 01 August 2015


 管理人コメント:状況はニューヨーク・タイムズが伝える通りであるが、韓国のサムスン病院の事件と同じく、首都の大病院内での集団感染で多数の感染者が出ている。
 これほど医療機関内で人人感染が起きている状況に、ウイルス変異はないのか気になる。


 中東におけるMERS発生状況(2012年~2015年8月19日) 
  香港保健省特設ページ
  クリックで拡大
 


Ten new Riyadh MERS cases as hospital ED shuttered CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジ、リヤドのMERS拡大、本日も10人の感染者が確認、病院の救急病棟が閉鎖

 詳細略

 専門家の意見

 WHOのMERS対応責任者、ピーター・B・エンバレク博士は、今週初めにWHOサウジの保健当局と詳細に情報交換を行っていて、共同調査を含めて、必要なサポートをして行くと語っている。

 パリのパスツール研究所の世界保健センターのマリア・バン・ケルクフーベ(Maria Van Kerkhove)博士は(過去にサウジや韓国のMERS調査に関与している)、サウジや他の国における院内感染の特徴は残念ながら共通性があるとし、過剰な患者数(患者で混雑する院内)、感染対策の不備、注意力の欠如などが院内感染を広げている、とコメントしている。
 そしてさらに次のようにもコメントしている。
 「サウジアラビアは今回のリヤドの院内集団感染を含めて、院内感染を抑える手段と知識を持っている」。


New Surge of MERS Infections Hits Saudi Arabia New York Times  (米国) サウジで新たなMERS流行が発生

  サウジアラビアはMERS感染者の急速な増加に直面している。
 これまで同国では2012年以来、1100人以上の感染者、そして480人以上の死者が発生している。

 サウジアラビア当局、最近46人の患者が発生したは同国での最大級の病院の救急病棟を今週閉鎖した。

 これら感染者のうち15人は医療担当者で、さらにMERS症状を呈している20人が感染疑いのため検査中とされる。


 今回の感染者数の激増は昨年夏にウイルス拡大がピークを示して以来最も大きいもので、来月に予定されている200万人以上のメッカ大巡礼の巡礼者へのウイルス感染が懸念されている。

 MERSウイルスは呼吸障害を起こし、さらに発熱、肺炎、そして腎障害をもたらす。ウイルスはラクダから人へ感染していると考えられている。
 
 サウジアラビアで多くの感染者が発生しているが、ウイルスは旅行者が自国など他の国へも伝搬している。

 国際的医学専門家達の中には、サウジアラビアの感染対策が緩慢過ぎ、そのため流行が拡大していると批判の声も聞かれる。
 ウイルスが拡大するとともに、それは患者で混雑した医療機関内で患者の間で感染が広がり、衛生基準が曖昧であるため医療担当者にも感染している。

 しかしサウジで昨年末から感染者疑い者の隔離が行われるようになってから、新規感染者の発生頻度は減少していた。

 今回の感染者の急激な増加の原因は不明であるが、感染者は首都リヤドの 大病院であるKing Abdulaziz Medical Cityで集団感染として発生している。
 病院内感染拡大を抑えるために、病院当局は緊急性のない手術の延期、新規感染者を収容するために3病棟を隔離病棟とし、さらに訪問者の制限を行っていると、ウエブサイトで発表している。

 20日、サウジアラビア保健省は新規死者2例を発表し、MERSによる総死者数が2012年以来485例となった(総感染者数は1128例)。


Suspected MERS case reported in S. Korea  Yonhap news(韓国 ) 韓国、MERS疑い患者を報告も検査で陰性

 韓国保健福祉省によると金曜日、20日にアラブ首長国連合ドバイから帰国したMERS様の症状である高熱を呈している男性 (38)を、21日早朝、ソウル北部Dongducheon市の病院に収容したことを公表した。
 現時点で、韓国でのMERS感染者の未発生は46日間続いているが、36人の犠牲を出したMERS流行の公式終息宣言を待ち望んでいる韓国にとってこれはよくない知らせである。(高橋雅人訳)
 *午後に検査が陰性との発表



20日

DNA Synthetic Vaccine May Protect Against MERS Virus Healthline  (国際) MERSウイルスに対するDNA合成ワクチンが動物実験で成功

 ペンシルバニア大学のチーム。DNA合成ワクチンがサルでのMERS発症を完全に防いだとされる。


Saudi Closes Emergency Ward After Spike in MERS Virus Cases  abc NEWS ( 米国 ) サウジアラビア、MERS感染急増で救急救命部を閉鎖

 AP

 サウジアラビア保健省は水曜日( 現地時間19日)、医療関係者を含む少なくとも46人のMERS感染が確認された病院の救急救命部の閉鎖を公表した。
 サウジアラビア保健省感染症課のハナン・バルキ医師( Dr. Hanan Balkhi )によると、15人の医療関係者を含む46人のMERS感染が首都リヤドのキング・アブラジズ・メディカル・シティー ( King Abdulaziz Medical City )の病院で発生し、現在この46人の確定患者の他にMERS様の症状を呈している20人の検査が行われている。
 (既に閉鎖されている病棟の閉鎖期間が更に2週間延長され、病棟に入院中の患者が他の医療施設に移送されているとする報道がある。訳者注:高橋雅人)


19日

 サウジのMERS急増

(MERS virus) Saudis report 46 infections at one hospital Hong Kong Standard  (香港) サウジアラビア、一病院で46例のMERSが発生

 AFP

 サウジの首都リヤドの大病院であるKing Abdulaziz Medical City で少なくとも46人以上のMERSが15例の医療担当者も含めて発生し、保健省は緊急病棟を閉鎖した。
 20人の疑い者が検査中とされる。

Surge in new MERS cases recorded in Saudi capital Riyadh Reuters Africa  (国際) サウジ首都、リヤドで新規MERS感染者数が急増

 サウジ保健省は8月に入ってから58例の新規MERS感染者を確認した。本年2月以来月間発生数として最大となる。
 18日には10例の感染者が確認され、2014年5月以来1日の感染者数として最大となった。なお同月は210人の感染者が発生し、月間感染者数として史上最大数であった。

 この1週間サウジで発生したMERSはほとんどがリヤドであり、保健医療担当者も多数含まれている。


Hospital emerges as epicenter of Riyadh MERS outbreak  CIDRAP ( 米国、ミネソタ大学感染症情報センター)  サウジアラビア、リヤドにおけるMERS流行は病院が感染源

 サウジアラビア保健省は18日( 現地時間 )、サウジアラビア、リヤドで急速に拡大するMERS流行は、リヤドのキング・アブダジ・メディカル・シティー (King Abdulaziz Medical City )の一角にあるナショナルガード病院 ( a national guard hospital )における感染によるもので、6月以降当該病院の救急部に関連する31例の感染が確認されており、今後一層の感染拡大が予想されることを公表した。また、同省は18日、10例の新規MERS感染者の発生も公表したが、9例は当該病院での発生とする。

 サウジアラビアのMERS感染者数は、7月末までは一定の症例数で推移したものの、最近急激な増加が見られる。このことは、ここ数週間の感染が医療施設や家庭内の感染であることを示唆している。
 WHOによる過去数週間のデーターは、感染者は医療施設でMERSウイルスに暴露されたことを伝えており、同機構の本日( 18日現地時間 )付けの公表では、新規感染者12例のうち4例が当該病院の救急部受診後に発症、9例は当該病院に他の疾病で入院中の感染としている。

 WHOのMERS対策の責任者であるピーター・ベン・エンバレック博士( Peter Ben Embarek, PhD )がCDIRAPニュースに語ったところによると、最近の大規模な流行はリヤドにあるナショナルガード病院 ( a national guard hospital )で発生しており、この他にも別の病院にて5例を含む小規模な流行と、ナショナルガード病院と関連のない孤発例が確認されているが、小規模病院における院内感染は制御されている。院内感染の震源地であるキング・アブダジ・メディカル・シティーは1983年にサウジアラビア軍の軍人とその家族の医療施設として設立された690床を有する病院で、国立病院として国内の多数の医療センターとも連携しており、2001年にはメディカルシティーとして発足した経緯がある。(高橋雅人訳)。


Tests rule out MERS in east Alabama patient  AL.com ( 米国 ) 米国アラバマ州、2次MERS検査は陰性

 アラバマ州公衆衛生局によると18日(現地時間)、中東旅行から米国に帰国したのち呼吸器症状を呈し、アラバマ州オペルカ市の東アラバマ医療センター( East Alabama Medical Center )の陰圧室に隔離中のMERS感染疑い例の2次検査が陰性であったと公表した。
 当局が先週末に発表した当該症例の1次検査は陰性であったが、MERS感染の可能性を排除するために2次試験が必要とされる。陰性とする2次検査結果を受け、濃厚接触者の観察と家庭隔離措置は解かれた。(高橋雅人訳)。


18日

Did Merck and NewLink Genetics Just Cure Ebola? Nasdaq ( 米国 ) メルク社とニューリンク・ジェネティック社はエボラを治すだけ?

 Cheer for a cure, not for the profits 利益ではなく治療に喜びを

 ランセットに掲載されたメルク社のエボラワクチン臨床試験の成果は暫定的な分析結果であることから、臨床試験の終了時にはその結果に変化が生じる可能性がある。しかし、暫定的な分析結果ではあるものの100%の予防率に大変勇気付けられ、臨床試験の成功が視野に入った可能性を示している。

 しかしながら、2014年にエボラワクチンの株価を押し上げた投資家にとって、配当を喜ぶ経済的な理由はないかもしれない。仮に、メルク社とニューリンク社がエボラワクチンを出荷出来たとしても、( ニューリンク社がメルク社から得た販売権の5億ドルはさておき ) どちらかの会社に利益をもたらさないであろう。なぜなら、ワクチンの需要が感染症の発生と、それに対策を講じる政府の備蓄に大きく依存しているからである。つまり需要は富裕国と感染の深刻なアフリカ諸国に限られるだろう。しかも富裕国の初期の備蓄が終わると、ワクチンの売れ行きは枯渇するか、信じられないほどの乱高下をするものだ。

 一方、メルク社は必ずしも大きなリスクを伴うビシネスを損と見なしていない。メルク社ワクチン部の副社長マーク・フェインバーグ ( Mark Feinberg )氏は、この事について数週間前のCNBCとのインタビューで「 エボラワクチンを追求する我が社の動機は公衆衛生における必要性からであり、エボラワクチンの製造が利益を生むとは考えていない。深刻なエボラ流行が世界に知れ渡り、我が社の経験と専門性で成し得る支援の発見に積極的な尽力をした。」と述べている。(高橋雅人)。


Thirteen new MERS cases confirmed in Riyadh outbreak CIDRAP (米国、ミネソタ大学感染症情報センター) サウジ首都のリヤドで13例のMERSが確認

 過去3日間に14例のMERSがサウジ保健省から報告されたが、13例は首都リヤドで発生した。多くは医療機関内での感染で、3人が死亡している。


17日

S. Korea far from declaring official end to MERS outbreak  Yonhap News. ( 韓国 ) 韓国、公式MERS終息宣言は未だ遙か先


 韓国当局によると17日現在、入院中のMERS感染者数が10人となった。既に9人のMERS検査は陰性であるが、MERSに感染する以前に免疫が低下する悪性リンパ腫を患っていた1人のみが陽性である。

 韓国は7月28日、事実上の終息宣言を出したが、WHOが規定する公式な終息宣言は、最後の感染者のMERS検査が陰性を示してから28日を経過する必要がある。
 最後の感染者が発生して以来37日が経過したが、感染者数186人と死亡者数36人に変化はない。韓国における致命率は19,4%である。(高橋雅人訳)。


中国・広東省 清遠でH5N6型鳥インフル感染確認、3万8110羽の家禽を殺処分 新華ニュース (中国、日本語版)

 {中国農業部獣医局は12日午後、広東省清遠市佛岡県の飼育場でH5亜型の鳥インフルエンザウイルスに陽性反応が出たと見られるサンプルを検査した結果、H5N6鳥インフルエンザに感染したと確認されたことを通報した。

 感染確認後、広東省農業庁は直ちに専門家を派遣して応急処分を行い、清遠市に5トンの消毒薬を分配した。関連部門は感染と見られる地域を封鎖し、飼育場の家禽820羽に対する殺処分、無害化処分を行い、全面的な消毒を行った。農業部は感染を通報後、佛岡県委、県政府は封鎖令を発令し、同時に半径3km範囲内の家禽飼育場13ヶ所で3万8110羽の家禽・鳥が殺処分され、全県の家禽に対する検査を経て、未だに異常は確認されていない。}

 管理人コメント:H5N6鳥インフルエンザは中国でしばしば人に感染している。昨年5月には死者も報告されている。


Saudi Arabia registers 21 MERS corona cases in a week  Xinhua (中国) サウジアラビア、この1週間で21例のMERSを確認

 8月9日から15日までの1週間で21例のMERS感染者が確認されたとサウジ保健省が発表した。
 20人が首都リヤドで、1人がAbhaで発病した。

 イスラムの大巡礼で人々がサウジに集まりだしているが、サウジ政府はMERSが巡礼者に感染しないよう、国内的キャンペーンを行っている。


16日

 WHOを中心とした国際ワクチン基金の設立
The Ebola Vaccine We Needed  The New York Times. ( 米国 )  世界にはエボラワクチンが必要

 論説

 昨年エボラ出血熱の初発例が確認されて以来、西アフリカでは約27,000人が感染、犠牲者は 11,000人を超えた。
 エボラ出血熱に有効なワクチンがあったならば、多くの犠牲者はでなかったであろう。しかし、現状として、国際社会は製薬会社にワクチンや新薬の開発・製造を依存しているが、その製薬会社側には経済的に困窮する感染国の疾病に新薬を研究・開発する経済的な高い動機は起こらない。
 国際社会は今、より良いワクチン開発制度を必要としているのは明らかである。

 感染国で医療活動中に感染した数名の医療関係者や西アフリカに渡航歴のある感染者の米国やヨーロッパへの上陸で(先進国)社会の不安が煽られ、ようやく長きにわたり研究され続けていたエボラワクチンの開発に研究者が駆り立てられた。しかしそれは昨年のエボラ出血熱の発生後のことである。
 開発された実験的ワクチンは、ギニアでの臨床試験で顕著な効果が認められたが、エボラ被害者にとって時期を逸した結果となった。
 エボラ出血熱の他にも、致死的な流行を引き起こす可能性のある感染症がある。今年5月に韓国で発生したMERSや、SARS、チクングニア熱、西ナイル熱も危惧される。(そうした感染症にもワクチン開発の必要がある)。

 先月、ニュー・イングランド・ジャーナル・メディスン ( the New England Journal of Medicine )は、3人の医師による元入資本20億ドルの国際ワクチン基金の設立に関する大胆な提案を掲載した。
 この20億ドルの資本は、感染が集中したリベリア、シエラレオネ、ギニアの復興に必要とされる80億ドルには及ばない。しかし、新たに開発したワクチン1種類を市場に出荷するまでには、5億ドルから10億ドルあれば可能となる。

 現在ワクチンを研究・開発しているが、資金不足でワクチンの承認が得られず製造に至らない生物工学の会社や大学の研究所にとって、この基金は恩恵となるであろうし、それが救命にもつながる。
 WHOはギニアにおけるエボラワクチンの臨床試験を支援したが、製薬会社や個人的な基金からの献金で成り立つこのワクチン基金の包括的組織として機能することは可能である。
 
 WHOは今すぐにでもこの提案に沿った新たな基金を設立して、加盟国に貢献を呼びかけるべきである。
 まさに今行動する時だ--次の流行が起こる前に。(高橋雅人訳)。

 管理人コメント:WHOは行動力がない。ワクチン製造に対する企業への働きかけも弱い。会議を開き声明文を発表するだけのWHOには世界の専門家は辟易している。国際官僚達が支配する国連組織の改革は未だ端緒についてない。
 

 サウジ、中国とMERS情報を共有化
KSA to share experience on MERS at China summit  Arab News ( サウジアラビア )  サウジアラビア、MERSに関する情報を中国と共有

 中東呼吸器症候群( MERS )の最大の感染国であるサウジアラビアのMERS専門家が、中国の医療関係者とMERSをはじめサウジアラビア国内で発生する感染症の診療における経験を共有する。
 来月10日から3日間、中国寧夏回族自治区銀川市( ぎんせんし )で開催されるフォーラムで、サウジアラビアを含むアラビア諸国と中国が、医療機器や公衆衛生の分野で協力を強化促進する調印をする。

 フォーラムには中国やアラブ諸国から400人を超える参加者が見込まれており、中国とアラブ諸国との保健協力に焦点をあて、感染症の予防と抑制を検討する会議が組織される。また、フォーラムにて中国銀川市とアラブ首長国連邦、バハレーン、オマーンとの医療技術分野の協力の強化が調印される。(高橋雅人訳)。


Patient at Opelika hospital preliminarily tests negative for MERS  WTVM.COM ( 米国 ) 米国、アラバマ州のMERS疑い症例の1次検査は陰性

 サウジアラビアから米国に入国後、MERSに見られる呼吸器症状を呈しアラバマ州オペリカ( Opelika )市の東アラバマ医療センター( East Alabama Medical Center )の陰圧室に隔離されている症例のMERS1次検査は陰性を示した。 MERS感染の疑いを排除するには2次検査で陰性を確認しなければならない。 (高橋雅人訳)


TOP