表紙ページへ

日々の世界の新型コロナ感染者数
 
 PrePandemic Stage of nCoV Pneumonia
        米国 ジョーンズ・ホプキンス大学
Coronavirus-Fälle weltweit
   Coronavirus-Monitor (ドイツ語)

国内コロナウイルス感染マップ
   JX通信
東京都対策サイト


4月


15日


 東京都で127人、全国で467人
国内感染確認8640人 死者176人(クルーズ船除く)新型コロナ  NHK WEB NEWS

 15日は、東京都で127人、大阪府で74人の感染が発表されるなど、これまでに全国で合わせて467人の感染が新たに確認されています。日本でこれまでに感染が確認された人は、空港の検疫やチャーター機で帰国した人なども含めて8640人となっています。このほかクルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせると9352人となります。

 アビガン増産に、富士フイルム

富士フイルム、アビガンの生産増強 7月に約10万人分・9月に約30万人分目指す  ロイター

 富士フイルムホールディングス<4901.T>傘下の富士フイルムは15日、新型コロナウイルス向けに抗インフルエンザ治療薬「アビガン」の生産を増強すると発表した。グループ会社で生産体制を拡大し、今年7月に月あたり約10万人分、9月に約30万人分の生産を目指す。生産を開始した3月上旬と比べると、それぞれ約2.5倍、7倍の水準となる。


 外出自粛、22年まで断続的に必要、米国研究チーム

「外出自粛、22年まで必要」 米ハーバード大が予測  朝日デジタル

 新型コロナウイルスの世界的流行を抑えるためには、外出規制などの措置を、2022年まで断続的に続ける必要がある――。こんな予測を米ハーバード大の研究チームが発表した。措置が必要な期間は、抗ウイルス薬やワクチンの開発、救急医療態勢の拡充などで短縮できるとしている。14日、米科学誌サイエンス(電子版)に論文が掲載された。

 研究チームは同じコロナウイルスで、一般的な「風邪」の原因になる二つのウイルスの毎年の感染状況から、米国のデータをもとに25年までの感染者の推移を推定した。その上で、季節によるウイルスの広まりや免疫の持続期間などを評価。多くの人が感染し、集団免疫を獲得して流行が抑えられるまでの時間を調べた。

 その結果、今回の流行が終わった後も、外出規制を1度だけで解除すればすぐに第2波が来ることなどが判明。感染者数のピークが救急医療態勢の能力を超えないように、断続的に外出規制を行うと、集団免疫を獲得するには22年までかかることが分かった。

 研究チームは「新たな治療法とワクチンがあれば外出規制の期間と厳しさを軽減できる」としている。しかし、制圧に成功したように見えても、24年までは再び感染が広まる可能性があり監視を続けることが必要だという。


 新型コロナ、スペイン風邪と同等の死者を出す危険性、専門家警告

対策ないと85万人重篤 新型コロナ、半数死亡も 専門家試算  時事通信

 感染拡大が続く新型コロナウイルスについて、厚生労働省クラスター対策班の西浦博・北海道大教授(理論疫学)は15日、人と人との接触を減らすなどの対策を全く取らない場合、国内では約85万人が重篤患者になり、その約半数が亡くなる恐れがあるとの試算を公表した。

 
 西浦教授は、人工呼吸器などによる呼吸管理が少なくとも必要となる人を重篤患者として予測した。

 西浦教授は「試算は新型ウイルスに対して丸腰だった場合の数字。このウイルスは接触を大幅に制限すれば流行を止めることができる」と強調。人と人との接触を8割減らせば、約1カ月で流行を抑え込めるとの見方を改めて示した。

 試算は対策を全く取らなかった場合、住民の多くが感染して集団免疫が成立するまで流行が急拡大すると想定。海外のケースを基に、1人の感染者が平均してうつす人数を2.5と仮定した。この場合、重篤患者数は15~64歳が20万1301人、65歳以上の高齢者が65万2066人で計85万3367人となった。

 また、対策を全く取らなかった場合、重篤者の49%に当たる約41.8万人が亡くなると予測した。

 西浦教授は、人と人との接触の減少幅が65%にとどまれば、感染者が十分に減るまで70日を要すると指摘。緊急事態宣言後も接触が十分に減っていないとの認識を示し、「大変危険だ」と語った。東京都内ではクラスター(感染者集団)が発生しやすいナイトクラブなどは休業したものの、企業活動での接触減が不足しているとして「普通に出勤している状況は心配だ」と話した。 


 世界に於ける状況

 この1日で、世界で55,000人の感染者と6300人の死者が報告された。
 
 米国は1日発生感染者数も死者数も増加から減少に変わってきている。

 問題はドイツである。数値で見る限り、感染者数は1,300人、および死者数は300人の増加となっている。
 人口8300万人、現時点での新型コロナによる死亡率は、1万人あたり0.42人。因みに日本は0.0119人、

 フランスは未だ先が見えてない。人口1万人あたりの死亡率は2.5人。
 隣国のベルギーも未だ発生者数も死者数も多い。累積死者数は4000人を越えた。
 人口は1100万人である。1万人あたりの死亡率は3.8人。

 日本は感染者数は増加しているが、その傾向はよく見えない。現時点での死亡率/人口1万は0.011と非常に低い。

 因みに主要国における人口1万人あたりの死亡率(死亡数)は、米国0.78人 、イタリア3.5人、スペイン3.9人, ドイツ0.42人
 フランス2.5人、英国1.83人, ドイツ0..42人、オーストリア0.43人、スイス1.38人、ベルギー3.6人, スウエーデン1.0人、デンマーク0.52人
 日本0.011人、韓国0.04人

 日本は死者数は少ないが、医療崩壊が起きる直前だから、起きると死者数は激増するという専門家達の意見がある。
 しかし激増するだろうか?
 高齢者は怖がり外へは出ない。ただ施設での集団感染が起き出すと、死者数は増える。
 1918年のスペインインフルがそうだった2年間で38万人死んだ。

 でも今回の新型コロナではそこまで行かないと信じている。
 国や行政の準備が全然遅かった。それは世界中がそうだった。
 コロナの性格を専門家達が甘く見ていた事による。
 未だコロナが退却しだした国は中国だけだ。
 コロナに対して優勢に闘っている国は出てきている。

中国ではワクチンが臨床試験に入っているが、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類が作成された様だ。

4/15/2020 本日

世界 1,973,715(125,910)  6.4%
 米国 608,377(25,981) 4.3%
 イタリア 162,488(21,067) 13%
 中国 83,306(3,345) 4%
 スペイン  174,060(18,255)  10.5%
 ドイツ  131,361(3,495) 2.7%
 フランス 131,361(15,748) 12%
 イラン  74,877(4,683)  6.2%
 英国 94,845(12,129) 12.7%
 スイス 25,936(1,174)  4.5%
 オランダ 27,580(2,955)  10.7%
 ベルギ- 31,119(4,157)  13.3%
 韓国 10,564(222)  2.1%
 オーストリア 14.226(384) 2.7%
 ノルウエー 6,623(139) 2%
 スウエーデン 11,445(1,033) 9%
 デンマーク 6,706(299) 4.4%
 日本 7,645(143)  1.9%
4/14/2020

世界 1,918,855(119,588)  6.2%
 米国 581,679(23,604) 4%
 イタリア 159,516(20,265) 12.7%
 中国 83,213(3,345) 4%
 スペイン  170,099(17,756)  10.4%
 ドイツ  130,072(3,194) 2.4%
 フランス 137,877(14,986) 10.8%
 イラン  73,303(4,585)  6.2%
 英国 89,571(11,347) 12.6%
 スイス 25,688(1,138)  4.4%
 オランダ 26,710(2,833)  10.6%
 ベルギ- 30,589(3,903)  12.7%
 韓国 10,564(222)  2.1%
 オーストリア 14.041(368) 2.6%
 ノルウエー 6,603(134) 2%
 スウエーデン 10,948(919) 8.4%
 デンマーク 6,513(285) 4.4%
 日本 7,618(143)  1.9%

 

 米国に於ける新規感染者数は増加から減少に転じている







 日本における感染者数の推移



 台湾における感染者数の推移



 管理人コメント:台湾での感染者数が少ないのは、国交のある国が少ないせいか?しかし流行発生後の発生数の減少は速い。
          一方、日本での流行開始は緩徐であり、現時点では、流行ピークがいまだ見えない。


14日


 新規感染者、東京都161人、全国で476人、累積8167人

国内感染確認8167人 死者159人(クルーズ船除く)新型コロナ  NHK WEB NEWS

 14日は、これまでに東京都で161人の感染が確認されるなど全国で合わせて476人の新たな感染が発表されています。日本で感染が確認された人は、空港の検疫やチャーター機で帰国した人なども含めて8167人になりました。


 世界の状況

 米国は安定したように、新規感染者発生数の増加率を減している。
 しかし日々の発生数のレベルは2~3万人と非常に高いレベルにある。
 あと10日間程度、このまま増加率を下げて行くと、日に数千人の発生者数レベルになる。

 スペインは、米国の期待される10日後の、発生数である、日に数千人レベルまで減少している過程にある。

 イタリアは予想外に新規感染者数の低下が遅延している感じだ。
 死者数は1日1200人前後と、相変わらず葬儀も埋葬も簡略化されたままだろうか。


 ドイツは感染者数は未だ日に2000人程度でているようだ。死者数は少ないと言っても日に100人以上は出ている。

 英国は破竹の勢いで感染者数と死者数を増やしている。人口は6600万人であるが、死者数が1万人を越えている。
 葬儀、埋葬は滞っているはずだ。大きな穴を掘っての集団土葬かな?

 スイスは落ち着いてきているが。オランダとベルギーは、感染者数は日に千人を超え、また死者数も百人以上出ている。
 一方、デンマークは発生感染者数も100人前後で死者数も20人前後の発生と落ち着いている。
   ここまで来ると、死者数の多くは高齢者であろうから、一般市民の日常生活はほとんど戻っているのかも知れない。

 日本は数値を見る限り、他の欧州の主要国に比較すると、感染者数や死者数は少ない。特に死者数は桁違いに少ない。
 ここでフォローしてきた国の中で最も死者数が少ないのはノルウエーであるが、日本との差は1人である。



4/14/2020 本日

世界 1,918,855(119,588)  6.2%
 米国 581,679(23,604) 4%
 イタリア 159,516(20,265) 12.7%
 中国 83,213(3,345) 4%
 スペイン  170,099(17,756)  10.4%
 ドイツ  130,072(3,194) 2.4%
 フランス 137,877(14,986) 10.8%
 イラン  73,303(4,585)  6.2%
 英国 89,571(11,347) 12.6%
 スイス 25,688(1,138)  4.4%
 オランダ 26,710(2,833)  10.6%
 ベルギ- 30,589(3,903)  12.7%
 韓国 10,564(222)  2.1%
 オーストリア 14.041(368) 2.6%
 ノルウエー 6,603(134) 2%
 スウエーデン 10,948(919) 8.4%
 デンマーク 6,513(285) 4.4%
 日本 7,618(143)  1.9%
4/13/2020

世界 1,845,963(114,101)  6.2%
 米国 553,398(22,023) 3.98%
 イタリア 156,363(19,899) 12.7%
 中国 83,134(3,343) 4%
 スペイン  166,831(17,209)  10.3%
 ドイツ  127,854(3,022) 2.3%
 フランス 133,670(14,412) 10.8%
 イラン  71,686(4,474)  6.2%
 英国 85,206(10,629) 12.4%
 スイス 25,415(1,106)  4.3%
 オランダ 25,746(2,747)  10.6%
 ベルギ- 29,018(3,600)  12.4%
 韓国 10,512(214)  2%
 オーストリア 13.945(350) 2.5%
 ノルウエー 6,525(128) 2%
 スウエーデン 10,483(899) 8.6%
 デンマーク 6,369(260) 4.8%
 日本 6,924(131)  1.9%


  世界の累積感染者発生状況 2020/04/14 9:25
 ジョーンズ。ホプキンス大 データによる
577,842 US
169,628 Spain
159,516 Italy
137,875 France
129,207 Germany
89,569 United Kingdom
83,213 China
73,303 Iran
61,049 Turkey
30,589 Belgium
26,710 Netherlands
25,688 Switzerland
25,551 Canada
23,430 Brazil
18,328 Russia
16,934 Portugal
14,041 Austria
11,586 Israel
10,948 Sweden
10,647 Ireland
10,537 Korea, South
10,453 India
9,784 Peru
7,529 Ecuador
7,525 Chile
7,370 Japan
6,934 Poland
6,633 Romania
6,565 Norway
6,513 Denmark
6,351 Australia
6,022 Czechia
5,496 Pakistan
4,934 Saudi Arabia
4,932 Philippines
4,817 Malaysia
4,661 Mexico
4,557 Indonesia
4,521 United Arab Emirates
4,054 Serbia
3,400 Panama
3,292 Luxembourg
3,231 Qatar
3,167 Dominican Republic
3,102 Ukraine
3,064 Finland
2,919 Belarus




13日


謎:
  韓国は2月中旬から始まった南部の新興宗教団体での、集団感染に起因して全土に
  感染が拡大した。
  ピークは3月3日で感染者数は一日851人まで増えていた。
  流行の山は3週間ほどで麓に達した。
  一ヶ月後には1日100人程度の感染者が見つかっていたが、そのまま感染者数は増えること無しに、現在では数十人まで減っている。
  
  ドライブスルー方式により検査と診察が特徴的な対策であったが、この方式はかって新型インフル流行が恐れられていた頃から、世界的には考えられていた方式である。

  日本ではなぜか、韓国の新型コロナ対策の成功と、その詳細が報道されない。
  韓国の医療機関の状況の報道は見たことはない。
  欧米各国の当局者達は参考に韓国を視察している。

  ウイルス学的にも関心がある。韓国の流行は中国の武漢での流行終息後に発生している。
  一方欧州の流行(日本もこのグループに入る)は3月上旬から始まり、下旬頃にピークとなっている。ウイルスは同じものだろうか?

  日本ではなぜ、韓国や中国での状況の紹介、さらにはその評価をしないのだろうか。
  不思議である。

  民放では、わざわざ欧州の状況を現地取材班から報告されているが、生活様式も違う国でもあり、また内容的にもあまり参考にならない。




 米国、新規感染者数増加傾向無し

 第一波ピーク越えか?
  流行は小休止の可能性あるが、未だ発生感染者数はハイレベルである。
  ニューヨーク州知事は、758人が1日で死亡しているが、他のデータはウイルスの拡大速度は落ちてきている、と語った。
  
 本日の感染者数553,313人  死者数22,020人  致死率 3.8%




世界の状況

 この1日間で、世界で8万人が感染し、5000人が死亡した。
 人の死亡数だけを見ていると、世界大戦が起きている状態だ。 

 米国はニューヨークを中心に流行が拡大しているが、新規発生者数の増加ペースが止まった感じだ。
 このまま減少に転じると素晴らしいことであるが(非常に短期間で拡大が収まったこと)、広い米国では南部を中心に、
 今後拡大が懸念されている。
 貧困層が多い地域は死者数も多いが、やはり感染者数も増えると言われている。公衆衛生の遅れのせいだろう。

 イタリアは新規感染者の発生数は減ってきているが、それでも日に4000人前後は出ている。死者数も400人前後だ。
 スペインも収束方向に向かっているが、未だ死者数も一日1000人前後出ている。
 ドイツは、日に2000人以上の感染者が報告され、死者数も150人、と決して少ない数ではない。
 フランスは感染者数は3000人、死者数は600人近い。まだまだ収束の可能性は見えない。

 英国は日に5000人の感染者数、死者数は700人を越える。
 スイスは急速に収束モードに入りそうだ。

 オランダとベルギーは未だ感染者数は日に1000人前後、死者数も100人~200人出ている。

 韓国は30人の感染者が出ているが死者の報告はない。

 オーストリアは流行第一波終了目前。

 スウエーデンは、感染者数は一時増えていたが、数日前から急速に減ってきた。
 国民自ら自主的に感染拡大対策を行っている国であるが、現時点では成功していると言えそうだ。


 日本は妙に死者数が少ないが、感染者数に対する致死率も1.9%と非常に低い。
 これで医療崩壊直前とは海外の専門家は考えないだろう。
 死者数の正確さが問題なのかも知れない。
  例えば、新型コロナ発症後持病で死亡した例は、新型コロナ死者数に含まれてないとか?


4/13/2020 本日

世界 1,845,963(114,101)  6.2%

 米国 553,398(22,023) 3.98%
 イタリア 156,363(19,899) 12.7%
 中国 83,134(3,343) 4%
 スペイン  166,831(17,209)  10.3%
 ドイツ  127,854(3,022) 2.3%
 フランス 133,670(14,412) 10.8%
 イラン  71,686(4,474)  6.2%
 英国 85,206(10,629) 12.4%
 スイス 25,415(1,106)  4.3%
 オランダ 25,746(2,747)  10.6%
 ベルギ- 29,018(3,600)  12.4%
 韓国 10,512(214)  2%
 オーストリア 13.945(350) 2.5%
 ノルウエー 6,525(128) 2%
 スウエーデン 10,483(899) 8.6%
 デンマーク 6,369(260) 4.8%
 日本 6,924(131)  1.9%
4/12/2020

世界 1,773,358(108,702)  6%

 米国 527,111(20,506) 3.9%
 イタリア 152,271(19,468) 12.8%
 中国 83,014(3,343) 4%
 スペイン  163,027(16,081)  9.9%
 ドイツ  125,452(2,871) 2.3%
 フランス 130,727(13,851) 10.6%
 イラン  70,029(4,357)  6.2%
 英国 79,883(9,892) 12.4%
 スイス 25,107(1,036)  4.1%
 オランダ 24,571(2,653)  10.8%
 ベルギ- 28,018(3,346)  11.9%
 韓国 10,480(211)  2%
 オーストリア 13.806(337) 2.4%
 ノルウエー 6,409(119) 1.9%
 スウエーデン 10,151(887) 8.7%
 デンマーク 6,191(260) 4.2%
 日本 6,924(131)  1.9%



12日

 ワイドステーション、コロナ論議、これで良いのだろうか

 今朝の某テレビのワイドステーション。
 MCが語る新型コロナ危機に関する内容が余りにもプア過ぎる。
 世界の情報をこれまで知らなかったのか、当たり前の情報内容に驚き、いつまで続くのだろうか?、と小学生並みの驚き方。

 またゲストに出ていた、コメンテーターが、とにかく早く発見して、お医者さんは”アビガン”を服用させてください、とこれまた医師法違反のような発言をしていた。

 そのコメンテーターは医師でもないが、医学者でもない。
 アビガンは中国で使われ出しているが、臨床試験では効果が出てない国もあり、また副作用もあったりで、日本では臨床試験が未だ続けられていると聞く。WHOも明確な判断はしていない。アビガンを勧める根拠ははっきりしないが、医師でもない人がテレビに向かって、そのようなコメントを吐いても良いのだろうか。これはコマーシャルなのだろうか。

 他の民放ワイドステーションでも類似である。
 治療薬開発に焦点を当てる。
 そしてその効果と、いつから国内医療機関で使用可能になるかなどが説明される。
 そうした情報は一般市民の注目をひく。
 しかし頭でっかちになった市民が、そのうち医療機関に殺到するかも知れない。
 ”検査はしなくても良いですから、治療薬をください。予防効果があるかも知れないとテレビで言ってましたよ!”
 
 そもそもMCが新型コロナの近況と問題点をほとんど知らずに、何事も驚きのコメントをつけていたのには驚く。発病したら致死率の高い年齢層であるのに。



 世界の情報

 米国は一日で3万人近い感染者が出ていて、2千人近い死者が出ている。
  戦争状態だ。
 ドイツが感染者数の増えが続いている。死者数も100人増えた。気になる。

 英国も新規感染者数が1万4千人増え、死者数も千人近く出ている。
  なぜ英国の感染者数は増え続けるのか?戦争状態に近い。
  入院していたジョンソン首相は、ICUから一般病室に移ったと報告されている。

 フランスは峠は霧に閉ざされている感じだ。5千人近い感染者と6百人の死者が出ている。
  医療は崩壊状態だろう。

 スウエーデンは感染者数が1万人を越えてしまった。死者数は千人以下であるが。
 デンマークは綺麗に下降線を描いている。
 

 日本はデータがソース源で異なるので、評価は保留。しかし1日の新規感染者数は数百人以上出ている。
 10日間で1万人以上は増える可能性。
 死者数は欧米各国に比較して、未だ非常に少数を維持している。
 日本の特徴は死者数が少ないことだ。絶対数でも、人口比でも。


データ元:ジョーンズ・ホプキンス大学
4/12/2020 本日

世界 1,773,358(108,702)  6%

 米国 527,111(20,506) 3.9%
 イタリア 152,271(19,468) 12.8%
 中国 83,014(3,343) 4%
 スペイン  163,027(16,081)  9.9%
 ドイツ  125,452(2,871) 2.3%
 フランス 130,727(13,851) 10.6%
 イラン  70,029(4,357)  6.2%
 英国 79,883(9,892) 12.4%
 スイス 25,107(1,036)  4.1%
 オランダ 24,571(2,653)  10.8%
 ベルギ- 28,018(3,346)  11.9%
 韓国 10,480(211)  2%
 オーストリア 13.806(337) 2.4%
 ノルウエー 6,409(119) 1.9%
 スウエーデン 10,151(887) 8.7%
 デンマーク 6,191(260) 4.2%
 日本 6,924(131)  1.9%  *
4/11/2020

世界 1,696,139(102,699)  6%

 米国 500,399(18,693) 3.7%
 イタリア 147,577(18,849) 12.8%
 中国 82,971(3,340) 4%
 スペイン  158,273(16.081)  10%
 ドイツ  122,171(2,767) 2.2%
 フランス 125,931(13,215) 10.4%
 イラン  68,192(4,232)  6.2%
 英国 64,605(8,974) 12.1%
 スイス 24,551(1,002)  4%
 オランダ 23,249(2,520)  10.8%
 ベルギ- 26,667(3,019)  11.7%
 韓国 10,450(208)  2%
 オーストリア 13.560(319) 2.3%
 ノルウエー 6,314(113) 1.8%
 スウエーデン 9,685(870) 9%
 デンマーク 6,014(247) 4.1%
 日本 5,530(99)  1.8%
 *データ元を変更したため、死者数が以前よりも増えているが、この値の方が正しい。



米国、新規感染者数増加率止まる?

 この1週間、新規感染者数の増加は止まっている感じ。
 1日発生感染者数が平坦化。流行がピークに達してきた?



新型コロナ、1日新規感染者数が600人を越える

 累積感染者数が7000人に迫る。
 本日で1万人を越える。

 世界で累積感染者数1万人を越えているのは20ヵ国
 日本は25番目

 オーストリアの調査では、集団の0.2%は新型コロナに感染しているという。

 実際の感染者数は、公式報告の2倍とされる。

 日本は厳格な外出制限の効果が出るまで感染者数は増えると思われ、
 約2万人程度までこの1週間~10日ほどで増加する可能性。
 その後、増加数は顕著に落ちることを期待したい。

 News Digest



11日


 本日、都内で確認された新規感染者数197人
東京都内で新たに197人の感染確認  読売新聞

 東京都内で11日、新型コロナウイルスの感染者が新たに197人確認されたことがわかった。10日の189人を上回り、1日あたりの感染者数は4日連続で最多を更新する見通しだ。累計の感染者は約1900人となる。



 実行のとき


 日本の感染者数が本格的に世界の視界に入ってきたようだ。
 拡大対策が、国、都道府県、市町村で大わらわである。

 首長は不眠不休に近いだろう。
 地域に感染者が出るたびに記者会見を行っている。
 いつまで感染者報告の記者会見を続けるのだろう。
 
 感染者を出さないためには、皆、家の中に閉じこもれば良いが、
 石器時代とは違って高度に社会組織は発達した。

 いわゆるBCP(事業継続計画)が詳細に各部まで練られてなかった。
 2009年パンデミックインフル発生の前から、パンデミック発生時のBCPを
都道府県、市町村、企業、医療機関などは作製するように総務省は指示していたはずだったが、
真っ先に対象となったパンデミックインフル(H1N1pdm)が軽症であったこともあり、
その後、社会ではパンデミック対策を真剣に論じることはなかった。

 パンデミック対策を急ぐべく一番心配していたのは、20世紀の天才ビルゲーツだった。
 彼は世界的医学ジャーナルに、世界はパンデミック対策を何もしていない、急ぐべきだと論文を投稿していた。また世界的感染症やパンデミック研究機関に多額の研究費を提供していた。
 信じられないIQの持ち主の語ることは、余りにも正論過ぎて、俗物的企業家や政治家には高度の理念にしか聞こえなかったのかも知れない。

 今、日本は世界に向かって、最新型のパンデミック対策を示すときだ(った)。
 しかし、責任者のはっきりしない組織が沢山動き回っているが、一般社会は増え続ける感染者におののき震え、自分たちのリーダーすら信用せず、その指示にすら従わない。または反対したり避難する。

 危機管理対策に、日本政府が用意していたBCPや先鋭組織は、どこに控えているのだろうか。
 僕はいつ彼らが出現して、コロナ軍団を一掃することを信じている。
 そうした組織は、これだけの大国であるから用意されているはずだ。

 それは米国CDCのような戦略組織の(隠れた)一部門ではなく、各種公衆衛生専門家で構成された、公衆衛生危機管理部門だ。
 いざとなったらアフリカのエボラ対策にも応援に行く。時にはイエーメンの難民キャンプにも視察・支援に行く。


 日本は決して柔な国ではない。
 優秀な専門家は沢山いる。
 ジャングルの中の狙撃兵に対抗して撃ち合う高い能力を持つ、若い優秀な専門家はいるのだ。
 年老いた政治屋は彼ら管理部門に意見を聴取するのではなく、管理部門が決定した戦略内容を理解し認めるるのが役割だ。


 日本の感染者数も世界の序列の中で少し上がってきた。

 


世界の状況

 世界の注目は米国に注がれている。
 米国のピーク越はいつ来るのか。既に急峻な登りは終えている。再び登りが出てくるのか?
 

 ドイツは感染者数は未だ増えている。でも類似の感染者数を示すフランスとの
 大きな違いはドイツの死者数はフランスの20%と少ないことだ。

 ドイツでは家庭療養が多く、毎日医師が診て回るという(コロナタクシーと呼ばれるらしい)。
 フランスは感染者発生が減らない。ベルギーとオランダも同じだ。

 オーストリアは静かな立たずまいを見せている。それでも一日200人を超える感染者数が出ている。
 スウエーデンは感染者数が1万人近い。死者数も870人と少なくない。しかし発症した人々が全員検査を
 受けて無く、自宅療養している人々も多いという。

 デンマークは200人近い新規感染者が発生しているが、死者数は250人近く、日本の倍である。

 日本の感染者数は増え続けているが、1万人越えも見えてきている感じだ。
  対策に対して色々な意見が渦巻いている。しかし対策の責任者が多くいすぎて、先が見えない。


4/11/2020 本日

世界 1,696,139(102,699)  6%

 米国 500,399(18,693) 3.7%
 イタリア 147,577(18,849) 12.8%
 中国 82,971(3,340) 4%
 スペイン  158,273(16.081)  10%
 ドイツ  122,171(2,767) 2.2%
 フランス 125,931(13,215) 10.4%
 イラン  68,192(4,232)  6.2%
 英国 64,605(8,974) 12.1%
 スイス 24,551(1,002)  4%
 オランダ 23,249(2,520)  10.8%
 ベルギ- 26,667(3,019)  11.7%
 韓国 10,450(208)  2%
 オーストリア 13.560(319) 2.3%
 ノルウエー 6,314(113) 1.8%
 スウエーデン 9,685(870) 9%
 デンマーク 6,014(247) 4.1%
 日本 5,530(99)  1.8%
4/10/2020 昨日

世界 1,600,427(95,699)  6%

 米国 465,329(16,672) 3.6%
 イタリア 143,626(18,279) 12.7%
 中国 82,885(3,339) 4%
 スペイン  153,222(15.447)  10%
 ドイツ  118,235(2,607) 2.2%
 フランス 118,783(12,228) 10.3%
 イラン  66,220(4,110)  6.2%
 英国 65,872(7,993) 12.1%
 スイス 24,051(948)  3.9%
 オランダ 21,903(2,403)  10.9%
 ベルギ- 24,983(2,523)  10%
 韓国 10,450(208)  2%
 オーストリア 13.244(295) 2.2%
 ノルウエー 6,219(108) 1.7%
 スウエーデン 9,141(793) 8.7%
 デンマーク 5,830(237) 4%
 日本 4,979(99)  1.98.%



10日

 事実


 日本の死者数も100人を超え、また感染者数も5000人を越えた。

 この数値がどのくらい大変なのかは良く分からないが、欧米の主要国では、この数値が10倍以上は増える。特に死者数は、死者が少ないとされるドイツでも30倍近い。

 国内のテレビでは連日、日本にやってきたコロナ集団がいかに強いか、そしていかに国や行政の対応が遅かったかを論じる。
 要するに日本はコロナ流行で危機に瀕していると多くの専門家や、民放のアナンサー達が語る。

 昨夜は、あるテレビで、日本人のWHO幹部にテレビ電話で意見を聞いていたが、彼は日本は対策も遅れ、非常に心配な状態だと語っていた。
 しかし当方は妙にその意見がとんちんかんなものであるか気がついていた。
 彼はロンドンに在住していて、そこからテレビ取材に応じていたのだ。

 ロンドン、今、流行の最先端を行く。感染者数や死者数は東京の10倍以上のはずだ。
 以前、別のWHO所属の日本人医師が、WHOは韓国や日本の対策を賞賛していると語っていた。また安倍晋三首相も似たようなことをテレビで語っていた。多分、日本政府にWHOは忖度しているような気がしたが。

 しかし民放テレビに出てくるコメンテーターは、いかに日本は危険な状態にあるかを説く。
 PCR検査をもっともっとして感染者を早期に見つける必要があると熱っぽく語る。
 検査を多くの人々で行って、早期に病院へ収容すべしと言う。
 ドイツではそうしているのだろうか。スウエーデンではどうなのか。

 医療スタッフは疲弊している。それは世界中で同じ状況である。

 日本は確かに大変である。
 しかしその十倍以上も患者を抱え、数十倍も死者を出している国は、どんな状況なのであろうか。

 日本の感染者数、そして死者数を欧米の国々のそれと比較しながら、当方は大きな疑問を抱く。
 人口1万人あたりの死者数も、著しく日本は少なく0.007人に過ぎない。
 イタリアは2.9人、ドイツは0.28人、英国は1.1人だ。

 日本で新型コロナは大流行期を迎え、多くの医療機関は大変な状態であることは間違いは無いだろう。
 しかし、メディアが告げるように、本当に日本は対策が遅れたため、世界でも大変な状態にあると言うのは正しいことなのだろうか。
 民放テレビでデンマークが紹介されていた。対策が成功している国の例としてである。
 人口1万人あたりの死者数は0.4人。日本の50倍だ。対策は成功しているとは思えない。

 コロナ流行対策は本当に日本は遅れているのか?
 メディアはなぜ、海外の状況を調査して、そして日本との比較を行わないのだろうか。
 ドイツでは、オーストリアでは、スイス、オランダではどうなのか。
 彼らは普通に生活できていないのだろうか。
 少なくとも当方のまとめているデータでは日本よりも、感染者数も死者数は遙かに多い。

 メディアは事実を一般社会に伝える役割があるはずだ。
 事実を誇大に煽って、視聴率を上げ続けるのは、株屋と同じ発想である。
 一般社会に事実を伝えるべきだろう。
 



 世界の状況

 米国は感染者数も死者数も増加を続けているが、感染者数の増加率が止まっているようだ。5日目に入る。
 米国でのピーク越が確認されたら素晴らしい事だが、まだ1週間は様子を見る必要がある。

 イタリアとスペインは収束に向かってもう少しの辛抱が必要だ。

 ドイツは一日5000人の感染者が出ている。死者発生は1日250人とされる。確かに致死率は2.2%と低い。

 フランスは感染者の報告数が大きく揺らいでいる。死者数を見る限り、1日1500人近く、未だ流行の先は
 見えてない。

 英国は感染者数が増えつつけている。死者は1日800人。
 ジョンソン首相が、テレビで不要不急の外出自粛を強く求めていたが、未だ流行の波の頂点は見えてこない。

 昨夜WHOの幹部の日本人の職員が、ロンドンからテレビ電話で日本のテレビで語っていたが、日本の
 対策の遅れが気になる。状況が悪化する可能性が高い。と語っていたが??の話だ。ロンドンの方が
 東京よりももっと状況は悪い。

 オランダとベルギーも流行の山は続いている。国境はあってもフランスと平地でつながっているせいか?
 韓国は1日数十人の感染者が出ているが、流行は小康状態にある。

 北欧は予想外に流行は続いている。まだピークには達してないようだ。

 日本は感染者数が5000人前後に達しているが、死者数も100人前後と、数値の上では非常に少ない。

4/10/2020 本日

世界 1,600,427(95,699)  6%

 米国 465,329(16,672) 3.6%
 イタリア 143,626(18,279) 12.7%
 中国 82,885(3,339) 4%
 スペイン  153,222(15.447)  10%
 ドイツ  118,235(2,607) 2.2%
 フランス 118,783(12,228) 10.3%
 イラン  66,220(4,110)  6.2%
 英国 65,872(7,993) 12.1%
 スイス 24,051(948)  3.9%
 オランダ 21,903(2,403)  10.9%
 ベルギ- 24,983(2,523)  10%
 韓国 10,450(208)  2%
 オーストリア 13.244(295) 2.2%
 ノルウエー 6,219(108) 1.7%
 スウエーデン 9,141(793) 8.7%
 デンマーク 5,830(237) 4%
 日本 4,979(99)  1.98.%
 4/9/2020 昨日

世界 1,484,811(88,538)  6%

 米国 432,132(14,817) 3.4%
 イタリア 139,422(17,669) 12.7%
 中国 82,867(3,339) 4%
 スペイン  148,220(14.792)  9.9%
 ドイツ  113,296(2,349) 2%
 フランス 83,080(10,887) 13.1%
 イラン  64,586(3,993)  6.2%
 英国 61,474(7,111) 11.5%
 スイス 23,280(895)  3.8%
 オランダ 20,682(2,255)  10.9%
 ベルギ- 23,403(2,240)  9.6%
 韓国 10,423(204)  1.9%
 オーストリア 12.942(273) 2.1%
 ノルウエー 6,042(101) 1.7%
 スウエーデン 8.419(687) 8.16%
 デンマーク 5,597(218) 3.9%
 日本 4,667(94)  2.%


米国、新規感染者数増加率、5日間変わらず、ピーク到来の予兆?
  
  流行の山が築かれだし、あと5日間で1ヶ月を向かえる。
  いずれにしても最初の流行(第一波?)の先が見えだしてきた可能性がある。



 ニューヨークタイムズ、今日のコロナ

Coronavirus Live Updates: As Economy Hemorrhages Jobs, Europeans Agree to Prime E.U.’s Pump  The New York Times (米国) コロナウイルス状況更新

 ・数百万人以上の米国人が職を失っているが、政府からのさらなる支援は不明
 ・0.5兆ユーロをコロナによる経済失速に対応するために出費することに、欧州当局は同意
 ・ニューヨーク州とペンシルバニア州は感染者数の記録を更新
 ・カリフォルニア州知事、他州へ人工呼吸器を提供する考えを主張
 ・コロナウイルス治療薬競争について、薬剤開発前線に立つ科学者が、警告:トランプ大統領は実験段階にある治療薬を積極的に使うように社会を鼓舞しているが、服用によりコロナウイルスに効果を認める薬剤は極めて希で、副作用による死亡もあり得る。抗マラリア薬などは、ウイルスには効かない。
 ・新型コロナの流行は南部に広がる。米国のもっとも貧困な州のいくつかに。:保健当局では感染に脆弱性がある貧困層にウイルスが感染することで、多くの死者が出ることを懸念。アラバマ州他。黒人の死亡率が高い。






   昨日までの国内外のコロナ感染者数と死者数
           データ提供元:FASTALERT(ファストアラート)新型コロナウイルスリアルタイム情報
   



 世界のコロナ感染者150万人越え、死者数は9万人を超えた

世界のコロナ死者、9万人超す 被害拡大、下火の気配なし  共同

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が9日、世界全体で9万人を超えた。7日に8万人を上回ったばかりだった。数日ごとに1万人以上増える状態が依然として続いており、被害拡大が下火になる気配は見えていない。感染者は9日、世界全体で150万人を超えた。

 死者数が初めて1万人を超えたのは3月20日で、昨年末に世界保健機関(WHO)に感染例が初めて報告されてから約2カ月半強が経過していた。その後、死者数は急増し、3月25日に2万人を上回った後は数日ごとに、死者が1万人以上増えてきていた。


9日

 本日、東京都での新規感染者数181人、全国で525人

国内感染5497人(クルーズ船除く)新型コロナウイルス  NHK NEWS WEB

 9日は、東京都でこれまでで最も多い181人の感染が確認されたほか、島根県では初めての感染が確認されるなど、37の都道府県で525人の感染が新たに発表されました。日本で感染が確認された人は、空港の検疫で見つかった人やチャーター機で帰国した人なども含めて5497人と5000人を超えました。

 ニューヨーク流行株は、欧州由来と、米研究者

米NY市の新型コロナは「欧州由来」、2月から感染拡大 米研究 AFP (日本語版)

 米ニューヨーク市における新型コロナウイルスの感染拡大が大規模検査実施前の2月から始まり、同市でこれまでに採取された検体から分離されたウイルス株は、欧州由来であることが分かった。米ニューヨーク大学(New York University)グロスマン医学部(Grossman School of Medicine)の遺伝学者、アドリアナ・ヘギー(Adriana Heguy)氏が明らかにした。

ヘギー氏はAFPに対し、新型ウイルスの感染経路をさかのぼることは、政策立案者らが将来、より確かな情報に基いて社会的介入を行うのに役立つとした上で、、「これまでのところ、(新型ウイルス株の)大多数が欧州由来とみられるのは非常に興味深い。中国からの入国禁止措置に集中していたことがその一因と思われる」と語った。

 ヘギ―氏率いる研究チームは、ティッシュ病院(Tisch Hospital)、ニューヨーク大学のウィンスロップ病院(Winthrop Hospital)とランゴーン病院(Langone Hospital)の患者の鼻から採取した検体75点のウイルスの遺伝子配列を解析した。

 この研究結果は、ニューヨーク市で新型ウイルスの大規模な検査が始まる以前から、地元の医師らが多数の原因不明の肺炎患者の治療に当たっていたこととも合致するいう。

 プロジェクトはまだ初期段階にあるものの、研究チームは今後、週に200点近い検体の配列を解析し、最終的には数千点のゲノム分析を行うことを目指している。


  国別流行株

 管理人コメント: このことは欧州と米国の流行曲線から明らかにわかる。韓国は中国株に欧州株が混じって、
 日本当初は中国株が症発生を繰り返していたが、3月初旬からは欧州株が中心となった。

 中国武漢を中心に大流行していた時期に、日本も欧州でも、COVID-19の流行はそれほど広がらなかった。
 

   中国
   

  韓国
  

   イタリア
   
  米国 
    
    日本
   
   マレーシア
   


  世界の状況

 米国の感染者数の伸びが止まりだしたようだ。
 山の頂上が平坦化し出したようだ。このまま平坦化から下降だと吉報であるが、いずれにしても感染者数の
 増え方がやや緩慢化しだいしたサインかも知れない。


 スペインとイタリアは収束に向かって下っている。

 ドイツも全般的に感染者数は減少に向かっているような波を描いているが、死者数が2%と抑えられている。
 フランスももう一息の感じだ。収束に向かう明確な数値はみられてはいない。

英国は感染者数も死者数も増え続け、欧州で一番懸念される国となっている。全体的にみると感染者数の増加は抑えられ始めていると思うが。
 
 スイスは発生感染者数の減少を続けている。
 オランダとベルギーは明確なピークはみられてない。

 オーストリアは間違いなく、収束に向かっているが、一日に報告される感染者数はまだ三桁だ。

 スウエーデンは感染者数が未だ増えている。死者数も600人を超えて、少し心配だ。
 デンマークも状況はスウエーデンと同じ。

 我が国、日本は、感染者数が急増しているが、他国の多くが1万人を越えているのに対して、まだ5000人弱だ。
 死者数も決して多くはない。
 下方のグラフにみられるように、このページでチェックしてきた国の中で、感染者数も死者数もかなり下位に位置している。


 4/9/2020 本日

世界 1,484,811(88,538)  6%

 米国 432,132(14,817) 3.4%
 イタリア 139,422(17,669) 12.7%
 中国 82,867(3,339) 4%
 スペイン  148,220(14.792)  9.9%
 ドイツ  113,296(2,349) 2%
 フランス 83,080(10,887) 13.1%
 イラン  64,586(3,993)  6.2%
 英国 61,474(7,111) 11.5%
 スイス 23,280(895)  3.8%
 オランダ 20,682(2,255)  10.9%
 ベルギ- 23,403(2,240)  9.6%
 韓国 10,423(204)  1.9%
 オーストリア 12.942(273) 2.1%
 ノルウエー 6,042(101) 1.7%
 スウエーデン 8.419(687) 8.16%
 デンマーク 5,597(218) 3.9%
 日本 4,667(94)  2.%
4/8/2020 

世界 1,426,096(81,865)  5.7%

 米国 396,223(12,722) 3.2%
 イタリア 135,586(17,127) 12.6%
 中国 82,718(3,335) 4%
 スペイン  141,942(14.045)  9.9%
 ドイツ  107,663(2,016) 1.9%
 フランス 110,070(10,343) 9.4%
 イラン  62,589(3,872)  6.2%
 英国 55,949(6,171) 11%
 スイス 22,253(821)  3.6%
 オランダ 19,709(2,108)  10.7%
 ベルギ- 22,194(2,035)  9.2%
 韓国 10,331(192)  1.85%
 オーストリア 12,639(243) 1.9
 ノルウエー 6,086(89) 1.5%
 スウエーデン 7.693(591) 7.7%
 デンマーク 5,266(203) 3.8%
 日本 4,.257(93) 2.2%


 感染者数は各国の定義が異なったり、また検査をして陽性だった患者だけが登録されていたり等、
 あてにならないとする意見が多いが、人口1万人あたりの感染者数と死者数(報告されている数)をグラフ化した。
 両者はほぼ相関している。中国は人口が14億人の超大国なので、感染者数自体の発生率は高くないが死者数は
 やはり多い。

 日本はこうしてみると平穏に見えるが…。

 感染者数                        死者数

    


8日

  感染者数、初めて1日400人越え
1日の感染者数400人超え、最多更新  共同通信

 国内で8日に新型コロナウイルス感染が確認された人の数が400人を超え、1日に報告された感染者数の最多を更新した。

 軽症者受け入れ施設に患者の入所が始まる

神奈川 軽症者は葉山町の宿泊施設で受け入れ 感染拡大に対応  NHK NEWS WEB
 
 神奈川県は、新型コロナウイルスへの感染者拡大に対応するため、症状が軽い人などについて、9日から葉山町の宿泊施設、「湘南国際村センター」で受け入れを始めると発表しました。

神奈川県は、県内の自治体と協力して「神奈川モデル」と銘打った受け入れ態勢づくりを進めていて、症状のない人や軽い人には自宅やホテルなどでの療養を求める一方、酸素投与などが必要な中等症の患者は「重点医療機関」で集中して治療を行い、重症の患者が高度医療機関で治療を受ける体制を確保することを目指しています。

黒岩知事は、8日午後に開いた会見で、軽症者を対象にした取り組みの一つとして、9日午後から葉山町にある県の第三セクターが運営する宿泊施設、「湘南国際村センター」で症状がない人や症状が軽い人のうち、同意した人の受け入れを始めることを明らかにしました。

施設にはおよそ100室があり、日中は看護師が常駐するほか、事務スタッフとして、20人の県職員が24時間体制で体調の確認などを行うということです。

また、横浜市も症状が軽い人などの受け入れ先として来月初めに移転が決まっている「横浜市立市民病院」の跡地の建物を活用して、およそ200人を受け入れる計画だということです。
市では来月中の受け入れ開始を目指しています。


 北朝鮮、新型コロナ感染者はいないとWHOに報告
北朝鮮「1人の感染者もいない」WHOに報告 新型コロナ  NHK NEWS WEB

 ロイター通信は北朝鮮が新型コロナウイルスについて、国内でこれまでに709人を検査し、1人の感染も確認されなかったとWHO=世界保健機関に報告したと伝えました。海外では北朝鮮でも感染が広がっている可能性があるという見方が根強くありますが、厳しい情報統制のため内情を知ることは難しい状況です。

新型コロナウイルスをめぐって、北朝鮮は朝鮮労働党の機関紙などを通じて「わが国には1人の感染者も発生していない。世界で最も優れた社会主義の保健制度があるからだ」などと繰り返し強調しています。

世界の状況

 米国は懸命の防戦で2週間以内にはピークを終えようと推定している。
 それは多分可能であろうが、死者数も既に多く出ている。

 欧州は英国以外は、ここ1週間でピークを迎えそうだ。
 英国はなぜか感染者数、死者数とも増加率が変わらないようだ。
 ドイツは感染者数は増えているが、死者数は少なめだ。致死率1.9%は特記すべきだ。
 隣国オーストリアは感染者数も死者数も少なく、致死率も1.9%と低い。人口も900万人と少ない。
 ザルツブルグは美しい季節を迎えていると思うが、大丈夫去ろうか?でもすぐ南のイタリアの影響は
 受けていないようだ。
 スイスもピークを終えている。5月初旬には観光客が訪れ始めるだろうか。

 日本は数値上、欧州と比較してもかなり低い。あっという間に米国に越された。
 結構厳しい外出制限を含む緊急事態制限を発令したが、多種類の人種が住む欧米諸国と違って、
 自己規制がはたらく日本人の特性が、コロナの拡大を防ぐ力ともなる。
 

 気になる国の日々の感染者報告グラフを並べる。棒グラフであるが、縦軸の示す数値は国によって異なる。
 あくまでも各国の棒グラフの推移を参考にする。右方向が新しい日付になる。

   米国->英国->フランス->日本
   スペイン->イタリア->ドイツ->スイス
    上段は未だピークが見えてない国。下段はピークを越え、美しい初夏を迎えつつある国。


   
   


4/8/2020 本日

世界 1,426,096(81,865)  5.7%

 米国 396,223(12,722) 3.2%
 イタリア 135,586(17,127) 12.6%
 中国 82,718(3,335) 4%
 スペイン  141,942(14.045)  9.9%
 ドイツ  107,663(2,016) 1.9%
 フランス 110,070(10,343) 9.4%
 イラン  62,589(3,872)  6.2%
 英国 55,949(6,171) 11%
 スイス 22,253(821)  3.6%
 オランダ 19,709(2,108)  10.7%
 ベルギ- 22,194(2,035)  9.2%
 韓国 10,331(192)  1.85%
 オーストリア 12,639(243) 1.9
 ノルウエー 6,086(89) 1.5%
 スウエーデン 7.693(591) 7.7%
 デンマーク 5,266(203) 3.8%
 日本 4,.257(93) 2.2%
4/7/2020  昨日

世界 1,347,676(74,744)  5.5%

 米国 367,507(10,923) 2.97%
 イタリア 132,547(16,523) 1243%
 中国 82,687(3,335) 4%
 スペイン  136,675(13.341)  9.8%
 ドイツ  103,375(1,810) 1.75%
 フランス 98,984(8,926) 9%
 イラン  60,500(3,739)  6.2%
 英国 52,279(5,385) 10.3%
 スイス 21,657(765)  3.5%
 オランダ 18,926(1,874)  9.9%
 ベルギ- 20,814(1,632)  7.8%
 韓国 10,331(162)  1.6%
 オーストリア 12,297(220) 1.78
 ノルウエー 5,865(76) 1.3%
 スウエーデン 7.206(477) 6.6%
 デンマーク 4,875(187) 3.8%
 日本 3,906(92)  2.4%



7日
  
 緊急事態宣言が発令、7都府県

首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで  毎日新聞

 安倍晋三首相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令した。夕方の政府対策本部で改正基本的対処方針を決定し、首相が宣言を発令した。

 首相は7日午後7時に記者会見し、国民向けに説明する方針。対象地域は、感染が拡大している東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡――の7都府県で、期間は大型連休が終わる5月6日までとする。


 ジョンソン首相がICUに、米国の死者数が1万人越えに

Coronavirus Briefing: What Happened Today  The New York Times (米国)コロナウイルス状況説明:本日起きたこと

 ・英国のボリス・ジョンソン首相が濃厚治療室(ICU)に移された。
 ・米国の死者数が1万人を越えた。

 米国は今や世界で最も感染者が出ている国となっている。6日には感染者数が35万人以上、死者は1万人以上。

 ニューヨーク州はもっとも感染が広がった州であるが、パニックに陥った悲惨な医師達と患者が殺到する悲惨な光景がみられる。


 世界の状況

  流行の山が崩れだした欧州


日々の感染者数が減少に転じている欧州主要国と日本
 スペイン  イタリア  ドイツ  スイス

 ベルギー 日本
                                   *縦軸はベルギーの4倍に拡大
 コメント:これは各国の毎日の新規発生数であるが、縦棒の下降方向が見られ出したら収束の兆し

 日本は明日から国家緊急事態宣言が発令される。都市封鎖などは行われない。
 民主国家として最善の厳しい対策とされるが。これが成功したなら、国際的にも評価される。
 でもその評価の対象は主にこの島に住む我々である。島を守るために本能的に行動する自主規制は、
 大陸で頻繁に領土争いをしてきた人種のDNAには刻まれていない。

 今日は三日目のデータと比較して今日のデータを掲載した。
 三日前の状況と比較すると、いかに新型コロナが世界中に拡大し続けているかが分かりやすい。

 日本では死者数は未だ100人未満であるが、永世中立国のスイスやスウエーデンでも数百人の人々が
 亡くなっている。
 ここには掲載出来ていないが、さらに南方の国々でも多くの人々が亡くなっている。
  インドネシア 2491(209) 8.4%、 マレーシア 3793(62)、ブラジル 12,232(566)

 日本の報道は余りにも島国放送過ぎる。島国内が問題なければよいのか、海外の状況にはあまり関心を示さない。
 おかしいことだ。コロナウイルスには国境は無いのだ。誰でも平等に感染する。だから海外の状況が重要なのだ。
 海外での流行はどこまで広がっているのか。彼らはどうやって防衛しているのか。気にならないだろうか?

 正しくパンデミックなのだ。全ての国々の奥地まで新型コロナウイルスは入り込む。
 スペインインフルの時は交通網が未発達だったせいか、世界中の小国まで達するのには2年近くかかったはずだ。
 日本にウイルスが侵入して1年以上もたってから、当時の北方領土での状況が特派員から報告された。
 多くの小さな漁村で、一家全員が並ぶようにして死んでいる光景がたくさんあった。

 今、新型コロナは急峻な世界の山を駆け上がろうとしている。
 それを抑えるために多くの人々は、ウイルスに接触しないように自宅に閉じ籠もっている。
 ウイルスは我々人の細胞が存在しない限り生き抜くことはできない。
 ウイルスは目に見えない。避けるためには症状を呈した感染者に気をつけるしかない。
 感染者を避ける。咳や、だるさ、気力が萎えた人は避ける。ましてや熱を出している人は避ける。

 発病者または感染者は、自分の細胞に入り込んだウイルスを他の人に感染させないように、頑張らなければならない。
 山の中で一人で籠もる?感染仲間と誰もいない山小屋に籠もる?ウイルスが体内で失活して行く期間は2週間だ。
 一番容易なのは、自宅で療養か、または病院、行政が用意してくれたホテル。そこが一番安心で楽である

 ウイルスとの戦いには機銃は効かない。核も無理だ。アルコールや次亜塩素酸系の消毒薬だけが効く。
 他に:回復者血清(抗体があるから)、抗インフル薬、抗HIV薬、抗マラリア薬等、他疾患の特効薬の中に治療効果がある薬もある。
 ウイルスは人の細胞内に入って、そこにある遺伝子(DNA)を間借りして、増える。人の細胞に出くわさない限りウイルスはあの世行きなのだ。

 でも僕は思うのだけど、この新型コロナ(COVID-19)の病原体ウイルスは、細胞外で勝手に長生きはできない。ほっといたら数日以内に死ぬ(接触感染の場合)。
 間違いなく、北半球の大流行はこの盛夏まで収束する。
 毎日データを睨みながら、考えていると、そのような思いが強くなっている。


三日前の状況と比較
4/7/2020  本日

世界 1,347,676(74,744)  5.5%

 米国 367,507(10,923) 2.97%
 イタリア 132,547(16,523) 1243%
 中国 82,687(3,335) 4%
 スペイン  136,675(13.341)  9.8%
 ドイツ  103,375(1,810) 1.75%
 フランス 98,984(8,926) 9%
 イラン  60,500(3,739)  6.2%
 英国 52,279(5,385) 10.3%
 スイス 21,657(765)  3.5%
 オランダ 18,926(1,874)  9.9%
 ベルギ- 20,814(1,632)  7.8%
 韓国 10,331(162)  1.6%
 オーストリア 12,297(220) 1.78
 ノルウエー 5,865(76) 1.3%
 スウエーデン 7.206(477) 6.6%
 デンマーク 4,875(187) 3.8%
 日本 3,906(92)  2.4%
4/4/2020

世界 1,097,909(58,871)  54%

 米国 277828(7,141) 2.5%
 イタリア 119,827(14,681) 12.3%
 中国 82,511(3,326) 4%
 スペイン  119,199(11,198)  9.4%
 ドイツ  91,159(1,275) 1.4%
 フランス 65,202(6,520) 10%
 イラン  53,183(3294)  6.2%
 英国 38,690(3,611) 9.3%
 スイス 19,606(591)  3%
 オランダ 15,821(1,492)  9.4%
 ベルギ- 16,770(1143)  6.8%
 韓国 10,062(174)  1.7%
 オーストリア 11,524(168) 1.46 %
 ノルウエー 5,370(59)  1.1%
 スウエーデン 6,131(358) 5.8%
 デンマーク 3,946(139) 3.5%
 日本 2,617(63)  2.4%



6日

世界の状況

 世界での感染者数は数万~10万人前後、毎日報告されている。
 
 遅く流行が始まった米国は、現在33万人の感染者数であるが、ピーク時には50万人を越えそうだが、
 100万人までは増えないだろう。医学の先端をゆく米国の神髄を発揮してくれるだろうか。

 イタリアは新規感染者数の増加は止まり、これから減少して行きそうだ。
 初夏には観光客の賑わいを取り戻すだろうか。希望的観測である。

 スペインもすこしづつ新規感染者の増加数が抑えられてきているように見える。
 ドイツは難問を抱えている。死者数は見事に少ないが、感染者数は10万台となり、米国とイタリアに次ぐ。
 
 フランスは死者数が減少し始めているようだ。感染者数はグラフ上、誤記入がありそうで、
 多分減少にむかっているのではないだろうか。

 英国は辛い過程の真ん中のようだ。感染者数は日に6千人、死者は600人増えている。

 スイスは新規感染者数は減りつつある。もう1週間もすれば、減少状況が明確になりそうだ。

 オランダは死者数が未だ多く出ている。致死率も9%台と高い。
 人種のるつぼのアムスでの発生が多いのだろうか。

 ベルギーはまだ先が見えてない。

 韓国は流行の山を過ぎて一定ペースで100人前後の感染者の発生が相次いでいる。


 オーストリア、ノルウエーはまだ先が見えてない。

 スウエーデンは、感染者数はそれほど多くはないが死者数が、400人と多い。致死率は6%。
 デンマークは感染者数の増加が止まったようだ。

 日本は新規感染者数が以前よりも増えているが、未だ4000人台と決して多くはない。
 さらに死者数も少ない。奇跡の国なのか…

 データ:ジョーン・ホプキンス大
 4/6/2020 本日

世界 1,274,923(69,479)  5.4%

 米国 337,620(9,643) 2.86%
 イタリア 128,948(15,887) 12.3%
 中国 82,626(3,333) 4%
 スペイン  131,646(12,641)  9.6%
 ドイツ  100,123(1,584) 1.6%
 フランス 93,780(8,093) 8.6%
 イラン  58,226(3,603)  6.2%
 英国 48,440(4,943) 10.2%
 スイス 21,100(715)  3.4%
 オランダ 17,953(1,771)  9.9%
 ベルギ- 19,691(1,447)  7.3%
 韓国 10,284(186)  1.8%
 オーストリア 12,051(204) 1.7 %
 ノルウエー 5,687(71)  1.2%
 スウエーデン 6,830(401) 5.9%
 デンマーク 4,561(179) 3.9%
 日本 3,654(85)  2.3%
 4/5/2020 昨日

世界 1,201,591(64,703)  5.4%

 米国 311,301(8,476) 2.7%
 イタリア 124,632(15,362) 12.3%
 中国 82,543(3,330) 4%
 スペイン  126,168(11,947)  9.5%
 ドイツ  96,092(1,444) 1.5%
 フランス 90,848(7,574) 8.3%
 イラン  55,743(3452)  6.2%
 英国 42,479(4,320) 10.2%
 スイス 20,505(666)  3.2%
 オランダ 16,727(1,656)  9.9%
 ベルギ- 18,431(1,283)  6.9%
 韓国 10,156(173)  1.7%
 オーストリア 11,781(186) 1.46 %
 ノルウエー 5,550(62)  1.1%
 スウエーデン 6,443(373) 5.8%
 デンマーク 4,269(161) 3.8%
 日本 3,139(77)  2.5%
 4/4/2020 一昨日

世界 1,097,909(58,871)  54%

 米国 277828(7,141) 2.5%
 イタリア 119,827(14,681) 12.3%
 中国 82,511(3,326) 4%
 スペイン  119,199(11,198)  9.4%
 ドイツ  91,159(1,275) 1.4%
 フランス 65,202(6,520) 10%
 イラン  53,183(3294)  6.2%
 英国 38,690(3,611) 9.3%
 スイス 19,606(591)  3%
 オランダ 15,821(1,492)  9.4%
 ベルギ- 16,770(1143)  6.8%
 韓国 10,062(174)  1.7%
 オーストリア 11,524(168) 1.46 %
 ノルウエー 5,370(59)  1.1%
 スウエーデン 6,131(358) 5.8%
 デンマーク 3,946(139) 3.5%
 日本 2,617(63)  2.4%



 新型コロナ感染は間違いなく拡大している。
 世界中が大変だが、日本の大変さは決して上位ではないようだ。


 世界:累積感染者数1,270,069人、死者数、69,309人
 日本:累積感染者数3896人、死者数93人
   ( JX通信  出典 直近データ)



 東京都、新型コロナ流行拡大、新たな段階に

東京都知事「新たな段階に入った」 半分が感染経路不明  毎日新聞

 東京都は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに143人確認されたと発表した。1日あたりの感染者数で最多を更新し2日連続の100人台となった。都内の感染者は累計1000人を超え、増加傾向にある「感染経路不明者」は約半分を占める。感染経路がたどれないと、濃厚接触者や「クラスター(感染者集団)」が捕捉できず、感染の封じ込めも難しくなる。小池百合子知事は同日、NHKの番組で「リンクが追えない数が増えているのが大きなポイント。(感染拡大は)新たな段階に入った」との認識を示した。

◇感染経路不明の3分の1が「夜の街」で

 都によると、5日に感染が確認された143人のうち感染経路がたどれずに調査を続けているのは、過去最多の92人。都内の1日あたりの感染者は数人から10人台だったが、3月25日に41人に急増し、経路不明者も初めて2桁に乗った。4月4日には、感染者117人の7割近い80人に上っている。感染確認後も経路の追跡を続けているが、3日時点のまとめでは累計感染者773人のうち355人が不明のままだ。

 都によると、経路不明者が増える要因は、感染者の急増に調査のマンパワーが追いつかないことや、「夜の街」で感染した疑いのある人が、調査に応じないケースが多いことにある。


 管理人コメント:東京都の新規コロナウイルス感染者数は3桁の発生が続いている。都周辺に緊急事態宣言発令が必要の段階


5日

 東京都、新規感染者143人を報告
国内感染者3743人(クルーズ船除く)新型コロナウイルス  NHK NEWS WEB

 5日はこれまでに東京で143人など合わせて244人の感染が新たに発表され、午後6時の時点で日本で感染が確認された人は、空港の検疫で見つかった人やチャーター機で帰国した人なども含めて3743人となっています。このほか▽クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせると4455人となります。また、亡くなった人は5日、福井県で1人が発表され、▽国内で感染した人が85人、▽クルーズ船の乗船者が11人の合わせて96人となっています。

 世界の状況

 世界で感染者数が10万人増えた。6千人が死んだ。
 大戦が起きているのだろうか?

 米国は4万人の感染者が増えて、1300人が死亡した。
 そのピークはまだまだ先である。医療スタッフ、医療機械、予防用具など、不足が伝えられる。

 イタリアはすこしづつ落ち着いてくる。しかし完全に終息までにはなだらかな山脈をいくつか越える。

 ドイツ、感染者数は米国、イタリア、スペインに次いでしまった。しかし死者数は、1444人と近隣に
 比べると少ない。その要因は、本日のニューヨークタイムズに掲載。

 フランスは突然感染者数が増えた。2万5千人。何かの間違いか?死者数は、1000人の増加であるが。

 英国は、感染者数も死者数も増え続け、致死率は10%を越えた。オー、マイゴッド!だ。
 ロンドンも封鎖されているが、テレビで見る限り、いつものロンドンが時を間違いなく刻んでいる。

 スイスは間違いなく収束への道に進路を変えている。
 
 オランダとベルギーはまだ変化の兆しは見えない。

 韓国は死者が1人増えた!、と言う感じまで落ち着いている。

 スカンジナ半島の背と腹を作っているノルウエーとスウエーデン、感染者数は変わらないが、
  スウエーデンの死者数は相変わらず多い。

 デンマークは北欧と中部欧州との連絡路だから、なかなか感染者が減らないのかも知れない。

 日本は感染者数と死者数とも群を抜いて少ない。
   経済的ダメージや社会における不利益、国民の生活に対する弊害が多少出ても、
 抜本的対策を続けるべきなのだろう。是非ウイルス封じ込めの国際的成功モデルを目指して欲しい。

4/5/2020 本日

世界 1,201,591(64,703)  5.4%

 米国 311,301(8,476) 2.7%
 イタリア 124,632(15,362) 12.3%
 中国 82,543(3,330) 4%
 スペイン  126,168(11,947)  9.5%
 ドイツ  96,092(1,444) 1.5%
 フランス 90,848(7,574) 8.3%
 イラン  55,743(3452)  6.2%
 英国 42,479(4,320) 10.2%
 スイス 20,505(666)  3.2%
 オランダ 16,727(1,656)  9.9%
 ベルギ- 18,431(1,283)  6.9%
 韓国 10,156(173)  1.7%
 オーストリア 11,781(186) 1.46 %
 ノルウエー 5,550(62)  1.1%
 スウエーデン 6,443(373) 5.8%
 デンマーク 4,269(161) 3.8%
 日本 3,139(77)  2.5%
4/4/2020

世界 1,097,909(58,871)  54%

 米国 277828(7,141) 2.5%
 イタリア 119,827(14,681) 12.3%
 中国 82,511(3,326) 4%
 スペイン  119,199(11,198)  9.4%
 ドイツ  91,159(1,275) 1.4%
 フランス 65,202(6,520) 10%
 イラン  53,183(3294)  6.2%
 英国 38,690(3,611) 9.3%
 スイス 19,606(591)  3%
 オランダ 15,821(1,492)  9.4%
 ベルギ- 16,770(1143)  6.8%
 韓国 10,062(174)  1.7%
 オーストリア 11,524(168) 1.46 %
 ノルウエー 5,370(59)  1.1%
 スウエーデン 6,131(358) 5.8%
 デンマーク 3,946(139) 3.5%
 日本 2,617(63)  2.4%


 ドイツの致死率の低い理由

A German Exception? Why the Country’s Coronavirus Death Rate Is Low  The New York Times (米国) ドイツは例外? なぜコロナ致死率は低いのか
 
  パンデミックはドイツにより強大に襲いかかっている。91、000人の人々が感染している。しかし死亡した人々のパーセンテージは、多くの近隣国に比較すると顕著に低い。

 彼らは自らのことをコロナタクシーと呼んでいる:医師達は予防装具に身を包み、人通りの途絶えたハイデルブルグの街中を、家庭で療養する患者達を診察しに走り回る。コロナウイルスに感染してから5~6日間、家庭にいる。

 患者達の血液検査をし、症状が急激に悪化している兆候は出てないか観察する。時として、医師達は入院を勧める場合がある。それは中等度の症状の患者にすら勧める場合もある;減っている生きる機会が、入院し治療を開始すれば一気に改善する。

 「発病して最初の1週間の最後に転換点がある」、とハンス・ゲオルグ・クラウスリッヒ教授(ハイデルベルグ大学大学病院、ドイツの中心的研究病院の一つ)が語る。
 「肺機能障害が起こりだしたら、それは悪化し始めている兆候だ」

 ハイデルベルグのコロナタクシーは、同市の考えた独創的アイディアである。

 ウイルスとその感染、Covid-19、はドイツ中に強引に拡大した。:ジョンズ・ホプキンス大学によると、4日の朝まで、検査で確認された感染者はドイツで91,000人となった。米国、イタリアおよびスペイン以外に、同国を越える国は世界にない。

 しかし死者に関して言えば、1、275人で、致死率は1.3%である。イタリアは12%、スペイン、フランス、英国は10%前後、中国は4%、そして米国は2.5%。感染者増加曲線の平坦化のモデルの韓国でさえ、致死率は1.7%とドイツを越える。
 
 「ドイツの異例性に関する論議はあるのです」
 ヘンデリック・ストレック教授が語る。ボン大学病院ウイルス研究施設長官だ。
 米国や他の国の仲間達から頻回に電話をもらう。

 どんな違ったことをしているのか?と彼らは尋ねる。
 何でドイツの致死率はそんなに低い?

 いくつかの答えはあると専門家達は語る。
  統計的歪み、国の疫学調査の方法など。

 ドイツにおける感染者の年齢は他国に比べて低い。
 初期の感染者はオーストリアやイタリアのスキーリゾートでウイルス感染を起こしていた。比較的低年齢で健康的若者が多かった。

 「ドイツの疫学はスキーヤー達の感染流行から始まった」
 
 感染が広がるに従って、より高齢の年齢層が感染し始め、そして致死率が上昇しだした。2週間前には僅か0.2%に過ぎなかったが。
 しかし感染平均年齢は比較的低いまま継続されている。現在49歳であるが、フランスでは62.5歳、イタリアでは62歳。これは発生国の公式報告による。

 もう一つのドイツでの低致死率の説明として、他の国々に比較しして、より多くの人々を検査していることが挙げられる。
 その意味は、より多くの無症状、または軽症の感染者を把握でいていることである。
 それは感染者数の増加をもたらすが、死者数の増加をもたらすことはない。
 「そうした方法では自動的に記録上の致死率を下げることになる」、と
クラウスリッヒ教授は説明する。

 その他にもドイツに低致死率をもたらしている要因はあるという。
 ・初期の広範な検査と治療
 ・多くのICUベッドの備え
 ・政府に対する信頼感、ソーシャル・ディスタンス(社会的に距離感をおいて接する)を中心としたガイドラインは広く用いられている。

検査

 1月中旬、ベルリンのシャリー病院(Charité hospital)では既に検査法を確立し、その方法をオンラインで後悔していた。
 実際にCOVID-19の最初の患者がでた2月までに、ドイツは検査キットの大量の備蓄を行っていた。

「ドイツで死者数が他国よりも非常に少ないと考えられるのは、我々は大量に検査をしていたからだと考えられる。」同病院の主任ウイルス学者のシャリー氏が語る。彼のチームが最初のキットを作った。
 現在、ドイツでは週に35万検体を調べている。その数はヨーロッパで一番多い。
 早期に広く検査を行うことで、政府は感染者を必要な期間隔離しておくことができるようになる。それはまた早期の治療を可能にする。
 早期に診断することで、早い段階で人工呼吸器を使うことで、さらに悪化することを防ぐことができる。クロイスリッヒ教授がコメントする。

 感染しやすい医療スタッフは定期的に検査を受けている。

 4月末にドイツ政府は、ドイツ全体からランダムに10万件の検体を得て、ウイルス抗体検査を行うという。それは毎週行い、免疫が出来上がってきている地域の分析を行うという。

 重要な鍵として検査代は無料であることだ。

 「健康保険に入ってない若者が咽頭痛で医師に行くとは思えない。だから検査が無料であるなら、容易にコロナ感染者が見つかることになる」、とクロイスリッヒ教授が語る。


以下略


4日


 全国で153人の医療担当者が感染:毎日新聞調査
医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ   毎日新聞
 
 新型コロナウイルスの感染者のうち、医師や看護師ら医療従事者は全国で少なくとも153人いることが毎日新聞の調べで分かった。診察などを通じて感染者と接する機会が多いことが背景にあるとみられる。すでに新小文字病院(北九州市)など複数の病院で院内感染とみられる集団感染も起きている。第一線の現場で働く医療従事者の感染拡大が続けば、地域医療に影響が出る可能性がある。


 首相官邸:緊急事態宣言へ情勢分析

政府、緊急事態宣言へ情勢分析 東京の新型コロナ感染100人超えで  時事通信 

 安倍晋三首相は4日、首相官邸で加藤勝信厚生労働相、菅義偉官房長官、西村康稔経済再生担当相らと新型コロナウイルスへの対応を協議した。

 東京都で新たに確認された1日当たりの感染者数が初めて100人を超え緊張感が高まっており、緊急事態宣言の可否を含め最新情勢を分析したとみられる。

 協議は午後4時すぎから1時間余り行われた。西村明宏、岡田直樹、杉田和博各官房副長官や今井尚哉首相補佐官、新型コロナウイルス感染症対策推進室の樽見英樹室長らが同席した。 

 東京都、特養で12人感染
特養ホーム12人感染 クラスター発生か 東京 大田区 新型コロナ  NHK NEWS WEB

 東京の大田区は特別養護老人ホームに入居している12人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。区は、感染者の集団=クラスターが発生した可能性が高いとして詳しく調べています。

大田区によりますと、集団感染が発生したのは「大田区立特別養護老人ホームたまがわ」です。

今月1日に、施設で30代の男性職員の感染が確認されたことを受けて、男性職員が担当するフロアの入居者など70人のPCR検査を行ったところ、3日夜、入居する50代から90代までの男女12人の感染が確認されました。

区によりますと、12人の容体は安定しているということですが発熱している4人は都内の病院に入院し、残りの8人は個室などに隔離する対応をとったということです。


 福岡市、26人確認

福岡市 新たに26人感染確認 新型コロナ  NHK NEWS WEB

 福岡市によりますと、同市内で新たに26人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。

4日午後9時から福岡市が記者会見して詳しく説明することにしています。

これで、福岡県内で新型コロナウイルスへの感染が確認された人は146人になりました。

 マスク、ウイルス飛沫を抑制と、香港大

マスクの効果を患者の実験で確認 香港大学など研究グループ  NHK NEWS WEB

 通常の「かぜ」のコロナウイルスに感染した患者が、一般的に使われる使い捨てのマスクをすると、ウイルスはマスクの外に出なかったとする実験結果を香港大学などのグループが発表しました。新型コロナウイルスでも、患者がマスクをすることで感染拡大のスピードを抑えられる可能性を示しているとしています。

香港大学などの研究グループは、かぜを引き起こすコロナウイルスに感染した患者に協力してもらい、一般的な使い捨てマスクでウイルスが防げるか調べた実験結果を3日、医学雑誌「ネイチャー・メディシン」に発表しました。

研究グループでウイルスを検出できる特殊な装置を使って、30分の間に呼吸やせきを通じて出るウイルスを調べたところ、マスクをしない患者は10人中3人で、1000分の5ミリより大きい飛まつの中にウイルスが検出されましたが、マスクをした患者では11人全員から検出されなかったということです。

また、マスクをした患者では、より小さな空気中を漂うような飛まつの中からも、ウイルスが検出されなかったということです。

患者の中には、せきが出なかった人もいたということで、研究グループは症状が出ていなくてもウイルスは排出されるものの、新型コロナウイルスでも患者がマスクを着けると、感染拡大のスピードを抑えられる可能性を示しているとしています。


  東京都、本日はこれまで118人の新規感染者を報告

新型コロナ 国内感染者3278人(クルーズ船除く)  NHK WEB NEWS

 東京都の関係者によりますと、4日に都内で新たに118人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。4日は、これまでに149人の感染が新たに発表され、日本で感染が確認された人は、空港の検疫で見つかった人やチャーター機で帰国した人なども含めて3278人となっています。このほかクルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせると3990人となります。また、4日は岐阜県で1人が死亡し、死亡した人は国内で感染した人が78人、クルーズ船の乗船者が11人の合わせて89人となりました。

 管理人コメント:残念ながら3月の連休に感染した人たちだろう。さらに数は増える。緊急事態宣言かなぁ。

 世界の状況

 間違いなくコロナは動いている。どちらかの方向に向かって。
 世界で100万人以上の感染者と6万人の死者数となった。
 この値はどういう意味を持つのだろうか?

 H3N2(香港型)インフルが流行すると比較的多くの死者数がでる。米国のデータでは自国で3万人を越える。
 スペイン風邪(インフル)では我が国で40万弱、世界で数千万人の死者が出たという。

 米国の国立アレルギー&感染症研究所の長官のファウチ博士は、最終的には米国で20~30万人
  の死者が出ると予想している。

 イタリアは確かに感染者数の発生が頂点を越えたように感じる。


 スペインは未だコロナの炎は強い。
 医療スタッフの消耗が激しく、自らの感染率も高い。流行期間から考えても、もうじきピークは越えそうだが。

 ドイツの感染者は未だ増え続けている。間もなく10万人台になりそうだ。死者数が1275人と少ないのが、微かな夜明けを感じさせる。
 フランスは1日で1000人を越える死者が出ている。感染者数のカーブは竜のごとく未だ上っている。
 全土的封鎖の効果は出てくるのだろうか?

 英国は流行期間からみて、あと1週間ほどで感染者数の発生に抑制がかかるはずだ。しかし死者数も多い。

 スイスはピークを越えた。しかしコロナはしつこく燻りを続ける。

 オランダとベルギーは未だ先が見えない。平坦な地にいくつかの国がひしめくように作られた。
 関連国全体でウイルスが消えていかなければ、本当の収束は難しいのだろう。

ノルウエーとスウエーデンは我が道を行くように、すこしづつ感染者数を増やしているが、その数は
 多分最終的には1万人を越えないだろう。しかしスウエーデンの死者数は358人と人口が600万人台
  の割に多い。人口450万人の我が北海道では死者数は8人に過ぎない。

 韓国は感染者は未だ出ているが、流れから言って既に収束への流れに入っている。漕ぎ手の手腕かも知れない。
 死者が出ない日もある。素直に凄いなぁ、と褒めたい。


4/4/2020

世界 1,097,909(58,871)  5.4%

 米国 277828(7,141) 2.5%
 イタリア 119,827(14,681) 12.3%
 中国 82,511(3,326) 4%
 スペイン  119,199(11,198)  9.4%
 ドイツ  91,159(1,275) 1.4%
 フランス 65,202(6,520) 10%
 イラン  53,183(3294)  6.2%
 英国 38,690(3,611) 9.3%
 スイス 19,606(591)  3%
 オランダ 15,821(1,492)  9.4%
 ベルギ- 16,770(1143)  6.8%
 韓国 10,062(174)  1.7%
 オーストリア 11,524(168) 1.46 %
 ノルウエー 5,370(59)  1.1%
 スウエーデン 6,131(358) 5.8%
 デンマーク 3,946(139) 3.5%
 日本 2,617(63)  2.4%
4/3/2020

世界 1,014,673(52,973)  5.2%

 米国 244,678(5,911) 2.4%
 イタリア 115,242(13,915) 129%
 中国 82,433(3,322) 4%
 スペイン  112,065(10,348)  9.2%
 ドイツ  84,794(1,107) 1.3%
 フランス 59,929(5,398) 9%
 イラン  50,468(3160)  6.3%
 英国 34,173(2,926) 8.6%
 スイス 18,827(536)  2.8%
 オランダ 14,788(1,341)  9%
 ベルギ- 15,348(1,011)  6.6%
 韓国 9,976(174)  1.7%
 オーストリア 11,179(158) 1.4 %
  ノルウエー 5,147(50)  1%
 スウエーデン 5,568(308) 5.5%
 デンマーク 3,573(123) 3.4%
 日本 2,495(62)  2.5%


 CNNの有名キャスターが感染
CNN's Brooke Baldwin tests positive for coronavirus  CNN (米国) CNNのニュース番組の責任キャスターであるブルーク・ボウルドウインさんがコロナ検査で陽性

 CNNのニュース責任キャスターのボウルドウインさんが3日、症状を感じた翌日検査でコロナウイルス感染が確認された。
 「私は大丈夫」
 「それは即日午後に突然、悪寒、痛み、発熱で襲ってきた」
 と彼女は語っている。

 ニューヨーク、死者数が3日間で倍増
N.Y. Virus Deaths Double in Three Days to Almost 3,000  The New York Times (米国) ニューヨーク州、3日間で死者数が倍に、ほぼ3000人

 クオモ知事は。3日、24時間で新型コロナで562人が死亡したと発表した。3月の27日間に発生した死者数を遙かに超えた。

 新規情報

  ・3月30日、ニューヨークで1000人が死亡した。間もなくその数は3000人となる。
  ・ニュージャージーでは113人の死に半旗を掲げた。
  ・ニューヨーク市長のブラシオ氏は、医師の国家召集令を求めた。
  ・病院船”Comfort”コロナウイルス感染者の収容を受け入れる方針

3日


 東京都、89人の新規感染者を報告
新型コロナ 都内で新たに89人感染 永寿総合病院の患者2人死亡  NHK NEWS WEB

 東京都によりますと3日、都内で新たに89人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。また、すでに感染が確認されていて、都が院内感染の疑いが非常に強いとしている東京・台東区の永寿総合病院に入院していた患者2人が死亡したことを明らかにしました。


 世界で40億人近くが外出制限下に
39億人超に外出制限、世界人口の半分超に 新型コロナ AFP

 AFPが2日にまとめた統計によると、現在新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として自宅待機を求められている人の数は、世界人口の約半分に当たる39億人を超える。
 世界90超の国と地域で、自宅待機命令や自宅待機勧告、夜間外出禁止令、隔離といった外出制限が課されている。タイが3日から夜間外出禁止令を施行することで、外出制限を課される人の数は、世界人口78億人の半分を超える。

 現在自宅待機命令を課されている人の数は、49の国と地域の住民およそ27億8000万人。

 欧州では英国、フランス、イタリア、スペインなどで外出制限が課されており、アジアでもインド、ネパール、スリランカなどが同様の措置を取っている。


 世界の状況

 米国は巨大なモンスーンの下にはいってきた。
 人々の生活は大きな制限を受け始めているが、それよりも医療崩壊が心配。
 特に流行が最初に始まったニュヨーク州では、スタッフの感染や死亡が伝えられる。
 中国の武漢、イタリアのボンバルディー州、そして現在のスペインの医療機関と同じ現象が
 生じている。トランプ大統領の焦りも表情から見とれる。
 現在死者数は6000人に過ぎない。それで20万から40万人の死者が出る予想のモンスーンを
 本当にくぐり抜けられるのか?
 優秀なCDC、各州の保健省も優秀な公衆衛生学者をそろえている。

 この米国のコロナとの闘いは、間違いなく将来映画化されるだろうし、その記録は公衆衛生学史の
 ページを割くだろう。

 イタリアはピークが見えてきている。もう少しの頑張りだ。物理的戦争では無かったから、歴史的遺産は
 全て無傷だ。

 スペインはまだ辛さのど真ん中である。葬儀に参列できない。埋葬場所の順番を待っている市民が涙に
 くれながら待機している。

 ドイツは感染者数は増え続け、もう少しすると10万人を越すだろう。
 しかし死者数はまだ1000人をこえたところだ。素晴らしい。何が原因だろうか?国民全員のBCG接種が
 日本と同じように効果を持っているのだろうか?

 フランスはまだ見えない。
 英国は感染者数が毎日数千人、死者数は500人前後と、未だ明るい日差しが差し込んでいない。
 対策は十分とっているが、それが効果を出すまでまだ時間がかかるのかも。ジョンソン大統領が全快して、
 あの顔をテレビ画面に出し始めたら、英国は回復の始まりだろう。

 スイスはもう少しで峠が見えるはず。日々の発生感染者数が1000人はきつい。死者数50人。

 オランダ、ベルギーはやはり動きはフランスに似る。まだ日々の死者数が200人を越える。

 ノルウエーとスウエーデンは日々の発生感染者数は、数百人以内に抑えられているが、スウーデンの
 死者数は毎日数十人出ていることが懸念。ノルウエーでの死者数の数倍だ。

 デンマークはそろそろピークを迎えても良いと思うが。小国であるが死者数は日本の倍はある。

 日本は欧州各国と比較しても感染者数は一桁は下がる。死者数は2~3桁は下だ。
 日本の感染者数が今後爆発的に増えるかどうかは疑問だ。
 既に日本にウイルスが入ってきてから3ヶ月経っている。
 欧州は1~1.5ヶ月程度だ。
 日本の大都市(東京や大阪)で、これまで爆発的流行が起こらなかったのは、海外から
 見ると不思議な事だろう、
 我々だって不思議に思うからだ。
 しかし今、感染爆発を起こす寸前だと言うのなら、なぜ2月~3月までの間に起こさなかったのだろうか?
 政府の専門家委員会は、日本は非常に危険な状況にあると発表し続けているが、なぜ中国や、韓国が流行を
 鎮めた後に、本格的大流行が来ると”知的計算”をしているのだろうか?その計算方法を教えて欲しい。

  以下米国ジョンズ・ホプキンス大の作製グラフを用いて問題を明確にしたい。

 上図:日本に於ける日々の感染者発生数グラフ、 下図:韓国、ベルギー、オランダ
   *縦軸目盛りは日本は韓国の2倍、ベルギーの5倍、オランダの4倍の拡大サイズとなっている。

 ウイルス侵入時期は相当違うが、何故日本の流行拡大は欧州と同じ時期に拡大し出したのか?

 ・韓国は1ヶ月足らずの大流行の後、散発的発生は見られているが流行は収束に向かっている。
 ・日本では2月上旬からウイルス感染者の発生が見られ、それは3月上旬まで散発的小クラスターと
  して発生することはあった。しかし中旬以降急速に発生数は増え出し対数的増加を思わせた。
 ・しかし3月中旬以降から欧州でも感染者の急増が見られ始めている。
 ・一方、韓国や、ここでは示してないが中国では3月以降に新たに再流行を見せる気配はなかった。

  これは何を意味するか?
   韓国では2月中旬から3月上旬までの大流行で集団免疫が獲得されたとは思えない。それほどの期間ではない。
   韓国南部の宗教集団で起きた大流行で、その際、ウイルスが日本には入ってこなかったのは不思議だ。
   3月中旬ころから欧州では感染者の急増を見せ、それは各国で都市封鎖を余儀なくされた。
   日本での感染者急増は欧州での急増と時期的には一致している。
     
  韓国と日本、そして欧州の感染者発生カーブから何が読み取れるか?
  果たして日本の流行が欧州と同じようなパターンをとるのか?












4/3/2020

世界 1,014,673(52,973)  5.2%

 米国 244,678(5,911) 2.4%
 イタリア 115,242(13,915) 129%
 中国 82,433(3,322) 4%
 スペイン  112,065(10,348)  9.2%
 ドイツ  84,794(1,107) 1.3%
 フランス 59,929(5,398) 9%
 イラン  50,468(3160)  6.3%
 英国 34,173(2,926) 8.6%
 スイス 18,827(536)  2.8%
 オランダ 14,788(1,341)  9%
 ベルギ- 15,348(1,011)  6.6%
 韓国 9,976(174)  1.7%
 オーストリア 11,179(158) 1.4 %
  ノルウエー 5,147(50)  1%
 スウエーデン 5,568(308) 5.5%
 デンマーク 3,573(123) 3.4%
 日本 2,495(62)  2.5%
4/2/2020

世界 932,605(46,809)  5%

 米国 213,372(4,757) 2.2%
 イタリア 110,574(13,155) 11.9%
 中国 82,361(3,316) 4%
 スペイン  104,118(9,387)  9%
 ドイツ  77,872(920) 1.2%
 フランス 57,749(4,043) 7%
 イラン  47,593(3,036)  6.4%
 英国 29,865(2,357) 8%
 スイス 17,768(488)  2.7%
 オランダ 13,696(1,175)  8.6%
 ベルギ- 13,964(828)  5.9%
 韓国 9,976(169)  1.7%
 オーストリア 10,711(146) 1.36 %
  ノルウエー 4,877(44)  0.9%
 スウエーデン 4,947(239) 4.8%
 デンマーク 3,290(104) 3.2%
 日本 2,384(57)  3%



 米国、予防のためのマスクの使用を全国民に指示する予定、CDC、考え方を変更

Coronavirus Live Updates: White House Debates How Far to Go on Face Mask Guidelines  The New York Times (米国) コロナブイルス状況更新:ホワイトハウス、マスクに関するガイドライン論議が続く

 
 コロナ対策コーディネーターのデボラー・バークス(Deborah Birx)医師は、ソーシャル・ディスタンスの方がマスク着用よりも、ウイルス拡大防止には未だもっとも有効な手段であると。語っている。

 今日の重要論点

 ・CDCは、全米国人は布製マスクの着用をすべきとアドバイスする想。トランプ大統領はそれは命令ではないだろうとコメントした。
   (既にCDCから情報が漏れているが、新型コロナは無症状感染者が予想以上に多く、そこからの感染が起きえることから。全米国人にマスク着用を指示して、無症状感染者からのウイルス拡大を防止するとの案が浮上してきていた。これまではマスクによる感染予防は無効で、マスクは発病者が飛沫を飛ばすことを防ぐことにのみ有用としてきた考え方を改めたことになる。)

 ・バークス(Birx)は、社会的距離を置くことは(ソーシャル・ディスタンス)、ウイルス拡大を遅れさせる鍵であると語り、全米国人にこのガイドラインに従うように懇願した。

 ・トランプ大統領は、新規ホワイトハウス監督委員会は魔女狩り機関だと非難した。

 ・米国ではこの2週間で1000万人が職を失った。

 ・病院報告によるといくつかの救命医療(センター)が、機能を低下し始めている。(コロナ患者が殺到するため:訳者)

 ・ロシア、飛行機一機分のコロナ対策備品を発送。

 ・海軍、航空機機長がコロナウイルス感染したため、業務から降ろした。


2日


 東京都、97人の感染者確認
東京都内で97人感染確認 これまでで最多に 新型コロナ  NHK NEWS WEB

 東京都によりますと2日、都内で新たに97人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。都が1日に発表する数としてはこれまでで最も多くなりました。

都は2日、新たに10歳未満から90代までの男女合わせて97人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。都が1日に発表する数としては、3月31日の78人を上回って、これまでで最も多くなりました。

97人のうち63人がこれまでに感染が確認された人と接触していたということです。

関係者によりますと、この63人の中には患者や医療従事者などすでに100人以上の院内感染が疑われている東京 台東区の永寿総合病院の関係者が21人いるほか、新宿区の慶応義塾大学病院の関係者も13人いるということです。

また2日の97人のうち33人は、今のところ感染経路が分かっていないということです。

これで都内で感染が確認されたのは合わせて684人になります。


 福岡市の老人保健施設で集団感染
【速報】福岡市の老人保健施設でクラスターか 計9人が感染  西日本新聞

 福岡市は2日、同市博多区の介護老人保健施設「楽陽園」の入所者6人と職員2人の計8人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に同施設で働く看護師の40代女性の感染が確認され、PCR検査を実施していた。感染者は計9人で、市は施設内でクラスター(集団感染)が発生したとみている。

 東京都、新規感染者90人以上
東京で新たに90人以上の感染確認の見通し  共同

 東京都関係者によると、都内で2日に新型コロナウイルスの感染が確認された人数が90人以上に上る見通しとなった。1日の感染確認では最多となる。

 管理人コメント:3月末(20~22日)の3連休での感染者が出始めたのだろう。

 世界の状況

 世界の新型コロナ(COVID-19)感染者は1日で8万人近い新規感染者の報告がなされ、死者数は4600人の報告。
 その多くは米国であるが、その他にも途上国からの感染者報告も増えている。
 感染者数の増加はゼロではないが、収束に向かいつつある韓国や中国の存在は新型コロナ対策の励みになる。

 米国は流行中心のニューヨークでは、医療機器が不足しだし他州に応援を求めているが、次第に他州の大都市でも
 流行は広がっている。最初大風呂敷を開いたトランプ大統領であるが、人工呼吸器の他、マスクなども含めて、
 連邦政府の備蓄量はほとんどないことが分かった。人工呼吸器1万台はいつでも出荷できると語っていた大統領であるが、
 数千台は機能しないらしい。
 明らかにパンデミックの中心は米国に移りつつあるが、医療制度が不完全な米国である。
 死者数は今後大幅に増えることが懸念される。公衆衛生トップのファウチ博士は20万人以上の死者数を
 予想しているようだ。

 イタリアは明らかに報告される新規感染者数が減少しだしている。流行ピークを越えたと政府も発表している。



 スペインとフランスは未だ感染者数と死者数の増加が続く。医療崩壊直前の状態にあるのだろうが、そろそろ
 全土の封鎖の効果が出てくる頃と期待したい。

 ドイツは感染者数は多かったが死者数は未だ1000人を越えていない。致死率は1%前後を維持しているようだ。
 しかし感染者数の増え方は、未だ峠は先にあるようだ。若者達がコロナパーティーなどといって、外出禁止令を無視
 して騒ぐ事から、感染者数の増加が続いている可能性がある。
 
 英国は感染者数が1日で4000人増え、また死者数も500人を越える。
 感染したチャールズ皇太子、ジョンソン首相の容体は伝えられていない。

 スイスは感染者の新規発生数が減少傾向に入っているように見える。死者数の発生数も減少しているようだ。



 ノールウエーとスウエーデンは感染者数がにたような数値で増えているが、スウエーデンでの死者数が多いのは
 気になる。下方でもCNNの記事を掲載しているが、スウエーデンでは国家による大々的コロナ対策は行わず、
 全て国民の自発的行動に任せているようだ。ストレスのない生活を国民の自発的感染予防により実現しているのだろう。
 前首相は、リラックスしたアプローチでコロナと闘っていると表現している。

 日本は感染者数は2千人台と少なく、また死者数も57人と報告されており、欧州各国と比較しても、非常に少ない数値だ。
 コロナ流行が発展途上なのか、上手に抑え込んでいるのか評価は難しいが、山が多く、それにより各県が分断され、中都市
 が中央の大都市と離れていることが、感染爆発を起こさないでゆっくりとした流行が続いている理由だろうか。

4/2/2020 本日

世界 932,605(46,809)  5%

 米国 213,372(4,757) 2.2%
 イタリア 110,574(13,155) 11.9%
 中国 82,361(3,316) 4%
 スペイン  104,118(9,387)  9%
 ドイツ  77,872(920) 1.2%
 フランス 57,749(4,043) 7%
 イラン  47,593(3,036)  6.4%
 英国 29,865(2,357) 8%
 スイス 17,768(488)  2.7%
 オランダ 13,696(1,175)  8.6%
 ベルギ- 13,964(828)  5.9%
 韓国 9,976(169)  1.7%
 オーストリア 10,711(146) 1.36 %
  ノルウエー 4,877(44)  0.9%
 スウエーデン 4,947(239) 4.8%
 デンマーク 3,290(104) 3.2%
 日本 2,384(57)  3%
4/1/2020 昨日

世界 858,785(42,151)  4.9%

 米国 189,035(3,900) 2.1%
 イタリア 105,792(12,428) 11.7%
 中国 82,290(3,310) 4%
 スペイン  95,923(8464)  8.8%
 ドイツ  71,808(775) 1.1%
 フランス 52,836(3,532) 6.7%
 イラン  44,605(2,898)  6.6%
 英国 25,481(1,793) 7%
 スイス 16,605(433)  2.6%
 オランダ 12,667(1,040)  8.2%
 ベルギ- 12,775(705)  5.5%
 韓国 9,786(162)  1.6%
 オーストリア 10,180(128) 1.25 %
  ノルウエー 4,641(39)  084%
 スウエーデン 4,435(180) 4%
 デンマーク 3,039(90) 3%
 日本 2,229  


Sweden has few coronavirus restrictions. Here's why  CNN (米国) スウエーデン、コロナウイルス制限をほとんど発令せず、なぜか?

 スウエーデンはコロナウイルス流行に対する社会的制限をほとんど設けていない。新型コロナ対策は、市民の自発的行動に基づいている。

 休校や外出制限等は国から指示はなく、みんな自由に街中やショッピングモールを歩いている。マスクは見られないが、人の流れは少ないようだ。

 子ども達は公園で遊んでいる。

 通りの車は少ないが、いつもの生活が続いている雰囲気。
 カフェではくつろぐ人々の姿があり、互いに自然な姿でテーブルについている。

 スウエーデンでは、よりリラックスしたアプローチで、コロナウイルスと闘っていると、先の首相が語る
 



 米国政府、緊急用医療備品が枯渇

Coronavirus Live Updates: Federal Stockpile of Emergency Medical Supplies Is Nearly Empty  The New York Times (米国) コロナウイルス情報更新:連邦政府の緊急用医療備品、ほとんど空の状態

 フロリダ州知事はトランプ大統領から電話を受けて、州における外出禁止令を発令した。トランプ大統領は国全体での同様の命令には未だ反対している。
 専門家は現在の経済的悪化状態は2021年まで続くとの予想をしている。

 大統領は何度も米国民に連邦政府は1万台の人工呼吸器をいつでも重症患者を収容している病院へ、出荷できる態勢にあると保障してきた。
 しかし数千台は機能しないため、すぐには使用できない。

 重要点

  ・連邦政府は予備の人工呼吸器を用意しているが、数千台は機能しない。
  ・トランプ大統領は、全国的外出禁止令(stay-at-home)に未だ反対している。
  ・連邦政府の備蓄しているマスク、予防用グローブ、そしてガウンはほとんどない。
  ・経済的悪化状態から抜け出すために、連邦政府はインフラ刺激として新規雇用の推進を図っている。
  ・沿岸警備隊は、クルーズ船の米国港湾への接岸は許可しないと発表。
   他。



 中国チーム、回復者血液から効果的抗体を分離
Chinese scientists seeking potential COVID-19 treatment find 'effective' antibodies  Reuters (国際) 中国の研究ギーム、回復者血漿中から治療効果が強い抗体を分離

 新型コロナ患者からの快復後の血漿中にはウイルスに対する抗体が存在し、それは臨床的に患者の治療に有効であることが確認されているが、血液型が一致するする必要がある。
 中国の清華大学の研究チームが新型コロナウイルス(COVID-19)に対する抗体を回復者患者の血漿中から206種類分離し、非常に効果的に新型コロナウイルスに結合する抗体を分離した。
 次に分離抗体が実際に細胞にウイルスが侵入するのを防ぐか確認の実験を行ったが、分離されたモノクローナル抗体20~30種類の中で4種類の抗体が非常に強くウイルスが細胞内に侵入することをブロックした。

 チームは現在、もっとも強くウイルスをブロックする抗体の分離同定と、抗体がウイルスに付着することでウイルス変異が起きないかの分析を行っている。
 米国の製薬企業が共同して製品化することを考えているとされる。

 マラリア治療薬が中等度症状患者への有効性が確認
Malaria Drug Helps Virus Patients Improve, in Small Study  The New York Times (米国) マラリア治療薬が中等度症状の患者群で効果、さらなる大集団での試験が必要

 マラリア治療薬のhydroxychloroquine(ハイドロキシクロロキン)が、中等度新型コロナ感染症の症状を速やかに緩和することが確認された。
 しかし対象患者数が少ないので、さらに多くの患者での臨床試験が必要とされる。

 ウインブルドン中止に
ウィンブルドン 開催中止が決定、オープン化以降初の事態に<テニス>  tennis365.net

 テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は1日に公式サイトで、新型コロナウイルスの影響により6月29日からの大会開催を中止すると発表した。

 1877年に始まり四大大会の中で最も長い歴史を持つウィンブルドンだったが、プロ選手の参加が認められた1968年のオープン化以降で初の中止となった。

1日


 イタリア、流行がピークに達した、当局が発表
イタリア当局「ピークに達した」 感染者数、ほぼ横ばい  朝日デジタル

 新型コロナウイルスの欧州での感染の中心となっているイタリアで、国の高等衛生研究所(ISS)が3月31日、感染者数が「ピークに達した」とする見解を示した。政府側が感染のピークについて言及するのは初めて。累計の感染者数から死者と回復した人数を引いた「日ごとの感染者数」はほぼ横ばいが続いており、ISSは、今後減少に転じるとみている。


 大阪府、34人感染者を確認
大阪府内で新たに34人感染確認 新型コロナウイルス  NHK NEWS WEB

 大阪府の吉村知事は1日夜、記者団に対し、大阪府内で1日としては最も多い34人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。大阪府内で感染が確認された人は合わせて278人となりました。


 京都産業大関連感染者数42人に
新型コロナ 京都産業大学の感染確認 42人に(1日午後3時) NHK WEB NEWS

 京都産業大学の学生を中心とした新型コロナウイルスの感染は1日も新たに確認され、午後3時現在で42人に上っています。

京都市にある京都産業大学をめぐっては、政府の自宅待機要請の前にヨーロッパ旅行から帰国した卒業生3人の感染が確認されました。そして3人が感染確認の前に参加していた2つのゼミの送別会と、サークルの懇親会の参加者を中心に、「クラスター」と呼ばれる感染者の集団が発生しました。さらに感染は京都産業大学の学生と接触した人たちへも広がっています。

その1つが、感染していた学生が参加していた、先月23日に京都府井手町で開かれた地域活性化のための交流会です。この交流会では出席していた役場の職員や地元の住民などのうち、3月31日までに8人、1日も2人の感染が確認されました。

また富山市でも1日、感染していた京都産業大学の卒業生と一緒に食事をするなどしていたいずれも20代の友人の保育士ら2人の感染が新たに確認されました。

学生たちは春休みで実家に帰省したり、学校を卒業して引っ越したりしていたため、京都府だけでなく和歌山県や愛媛県、それに大阪府など11府県で感染が判明していて、学生やその周辺の感染者の数は1日午後3時現在で42人に上っています。

管理人コメント:ここまで雑な大学も珍しい。新型コロナ流行とその危険性、特に欧州でも流行が大きくなっていたことは2月中旬から分かっていたと思うが、卒業騒ぎであまり気にしていなかったのだろう。


 乳児、新型コロナ感染で重症肺炎
重い肺炎症状の乳児 新型コロナウイルス感染確認 山梨  NHK WEB NEWS

 山梨県によりますと、31日、山梨大学医学部附属病院に搬送されてきた県内に住む乳児の女の子が新型コロナウイルスに感染しているのが確認されました。

女の子には重い肺炎の症状があり、現在、集中治療室で治療を受けているということです。

厚生労働省は「乳児が感染するケースはこれまでにもあったが、重症化したのは初めてではないか」としています。



緊急事態宣言、時期尚早

首相「緊急事態宣言出す状況にない」 午後に専門家会議  産経

 安倍晋三首相は1日の参院決算委員会で、新型コロナウイルス感染症をめぐり「今この時点で緊急事態宣言を出す状況にはないと考えている」と述べた。西村康稔(やすとし)経済再生担当相は1日午後に専門家会議を開催し、直近の感染状況などを確認する考えを示した。

【表】緊急事態宣言で可能となる措置

 首相は緊急事態宣言について「何よりも国民の命を守るために判断していきたい」と説明した。一方で「フランスのようなロックダウン(都市封鎖)はできない」とも語った。

 西村氏は、緊急事態宣言の発令に関し「新規の感染者数や感染源が分からない感染者数、海外が国内に与える影響、医療提供態勢などを総合的に判断する。専門家も瀬戸際の状況が続いているという認識だ」と説明した。


 世界での状況

 昨日からの24時間で、世界で7万人前後の感染者数が発表されている。
 その数はもうじき100万人を超す。既に流行が頂点に達しつつある先進国の他に、
 中南米とアフリカなどの後進国からの発生が加わる。

 米国は感染者数が対数敵に増えているが、ニューヨーク州が全米の三分の一の感染者数を
 占めていたが、今後、他の大都市での流行が拡大し、そこからさらに多くの感染者と死者が
 出てくる。現在は20万人弱の感染者数であるが、最終的には100万人を越す。
 死者数は流行が発生してから日が浅いこともあって、まだ5000人未満と少ないが、
 最終的には20万人を越すだろう。米国NIHのファウチ長官は20~30万人と予想しているようだ。
 ベッド数、人工呼吸器、医療スタッフが不足しているが、他州からの応援に頼っている状況だ。

 中国は以前の爆発的感染者の増加が嘘であったかのように、感染者と死者の増加はゼロに近づいている。
 データが正確に報告されていないとのクレームが海外から出ているとされるが、正確な統計情報はともかくとして、
 収束に向かう流れができているのは事実だろう。

 スペインはイタリアと共に爆発的感染を起こしていたが、日々の感染者数の推移をグラフで見る限り、
 比較的近くに峠が見えだしてきているようだ。

 一方、フランスは感染者数と死者数は未だ一定ペースで増え続け、一日500人近い死者が出ている。
 医療崩壊前夜だろうか。心配である。

 英国は未だ感染者数は増え続けているが、死者数の増加も気になる。この一日400人近い死者が出ている。
 何故だろうか?平坦な島国。人の移動が容易なので、一旦感染者が出ると、容易にウイルスが広がりやすい
 地勢的条件が加わって、対策は難しいのだろうか。致死率が高い。

 スイスも未だ発生する感染者は多いが、新規感染者数の推移は減少傾向示している。
 しかし死者数が毎日数十人出ているのは気になる。

 オランダとベルギーは新規感染者数が減りつつある。直に流行のピークが見えそうだ。
 オーストリアも新規感染者数が減少傾向を見せている。

 スウエーデンは未だ新規感染者数は増えている。死者数も多い。
 ノルウエーは新規感染者数は減少しており、死者数も少ない。
 両国の流行の違いはどこから来ているのだろうか?

 日本は本当に感染者数は少ない。また死者数も少ない。
 感染者数はPCR検査数の数により変動するから、日本の感染者数はあてにならないとする意見も
 あるが、結果の流れ全体から見ると、やはり日本は感染者数が少ないと判断可能だ。
 死者数が少ないのが、その証拠になるのかも知れない。


各国における日々の感染者発生数
4/1/2020  本日

世界 858,785(42,151)  4.9%

 米国 189,035(3,900) 2.1%
 イタリア 105,792(12,428) 11.7%
 中国 82,290(3,310) 4%
 スペイン  95,923(8464)  8.8%
 ドイツ  71,808(775) 1.1%
 フランス 52,836(3,532) 6.7%
 イラン  44,605(2,898)  6.6%
 英国 25,481(1,793) 7%
 スイス 16,605(433)  2.6%
 オランダ 12,667(1,040)  8.2%
 ベルギ- 12,775(705)  5.5%
 韓国 9,786(162)  1.6%
 オーストリア 10,180(128) 1.25 %
  ノルウエー 4,641(39)  0.84%
 スウエーデン 4,435(180) 4%
 デンマーク 3,039(90) 3%
 日本 2,229(66)  3%

3/31/2020  昨日

世界 782,365(37,582)  4.8%

 米国 161,807(2,978) 1.84%
 イタリア 101,739(11591) 11.4%
 中国 82,198(3,308) 4%
 スペイン  87,956(7,716)  8.8%
 ドイツ  66,885(645) 0.96%
 フランス 45,170(3,030) 6.7%
 イラン  41,495(2,757)  66%
 英国 22,453(1,411) 6.2%
 スイス 15,992(359)  2.2%
 オランダ 11,817(865)  7.3%
 ベルギ- 11,899(513)  4.3%
 韓国 9,661(158)  1.6%
 オーストリア 9,618(108) 1 %
  ノルウエー 4,445(32)  072%
  スウエーデン 4,028(146) 3.6%
 デンマーク 2,755(77) 2.8%
 日本 1,953(56)  2.8%



 10代での死亡例が相次ぐ、欧米

10代の死亡相次ぐ 新型コロナ、欧米で報告  時事通信

 英メディアは31日、英国で新型コロナウイルスに感染した13歳の少年が死亡したと報じた。

 米国やフランス、ベルギーでも10代の死亡例が相次いで報告されている。新型コロナをめぐっては、重症化するリスクは高齢者や基礎疾患を抱える人が高く、若年者ではまれだとされてきた。

 英国で犠牲になったのはロンドン在住のイスマイル・アブドルワハブさん。30日に病院で亡くなった。これまでに基礎疾患はなく、健康だったという。 

 管理人コメント:
確かに未成年者の重症例や死亡例が報告されることが多くなった。しかしそれはこれまで未成年者は感染する事は希で、重症化する例もない、という報告があったことから、未成年者の発病例は記事になりやすいだけだと思う。数百人~数千人の死亡例の中で、どれだけ未成年者が占めているかは明確にされていないが、やはり非常に希だと思う。