~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 特掲  季節性インフルエンザ 

 インフルエンザの予防は可能?

インフルエンザは予防できる感染症なのだろうか?
なぜ毎年シーズンになると流行が繰り返されるのだろうか?色々な予防法が新規にいわれる中
ワクチン、手洗い、うがい、外ではマスク着用…
こうした対策で流行は抑えられてきた?

NHKですらアナウンサーにより、予防には手洗い、うがい、マスクをと語る。
厚労省関連の専門家も似たようなことを語る。

世界的標準予防策は、米国赤十字ミネソタ州保健局米国CDC季節性を参考に

===================
マスク着用に関して CDC

CDC recommendations

Use of face masks by ill persons: CDC might recommend the use of face masks by ill persons as a source control measure during severe, very severe, or extreme influenza pandemics when crowded community settings cannot be avoided (e.g., when adults and children with influenza symptoms seek medical attention) or when ill persons are in close contact with others (e.g., when symptomatic persons share common spaces with other household members or symptomatic postpartum women care for and nurse their infants). Some evidence indicates that face mask use by ill persons might protect others from infection.

Use of face masks by well persons: CDC does not routinely recommend the use of face masks by well persons in the home or other community settings as a means of avoiding infection during influenza pandemics except under special, high-risk circumstances (https://www.cdc.gov/flu/professionals/infectioncontrol/maskguidance.htm). For example, during a severe pandemic, pregnant women and other persons at high risk for influenza complications might use face masks if unable to avoid crowded settings, especially if no pandemic vaccine is available. In addition, persons caring for ill family members at home (e.g., a parent of a child exhibiting influenza symptoms) might use face masks to avoid infection when in close contact with a patient, just as health care personnel wear masks in health care settings.
要約
1)発病者が医療機関を受診する際、他の居住者と同居している場合
2)非発病者であるが妊娠中、またはインフルエンザ合併症にリスクの高い人が、どうしても人混み中に出ざるを得ない場合

  ===================
カナダ政府

In addition to getting the flu vaccine, you can also protect yourself and those around you from the flu by:
予防のための最初の選択はワクチン接種を受けることであるが、他に以下のことがあげられる。
# washing your hands frequently
手を頻回に洗う
# coughing and sneezing into the bend of your arm, not into your hand
咳やくしゃみは”肘の内側”で口と鼻を押さえる、決して手の平では押さえない!!
(ハンカチ、ティッシュも有効であるが、使った後の始末に注意、手の平で受け止めた場合は、すぐに手洗い:訳者)

ミネソタ州保健局作製 
   
欧米ではマスクは日常では使われない。
(マスクとサングラス姿でドラッグストアには入らないで、撃ち殺されるかも)

===================
香港保健省




マスク着用の誤った方法
・マスクは自分の咳やくしゃみで周辺にウイルスが飛散することを防止するために着用

・インフルエンザ感染予防には効果は期待できない。

・発病者がマスクをして人と相対するのは家庭内でのみ

・職場では厳禁。咳・くしゃみが続くのなら自宅で自己隔離

・来訪者とマスク着用して相対するのは、大変非礼である。

  顔が見えない、マスクを着用していても、相手が至近距離にいると(受付など)、くしゃみや咳で相手にウイルスをうつす危険性がある。

・マスク着用していても咳・くしゃみが出るときは、ティッシュで口と鼻を覆うのがより正しい方法である。もしくは肘の内側で覆う。 

・インフルエンザや他の呼吸器感染症では、唾液中にもウイルスが存在しているから、発病者が会話する場合、マスク着用は理にかなっているが、会話中絶対マスクを外さないことが要求される。おしゃべりな人ほど周辺にウイルスを感染させることは実証済みである。新型インフルエンザ、MERS、SARS

上記咳エチケットの図案は、ミネソタ州保健局が十数年前に作製。それ以来咳エチケットは世界中に広まった。同局ホームページからダウンロードして色々加工して使用可。先の豚インフルパンデミックの際は、世界中で利用。
# avoiding touching your nose, mouth or eyes with your hands
手で鼻、口、および目を触らない(手に付着したウイルスを感染させないため)
#
cleaning and disinfecting objects and surfaces that a lot of people touch, such as:
多数の人々が触る部位は絶えず清拭、消毒
doorknobs
ドアノブ
phones
電話
television remotes

テレビのリモコン

管理者からの追加

・エスカレーターのベルトは、咳くしゃみを手で押さえた人などがそのままつかまっています。
・電車・バスのつり革は非常に汚れています。

毎回手を洗ってますか?洗ってないでしょうね。
保健当局の説明は詭弁にちかいものがあります。

薄手の手袋をはいて手掌が汚れるのを防ぐのも一方法かも知れません。