Since 2008 --累計カウント-- --今日-- --昨日--

感染症パンデミック他
国際情報

2008/4/1開設

徒然日記 No2   
Since 4/1/2021
http://pandemicinfores.com/index.html

一Global Pandemic Crisis
Since 2005/1/22

作成者プロフィール

過去ログファイル (現ファイル以前の全てが掲載)

旧ページ ”鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集”

http://panflu.world.coocan.jp/index.html 


コロナを追う


Avian Flue Diary
新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】

AnswersNews
国内感染情報 JX通信
世界感染情報 JHU
SARS-CoV-2変異株分類名
ワクチン接種率 (首相官邸)
Our World In Data(世界の科学誌、メディアが信頼している情報サイト)
WHO Situation
東京都健康安全研究センター 
各種直近情報・資料1
各種直近情報2

世界のワクチン接種状況
出典: Our World in Data、ONS、イギリス政府サイト

WHO、オミクロン情報

新型コロナ 始まりから今日まで 過去ファイル
新規窓で開きます。終了ボタン”X”で閉じると、このページに戻ります。

2022年ファイル
1月no0 no1  no2
2021年ファイル
12月no3  no2 no1 11月 10月no2
no1 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月  1月
2020年ファイル 
2020年1月からCOVID-19情報は始まっています
12月 11月 10月 9月no2 no1 8月 7月no2 7月no1 6月no2 6月no1 5月no2 5月no1
4月no2 4月no1 3月no2 3月no1 2月no2 2月no1 1月


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2022年
1月


日本、オミクロンを撃て!!-新型コロナとの戦い-最後のフェーズ
 ブースターワクチンで、免疫をさらに増強、国民全体の集団免疫レベルを上げることが必須

マスクを信用しないで:マスクを着けて呼吸が出来ていることは、十分マスクを通してマスク外と空気が出入りしていることを意味する。マスクを着けて咳、くしゃみ、大声で会話をすることで、目に見えないエアロゾル粒子に混ざってウイルスが飛散する。マスクと肌との間の隙間を通して多くの飛沫がジェット気流に乗りエアロゾール化して空中に漂う。オミクロン感染の中心。
 咳、くしゃみはマスクの上から、ハンカチで抑えることが重要。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1月27日(木曜日)


本日全国感染者数 78931人 pm18:30

 
情報


 デンマーク、規制全面解除へ
来月から規制全面解除 新型コロナ「危険と分類せず」 デンマーク   AFP (時事通信)
 【コペンハーゲンAFP時事】デンマークのホイニケ保健・高齢者相は26日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い導入した各種規制について、来月1日から事実上全面的に解除する方針を明らかにした。

 議員らに宛てた書簡で伝達した。

 ホイニケ氏は「2月1日をもって、新型コロナを社会にとって危険な病気と分類しないものとしたい」と強調。マスク着用のほか、バーやレストランの時短営業など、国内のあらゆる規制を実質的に撤廃する考えを示した。


 最近のデータでは、感染者数は1日4万人、死者数は1日17人
 欧州で類似のデータを示しているのは、他にベルギー、スイス、オーストリア、ノルウエー、日本等。

 対照として日本
 日本はなぜか、11月から開始すべき追加ワクチン(3回目)接種が大幅に遅れ、オミクロンの拡大を許した。

  


アメリカのコロナ死者数、デルタ株流行時と同程度に 高齢者と未接種者に集中 BBC NEWS
 アメリカで新型コロナウイルスによる1日当たりの死者数が、デルタ株の感染拡大のピーク時と同程度まで増えていることが、最新の統計で明らかになった。

死者の大半は、65歳以上の高齢者か、ワクチンを接種していない人たちとなっている。

アメリカは世界で最もCOVID-19による死者が多く、日本時間26日午後までに87万1937人が亡くなっている。

一方で、感染者数は当時よりもはるかに多く、入院患者数もデルタ株のピーク時を越えている。

1日当たりの新規感染報告の平均は、これまでの感染の波と比べても非常に多い。

■感染力強く、入院患者数と死者が増加

「より感染力の強いウイルスの場合、重症患者数と死者数は急激に増える。重症化する確率が低くても、絶対数が非常に多いからだ。非常に大きな数に対する『少ない確率』は、大きな数になってしまう」

■ワクチン未接種者の死亡率は100倍

さらに統計からは、ワクチンを打っていない人の死亡する確率は、ワクチン接種を完了し、ブースター(追加免疫)接種も受けた人の約100倍に上ることが明らかになっている。


ステルスオミクロン、主流より感染力18%高い可能性 国内でも検出 朝日デジタル
 海外の一部で広がっている新型コロナウイルスのオミクロン株の一種について、厚生労働省に新型コロナ対策を助言する専門家組織は26日、国内の主流系統よりも感染力が18%高い可能性があるとする見解を示した。海外の一部の検査ではオミクロンかどうか判別できず、「ステルスオミクロン」とも呼ばれているが、国内のPCR検査では判別できるとされる。

 オミクロン株は、ウイルスの遺伝子の違いによって「BA.1」「BA.2」などと系統が分かれる。これまで世界で最も広まってきた系統は、日本も含めBA.1だが、一部の国ではBA.2が広がっている。

 専門家組織はこの日、BA.2が「検疫や国内で検出されている」と指摘し、ゲノム解析の必要性を訴えた。具体的な数は集計中として明らかにしなかった。

 感染力については、デンマークの情報から、感染者1人が何人に感染を広げているかを示す「実効再生産数」が、BA.1よりも18%高かったという。

日本、オミクロンのワクチン対策絶望に、責任は誰がとる?

3回目接種終了は16%どまり 専門家「流行抑えること期待できず」 朝日デジタル
  新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が進んでいない。1月末までに約1470万人が対象となっているが、実際に接種を終えたのは全国で約236万人で、接種率は24日時点で約16%にとどまることが厚生労働省の調査でわかった。専門家は「今の流行を抑えることは期待できない」と指摘している。

管理人コメント:12月から言い続けてきたブースターワクチン。初回の(2回行った)スケジュールに準じて、絨毯爆撃のような大量(大勢)、かつ継続的ワクチン接種を行っているならば、オミクロン流行は防げた。
 オミクロンの感染力を越える迅速さでワクチン接種を行い、低下してきている(想定は初期の50%以下)集団免疫をブーストして80%にあげることが出来た。

 ワクチン接種は、ウイルスに対する易感染性者を減らすことだ。まん延防止措置は、ウイルスから隠れるだけだ。ウイルスは除去されない。
 ウイルス培養器となっている、全くウイルスに対する免疫を保有しない人々(ウイルス易感染性者)をワクチン接種で大幅に」減らすことで、ウイルスは社会から除去されるのだが。


 南アフリカ、オミクロン収束に向かう

  高まっている集団免疫がオミクロン拡大を抑え込んだ
     
                            

 英国、入国時検査不要に
イングランドとスコットランド、ワクチン接種済みの人は入国後検査不要に BBC NEWS
 イギリス政府は24日、2月11日午前4時以降にイングランドやスコットランドに外国から入国する人は、新型コロナウイルスのワクチン接種を2回済ませている場合、到着から48時間以内のウイルス検査を受けなくても良いと発表した。

イギリス政府は、オミクロン変異株の蔓延(まんえん)を前に、ワクチンの追加接種を強力に推進したことが成果を出したとしている。旅行制限の緩和は、学校の学期中の中休みが始まる前の措置で、休みを利用して家族旅行に出かける人に便宜を図ったものと位置づけている。




1月26日(水曜日)


 
情報

 日本の首相、ブースターワクチン接種率の低さに、声を荒げた。
焦る首相、「全然進んでいないじゃないか」 ワクチン接種わずか2% 朝日デジタル
 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による感染拡大が続くなか、ワクチンの3回目接種が進んでいない。首相官邸のホームページ(HP)によると、25日時点で接種率は2・1%にとどまり、政権内には焦りが募る。
 「全然進んでいないじゃないか。もっと加速できないのか」

 1月中旬の首相執務室。事務方から3回目接種の進捗(しんちょく)について報告を受けた岸田文雄首相が珍しく声を荒らげた。前日より1万回程度しか増えていないことに不満を抱いたという。ちょうど首都圏など1都12県に「まん延防止等重点措置」を適用する方針を決めた時期だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

違和感を覚える世界各国におけるオミクロン拡大時期
  オミクロンは2022年1月2日から9日に世界中に降り注いだのだろうか?
  それとも、COVID-19司令塔から2022年元旦開けから、地球上に一斉に展開するように指示が飛んだのだろうか?

別掲
 世界と、まだ発生していなかったインドネシアに発生の予兆
  データはJHUの提供グラフから一部分コピーして使用

  

 世界各地における、オミクロン株の一斉蜂起は自然現象の中で起きたのか?
 どう判断するのか?